「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年7月2日号No.312

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年7月2日号 No.312

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.シルバー・ウォーター刑務所で、
  聖母からリトル・ペブルに与えられたメッセージ
− 2006年5月31日、聖母マリアの戴冠の祝日 No.631 − 
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 今、午後7:30です。私は見ています、外側を見ています。空に白い
十字架が見えます。それはとても明るい。聖サクラメッスグスが私の
独房におられ、十字架のしるしをします+。聖ミカエルは私のドアを
守っています、彼の翼を広げて。私は聖母が、白い十字架から私の方へ
滑り降りてこられるのが見えますが、白い十字架の背後に、夜空が様々
な色と美しい爆竹によって爆発しているのを見ます。そしてこの爆竹と
ロケット花火の美しい配列は、「すぐ勝利」というつづりになります。
聖母の腕に抱かれた幼な子イエズスは、点火されている7つのロケット
花火を持っておられ、そしてイエズスはわくわくしておられます。聖霊
は聖母の上におられます。聖母の胸には彼女の汚れなき御心があり、そ
の御心の中には、2つの突出した小さな心臓のようなものがあり、それ
は「小さな苦しむ心」と「……の心」です。イエズスの胸には彼の至聖
なる聖心があります。聖母はロイヤル・ブルーのお召し物で、彼女の
ドレスは星で覆われています。私の独房は美しい小さな光と金色の塵で
満たされています。
 聖母は今、私の独房の隅に立っておられ、書くことを私に身振りで
合図されます。彼女はこの美しいロザリオを持っておられ、各々の珠は
ハートの形をしたオパールで、私と共に留まっている選ばれた者の一人
一人の顔があります。聖母はそれを「愛のレムナント(残存の)ロザリ
オ」と呼ばれます。私は聖母の目と主の目を覗き込みます。それらは
とても美しい青、ロイヤル・ブルーです。私は彼らの目の中に飛び込み
たいです! 平和が私の上にやって来ますが、うまく説明できません!
幼な子のイエズスはロケット花火のひとつを私に見せてくださいます。
それは彼がすぐにも発射しようとしているものです。それには「上訴…
…成功」と書かれています。イエズスはおっしゃいます。

イエズス様:
 我が息子、我が小さき者よ、それはすぐに発射されるだろう。これら
のロケット、それらの7つは、最終的な大勝利への7つのステップの
ことである。3つは今なされており、3つは主要な戦いのためのもので
あり、1つはあなたの教皇職への道のためのものである。

リトル・ペブル:
 鳩の姿の聖霊は、輝く光を発して、私の上に浮かんでおられます。聖
カタリナ・エンメリック、聖アブラハム、聖モーゼ、聖エリアが聖母と
ともにそこにおられます。聖エリアはおもちゃの戦車(古代の馬の戦車)
を持っておられます。聖母は彼女のロザリオを私の口と紙のところまで
下げます。私はまた聖なる霊魂たちが見えます。聖母とイエズスは十字
架のしるしをなさいます。

