「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年5月14日号No.305

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年5月14日号 No.305

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版が出版されました。

罪人か聖人か? ローマ・カトリック使徒教会 最後の教皇「ペトロ2世」
になると預言されている「リトル・ペブル」- ウィリアム・カムの自伝。
1991年の「神秘的婚姻」から2000年の「教会調査開始」まで。

「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻
  ウィリアム・カムの証言と神秘的生活」

 目次

 永遠の御父への献辞 -------------------------- 4
 著者の序文 ---------------------------------- 5
 第一章 神秘的結婚 -------------------------- 8
 第二章 第二の裏切り ----------------------- 44
 第三章 ダビド王家 ------------------------- 64
 第四章 契約の預言者 ----------------------- 86
 第五章 天国の援助者たち ------------------ 149
 第六章 聖母のための勝利 ------------------ 251
 第七章 天からの賜物と対話 ---------------- 258
 著者の注記 -------------------------------- 286
 日本語版の謝辞 ---------------------------- 296

「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第3巻も近日発行を予定していま
す)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

また、インターネット上で、こちらでも購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第152章 】−その(2)−

 ミサはゲッセマニの園のイエズスの苦しみから神秘的に繰り返されま
す。司祭入堂はイエズスがゲッセマニの園に入るところです。告白の祈
り、つまり「全能の神と兄弟の皆さんに告白します……」の終わりまで
がゲッセマニの園です。特に告白の祈りは、イエズスが、アダムとエバ
から始まって未来の最後の一人の人間に至るまでの全人類のすべての罪
をご覧になり、その罪の責任をすべてご自分に負わせ、血の汗を流して
苦しんだところです。それからイエズスは捕らえられ、アンナ、そして
カイファの裁判を受けます。その間に使徒の頭のペトロは3度イエズス
を知らないと否みます。「主よあわれみたまえ。キリストあわれみたま
え。主よあわれみたまえ」がそのところで、イエズスにとって、友に
見捨てられる恐ろしい苦しみの出来事です。集会祈願と聖書朗読は、イ
エズスが翌朝ピラトのもとに引いてゆかれ、ピラトの尋問を受けるとこ
ろです。アレルヤ唱または詠唱と聖福音の朗読はイエズスがヘロデのも
とに引いてゆかれ、そこで狂人扱いされるところです。奉納の歌が始ま
り、司祭が祭壇にまた戻るところが、イエズスがヘロデのもとからピラ
トのもとへ送り返されるところです。
 祭壇に戻るとまず司祭はカリスの覆いを取りのけます。イエズスが
鞭打ちのために服をはぎとられるところです。次に司祭はパンを奉献し、
小さく上にあげますね。イエズスが鞭打ちの柱に手首を縛られ、高く
つるし上げられたところです。イエズスは伸びきってつま先でかろうじ
て立っていました。続いて司祭はブドウ酒に少量の水を入れたカリスを
奉献し、小さく上にあげます。イエズスが鞭打ちによって大出血すると
ころです。司祭はカリスをおろすと、その上にパラという正方形の固い
布をかぶせます。茨の冠をイエズスに押しかぶらせたところです。そし
て司祭は手を洗います。ピラトがイエズスの無罪を宣言したところです。
「皆さん、このささげものを全能の神である父が、……」と司祭が信者
たちに呼びかけるところが、ピラトが民に向かって「見よ、この人を!」
と呼びかけたところです。イエズスは茨の冠、からかいのためのボロボ
ロの緋色のマント、笏のかわりのよしたけを持たされ、全身傷だらけで
頭から足の先まで血に染まって、王のいでたちで立っています。わずか
5日前の日曜日にホザンナ!と叫んだ民が、今度は「殺せ!殺せ!十字
架につけろ!」と叫んだところが「聖なるかな、聖なるかな、聖なるか
な……」のところです。皆さんは「聖なるかな」が始まる前にひざまず
かなければなりません。こうして民はイエズスの十字架刑を勝ち取り、
極悪人のバラバがかわって許され、釈放されます。限りなく愛と恵みを
注いだご自分の民から死刑を求められ、極悪人のバラバよりもおとしめ
られたイエズスの深い苦しみのときです。
 イエズスは十字架をになってカルワリオにたどり着きます。司祭が
パンとぶどう酒の上に両手をのべます。カルワリオで獄吏たちがイエズ
スを十字架の上に押さえつけたところです。司祭は続いて大きな十字を、
パンとぶどう酒の上に水平にきります。イエズスの両手両足を釘で十字
架に打ち付けたところです。司祭がパンを聖変化させ、ホスチアを高く
上げます。イエズスの十字架が高々と押し立てられたところです。次に
司祭はブドウ酒を聖変化させ、カリスを高く上げます。十字架の根本が
穴の中に落とし込まれ、ドシンというショックでイエズスの両手両足の
釘穴が大きく引き裂け、ずれた茨の冠が新たに頭を傷つけ、その五つの
御傷から大量の血が流れ出したところです。イエズスの果てしない苦し
みは刻々と増してゆきます。「天にまします」の祈りは7つの祈願でで
きていますが、十字架上の7つのお言葉がこれに対応しています。「わ
