「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年6月18日号No.310

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年6月18日号 No.310

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.シストとカタリナ夫妻殉教者の物語
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.韓国人キリシタン「シストとカタリナ夫妻殉教者」の物語
----------------------------------------------------------------
【シストとカタリナ夫妻殉教者と聖母マリア】

 西暦1624年9月4日、日本の秋田県(当時は出羽の国、羽後の国、久保
田藩、秋田藩などと呼ばれていた)で、韓国人のキリシタン、シストと
カタリナというご夫妻が、他の日本人キリシタン14人とともに、その
信仰を堅固し、斬首されました。殉教です。(内2名の日本人キリシタ
ンは、獄死しています)シストとカタリナさんは、おそらく、豊臣秀吉
の朝鮮半島侵略のとき、日本に連れてこられた多くの韓国人の中の二人
だと思います。当時日本に連れてこられた人は、陶工の技術を持った人、
精錬の技術者、学者などだそうです。そして日本の各大名のもとに戦利
品として受け渡され、日本各地で働いていたようです。シストとカタリ
ナ夫妻は、推測ですが、島根県の石見銀山、佐渡島、そして、現在の
秋田県の院内銀山で坑夫(金属の精錬の技術者)として働いていたと
思われます。
 また韓国にキリスト教が伝来したのは1700年の後半のことですから、
彼らは日本でキリスト教の洗礼を受けたと思われます。そして日本国内
でキリシタンの迫害が強まるにつれて、奥州の出羽のたどり着いたよう
です。当時は、日本の東北地方の諸国、諸藩は、キリシタンに関して
寛容だったようです。日本にいたキリシタンは西国方面から東国そして、
奥州へと、その迫害を逃れて北へ北へと移動しました。そこで出羽秋田
では鉱山が各地にあり、藩の経営には重要な経済の柱でした、そこで働
く人は、他の藩で罪を犯し国外追放になった者や、浪人、キリシタンで
あるがゆえに逃避せざるをえなかった人々が多くを占めてしました。
 三代将軍、徳川家光の時代、とても激しいキリシタンの迫害が始まり
ました。当時の秋田藩主である佐竹義宣公は、江戸で百人を超えるキリ
シタンの大殉教の知らせを聞き、幕府には逆らえないと判断を下し、今
までキリシタンには寛容であった秋田藩もいよいよ、キリシタンの取り
締まりの強化に踏み切ることになりました。
 シストとカタリナ夫妻は、院内銀山から約4Km離れた、寺沢とうい村
に生活していました。ある日のこと、村にあった仏教の僧侶が、役人に
キリシタンがいると密告し、シストとカタリナ夫妻を含む16人は、役人
に捕まり、牢屋に入れられました。この事があった翌日、密告した僧侶
のお寺は、村の人々に焼き払われ、その僧侶は逃走し、そのほかのお寺
も、焼き払われたそうです。今の寺沢には、寺と言う地名ですが、一軒
も寺はありません。寺沢村に生活していた人々は、連帯意識が強かった
ことがこの逸話で分かります。おそらく殉教したキリシタンの人々以外
にも、多くのキリシタンが生活していたことでしょう、またそうでない
人々も、宗教を超えた相互扶助のいきづいた村だったことでしょう。
 シストとカタリナ夫妻を含む16人は投獄され、数ヶ月獄中生活を送っ
ていました。その時、とても不思議な出来事がありました。腰元の格好
をしたとても美しい女性が、捕まったキリシタン16人のもとに頻回に
訪れ、彼らを慰めに来てくれていたそうです。彼女にどちらからいらっ
しゃったのですかと質問すると、「私は城から参りました」と述べたそ
うですが、その女性を知る人は、お城の中でもお城の外でも、誰もいな
かったということです。この女性は聖母マリア様です。記録に残る聖母
出現としては、日本では初めてのことです。
 韓国に、キリスト経が伝来したのは1784年で、韓国での初めての殉教
者は1800年に入ってからです。シストとカタリナ夫妻殉教者は、それを
遡るところ、177年も前に異国の地で信仰を守り通し、殉教しています。
この話は韓国と日本両国にとって、とても素晴らしいことであり、大き
な出来事です。また彼らの人生は、とてもドラマチックでもあり、殉教
前に聖母の出現を受けています。これは本当に珍しいことです。そして、
韓国のキリスト教会史上の大発見でもあります。シストとカタリナ夫妻
殉教者は、韓国と日本両国において、英雄的存在であるといっても過言
ではありません。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第153章 】 その(2)

