「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年6月11日号No.309

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年6月11日号 No.309

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆「白熊神父(ペッコムシンブ)」、韓国を行く!

 2005年6月11日に始まった第2の「秋田の聖母出現」において、最近、
マリア様は、今から約400年前の1624年9月4日にこの秋田の地で殉教さ
れた韓国人の「シストとカタリナ夫妻殉教者」について言及された。
彼らは現在、韓国で最初の殉教者たちとして知られている人々よりも、
177年も前に殉教しており、しかも牢獄でマリア様の御出現を受けてい
たことが記録に残っている。実は、韓国人で最初にマリア様の御出現
を受けた人々なのである。
 マリア様は、彼らが処刑前に投獄されていた、秋田県湯沢市「寺沢」
に大聖堂と修道院を立て、韓国の人々が巡礼に訪れることを願われた。
この地にルルドのような「癒しの泉」を与えることも約束された。また、
マリア様は、この「秋田の第2出現」を通して、多くの日本と韓国の
人々が救われることを約束された。そしてこれらの恵みは、ひとえに
リトル・ペブルのゆえであることを明らかにされた。
 韓国の人々、特に韓国の若者たちに、このグッド・ニュースを伝える
べく、「白熊神父(ペッコムシンブ)」ことジャン・マリー神父は2006年
5月29日〜6月5日にかけて、ハリケーンのように韓国を駆け巡った!
「白熊神父」は韓国の若者達に「挑戦状」を送った。魂の英雄中の英雄、
「シスト(Xyst)とカタリナ夫妻殉教者」に続け!と。その一部を以下に
掲載する。

【 挑戦状 】
「日本の白熊神父から、韓国のレッドデビルたちへ」

 韓国代表サッカーチームは、ワールドカップで勝つだろう。そして、
サポーターのレッドデビルたちは、愛国心を世界中に示すだろう。しか
し、君たちは、魂の戦いにおいては、完全に負けている。そして、君た
ちは、真の憂国の志は、全く持っていない。
 韓国が、世界に誇る過去のキリスト教の殉教者たちは、魂の戦いに
勝った英雄たちだ。真に韓国の国と国民を愛しぬいた人々だ。しかし、
彼らは、今のあなたたちの真の勇気と愛の欠如に、驚き、あきれている。
そして、君たちに対して、韓国の殉教者は、はずかしさに顔を真っ赤に
染めている。
 日本の「秋田の第2出現」は、韓国を滅びから救うためだ。イエズス
は、君たちが「天の出現に対して、心が閉ざされている」「権力に対し
て弱く、迫害が起こると圧力に屈服してしまう」「便利な生活、豊かな
生活を求めている彼らは無防備だ」と指摘している。聖ヨゼフは、君た
ちが「過去の歴史から学んでいない」と嘆いている。
 君たちの全く知らない、魂の英雄中の英雄、「シストとカタリナ夫妻
殉教者」という2人の韓国人夫妻が「秋田の第2出現」において、イエ
ズス、マリア、ヨゼフと共に天から出現している。「シストとカタリナ
夫妻殉教者」は、豊臣秀吉に韓国が侵略された時、日本に連れ去られ、
カトリック信者になり、迫害に耐えぬき、日本の秋田の地で殉教した。
国が負け、人生がめちゃくちゃになり、同じ韓国人の仲間がいない孤独
な状況で、「魂の戦い」において決して負けず、屈服しなかった。しか
も、その報いとして「聖母マリア」に何度も会った。
 彼ら「シストとカタリナ夫妻殉教者」は、世界、特に韓国と日本を
真理に導くために天から使わされた。そして、韓国で最初に聖母出現を
受けた2人だ。かつ、このことは、韓国の歴史をぬりかえることである。
この二人「シストとカタリナ夫妻殉教者」は、真の愛国心と同胞愛を
持ち続け、真の平和と平安を求め続けた、韓国の殉教者の初穂のグルー
プの2人だ。これは、韓国内の通説より177年以上、歴史をさかのぼる
殉教者なのだ。
 殉教者シストは、君たちに言っている。「あなた方の熱心で、まっす
ぐに真理を求める心を、どうかもう一度、奮い起こしてください。周り
を見てはいけません」と。そして、マリア様は、「韓国の若い人々に
聖母は呼びかけます」「シストとカタリナ夫妻殉教者と、韓国の全ての
殉教者が、あなた方の味方です。どうか、巡礼に来て、神に出会ってく
ださい」と言っている。
 つまり、君たちのサポーターは、「天の韓国人殉教者たち」だ。魂の
戦いの負け試合を、ロスタイムで逆転勝利に導くよう戦う選手が君たち
なのだ。君たちが、もしも、殉教者シストが言う「あなた方の熱心で
まっすぐに真理を求める心」をもっているなら、そして、真の愛国心と
同朋愛をもっているなら、この「秋田の第2出現」の指導司祭である、
白熊神父の挑戦を受けよ!! そして、それを、私に示せ!! 

