「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年5月28日号No.307

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年5月28日号 No.307

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第152章 】−その(4)−

 信者にも、洗礼を受けてない人にも共通の指示ですが、その教会の
司祭が、はっきりと「ご聖体はイエズスではない」と言っているのなら、
その教会に行かないで他の教会を探してください。司祭がパンとぶどう
酒を、イエズスに聖変化する意志がないなら、聖変化は起こりません。
その教会のミサにも聖櫃の中にもイエズスは現存していらっしゃいませ
んから、信仰のある司祭を探し、そこに行くようにしてください。

 こうしてミサにあずかったつもりでも、ミサにあずかれていなかった
という状況が広まっています。信者にとって、それに加えて告解におい
ても、司祭に告白したのにゆるしを神から得られない状況も広まってい
ます。司祭が告解の秘跡を信じず、わざとゆるしの言葉にかえて「祝福
します」と言って祝福だけを与えるのです。これによって秘跡ではなく
なります。(司祭は片手を信者に述べて『私は父と子と聖霊の御名に
よってあなたの罪をゆるします』と言うのが有効な場合です) 秘跡と
して成立しないということは、告解とは信者の不完全な痛悔を秘跡的に
完全な痛悔にする秘跡なのですから、信者の不完全な痛悔は不完全な
ままにとどまります。そのため罪のゆるしが得られなくなるのです。

 全教会に広がるこの状況のゆえに、信者が自分で完全な痛悔を起こす
ことがとても重要になってきています。痛悔が罰への恐れからくるもの
であれば不完全です。神への愛のみによってなされ、罪ほろぼしをしよ
う、よくなろうという意志も持っているなら完全です。これらの意志が
ないなら、まだ罪を愛しているのです。痛悔の「痛」の字を考えてみて
ください。なぜわざわざ「後悔」と言わずに「痛悔」と言うのかを。こ
れは最大の恩人であり、誰よりも愛してくださっていて、命までも捨て
てくださった方を罪を犯すことによって侮辱し、苦しめ、恩を仇で返し
てしまった心の痛みをあらわします。そうしなければよかったという
悔やみが愛によるものであれば、この心の痛みがあるのです。あなたた
ちは自分の罪をただ認めるだけではなく、同時にこの心の痛みを持つよ
うにしてください。

 洗礼を受けていない人は、この心の痛みをもって、ゆるしを祈り求め
てください。「イエズス、あなたを悲しませ、苦しませたので激しく心
が痛みます。悔やんでいます。罪ほろぼしをしますから、そして同じ罪
を繰り返さないように努め、もうあなたを悲しませ、苦しませないよう
にしますから、私の罪をゆるしてください」と、このように祈り求めて
ください。死に際しては「イエズス、あなたを悲しませ、苦しめたので
激しく心が痛みます。悔やんでいます。もし時間を与えてくださるなら、
時間のある限り罪ほろぼしをします。どうか私のすべての罪をゆるして
ください」とこのように祈り求め、「望みの洗礼」をイエズスご自身が
授けてくださることを希望し続け、死を迎えてください。こうして完全
な痛悔を起こしてください。信者は同じようにして完全な痛悔を起こし
て告解するのです。そうすれば告解場で不信仰な司祭にだまされても、
完全な痛悔を起こした時点で罪がゆるされています。

 告解は罪のゆるしだけでなく、告白した罪を再び犯さないよう戦う力
も授けます。ですから自分の根深い罪を、それが治るまで毎回告白する
ことが大切です。何ヶ月も、何年もひとつの罪とじっくり戦い、告解で
同じ罪を告白し続け、神の助けによってその罪に打ち勝つのです。毎回、
同じ罪を告白することとか、罪を司祭に打ち明けること自体に苦しみや、
恥ずかしさを持つ人のために、告解の秘跡の本質に触れつつ説明を続け
ましょう。告解は罪を司祭に告げますが、ゆるしてくださるのは神です。
神に本当は告げているのですから、司祭の人格は忘れ、司祭をイエズス・
キリストとして見るのです。こうすることによって全ての余計な考えを
避けなさい。告解は「良心の法廷」です。良心が検事となって自分自身
の罪を神に訴えるのです。「こいつは、こんな悪いことをしました」と
いう具合いにです。そして最後に神が判決します。その判決はいつも
「その罪をゆるします」です。告解ほど神の愛である聖霊の働きを直接
に体験し、実感できるものはありません。「こんな悪い奴!」の罪に、
いつも「ゆるします」と判決してくださるのですよ。

 あなたは罪を厳しく究明し、弁解を一切することなく、率直に言いあ
らわすほど、より強く神の愛に心を打たれます。また、司祭が告解を
聞くとき、慈父的心を強く刺激されるものなのです。そして司祭が尊敬
の念を抱くのは、罪をたいして犯していないと思える人、同じ罪は再び
犯さないように思える人に対してではなく、自分を厳しく裁き、罪を
率直に言いあらわし、何の言訳もせず、よくなる努力を同じ罪の告白に
よって真剣に行っている人に対してなのです。そういう人に対して司祭
の「父としての心」は大いに動かされます。慈しみ、あわれみ、尊敬を
抱くのです。何も心配しないでくださいね。

…… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年5月14日(日曜日)(AM0:29〜0:47)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子、マリー・マドレーヌにお話しします。聖母はミシェル・マ
リー・フランソワを立てています。あなた(マリー・マドレーヌ)はまも
なく耳が聴こえなくなります。恐れないでください。小さな子であるの
で、小さな子が負えるようにイエズスの十字架を担わせます。ミシェル・
マリー・フランソワはこれから多く働きます。愛の一致を持ってリトル・
ペブルと繋がってください。あなた方、一人ひとりを豊かに祝福します。
 子供たち、一人ひとりにバラの花束を贈ります。聖母がどれほどに
慰められたかしれません。全て、ヨゼフと共に歩いていってください。
共同体の導き手であるヨゼフに何でも頼んでください。優しいヨゼフが、
あなた方、一人ひとりを導きます。聖母はあなた方、全てに対して、マ
ントで覆います。司祭の指導のもとに従ってください。司祭の祝福を
お願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 13日の第2ミサ(死者ミサ)をささげました。ロザリオの祈りが始まって
第3玉目に手に風を感じました。そのため、祈りを止めさせてもらって、
印が在るかを尋ねました。けれど、識別のための印』は在りませんでし
た。すぐにサタンに対して「イエズスの御名によって命じる。サタン出
て行け!」と厳命しました。そのあとしばらくしてミシェル・マリー・
フランソワが印の確認をとっていて、ローキューションが始まったこと
を聞きました。しばらくして、聖櫃のところに来るよう言われて、司祭
に「ローキューションは在りますか?」と聞くよう言われました。しば
らく沈黙していたら「ミシェルに」という声を聴きました。女性の声で
した。ミシェル・マリー・フランソワを強く押しているように聴こえま
した。そして、自分の席に戻って祈りました。
 このときから悪魔のアタックが激しくなってきました。「もうロー
キューションは終わったんだ」と言うインスピレーションを吹き込もう
として私の心を混乱に陥れようとしました。もう1度前へ来るように言
われたとき、私の心は苦しくて「しもべをへりくだらせてください」と
いう思いでいっぱいでした。そして、もう1度「ローキューションは
ありますか? あったら印をこのときにお願いします」と祈りました。
そうしたら「まもなく耳が聴こえなくなります」と聴こえました。司祭
にこのことを知らせました。「印を求めるように」と司祭に言われて
「『しもべは聞きます。お話下さい』と祈るように」と言われました。
私はそのようにしました。
 待っていたら「識別のための印」が在ったので、司祭に告げました。
「しもべは聞きます。お話ください」と私は祈りました。そうしたとこ
ろ、聖母マリア様が話してくださいました。最後に「このメッセージは
本当でしょうか? 印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら「識
別のための印」が在りました。「リトル・ペブルさんに伝言はあります
か?」と引き続き尋ねました。ゆっくり「めでたし」の祈りを唱えて待
ちました。けれど、印はありませんでした。司祭から「『ミシェル・マ
リー・フランソワを通して語られることありますか?』と尋ねるように」
と言われました。そうしたところ、「識別のための印」が在りました。


--------------------------------
2006年5月14日(日曜日)(PM12:36〜12:58)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供たち、あなた方を祝福します。寺沢の事で、あなた方は
信頼して祈りを捧げてください。恐れないで歩んでください。あなた
がたを祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 ミサ中、体のあちこちに痛みを感じていました。これからのために
イエズスに捧げますと祈っていました。ロザリオを祈り始めてすぐに風
を強く感じました。しばらくその状態が続いていました。3玉目に印を
求めるため、祈りをとめさせてもらいました。「印は在りますか?」と
尋ねましたが、このときには印は在りませんでした。「イエズスの御名
によって命じる。サタン、出て行け!」と私は厳命しました。
 しばらくして、私は司祭に体の痛みがあることを告げました。そうし
たら聖櫃のところにきて「ローキューションは在りますか?」と尋ねる
よう、言われました。私は「しもべをへりくだらせてください。ロー
キューションはありますか? 印をお願いします」と祈って待ちました。
そうしたら「識別のための印」がありました。聖母マリア様が話してく
ださいました。最後に「このメッセージは本当ですか? 印は在ります
か?」と尋ねたら「識別のための印」をいただきました。派遣式が始まっ
て、私は寺沢に行く人たちにどうか恵みを下さい」と祈っていました。
そうしたら甘いバラの花のにおいが目の前でしました。印があるか尋ね
ました。そうしたところ「識別のための印」が在りました。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1981年から1987年 No.17
   シスター・グァダルーペに(抜粋)

 神がこの地を荒廃させ、その表面を一変させる。まず地に住む人々か
ら荒廃が始まる。そして地上が荒廃する。地上の人々は悲しみにくれ、
乾き衰える。地は、法を破る人々によって汚され、また法を曲げ「永遠
の契約」を破ったその住人達によって汚されてきた。彼らは……幻視者
たちの根絶を試みる。彼らには罪があり、その罪人達がこの地に住んで
いるのだ。故に地の娘達は焼け死に、生き残る男達はほとんどいなくな
るのだ。あらゆる楽しみはこの地から消え失せ、天からの「豪雨」が降
り、地盤は震える……大地は大音響と共に炸裂し、地は震えまるで酔っ
払いのように揺れる……地は沈み、再び上がってくることはない。そし
て大淫婦なる教会、すなわちヴァチカンは、反キリストに賛同したすべ
ての国々、すべての人々とともに滅ぼされるであろう。

(注)十戒は、道徳的に完全な生き方を命じています。今は、人類史上
  最悪の不道徳な世代が生活しています。あらゆる天災と戦争によっ
  て悪人は滅ぼされるでしょう。全面核戦争と彗星の激突が最後にあ
  ります。ルシフェルそのものであるロード・マイトレーヤを礼拝す
  る、悪魔を拝む教会となったヴァチカンは、反キリストと反教皇と、
  彼らに従った「666」の獣の印のマイクロチップを埋め込んだ
  人々とともに滅ぼされます。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇」第1巻、第2巻は、各一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第3巻も近日発行を予定していま
す)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

また、インターネット上で、こちらでも購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :6月12日の午後8時 〜 聖体行列
      6月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      6月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :6月17日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は6月4日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]