イエズスと聖母:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母:
 私はあなたに挨拶します、我が「小さきペトロ2世」、聖にして母な
る公教会のキリストの最後の代理者、この時のほんの短い間、鎖につな
がれている私たちの「ペトロ・アブラハム」よ! 私は我が全ての貴重
な子供たち、選ばれた子供たち、まだ完全な神の光の内にいない子供た
ち、そしてこの時代の堕落した世代の子供たちに挨拶します。私、あな
たたちの天の母は今日、あなたたちの行動の責任について − 進んで
なされたそれらと、しぶしぶとなされたそれら − 人類を呼ぶために
来ました。世界は、ますますより神の愛から離れて進み続けます。人類
が、世界中に送られた私たちのボイス・ボックスを通して伝えられた
すべてのメッセージを無視することに決めたので、神の霊は人類から離
れました。今や、甘美なる子供たちよ、あなたたちは人類のそれらの
行動の結果を見ます。− 冷淡な心、隣人への気づかいの欠如、犠牲心
の無さ、愛徳の無さ、愛の欠如、自身を与えることの欠如、無垢な霊魂
たちの裏切り、そして生活様式になってしまった悪の受容。世界中の
我が子供たちよ、神はあなたたちに多くの自然的な警告を送りました。
地震、津波、テロ活動、そして互いへの不正行為。人類が神に立ち返り、
あなたたちの罪のゆるしを請うためのこれらの警告は無視されるように
なりました。あなたたちは神に立ち返り、あなたたちの罪のゆるしを請
わなければなりません! あなたたちは愛とあわれみを示し、ゆるし、
あなたたちの隣人を助けなければなりません! これが神 − あなた
たちの救い主イエズスの命令ではなかったのですか? 我が子供たちよ、
あなたたちは神の呼びかけを顧みない限り、たいへんな大惨事の崖っぷ
ちにいるのです。多くの国々は過ぎ去った時よりも、ずっと大きい戦争
の影響を見るでしょう。中東の危機は、全ての国々の間での戦争へと
拡大していくでしょう。地震はアジア地域でより大きく強力なものとな
り、より多くの死がやってくるでしょう。
 アメリカよ、アメリカよ、自由主義に立脚する国家よ、あなたたちは
あなたたちのガードを下ろしています! それが手遅れにならないうち
に、あなたたち自身の国を守りなさい! あなたたちは自身を全世界に
展開し、自身の弱点を危険にさらしたままです。あなたたちの本土に
戻りなさい。なぜなら敵はあなたたちの内にあり、すぐにも、数年前に
経験したよりもはるかに大きな、大規模な攻撃があなたたちに加えられ
るだろうからです。ブッシュ大統領は慎重でなければなりません。彼の
人生と彼の家族の上に攻撃がなされるでしょうから。
 私のオーストラリアの子供たちへ。あなたたちもまた、多くを助ける
ことに努めていますが、あなたたちの国境を見なさい。あなたたちが考
えているよりも近くに敵がおり、この国への攻撃はたいへん近づいてい
るからです。
 我が子供たちよ、人類が人生において神を軽視することやめ、動物園
の動物のように人間性の存在を減らすことをやめることを学ぶまで、よ
り多くの病気と疾病がやってくるでしょう。
 あなたたち、我が子供たちは、我が聖なる息子(リトル・ペブル)に
対する投獄と不正の責任を問われるでしょう。それは彼と彼のミッショ
ンに起こったことですが、すぐにその陰謀は暴露されるでしょうし、多
くの者は正義の手に渡されるでしょう。あなたたちが知っているように、
あなたたちは私たちの息子をそんなにも不正に扱ったので、この豊穣の
土地において神は多くの者たちをそのように扱うでしょう。人類に対す
る神の御言葉である申命記を読みなさい。神の預言者を虐待する者たち
を、神がどのように扱われるかを。オーストラリアは北の隣国の中に見
られる荒廃をすぐに感じるようになるでしょう。それは何年も前にあな
たたちの海岸を守るように警告されました。パプア・ニューギニアで
戦闘があるでしょう。そしてあなたたちはこの紛争に巻き込まれ、あな
たたちの本土を危険にさらすでしょう。
 神によって多く与えられながら、彼と彼の真理に背を向けた全ての
者たちへ。時間のあるうちに、今すぐ引き返してください。時が非常に
短いからです。
 甘美なる子供たちよ、あなたたちの聖なる代理者ベネディクト16世
のために祈りなさい。地上における神の教会を反キリストと彼の予言者
たちが統治する前に、彼はほんの少しの時間しか持っていないからです。
レムナント・チャーチ(残存教会)が、人類が入ろうとしている段階で
ある、大変な暗闇の時代に対して保護されるように、最後のドグマ「全
ての恵みの仲介者」「共贖者」が宣言されるように祈りなさい。
 そしてあなた、聖にして母なる公教会の我が貴重な「英雄」(リトル・
ペブル)と、信仰深く留まっているあなたの小さな残った群れへ。神は
あなたたちの祈りを聞かれました。そして全ては今、起ころうとしてい
ます。そして全ての者たちによって神の大勝利が目撃されるでしょう。
来るべき日々にあなたはこれらの御言葉の「果実」を見るでしょう。私
はあなたに母としての祝福を送ります、我が小さき「ペトロ・アブラハ
ム2世」の上に。あなたの「……」と私たちの「小さきヨハネ」の上に。
神によって選ばれ立てられた全ての者たちの上に。我が小さき「ローズ・
オブ・ホーリー・イノセンツ」、我が小さきマリー・ジュリアーノ神父
と、全ての我が子供たちよ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。
私は教皇ベネディクト16世と、彼に一致している全ての者たちに強力
な祝福を送ります。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母の胸の上の心臓(複数)とイエズスの聖心は、今、鳩の姿をした
聖霊の中へ入って行きます。ロザリオはローズ・オブ・ホーリー・イノ
センツへの贈り物です。そしてイエズスは、すべてが差し迫った時、す
ぐに私に印が与えられるだろうとおっしゃいます。イエズスは私にキス
し、行かれます。聖カタリナ・エンメリックは私に巻物を下さり、一つ
は「……」のためのものです。他の聖人たちもまた、私に巻物を下さい
ます。……そして全ての方々は去られます。

