「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年5月21日号No.306

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年5月21日号 No.306

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第152章 】−その(3)−

 もし、これを読むあなたが司祭でしたら、信者にふさわしいミサの
あずかり方、つまり神が現行のミサ(ノブス・、オルド)にふさわしく
あずかるにはどうすべきかを教えてくださった、ここに書いたあずかり
方をするように指導してください。
 何よりもまず大罪を持ったまま聖体拝領しないように指導してくださ
い。大罪を犯している人のために、ミサの前に告解場で待って告解させ
てください。あなたがそれをしないと信者は大罪を持ったまま聖体拝領
をします。ミサの後ではなく、ミサの前に告解場で待つのですよ。大罪
を持ったまま聖体拝領する信者は、生命ではなく死を受け、大罪に大罪
を重ねるということを忘れないでください。しかも現代、小学生にまで
広がっているポルノグラフィー、オナニーの習慣、当たり前になってい
る若者の婚前交渉や避妊行為で、あなたが思いもよらないほど多くの
男女の信者が常に大罪の状態にあります。あなたは信者を永遠の滅びか
ら守らねばなりません。牧者なのですから。そしてあなたは、無抵抗な
幼な子のようなご聖体のイエズスを守れる唯一の人間です。
 大罪を持った霊魂に拝領される苦しみを、イエズスはある神秘家に、
「ああ、なんと恐ろしいこと! 野獣の餌食となる方が、どれほどまし
だろう!」(現代の神秘家アレキサンドリーナ・マリア・ダ・コスタに
おけるイエズスのご受難、ウムベルト・M・パスクワレ神父編、ドン
ボスコ社 P52) 「私は、恐ろしさにおののいた。多くのユダが、
汚れた舌で、ふさわしくもないのに、私を食べたり飲んだりするのを、
私は見た。恐怖は、さらにひどくなっていった。それは、私にふさわし
くない手と悪魔の心で、パンとぶどう酒の私を配る人たちのいることだ。
死ぬほどの恐怖、私は、ひどい苦しみを感じた。私は、苦しみと恐怖の
あまり、私の魂がひきさかれ、心臓が粉々に打ち砕かれるのではないか
と思うほどだった」(同本 P68)と打ち明けておられます。
 そして多くの神秘家、幻視者が、司祭が信者の手にホスチアを置くた
びにイエズスが信者から、御顔を激しく殴りつけられ、体は倒れんばか
りによろけ、紫色にはれあがった悲しい顔になるのを見せられています。
信者はひざまずいて舌で聖体拝領しなければなりません。それ以外の
やり方はすべてやめさせてください。どんなことがあっても信者に手で
聖体拝領させてはなりません。あなたは聖体拝領台を置き、信者用の
パテナで、ホスチアのかけらを一片も床に落とさないようにし、信者に
聖寵の状態を保って、ひざまずいて舌で聖体拝領するように命じなさい。
 それから、個別に司祭に罪を言いあらわさない共同告解は違法かつ
無効です。罪のゆるしは得られません。秘蹟として成立しませんから。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年5月10日(水曜日)(AM0:42〜1:05)
聖母マリア様からマリー・レベッカに与えられたメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するマリー・レベッカに聖母がお話しします。あなたは多くの事を
持って神に捧げてきました。あなたの悩みを全て天に預けてください。
思い煩いをいっさい神の御手にゆだねてください。聖母があなたを愛し、
祝福しています。恐れないで、神に仕えてください。
 あなたは悪魔の攻撃に対して、無防備であってはなりません。あなた
が一番心に悩む人のことで、苦しんでいるのを聖母は見ています。心配
事を神に預けてください。祝福されているあなたを多くの人たちは見て、
神が選んだ人の幸せな生き方を学んで改心するでしょう。恐れないで、
あなたの優しさを人々に伝えていってください。あなたを豊かに祝福し
ます。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年5月12日(金曜日)(PM14:14〜14:50)
イエズス様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子どもたち、あなた方を祝福する。イエズスがあなた方に話を
する。
 あなた方はそれぞれ道は異なっているが、私があなた方を選んだのは、
あなた方が弱く、過去だれもいなかったほどに惨めなものだからである。
愛する子らよ、私はあなた方がみじめで弱いから愛しているのである。
長上を離れてはあなた方はなに一つできない。一歩も前へ進めないので
ある。
 今までは一人の力で試練に立ち向かうように選ばれた人たちには要求
してきた。けれども、ここは違う。一人ひとりが弱いから、互いに愛し
合って弱さの部分を互いに補い合って進んでいくチームとして、使命を
全うするように、私はあえて傷物を選んだ。今までは心のタフな人だけ
が仕事をする時代であった。でも、ここは違う。神がする仕事は、弱く
傷ついた人たちによってでもできるのだということを人々に示すために、
多く傷を負った人たちを私はこれから使う。
 愛に答えてほしい。そして、決して落胆しないで『神がこのような
私たちを使ってくださる』という事に眼を向けて、へりくだって進んで
ほしい。神はそれぞれに対して、ご計画があって通らせた道なので、あ
なた方は幼な子でいてほしい。あなた方を深く愛しているから、どうか
私が立てた愛する息子(ジャン・マリー司祭)に従ってほしい。
 あなた方を豊かに祝福する。神は約束したことを果たす。恐れないで
歩みなさい。豊かに祝福する。リトル・ペブルのために祈りなさい。
司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

