「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年6月4日号No.308

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年6月4日号 No.308

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルからの手紙
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ


----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルからの手紙
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
教皇ベネディクト16世聖下への手紙
− 2006年5月22日(原文は2006年3月10日に書かれた)−
--------------------------------
教皇ベネディクト16世聖下、

 私は、私たちの愛する救い主イエズス・キリストと、彼の栄光ある
御母、永遠の乙女マリアの御名によって挨拶します。私はあなたと同じ
く、神の下僕です。私は、神の愛においてあなたが最近書かれた書簡に
ついて喜びを申し上げたいと望みます。愛徳の欠如により、世界が冷た
くなり、世界が世界革命へと、最終的には戦争の断崖絶壁へと向かい
続ける現在、それは非常に時にかなったことでした。
 今こそ、教皇聖下、あなたが神の御母の新しいドグマ、「全ての恵み
の仲介者」「共贖者」を宣言する時です。また、教皇聖下、「御託身の
祝日(お告げの祝日3月25日)」を格上げし、それが祝われるべき大祝日
にすることをどうか考慮してください。なぜならば、すべての真理にお
いて、「全ての恵みの仲介者」「共贖者」のドグマはこの日に始まった、
すべての祝日のうちで最も偉大な祝日だからです。
 どうぞ、教皇聖下、祈りとともにこのことを考慮してください。神の
最も優れた祝福があなたの上にありますように。

あなたの下僕、しかしまず第一に神の下僕

ウィリアム・カム
また「リトル・ペブル」として知られています


【「御託身」の書簡 】 

「御託身」は教義的な真実であり、人間の歴史における神の御計画の中
で最も偉大な出来事です。それは最も高い儀礼をもって祝われる必要の
ある祝日で、祝うことを義務づけられた大祝日であるべきです。それは
キリストの御降誕、御死去、御復活の祝日と等しいものです。
 神が彼ご自身の創造物である肉体をまとわれたことにまさる偉大な
奇跡はありません。彼は、物質と精神の領域の中に入ることをご計画な
さることを思し召されました。そして神は、通常の肉体的な性交(すな
わち、乙女マリアの卵子に男性の精子を受精させること)無しに、神は
乙女マリアに注がれました。なぜならイエズスは(アダムとエバの時か
らそうであったように)他の全ての人間のように作られたのではなく、
イエズスは聖なる乙女マリアのうちに御託身されたからです。なんとい
う神秘なのでしょうか! 「御託身」は、聖なるミサの聖変化のとき、
パンとぶどう酒がキリストの御体、御血、御霊魂、御神性に全実体変化
されるのと同じくらい、力強い神秘なのです。神によってまた創造され
たパンとぶどう酒が、司祭の「なれかし(フィアット)」を通して人間
の物質的世界の中でその時までにもう神、そして人になる。ちょうど、
最高の女司祭、乙女マリアが、彼女の「なれかし(フィアット)」によっ
て、神の御子を地上にもたらしたように。それゆえあなたたちは、ミサ
の生贄とイエズスの御託身、御死去、そして御復活の間に密接な関係を
見ることができるのです。ここにまさしく、最も聖なる乙女マリアに
よって「御託身」の時に与えられた言葉があります。(ルカによる福音
第1章26〜38)
「その6ヶ月目に、天使ガブリエルは、ガリラヤのナザレトという町の、
 ダビド家のヨゼフといいなずけであるマリアという乙女のもとに、神
 から遣わされた。天使はマリアのところに来て、『あなたにあいさつ
 します、恩寵に満ちたお方。主はあなたとともにおいでになります。
 あなたは女の中で祝福された方です』と言ったので、マリアはこれを
 聞いて心乱れ、何のあいさつだろうと考えていると、天使は『恐れる
 な、マリア。あなたは神の御前に恩寵を得た。あなたは身ごもって子
 を生む。その子をイエズスと名づけなさい。それは偉大な方で、いと
 高きものの子と言われます。また、その子は主なる神によって父ダビ
 ドの王座を与えられ、永遠にヤコブの家を治め、その国は終わること
 がない』と言った。マリアは『私は男を知りませんが、どうしてそう
 なるのですか』と聞いた。天使は答えた。『聖霊があなたにくだり、
 いと高きものの力の影があなたを覆うのです。ですから、生まれる子
 は聖なるお方で、神の子と言われます。あなたの親族のエリザベトも、
 老人ながら身ごもったではありませんか。うまずめと言われた人なの
 に、もう6ヶ月目です。神にはできないことはありません』」