私は、神の代理者として、以下の挑戦を、君たちに突きつける。

(1) 韓国カトリック教会の弾圧に屈することなく、聖母マリアが
  言っている、「聖シャーベル修道会の創立者、リトル・ペブルは、
  神が立てた預言者であり、最後の教皇として、反キリストと戦い、
  世の終わりまで統治することが定められている」ということを受け
  入れ、信じ、「リトル・ペブル」を愛し、仕え、支持しぬくこと。

(2) シストとカタリナ夫妻が、生活し、牢内において、たびたび、
  聖母マリアと会った場所に、聖母マリアが言うように、「巡礼に来
  て、神に出会い」、韓国の救いのために、聖母マリアと、シストと
  カタリナ夫妻殉教者と、そのほかの韓国人殉教者に取り次ぎを求め、
  祈ること。

(3) シストとカタリナ夫妻殉教者と同志殉教者を記念して、崇敬す
  るための巡礼聖堂を建てよ! イエズスが言っている「韓国が失わ
  れないように、絶えず神に忠実なリトル・ペブルを通して、また、
  あなたがた(秋田の聖母の第2出現の関係者のこと)、神の計画を
  知らせていくので、リトル・ペブルのゆえになされる神の事業に
  加わって協力をして欲しい」という神の望みに応え、行動し、支援
  すること。

(4) 国が守られるのは「武力」によってでは無い! 国民が「真理」
  に従うことにより、神の保護を受けることよってなのだ。

(5)2006年9月4日頃「シストとカタリナ夫妻殉教者とその同志殉教者」
  の聖なる栄光を讃えた、ミサを捧げるので、参加して欲しい。連絡
  を待っている。

 この挑戦状は愛ゆえのもので、白熊神父は君たちに大いに期待してい
る。これを、インターネットでも広めてほしい。

「秋田の第2出現」連絡先
 名称 :「聖シャーベル修道会」(秋田共同体)
     「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者の聖母」共同体
 代表  :「白熊神父」こと、「ジャン・マリー杉浦神父」
 住所 :日本 秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
 FAX:+ 81 0183 42 2762
 E-mail: charbeljapan@nifty.ne.jp



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第153章 】 その(1)

 カトリック教会の全歴史を通じて、聖ヨゼフは霊的にも物質的にも、
より頼む人に多くの恵みを与えてくださっています。この終わりの時に、
聖ヨゼフは私たちにご自分のいと清き御心を信心するように願ってい
らっしゃいます。そして偉大な霊的恵みのお約束をひとつくださいまし
た。それは、聖ヨゼフのいと清き御心を信心するものは、煉獄を通らず、
天国にまっすぐ行けるという恵みのお約束です。天国にまっすぐ行ける
人はほとんどいないのですよ。90%の人が今は死ぬと地獄へ行ってい
ますが、救われる方の10%の人も、たいてい煉獄に、まず入るのです。
煉獄の清めの火は地獄の火と変わらないほど苦しいものなので、煉獄で
すごす一日はこの世の時間の何百年、何千年にも感じるほどなのです。
ですから天国に直行できるお恵みとは実に素晴らしいお恵みです。

 信心と信心業は全く違います。信心とは「従うすみやかさ」の意味で
す。この本に私が書いた聖ヨゼフの霊性、聖徳、内的生活、聖ヨゼフ
だったら与えるに違いない忠告、これらにすみやかに従うならば、信心
していると言えます。聖ヨゼフに対する信心業をしていても、それだけ
では信心しているとは言えません。このことに注意してください。