〔マルコム・ブロサード司教によって承認された〕




----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 付録.2 】

 3月は聖ヨゼフにささげられた月です。聖ヨゼフの月の天使は聖ヘラ
パイルス(St. Helapairus)です。3月19日のマリアの浄配である
聖ヨゼフの祝日の天使は聖メガドゥス(St. Megadus)です。労働者の
保護者聖ヨゼフの天使は聖フラルタリウス(St. flartarious)です。
5月1日は労働者聖ヨゼフの祝日で、その祝日の天使は聖オプザイリウ
ス(St. Opusairious)です。聖ヨゼフの守護の天使は聖ロベンティウ
ス(St. Robentious)です。ナウラのゲッセマニ共同体の私立学校「聖
ヨゼフスクール」の保護の天使は聖セレファス(St. Celefas)です。
 マリア様のお体は天にあげられ、ご霊魂と再びあわさり、栄光を与え
られ、誰よりも先に「完全な報い」を受けました。マリア様のように、
聖ヨゼフ、そしてマリア様のご両親の聖ヨアキムと聖アンナが、その後
で同じ報いを受けました。この聖ヨゼフの被昇天を祝う祝日があり、そ
れは3月25日です。イエズスの聖心とマリア様の御心が、霊的なもの
ではなく、実際の肉の心臓であるのと同様に、この恵みによって、この
世から完全にお二人のみ心に一致していた聖ヨゼフの御心も実際の肉の、
しかも栄光を受けた心臓なのです。聖ヨゼフを愛する者にとって何と
喜ばしいことでしょう! 私たちのために本当の聖ヨゼフの肉の心臓が、
愛に燃え盛って脈打ってくださっていて、しかもイエズスとマリア様の
み心とひとつになっているのです! 聖ヨゼフのいと清き御心に信心を
持つ者にとっては、特に聖ヨゼフの被昇天は意味深い祝日です。そして、
聖ヨゼフのいと清き御心の祝日は3月31日です! 聖ヨゼフの被昇天
の祝日の天使は聖スィビタリウス(St. Sibitarious)、聖ヨゼフのいと
清き御心の祝日の天使は聖プレストゥス(St. Purestus)です。

(今回で「聖ヨゼフの百合」の連載は終わりです。「153本の聖ヨゼフ
の百合」は箱舟の聖母社から3000円(送料・税込)で発売中です。次回
から「マリー・マドレーヌ杉浦律子の自叙伝」が始まります。「ちっ
ちゃい子」の皆さん、お楽しみに!)



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年6月8日(木曜日)(AM0:07〜0:57)
聖母マリア様と韓国の殉教者カタリナからの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子、マリー・マドレーヌ、聖母はいつもあなたを支えて、愛し、
許しと祝福を与えています。イエズスの聖体に繋がってください。
 女性の問題で傷を負っていて、なかなか互いに深く愛することのでき
ない二人を神はあえて選び、愛する事が少しでもできるように導いてい
ます。あなた(マリー・マドレーヌ)は、多くの苦しみと、困難を捧げて
きました。イエズスに会うことを楽しみに待っていてください。恐れな
いで、これからの道を歩んでください。愛する事を身を持って学ぶあな
たに、聖母は魂を勝ち取って人生を終わらせます。小さな子のままで、
かわいい子のままで、イエズスのもとに行くのです。
 豊かに祝福をします。韓国であなたがたのことを『狂った信徒』と言
うコメントがつけられました。神は、神のなさる事が真実であるという
ことをあなたたちにお示しになり、この反応に対して逆用されました。
『イエズスの弟子である』ということの証明です。ののしられて、辱め
られて、罵声を浴びて、多くの聖人は人からそのようにされることで、
生涯を終えました。喜んでください。あなたがたの共同体は大きな報い
を神によって得ます。メンバー全員に対して、祝福を送ります。司祭の
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

