「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年6月25日号No.311

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年6月25日号 No.311

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。

【 目 次 】

 永遠の御父への献辞 ----------------------------- 4
 著者の序文 ------------------------------------- 5
 第一章 うち続く裏切り  ----------------------- 8
     ブレ神父の離反  ----------------------- 8
     トランペッターの離反(日本から
      起こった神秘的教会の世界的な大分裂)--- 42
     ブロサード神父による擁護 --------------- 103
     シスター・グアダルーぺ
     (幻視者が過ちに陥る典型的な実例)------- 132
 第二章 聖シャーベル修道会 --------------------- 153
 第三章 天国からの対話。神からの賜物。続き ----- 191
     (日本語版の注記「教皇ヨハネ・
      パウロ2世のご死去」について、
      リトル・ペブルからの手紙2005年4月)---- 246
 第四章 新しい千年期と聖シャーベル修道会
     (正義はどこにあるのか?
      不誠実な「教会調査」の記録)----------- 260

 日本語版の謝辞 --------------------------------- 298


 これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語
版Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

◆ また、この機会に「箱舟の聖母社」の既刊の料金体系を見直すこと
にしました。基本的に3000円以上のお買い上げの場合、送料無料としま
す。「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
は各2000円ですが、現在、例外として一冊2000円(消費税・送料込)と
して販売しております。下記リストをご参照ください。表示価格は「消
費税・送料込」の価格です。

--------------------------------
【箱舟の聖母社の既刊 】

(箱舟の聖母社は、日本における聖シャーベル修道会の出版部門です)
  公式ホームページ http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
           http://martyrs.jpn.ph/index.html
--------------------------------
「リトル・ペブル 最後の教皇 第1巻」A5判 298頁 5,000円(送料・税込)
  罪人か聖人か? ローマ・カトリック使徒教会最後の教皇「ペトロ
 2世」になると預言されている「リトル・ペブル」- ウィリアム・カム
 の自伝。若い頃のエピソード、神秘的体験とミッションの始まり、そ
 して1988年の最初の「裏切り」まで。
--------------------------------
「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」A5判 298頁 5,000円(送料・税込)
  1991年の神秘的婚姻から2000年の「教会調査」開始まで。
--------------------------------
「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」A5判 300頁 5,000円(送料・税込)
  1994年の「相次ぐ裏切り」から、2000年10月の不誠実な「教会調査」
 2005年4月のヨハネ・パウロ2世の死去まで。
--------------------------------
「153本のマリアさまのバラ」A5判 170頁 2,000円(送料・税込)
  ジャン・マリー杉浦洋神父 著: あなたはマリア様がどのような
 お方かご存知ですか? 全世界での御出現で、マリア様は何をおっ
 しゃりたいのでしょうか? マリア様のメッセージを正しく理解する
 ために必読の本です。初心者の方にお勧めです。
--------------------------------
「153本の聖ヨゼフの百合」A5判 316頁 3,000円(送料・税込)
  ジャン・マリー杉浦洋神父 著: 聖シャーベル修道会のカリスマを
 正しく理解するために必読の書です! 特に聖シャーベル修道会の
 会員になることを希望する人、幻視者、神秘家、恵みの霊魂は、必ず
 この本を読み、理解してください。
--------------------------------
「メッセージ集」 A5判 233頁 3,000円(送料・税込)
  2000年6月〜2003年4月までのリトル・ペブルへのメッセージNo.599
 〜No.619、および他の幻視者へのメッセージ、報道機関への公式声明
 を収録。
--------------------------------
「聖シャーベル修道会の会則会憲」A5判 143頁 2,000円(送料・税込)
  サブタイトルは「オーストラリアでの創立」。1996年1月に発行され
 た聖シャーベル修道会の第8版会則会憲(現在発行されている最新版)
 の日本語版です。この会則会憲はバチカンに提出され認可を待ってい
 ます。日本において会員になることを希望する方は、まず上記「153本
 の聖ヨゼフの百合」を読み、お近くの「共同体」を訪問し、実地で
 共同体の生活を体験してください。その上でこの会則会憲を読めば、
 聖シャーベル修道会のカリスマを正しく理解することができます。
--------------------------------
メールマガジン「箱舟の聖母」毎週1回発行:
Eメール版 年間 3,000円(ご寄付) 郵送版 年間10,000円(ご寄付)
 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
--------------------------------