 1995年5月13日にリトル・ペブルさんを通して聖ヨゼフが与え
てくださったメッセージが、そのお約束の部分です。次に抜粋します。

聖ヨゼフ:「……しばらく前に私が約束したように、私のいと清き御心
への信心を通して人類にたくさんの特別な恩寵が与えられるだろう。こ
のことの理由は、私の甘美な子らよ、お前たち皆が洗礼の時の聖なる
無垢を獲得するのを助けるためだ。なぜなら、この特別な恩寵を通して、
お前たちがこの世からあの世へ移るとき、お前たちが天国へ直行するか
らだ。というのは、お前たちの煉獄は地上で果たされるからである! 
来たるべき時には、聖にして母なる教会にとって、私のいと清き御心へ
の信心は非常に重要になるだろう。なぜならおまえたちが私の浄配で
ある汚れなきマリアの御心に至るのは私の御心を通してであり、そして
私たちの2つの御心を通してお前たちが私の息子 − 神のひとり子の
聖心に至るからだ!
 たくさんの奥義が、私の甘美なる子らよ、私のいと清き御心の中にあ
る。なぜならそれは神の御旨だからだ − というのは、私は常に三位
一体の神と、天と地の元后の謙遜な僕であり続けるからだ。ちょうど私
が地上の教会である神の母と、彼女の聖なる息子を守ったように、私は
今、キリストの神秘体である教会を守っている。悪魔は世界中と教会内
で猛り狂って、教会と選ばれたものを滅ぼそうとしている! しかし、
私のいと清き御心によって、悪魔はこれを成し遂げることができないだ
ろう。なぜなら悪魔は、いと高きお方の御旨によって人類を誘惑するこ
とを許されているにすぎないからだ。しかしながら、すべては人類の、
彼らの信心を通しての、そして彼らの献身を通しての、そして彼らの愛
を通しての応え方次第である。私を呼び求めよ。なぜなら私はお前たち
の保護者であり、守り手だからだ。私はその霊魂に生きる神の御名を
持っているすべてのものを守る − そして、まだ神のひとり子を知ら
ない者たちでさえも守る。私の最愛の息子 − 聖にして母なる教会の、
私たちの将来の教皇 − お前によって私のいと清き御心への信心は
全世界に打ち立てられ、そしてたくさんの恩寵が全世界の教会に、今
与えられている以上に、その時、与えられるだろう。……」

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年5月22日(月曜日)(PM12:16〜12:30)
聖母マリア様からの公的メッセージ(1)
(寺沢殉教公園、殉教碑の側にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子ども達、あなたがたを祝福します。この土地を祝福します。
聖母が祝別した泉を与えます。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(殉教公園と周辺の土地、建物、人々を祝福する……)