イエズス様:
 愛するリトル・ペブル、あなたを豊かに祝福する。あなたはまったき
信頼を持って神に従った。どれほどに苦しみ、呻いたかを私は知ってい
る。あなたの特別な使命が果たされていく日がもう間近である。悪魔は
あなたの全てを根絶やしにしようと、ありとあらゆる方法を持って知恵
の限りを尽くして働いた。でも、全ての勝利を勝ち取ったイエズスと、
人類の贖いの協力者である私の母、聖母マリアが悪魔の前に立ちはだ
かって彼の計画を打ち壊した。愛している。あなたの事を全く疑わず、
信じる人々を用意しているので、あなたは大きな喜びを得るであろう。
恐れてはならない。あなたを豊かに祝福する。安心していきなさい。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年5月13日(土曜日)(AM0:10〜0:40)
イエズス様からの公的メッセージ
(『償いの日』秋田県湯沢にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子ども達、あなた方を祝福する。
 多くの事業が待っている。リトル・ペブルのことを勇敢に語りなさい。
イエズスがあなた方を励まし、強め、進んで道を歩ませる。彼(リトル・
ペブル)の勝利が近いので、あなた方は天に信頼して、与えられたもの
をもって進みなさい。決して彼(リトル・ペブル)の名を隠してはならな
い。彼は天が定めた教皇であるから、世界中の子供たちが彼のもとに
集められる必要がある。恐れないで、勇敢に行きなさい。神はまもなく
リトル・ペブルに約束を果たす。愛する子ども達、いつもそばにイエズ
スがいるので、恐れてはならない。
 ミシェル・マリー・フランソワには大きな使命があるので、彼を悪魔
は攻撃して苦しみを多く彼に与えた。天が選ぶ一人ひとりの子供たちは
弱く、惨めなものたちである。彼ら一人ひとり、それぞれに大きな使命
を担っている。悪魔がリトル・ペブルを滅ぼそうとしたように、リトル・
ペブルのために戦う軍勢を躍起になって倒そうとした。選ばれた者の中
には、悪魔の巧妙な手口にだまされて、リトル・ペブルを捨て、敵に
回ったものたちがいる。あなた方はリトル・ペブルのために勇敢に立ち
上がって進んでほしい。
 多くの天使、聖人たちが、あなた方と一緒に戦うので、恐れてはなら
ない。あなた方、一人一人を豊かに祝福する。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブルにお話しします。あなたに与えた神の計画は
成就されます。あなたはあなたに忠実に仕えた人たちを見ることになり
ます。あなたの苦しみは全て大きな報いを得るでしょう。勇敢に立ち向
かったあなたに対して、聖母は喜んでいます。どうか引き続き子供たち
のために祈ってください。世界中のあちこちであなたに仕える人たちを
天は起します。愛しています。豊かに祝福します。愛する浄配、あなた
に比べるものは他にありません。豊かに恵みを注ぎます。父と、子と、
聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年5月13日(土曜日)(償いの日)(PM16:10〜16:33)
聖ヨゼフ様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ様:
 愛する子ども達、あなた方を祝福する。ヨゼフがあなた方に話をする。
 あなた方の行くべき道に対して、絶えず天が導いていく。あなた方の
なすことは大変重要な事である。女子修道院の立ち上げについても、も
うまもなく起される。愛する子、マリア・ファウスティーナ・ジョゼ
フィーナに天は大きな計画を用意している。あなたはマリア・レベッカ
を助けてほしい。
 愛する子ども達、一人ひとりに言う。これからの事業に対して、全て、
リトル・ペブルのゆえに発展する。悪魔は攻撃してあなた方を悩まし、
苦しめている。けれども、ヨゼフが絶えずあなた方を支え、導いていく。
愛している。恐れないで歩みなさい。勇敢でありなさい。恵みをあなた
方に注ぐ。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1981年から1987年 No.16
   シスター・グァダルーペに(抜粋)

 ダニエルの書をもう一度読み返しなさい。つまり「非常に大きくて
常ならぬ輝きを発する像が立っていた。その姿は恐ろしいものだった」
という箇所についてである。その像とは反キリスト、つまり悪魔と、悪
魔にくみする者達のことである。しかし私は石、つまり教皇を遣わす。
あなたたちは、我がヴァチカンという名の木を切り倒す時、木の株を残
しておき、その後に私が遣わした岩(我が幻視者であるリトル・ペブル)
が前教皇に継ぐ新たな教皇となり、彼は皆の手を借りて反キリストを倒
すということを覚えていなければならない。その後、その岩は大きくな
り、地上を覆う大きな山となる。要するに反キリストを倒した後、リト
ル・ペブルは力を増し、新たな公教会と「聖なる町」つまり平和の国を
造り、新たな天、新たな地が生まれるであろう。すべてのものが新しく
なり、新しいエルサレムが誕生する。

(注)ヴァチカンには、悪魔に魂を売った多くのフリーメーソンの高位
  聖職者が、すでに権力をふるっており、パウロ6世とヨハネ・パウ
  ロ1世は、彼らの手にかかって殉教しました。彼らはペトロの座に
  反教皇を座らせ、そして反教皇はすべての教会で反キリストのロー
  ド・マイトレーヤを神・メシヤとして礼拝させるでしょう。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇」第1巻、第2巻は、各一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第3巻も近日発行を予定していま
す)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

また、インターネット上で、こちらでも購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :6月12日の午後8時 〜 聖体行列
      6月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      6月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :5月21日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :5月28日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
      6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :6月17日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は5月28日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]