お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。
ご送金はおつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、
発送します。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 付録.1 】

 聖ヨゼフにささげられた歌隊の天使たちのいくつかの名前をお教えし
ます。助けを願い求め、愛してください。まず、この本「153本の
聖ヨゼフの百合」をあなたに読ませている天使は聖アレンドゥス(St.
Alendus)です。ふさわしく、つまり意志を用いて読めるようにと頼ん
でください。聖ヨゼフの7つの悲しみと喜びの信心の天使は聖ジョゼリ
ウス(St. Joselious)です。この信心の第一の祈りの天使は聖トネク
シウス(St. Tonexious)です。まず聖ヨゼフがマリア様の妊娠の理由
が分からず、3日間言語を絶する苦しみを味わい、その後、天使の夢の
中でのお告げで理由を知り、疑念を持ったことをマリア様から許され、
共に喜びに泣くなどの出来事をテーマに、聖ヨゼフが受けたすべての
悲しみ、苦しみと喜びを黙想しつつ、「天にまします」と「めでたし」
を一回ずつ唱えます。この祈りの形は7回とも同じです。第二の祈りの
天使は聖ヘラカリウス(St. Helacarious)です。ベトレヘムの馬小屋
でイエズスが極貧の中で誕生した出来事における聖ヨゼフのすべての
悲しみ、苦しみと喜びがテーマです。第三の祈りの天使は聖ペルティウ
ス(St. Pertious)です。生後8日目、割礼で、人類のための最初の
御傷、御血、御苦しみを見、イエズスという名をつけた出来事がテーマ
です。第四の祈りの天使が聖ハジェンチウス(St. Hagencious)です。
生後40日目のイエズスを聖殿にささげたとき、シメオンから預言を聞
かされた出来事がテーマです。第五の祈りの天使は聖コラソルス(St.
Colasorus)です。エジプトへの逃亡の出来事がテーマです。第六の祈
りの天使は聖メラベウス(St. Melabeus)です。イスラエルの地に帰っ
てきますが、いまだに危険があり、ガリラヤの地へと引きこもる出来事
がテーマです。第七の祈りの天使は聖ハラテウス(St. Halateus)です。
12歳のイエズスがエルサレムで3日間行方が分からなくなったこと。
そして3日後に見つけたことがテーマです。マリア・ワルトルタに天
から与えられた啓示を読んで、これらの7つのテーマを生き生きと黙想
してくださいね。型にはまらずに黙想し、聖ヨゼフと対話すればよいの
です。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年6月3日AM10:40〜11:14
韓国の殉教者、シストとカタリナ夫妻からのメッセージ
(韓国 ソウル リバーパークホテル707号室にて)
--------------------------------
韓国の殉教者、シスト:
 愛するマリー・マドレーヌにシスト(Xyst)がお話しします。
 ミシェル・マリー・フランソワと、マリー・マドレーヌ、私はあなた
がたを励ましに来ています。体をもって捧げる犠牲は、イエズスの十字
架を身にまとっているのと同じで、一番良い生贄です。恐れないで痛み
を負ってください。特に今、ミシェル・マリー・フランソワは、いまま
でにないほど肉体的にも精神的にも大きな犠牲を捧げています。苦しみ
があまりにも激しいとき、神を見失ったかのように思われるかも知れな
いけれど、神はどこまであなたが耐えることができるかをご存知でいま
す。あとわずかな旅行の期間、若者に向かって働きかけようとしていま
す。マリー・マドレーヌに話します。弱さを感じて、意志が奮い起こせ
なくなっているのを私は知っています。
 韓国の愛する人たちは、信仰を持っているけれど、勇敢さが欠けてい
ます。情熱的に魂を注ぐ事について、真理に眼をそむけてしまっている
ので、本人は情熱を持ってして進んでいると思っても、神に眼を向けて
いないので、空回りしています。魂が負けないように私はあなたがたを
励まします。日本人と韓国人の持つ感情や国民性は違うので、マリー・
マドレーヌは恐れているかも知れないけれど、3人が一緒だから大丈夫
だし、もっと韓国のことがわかるようになります。若者を私たちは愛し
ています。一緒にいます。どうか司祭(ジャン・マリー司祭)について
いってください。いつもどこにいてもシストとカタリナ、そして韓国の
ために殉教をした人たちは一緒にあなたがたを支えて守ります。愛に
感謝しています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