が神、わが神、なんぞ我を捨てたもうや」とおっしゃられた時、お苦し
みは頂点に達しています。「天にまします」の時も、神はあなたたちが
ひざまずいたまま、両手を合わせて唱えるよう求められておられます。
立って手を広げて唱えるのは唯一人、司祭のみです。信者が手を広げた
り、手をつないだりしては絶対にいけません。平和のあいさつはしては
いけません。平和のあいさつを神は汚聖の行為として禁じています。そ
のままひざまずいて手を合わせたままでいてください。ミサ中のこの時、
神秘的に進行しているイエズスのご受難といけにえは、クライマックス
を迎えています。つまり御父からも、マリア様からも、聖霊からも見捨
てられたと実感するという、受難の中でも最も残酷な苦しみをイエズス
は受けておられ、あらゆる慰めを失って、無限の苦しみの縁に沈められ、
絶叫し、心臓が破裂し、息を引き取るところです。自分の罪深さを思っ
て泣くべき時です。笑ってあいさつなど絶対にすべき時ではありません。
あなたたちの心も、最も強く、深く、ご受難に一致し、集中していなけ
ればならない時です。その一致と集中をやめてはいけません。この平和
のあいさつは、イエズスを冒涜するために、悪魔の介入によってここに
入れられています。本当に嘆かわしいことですが、信者が平和のあいさ
つをして、ご受難、ご死去、いけにえから完全に心を切り離している、
まさにその最中に司祭は大きなホスチアを2つに割ります。この瞬間が
イエズスのご死去の瞬間です。いけにえが全うされた最も尊い厳粛な
瞬間! イエズスを愛する者にとって最も苦痛に満ちた瞬間です。
 続いて司祭が小さくホスチアを割りとって、その小片をカリスの中に
落とします。イエズスのご霊魂がおん体を離れ、古聖所に下ったところ
です。それから「神の子羊……」と唱えるのですが、神は信者に、ひざ
まずいたまま頭をたれ、「あわれみたまえ」「あわれみたまえ」「平安
を与えたまえ」の言葉の時、自分の胸を一回ずつ軽く打つように求めて
います。ローマ軍の百人隊長、聖ロンジーノと部下のローマ兵たちが胸
を打ちつつ「まことにこの人は神の子であった」と信仰宣言したところ
だからです。痛悔の心と信仰をふるい起こすべき時です。それから司祭
が聖体拝領をします。イエズスをお墓におさめるところです。信者の
聖体拝領が終わると、司祭はカリスをすすぎ、布でふきます。イエズス
が香料を塗られ、布で巻かれているところです。司祭が祭器を全てもと
どおりにした時がイエズスのご復活です。拝領後の祈りはイエズスの
40日間の教えと活動。「主は皆さんとともに」はイエズスのオリーブ
山からの別れの祝福とご昇天。派遣の祝福は聖霊の降臨にそれぞれ対応
しています。この派遣の祝福を受け終わったら、ひざまずいていたあな
たたちは立ちあがるのです。
 こうしてイエズスはすべてのミサで、そのミサごとに御受難、ご死去
を神秘的に繰り返し、そのたびごとにカルワリオでの流血のいけにえと
全く同じ効果を私たちにもたらしてくださるのです。イエズスのいけに
えに心を合わせ、一致するその度合いに従って各人は恵みを受けます。
一致が完全になるほど多くの恵みを受けるのです。また、受けた恵みは
おもに最後の祝福の時に霊魂に注がれますが、ひざまずいていない人に
は注がれません。派遣の祝福の時には必ずひざまずいてください。この
時に恵みが各人に注がれるのですから、信者の聖体拝領の時に未信者が
祝福を受けにいくのは間違っています。神の御旨ではありません。行か
ないでください。また、「聖なるかな」と「神の小羊」の時にも特別な
祝福が神から与えられますが、これもひざまずいている人だけが受ける
ことができます。
 日曜日は聖なる日です。日曜日にミサにあずかる人に神は特別な恵み
を与えます。たとえ土曜日に、日曜日の典礼のミサにあずかっても、こ
の日曜日だけの特別な恵みは与えられません。やむを得ない理由なしに、
日曜日には行かずに土曜日にミサに行くのは神の御旨に反しています。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年4月22日(土曜日)(AM0:19〜0:45)
聖母マリア様からクララ・山本ゆみさんへのメッセージ
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福します。かわいいクララ
にお話しします。あなたにバラの花束を贈ります。
 一人で苦しまないでください。聖母マリアがあなたを愛し、祝福して
います。あなたにはこれから聖母を見ることができるようになります。
恐れないで、ジャン・マリー司祭についていってください。あなたの
霊魂のお母さんである聖母マリアに直接会うことができます。そして、
あなたには守護の天使もいます。1日の出来事であった事柄をお母さん
に小さいころはなしていたように、何でも聖母マリアにお話してくださ
い。お話しする事でお祈りになります。怖がらないで「お母さん、助け
てね」と言ってください。
 今まで、あなたは気がつかないところでたくさんの苦しみを負って
傷ついてきました。誰もその傷が判らないと思うかも知れないけれど、
愛の母があなたを慰めます。恐れないで聖母マリアのところに来てこれ
からの生活をゆだねてください。天はあなたを豊かに祝福します。
 あなたに天が用意している計画はとても大きいので、悪魔はあなたを
たくさん苦しませました。聖母をこれから見るあなたに対して、悪魔は
猛攻撃します。でも、聖母は悪魔の頭を踏み砕く、この仕事を神から授
かりました。イエズスがよみがえったのはこの一つのしるしです。愛し
ています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブルに伝えます。日本で多くの若者があなたのもと
に来ます。そして、幻視者と、神秘家、恵みの霊魂があなたを支えます。
あなたを心から愛する兵士たちを天は準備しています。恐れないで歩ん
でください。あなたを祝福します。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。