聖母マリア様:
 この近辺に聖堂と修道院を立ててください。聖母からのお願いです。
あなたがたを祝福します。父と、子と、聖霊との御名(みな)によりて。
アーメン。


--------------------------------
2006年5月22日(月曜日)(PM12:57〜13:14)
聖母マリア様からのメッセージ(2)
(寺沢殉教公園、殉教碑の側にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 あなたがたに聖母がお願いしたい事が在ります。どうか、ここに立て
られる修道院で、リトル・ペブルのために祈る時間を持って彼(リトル・
ペブル)のために心を合わせて祈りをしてください。子供たちを豊かに
祝福します。修道院をリトル・ペブルのために奉献してください。
あなたがたを豊かに祝福します。多くの殉教者とともに祝福します。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛する浄配である岩よ、あなたに祝福を送ります。あなたに対して、
『花嫁の愛』を持って身を捧げる人々をこの寺沢の地に送ります。あな
たは神の恵みをこれからも豊かに受けます。愛しています。祝福を送り
ます。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年5月23日(火曜日)(PM15:59〜16:39)
聖ヨゼフ様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ様:
 愛する子、マリー・マドレーヌにヨゼフがお話しする。耳が聴こえな
くなる事について、あなたは恐れないで、全てを受け入れるように、私
はあなたに言う。
 恵みを子供たちに注ぐ。リトル・ペブルに対して、子供たちよ、彼を
愛し、花嫁の愛を燃やし続けていってほしい。幻視者・神秘家・恵みの
霊魂に立てられている人たちに多くの従順が求められる。彼らには指導
司祭のもとで霊魂が成長をしていくことが絶対に必要である。神から
多く恵みを受ける彼らは、絶えず戦いの中に置かれる。あなたがたは
多くの幻視者・神秘家・恵みの霊魂のために祈りをしてほしい。そして、
リトル・ペブルに与えられた「聖なる輝くもの」を通して妊娠する恵み
を受けた多くの女性に対しては、人間の知恵では理解できない神の奇跡
にあずかるので、多く苦しめられ、また、孤独にされていく。彼らのこ
とを理解しあう仲間がどうしても必要になる。共同体の中でさえ、理解
しにくいために、「つまずきの岩」が置かれたかのように見て、去って
いった人たちがいる。
 あなたがたはマリアと私、ヨゼフの助けを求めなさい。ヨゼフは、マ
リアが聖霊によってイエズスをみごもったことを知ったとき、どうした
ら良いのか非常に苦しみ、悩んだ。しかし、神は助けてくださった。あ
なたがたはヨゼフに身を任せて、マリアと一緒に道を歩みなさい。
 子供たちに豊かに祝福を送る。引き続き、リトル・ペブルのために祈
りなさい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛する私の浄配、リトル・ペブルに聖母がお話しします。あなたの
手紙について、ベネディクト16世教皇の答えをあなたは待ってください。
神の霊が彼(ベネディクト16世教皇)に教え、あなたに対して調査をしま
す。あなたは愛のゆえに鎖に繋がれています。多くの人々はあなたが
偽りを好まず、真実を愛している人であることを知るでしょう。『真に
愛に満ちた人であった』と理解します。あなたを疑わないで信じる人々
を私の浄配であるリトル・ペトロ・アブラハム2世よ、あなたに用意し
ています。あなたに祝福を送ります。父と、子と、聖霊との御名により
て。アーメン。


--------------------------------
2006年5月29日AM1:12〜1:38
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子、マリー・マドレーヌ、あなたを愛し、恵みを注ぎます。
聖母がお話しします。あなたは悲しみを心に抱いているのを私は知り、
嬉しく思います。
 あなたがたにお話します。聖母は女性が犯す罪に対して、大変な悲し
みで心が引き裂かれんばかりです。なぜ互いに愛しあえないのか、本当
にエバの罪に染まっている多くの女性に対し、罪を悔い改めるよう聖母
は願っています。聖母の戦士として働く人は男性がほとんどです。純粋
で聖母について来るのは男性です。
 愛する子供たち、これから起される女性のためにどうか祈りをしてく
ださい。大変高ぶりやすい心を持っているのは女性であると言わねばな
りません。神は、子どもを宿すことができる体を女性に与えて、彼らを
愛し、慈しむ心をおあたえになりました。けれども、アダムがエバに
そそのかされて得ていた良い物を取られてしまったように、今男性を
辱めて悲しませているのは女性です。
 神が与えた賜物は一人ひとり、最高のものとして与えています。多く
の女性の聖人の取次ぎを願ってください。彼女たちはエバの持つ罪が
自分にもあることを知って戦い、徳を積みました。子供たち、聖母は
あなたがたを愛し、マントで優しく包んでいます。何度転んでも起して
あげるのは優しい母、慰めを与える母です。許しを絶えず神に願ってく
ださい。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1985年1月13日 No.19
     リトル・ペブルに(抜粋)

 世界中で多くの人たちが平和を語っていますが、子らよ、人類が痛悔
して神に立ち返らなければ、平和などあり得ないのです。すべて信仰を
もつキリスト信者たちよ、一致して、共通の敵ルシフェルに立ち向かい
なさい。世界に平和をもたらすのは「祈り」なのです。世界で核戦争が
起こる時、それはルシフェルの仕業です。心の奥では、戦争の準備を進
めていながら、平和条約を締結するなんて、なんとばかげているのでし
ょう。

(注) 悪魔の総大将ルシフェルは、今、肉体をまとって、反キリスト
   のロード・マイトレーヤとなり、世界中の重要な会議に出席して
   います。平和を説いていますが、世界を戦争に導くことだけを
   望んでいて、その混乱の中でメシヤとして自分をあらわし、その
   結果、世界中の人が、彼を世界の指導者として受け入れてしまう
   のです。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇」第1巻、第2巻は、各一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第3巻も近日発行を予定していま
す)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

また、インターネット上で、こちらでも購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :6月12日の午後8時 〜 聖体行列
      6月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      6月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :6月17日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は6月18日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]