韓国の殉教者カタリナ:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを愛しています。韓国の救い
のために、愛を持って行動してくれたことに対して、私たち韓国の全て
の殉教者は喜んでいます。韓国の人たちを、私たちは愛しているので、
これから未信者が立ち上がります。未信者の行動によって、カトリック
の人たちは改心することになります。最初に、カトリックの信者に恵み
が注がれ、メッセージを貰いました。でも、冷めてしまいました。権力
に負けてしまいました。でも、未信者の中で、これから起される人は、
『真理とは何か』を探し求めています。まっすぐに行動してきます。神
は、純粋な心で神を探し求めて愛する人に、真理を明らかになさいます。
 私たちが日本で牢獄に入れられて、苦しんだとき、神は私たちを捨て
ず、慰めてくださいました。私たち韓国の全ての殉教者は、あなたたち
を本当に愛しています。引き続き、同胞の救いのために祈ってください。
 本当に感謝しています。マリア様が豊かにあなたがたを祝福してくだ
さいますように、いつも私たちは祈っています。司祭の祝福を、日本と、
韓国の人にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブル、あなたを愛し、祝福します。聖母があなたに
お話しします。勇気を持って、あなたの事を伝えた3人がいます。あな
たは大きな喜びに満たされ、大きな慰めを受けます。あなたのために、
身を捧げる人がこれから起され、あなたに仕えていきます。子供たちの
ために、とりなしてください。愛しています。いつも聖母があなたの
そばにいます。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年6月10日PM23:32〜11日AM0:02
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたに挨拶します。これからの女性
は、みな司祭を敬い、とりまきではなくて、司祭のために祈ってくださ
い。今まで「神父様」と言って、尊敬している人は本当にいるけれども、
いざ何か問題が起こって意見がぶつかると、その心が変わってしまい、
司祭のいないところで悪く言ってしまい、教会から離れてしまいます。
これから民族の違いを超えて、深く司祭を愛し、司祭の負っている職務
の大きさにどうか気づいて、支えてあげてください。聖母は司祭として
神が選んだ息子一人一人を、深く愛し、彼らの使命が最後までまっとう
できるように、いつも彼らのそばにいて、助けを与えます。
 マリー・マドレーヌと、マリー・レベッカは、一番近くにいて、司祭
(ジャン・マリー司祭)の職務を見て、全世界の霊魂に対する大きな責任
を負っているということをつぶさに見ています。どうか、司祭としてこ
れから起される人のために祈ってください。そして、あなたがたを愛す
る天の語りかけに対して忘れないでください。あなたがたを深く愛し、
許しと、恵みを注ぎ続けます。
 マリー・マドレーヌのことは、今まで先に愛する息子(ジャン・マ
リー司祭)に示してから、彼女に話してきました。なぜなら、小さな子
であるので、親として最後まで面倒をみることを決意した愛する息子に
全て聖母が託したからです。
 子どもたち、あなたがたに恵みを注ぎ、祝福を送ります。司祭の祝福
をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年6月12日AM2:19〜2:41
イエズス様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ロザリオの祈りをしている最中、第7玉目にきたときです。一つのビ
ジョンを見ました。私の目の前に芝生のようなものが広がっていて、そ
して人が多くいました。私は印を確認するため、祈りをとめさせてもら
いました。「印は在りますか?」と聞いたところ「識別のための印」が
天からありました。このことを司祭に話ました。このビジョンの印象は、
ソウル広場のように大きな芝生ではないですが、公園のような広がりで
した。多くの人たちについてですが、服の色も顔立ちもどこの人なのか
は判りません。私が起きているときに見たビジョンは久々です。

主イエズス様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福し、恵みを注ぐ。イエズスがあな
たがたに話をする。これから、殉教者の地において、多くの巡礼者が
訪れ、神の恵みを受ける。あなたがたは大きな希望を持って、何でも神
に打ち明け、多くの問題に対処できるようにしてほしい。寺沢の地を始
め、全ての殉教者の土地を聖別している。愛している。私と共に歩み続
けていくよう、あなたがたに言う。豊かに祝福を送る。司祭の祝福を
お願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
エノクとエリヤからの警告 1987年3月7日 No.22
     リトル・ペブルに(抜粋)

 旧約時代の預言者である我々二人は、間もなくこの世にやってくる。
そして、子供達よ、あなた方は、このことが何を意味するのかを知りな
さい。我々は十字架に付けられたキリストについて御教えを説くことに
なっている。我々はイスラエル国民に、キリストこそ彼らの神であり、
救い主であるということを告げるのである。我々は人類に神の御言葉を
広言しながら、この地上で三年半の間説教する。その間は、世界にとっ
ては苦難の日々になるだろう。我々はあと一年の後にやってくる。そし
て説教し、地獄の頭 − つまり悪魔、すなわち反キリストの体に入っ
たルシフェルの手にかかって死ぬのである。
 おお人類よ、あらゆる戦争に終止符を打つような大戦争が、間もなく
おこるだろう。そして我々が地上の国々に現れ、人類が世の罪の償いの
ため悔い改め、苦業をし、犠牲を捧げなければならないという神の御言
葉を宣べ伝えるのは、まさにこの戦争中である、苦しみの真っ最中にな
るのだ。キリストの土台を以って世を動揺させるため − つまり永遠
の御父へと戻る時間がもうほとんどないということを、あなた方に気付
かせるようにと、私は任命された。兄弟エリアもまたそうである。

(注)エノクとエリヤは殺された後、三日半後に生き返り、天にあげら
れます。祈りによって時は延ばされました。しかし起こることは変わり
ません。


----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :7月12日の午後8時 〜 聖体行列
      7月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      7月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :( 未定です )(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :( 未定です )(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :7月15日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は7月9日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]