 そして、祝された乙女マリアの口から最も深遠な言葉が出ました − 
彼女の神聖な母としての「なれかし(フィアット)」

「そしてマリアは『私は主のはしためです。あなたのみことばのとおり
 になりますように』と答えた」

 ほとんどの人々は、キリストの御死去と、死からの御復活の時、神が
最も偉大なことをなさったと信じています。確かにそのとおりですが、
もし神の御母の「なれかし(フィアット)」が与えられなかったなら、
御死去と御復活は起こらなかったでしょう。それゆえ「なれかし(フィ
アット)」の瞬間、キリストの御託身が人間の歴史の中にやってきたの
です。このことは天地創造以来の神の最も偉大なみ業です。それは、神
が、神ご自身の被造物に加わり、乙女マリアを通して、神が人間の肉体
をまとわれたからです。マリアは彼女だけで聖霊によって奇跡的に懐胎
しました。「無原罪の御宿り(Immaculate Conception)」、マリアは罪
の汚れなく懐胎したのです。従って「すべての恵みの仲介者」「共贖者」
のドグマが聖母マリアに与えられるべきことは適切なことです。

 私達が彼女を「神的な母」と呼ぶことができるのは、なぜか? 彼女
は本質的に神ではありませんが、彼女が神から来られ、神が「御託身」
において彼女から来られたので、また彼女はキリストとともに「共贖者」
の役割をはたすという御旨において神的なのです。このようにして、神
の霊の力によって、彼女の一点の曇りもない肉体を取り、人となられた
人、イエズス・キリストのうちに神性をもたらしたのです。私はキリス
トの御神性のうちに、マリア様の神性が含まれていると信じます。彼女
は神ではありませんが、神の中の第4の位格ではありませんが、彼女は
神の「母」「浄配」であり、そして彼女の肉体を通して、彼女の「なれ
かし(フィアット)」を通して「神の御言葉」を具現化した「婦人」は、
神ご自身の完全さにおいて神に創造され、他の被造物にはない完全な
類似性をもって神に創造されました。それゆえ、私は「御託身の祝日」
が新しい意味をもち、全世界の教会で表現の新しい高所に到達すべきで
あると言います。それは「神が人となった」、マリア様の「なれかし
(フィアット)」を通して、彼女の「全ての恵みの仲介者」「共贖者」
の役割を通して、人類がキリストによって救われる「門」を与えられた、
最高の祝日として祝われるべきです。
 それは、神の小さな道具としての私の祈りです − 私は鎖につなが
れたままで、神の神的介入を待っていますが − あなたは、教皇聖下、
最後の教皇となるように神に呼ばれた彼(すなわち、取るに足らない私
自身のことですが)にこの統治する権威を引き継がせるまでの間、聖に
して母なる公教会を導くために神に選ばれたのです。私は「ペトロ・ア
ブラハム2世」、あるいは「ローマ人ペトロ(Petrus Romanus)」と
名づけられるでしょう。
 教皇聖下、どうぞ、「全ての恵みの仲介者」「共贖者」の偉大なドグ
マを宣言し、「ご託身の祝日」を聖にして母なる公教会の最高のレベル
の祝日にするという、この私の祈りを考慮してください。
 そしてどうぞ、いまだ刑務所の鎖につながれていて、神の聖なる介入
を待っている私をおぼえてください。
教皇ベネディクト16世聖下、神の祝福があなたの上にありますように。