 では、皆さんに聖ヨゼフのいと清き御心の信心に役立つ美しい祈りを
紹介します。聖シャーベル修道会の会員が毎日祈っている祈りです。

■すべての共同体の保護者、聖ヨゼフのいと清き御心への奉献

 おお聖ヨゼフのいと清き御心よ、あなたは祝された永遠の処女(おと
め)の貞潔な夫、神である御子の養父、そしてお二人を保護し、お二人
を見習ったお方です。今、私はイエズスとマリアに倣い、あなたが私の
心の忠誠と愛情の主な対象であるようにと、ひたすら願いながら、私の
心をあなたにおささげいたします。私はあなたを「おお、恵みに満ち溢
れる方」と呼び、「イエズスとマリアがあなたと共におられたように、
私とも共にいらしてくださるように祈ってください」と、あなたに懇願
します。あなたの勤勉で、犠牲に満ちた、謙遜な内的生活に倣うための
恩寵を私に得させてくださるようにと、私はあなたに懇願します。そし
ていまだかつて、あなたの御心ほど、全ての人の霊魂をイエズスとマリ
アが支配することを願って、燃えあがった心はないのですから、あなた
が私の心をお二人にささげてください。どうか私の胸がイエズスとマリ
ア、そしてあなたへの愛のうちに最後の息を吐き、私の最後の言葉が
「イエズス、マリア、ヨゼフ」の甘美な御名となりますように。アーメン。

 この本の最後に、聖ヨゼフがこれからの艱難の時のために、ひとつの
物質的な恵みを約束してくださっていることを皆さんに教えましょう。
それはすべての白い百合に与えてくださる恵みです。食料がなくなる時、
白い百合の球根が、奇跡によってパンのように食べ物になります。しか
も、イエズスがわずかのパンをたくさん増やしたのと同じ奇跡によって、
それも増えます。白い百合は、ヤマユリのように今でも食べられる球根
と、テッポウユリのように、にがくてとても食べられない球根がありま
すが、世界中のすべての白い花をつける種類の百合に、その時聖ヨゼフ
はこの恵みを与えてくださいます。白い百合はやはり聖ヨゼフの百合な
のですね!



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年5月31日PM23:40〜6月1日AM0:43
イエズス様、マリア様、ヨゼフ様、
シストとカタリナ夫妻殉教者からの公的メッセージ
(韓国 ソウル、リバーパークホテル707号室にて)
--------------------------------
主イエズス様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。イエズスがあなたがたに話
をする。
 シストとカタリナ夫妻殉教者と、韓国の殉教者のことはあなたがたの
見て、感じているように、韓国の人々は知らないでいるし、また聖母マ
リアを始め、天の出現に対して、心が閉ざされている。しかし、韓国の
人々は、神がまことの支配者である事を知らねばならない。特に、カト
リックの司教や司祭たちはリトル・ペブルに繋がる人を弾圧したために、
心が鈍くされてしまった。むしろ信者よりも未信者の人たちを神は導く。
 あなたがたは、韓国の人々が信仰をあかししていることを見ている。
けれども、権力に対して弱く、迫害が起こると名前を隠さずに出してい
ても圧力に屈服してしまう。彼らの救いのために祈りなさい。便利な
生活、豊かな生活を求めている彼らは、無防備であって、何がこの先あ
るのかを知らないで過ごしている。神がリトル・ペブルを通して語った
韓国の人々の大困難は迫ってきている。韓国の人々の中にリトル・ペブ
ルに身を捧げる人々が1日も早く起されるよう、あなたがたは祈ってほ
しい。そしてリトル・ペブルのもとに司祭たちが帰ってくるよう、祈っ
てほしい。
 あなたがたは韓国の殉教者の取次ぎが本当に真実であることを身を
持って知るようになる。彼らの勇気ある行いをどうか覚えて、これから
も韓国の人々の救いのために働いてほしい。神は韓国が失われないよう
に、絶えず神に忠実なリトル・ペブルを通して、またあなたがたに神の
計画を知らせていくので、リトル・ペブルのゆえになされる神の事業に
加わって協力をしてほしい。
 イエズスは、あなたがたの行くところにいつもいて、あなたがたを
支えていく。一人も滅びることがないように祈ってほしい。司祭の祝福
をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなたがたを祝福します。
 聖母のもとにみな帰ってきてください。愛する韓国の人々に聖母は呼
びかけます。聖シャーベル修道会の創立者、リトル・ペブルは神が立て
た預言者であり、最後の教皇として、反キリストと戦い、世の終わりま
で治めることが神によって定められています。
 韓国の若い人々に聖母は呼びかけます。今、教会から離れている人た
ちはどうか真理を求めてください。愛しています。シストとカタリナ
夫妻殉教者と、韓国の全ての殉教者があなたがたの味方です。どうか
巡礼に来て、神に出会ってください。神はこのままあなたがたが滅びる
のを望まれていません。愛する子供たちを慰め、マントで覆います。
イエズスの聖心の中に飛び込んでください。そして、聖母のもとに来て
ください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖ヨゼフ様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。ヨゼフがあなたがたにお話
する。
 ヨゼフは世界中の子供たちのためにとりなしている。韓国の将来につ
いて、以前、話したように、彼らは何も知らないで共産主義の人たちに
身を任せようとしている。過去の歴史から学んでいない。アウシュビッ
ツで、どんなことが起こったか、また、今も各国で何が起きているのか、
知らないでいる。ある国では核兵器を整えていつでも攻撃できるように
ちゃくちゃくと準備を進めている。今のうちに神に立ち返るよう、ヨゼ
フはあなたがたにお願いする。北朝鮮の政治家は彼らを安心させようと
して動いているけれども、残念ながら彼らは核爆弾を持っている。リト
ル・ペブルの言った事は真実であり、彼が何度も手紙に書いている事は、
天が彼に見せた事である。愛する子らよ、今のうちに神に立ち返りなさ
い。司祭の祝福を、特に韓国の人々にお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