韓国の殉教者、カタリナ:
 愛する韓国の女性たちにカタリナが話します。あなたがたの生活を
見て、私は、困っている人たちに手を差し伸べて助けてあげているのを
嬉しく思います。でも、形だけにならないようにしてください。とって
も力強く生きぬくために一生懸命に戦っています。愛情豊かに繋がって
ください。どうか生まれたところによってその人を悪く見たり、言った
りしないでください。分裂をしてほしくありません。カタリナからの
お願いです。どうか仲良くしてください。司祭の祝福を韓国の人々に
お願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年6月4日PM14時10分
「朝鮮日報」の社内フロントで、
 マリー・マドレーヌに与えられたビジョン
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私は具合が悪く、ソファーで横寝した最中に夢を見ました。半覚醒
状態で見た夢です。眼がさめる直前のことでした。それは、「この近辺
に若者がたくさんいた。広場にいた。自分に向かって多くの若者(男女
の区別なく)が対面した状態。服の色はわからない」というものでした。
眼が覚めてから、私は印があるかを求めました。そうしたら本当である
という天からの確認の意味で、『識別のための印』がありました。久々
のビジョンでした。


--------------------------------
2006年6月5日AM0:52〜1:06
聖母マリア様からのメッセージ
(韓国、ソウル リバーパークホテル707号室にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供たち、無原罪の聖母があなたがたに祝福を送ります。日本
が若い人たちによって新しくされるように、韓国の若い未信者から神に
立ち返る人が起されます。愛する子供たちの愛と、勇気ある行動を感謝
しています。3人それぞれにできることを持って、韓国の人々に愛を
伝えてくれました。「一人も滅びることがないように」という祈りをし
てくれました。大きな犠牲を伴った働きであったことを聖母はよく知っ
ています。子供たち、諦めないで引き続き祈ってください。愛する息子
(ジャン・マリー司祭)とミシェル・マリー・フランソワの勇敢な働きに
対して、韓国の殉教者たちは全員喜んでいます。あなたがたを深く愛し
ています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 韓国の人々に祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1985年5月13日 No.21
     リトル・ペブルに(抜粋)

 子よ、あなたは反キリストと衝突し、彼と戦うであろう。しかし子ら
よ、世の聖人たちはしばらくの間、活動を抑えられる。二人の預言者が、
我が子ら、特にユダヤ人種を闇から光に導くためにやってくる。我が母
を愛する地上の子らよ、恐れることはない。我が愛する母は、すべての
人の心の女王であり、あなたがたを御自分のマントでおおわれ、この闇
の日々が続く間、あなたがたを守ってくださる。

(注)旧約時代に、死なずに天にあげられたエノクとエリヤが、まもな
  く地上に帰されます。反キリストのロード・マイトレーヤにだまさ
  れて、彼をメシヤと信じたユダヤ人に説教し、まことの救い主イエ
  ズス・キリストを信じるように促します。3年半の活動の後、反キ
  リストのロード・マイトレーヤの手にかかり、エルサレムで殺され
  ます。しかし3日半後、生き返り、天にあげられます。この奇跡に
  よってユダヤ人の一部が改心します。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :7月12日の午後8時 〜 聖体行列
      7月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      7月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :( 未定です )(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :7月15日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は7月2日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]