 私はあなたの卑しい下僕であり続けます。しかしまず第一に神にです。

ウィリアム・カム

シドニー、ニューサウスウェールズ州
オーストラリア



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第152章 】−その(5)−

 ところであなたたちは、罪を犯すことによって本当にイエズスの愛の
聖心を槍で貫きます。あなたたちが犯した罪に対して完全な痛悔を起こ
すまで、こうしてイエズスは十字架上で苦しみ続けます。イエズスを愛
していると口で言いながら、または、感情だけで愛したつもりになりな
がら、犯した罪に対して完全な痛悔を起こさない人は、イエズスを拷問
しながら愛している?というわけです。そんな愛ってあり得るでしょう
か? あるはずがありません! 完全な痛悔を起こすことは、あなたが
はりつけにしているイエズスを、十字架からおろして差し上げることで
す。イエズスに対する何よりの愛徳です。そして自分自身の霊魂に対す
る愛徳です。
 私は幼児のころ、こんな教わり方をしました。罪を犯すとイエズスの
傷の中にとんがったもので犯した自分の罪が書き込まれ、イエズスを
苦しめる。告解するとその字が消され、イエズスの苦しみもなくなると。
自分の罪が消されると同時にイエズスの苦しみも消えることをよくわか
らせてくれたたとえでした。また、あなたが信者なら、もうひとつの
大きな愛徳を、2週間ごとに告解を受けることで実行することができま
す。それは煉獄で清めのために大変苦しんでいるかわいそうな霊魂たち
に対しての愛徳です。通常の条件、つまり、聖寵の状態を保っていて、
罪に全く執着していないこと。そして「パパ様のご意向のために」と祈
ること。(天にまします一回、めでたし一回で良いのです)それを満た
せば、全免償を受ける準備ができています。告解をした日の前後一週間
の間、全免償をこの条件で受けることが可能です。その間、全免償がい
ただけるわざを毎日果たし、それを煉獄の霊魂に譲ってあげましょう。
2週間ごとに告解するなら、毎日この偉大な愛徳を煉獄の霊魂にささげ
ることができるというわけです。全免償が受けられるわざはいろいろあ
りますが、No.138で紹介した「聖ベルナデッタ、全ての若き幻視者と
神秘家の保護者への祈り」もそのひとつです。すべての若い幻視者と
神秘家への愛徳の実行が同時にできますし、祈ったあなたには聖ベルナ
デッタが、傍らにいて下さいます。良い告解をいつもしてくださいね。
そうすれば聖霊はあなたの中で大いに働き、あなたを清め、強め、作り
変え、聖化します。2週間ごとが不可能な人は、せめて月に一度は告解
してください。
 最後に、ミサにあずかりに教会に行くときの服装について助言します。
あなたたちはこの世で最も敬い愛する方の家に行き、最も聖なる儀式に
加わるのです。参列ではありません。司祭と心を合わせて、ともに御父
に、イエズスと自分自身をおささげする内的な行為者になるのです。そ
れにふさわしく装うべきです。遊び着、運動着、仕事着はいけません。
きちんとした身なりになってください。男性は長ズボンをはいてくださ
い。ジーンズはふさわしくありません。それにできれば長袖を着てくだ
さい。教会の中では帽子をかぶってはいけません。女性はズボンをはい
てはいけません。スカートをはいてください。ロングスカートをはいて
ください。できれば長袖を着てください。肌を見せないようにしてくだ
さい。教会の中ではその美しい髪の毛をかくしてください。実は白い
レースのヴェールは、日本では洗礼を受けた女性のしるしとなっていま
すから、洗礼を受けていない人はスカーフで髪をかくしてください。ど
んな巻き方、結び方でも構いません。男性が帽子をとり、女性が美しい
髪をかくすのは、神を敬う作法なのです。男性、女性とも体のラインが
かくれるように装ってください。そして透けない生地のもの着てくださ
い。これは慎みのためです。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年5月19日(金曜日)(AM0:30〜0:50)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたに恵みを注ぎます。愛する子供
たち、リトル・ペブルの苦しみをあなた方は知ってください。聖母はあ
なた方のこれから行かねばならない道について話します。
 愛する息子(ジャン・マリー神父)は、リトル・ペブルのために身を捧
げてきました。彼(リトル・ペブル)を愛しています。深く愛し、仕えて
います。マリー・レベッカには大変困難な道が用意されています。あな
た(マリー・レベッカ)は、愛する息子(ジャン・マリー神父)があなたに
話したことをしっかりと心に受け止めてください。あなたはリトル・ペ
ブルと結ばれたベッティーナと一緒の道を歩みます。ベッティーナが受
けた事柄をあなたはよく知っています。あなたは神の奇跡を体験します。
祝福の恵みによって、子どもをやどすことになります。あなたの苦しみ、
嘆きは聞かれています。恐れないで、神に信頼して、どうか忠実に神に
仕えてください。多くの困難が待ち受けています。あなたに言います。
ベッティーナの通った道をあなたは行きます。今、ベッティーナは大変
な苦しみの中にいます。どうかベッティーナのために祈ってください。
愛する息子(ジャン・マリー神父)を通して、これからも神の計画は知ら
されていきます。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1984年12月8日 No.18
     リトル・ペブルに(抜粋)

 子らよ、天があなたがたを本当に愛していることを知りなさい。たく
さんな天使が今、天国の道で、あなたがたを助けるために、あなたがた
のところへ遣わされています。なぜならば近い将来、それがたいへん
困難になるからです。子らよ、たびたび聖体を拝領しなさい。なぜなら
ば、まもなくアンチ・キリスト(反キリスト)がこの世を支配するよう
になって、全世界の教会は閉鎖されるからです。

(注)反キリストのロード・マイトレーヤは、ルシフェルが人間となっ
  た存在です。彼は世界統一政府・世界統一教会・世界統一宗教を
  打ち立て、全世界のすべての人を総支配します。数年後にそれは
  実現します。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇」第1巻、第2巻は、各一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第3巻も近日発行を予定していま
す)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

また、インターネット上で、こちらでも購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :6月12日の午後8時 〜 聖体行列
      6月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      6月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :6月17日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は6月11日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]