シストとカタリナ夫妻殉教者:
 愛する子供たち、シストとカタリナがあなたがたのために救いを願っ
て神に取り次いでいます。日本に私たちがつれていかれて、秋田の地で
殺されて殉教したのは全く真実です。愛する韓国の人たちに私たちは
いつも愛を注いでいます。あなたがたを愛しています。あなたがたの
熱心でまっすぐに真理を求める心をどうかもう1度奮い起こしてくださ
い。周りを見てはいけません。
 イエズスと、聖母マリアの贖いによって、人類は救われ、罪が許され
ます。そして、神が兄弟たちの中に送った預言者、そして、最後の教皇
として世の終わりまで治めることになっているリトル・ペブルに仕えて
ください。あなたがたを愛しています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年6月2日AM1:36
シスト(Xyst)、韓国殉教者からのローキューション
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今日は初金曜日です。6月1日の第2ミサ(死者ミサ)をしていました。
ロザリオの祈りが終わった後、私は1度「ローキューションがあります
か? なにか語られることはありますか?」と尋ねて印を求めて待って
いました。このときには印がありませんでした。6月1日の午後、チェ・
ヒョンシュクさんのところに行って相談をしました。そうしたら「ライ
フヒストリーが欲しい」と言っていたので、シストとカタリナ夫妻殉教
者に「どうかライフヒストリーを教えてください」とお願いしました。
1度、聞いたとき、何も印はありませんでした。ミシェル・マリー・フ
ランソワがローキューションに備えて祈り、待っていて、私も祈ってい
たら「ミシェル・マリー・フランソワに教えます」と一言、男性の声を
聴きました。昨日聴いたシストさんでした。「印はありますか?」と尋
ねたら「識別のための印」があったので、司祭にこのことを話ました。
そして、再度確認をしたところ、「識別のための印」をいただきました。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1985年5月13日 No.20
     リトル・ペブルに(抜粋)

 子よ、愛のリトル・ペブルよ。あなたが我が教会の中で、この世界の
軍隊を率いなさい。あなたが、世の終わりの時代の子らを率いて、ルシ
フェルに打ち勝つのだ。天の元后はすべての人の元后だから、あなたを
導いてくださるのである。子らよ、ロザリオを祈って、我が母に立ち戻
りなさい。ルシフェルは、子らを捕らえるために、もう外をうろついて
いる。もしあなたが準秘蹟を体から離してしまうと、あなたがたは滅び
てしまう。

(注)悪魔の総大将ルシフェルそのものである反キリスト・ロード・マ
  イトレーヤとの戦いは、二つの次元で行われます。霊的な次元で、
  彼のすさまじい霊力から自分の霊魂を守るために、マリア様に助け
  られなければなりません。実際の軍隊同士の戦いも、反キリスト・
  ロード・マイトレーヤの率いる軍隊と、リトル・ペブルに従う軍隊
  との間で行われますが、これは最終段階においてです。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇」第1巻、第2巻は、各一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第3巻も近日発行を予定していま
す)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

また、インターネット上で、こちらでも購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :7月12日の午後8時 〜 聖体行列
      7月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      7月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :7月15日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は6月25日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]