--------------------------------
2006年4月30日(日曜日)(PM13:51〜14:17)
イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福する。イエズスがあなた
に話をする。あなたは以前、『あなたが良いと思っていたものを私(イ
エズス)が剥ぎ取った』という事を聞いた。あなたは生贄として、私に
身を任せてほしい。
 ミシェル・マリー・フランソワの事で、あなたは彼の耳が開かれるよ
う祈った。あなたは『イエズスの御旨(みむね)がもし私の耳が聴こえ
なくなることが望みなら、イエズスの御旨のままにしてください』と
祈った。恐れてはならない。彼(ミシェル・マリー・フランソワ)はまも
なくイエズスと、マリア、ヨゼフの声を聴く。あなたは恐れないで身代
わりとなってほしい。司祭が一緒にいるから、恐れないで歩みなさい。
耳が聴こえなくなるのをあなたは恐れているけれども、あなたは惨めで
弱いことを私は知っている。あなたから奪い取るのは神が良いと思うか
らであって、耳が聴こえず、苦しんでいる人たちの慰めとしてあなたに
与えていた聴力を神が取り去るのである。あなたは牧者の声に従順して
これからの道を歩みなさい。あなたを高ぶらせないために私はありとあ
らゆる事を行う。イエズスがいつも一緒にいるので、恐れてはならない。
 子供たちよ、勇気を出しなさい。愛する子らに祝福を送る。司祭の
祝福を特にミシェル・マリー・フランソワと、マリー・レベッカにお願
いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年5月6日(土曜日)(PM13:16〜13:43)
聖母マリア様からの公的メッセージ(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたに恵みを与えるために来ました。
あなたは恐れてはなりません。あなたの慰め手としてグラント・ダフィー
を遣わしています。彼は苦しみをあまんじて受け入れたかわいい息子で
す。聖母は彼を愛しています。生贄として、どうかあなたは捧げ続けて
ください。光が奪われたことに関して、自分を責めないでください。む
しろ、あなたはイエズスのもとに近づいています。あなたを慰めるため
に多くの仲間が送られてきます。神の摂理に、身を任せきってください。
「弱さがあって何もできない」とあなたは悲しんでいるけれども、愛す
る息子、ジャン・マリー司祭があなたを導き、守ります。
 寺沢に聖母が出現したのをあなた方は知りました。どうか聖堂をそこ
に立ててください。殉教者の記念として、殉教者を祝う場所としてそこ
を祝福しています。多くの事業が待っています。希望を持ってください。
愛しています。恐れないで神に仕えてください。あなた方を祝福します。
全てのメンバーを祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1981年から1987年 No.15
   シスター・グァダルーペに(抜粋)

 神殿が汚され、ミサの犠牲が捧げられなくなった時、その時こそ「獣」
の時代となるのである。その獣の時代は三年半続く。そのとき獣には、
聖徒達と戦って勝つことが許され、すべての部族と民と言葉と国とを司
る権力が与えられる。地上に住む罪人で、「屠られた小羊」の「生命の
書」に、世の始めからその名を記されなかった人々は皆、その獣を礼拝
するであろう。このとき獣は、人々に印をつけることを開始する。そし
て、印をつけられることから救われる者達は、額に十字架の印を持った、
私の子供達なのである。獣を礼拝する者は皆、「神の怒りの杯」に盛ら
れ、神が注いだ「怒りのぶどう酒」を飲み、諸天使・諸聖人の前で火と
硫黄とに苦しめられる。そして私の前で、彼らの苦悩の煙は世々立ちの
ぼる。獣とその像を礼拝し、その名の印を受けた者は、夜も昼も休みを
知らない。

(注)世界中の人が一人残らず「十字架の印」か「獣の印」かを選ぶ時
  が数年先に来ます。666の獣の印のマイクロチップを埋め込んだ
  者はすべて、反キリストのロード・マイトレーヤと反キリストの
  反教皇の「2匹の獣」とともに地獄に行きます。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版が出版されました。

罪人か聖人か? ローマ・カトリック使徒教会 最後の教皇「ペトロ2世」
になると預言されている「リトル・ペブル」- ウィリアム・カムの自伝。
1991年の「神秘的婚姻」から2000年の「教会調査開始」まで。

「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻
  ウィリアム・カムの証言と神秘的生活」

 目次

 永遠の御父への献辞 -------------------------- 4
 著者の序文 ---------------------------------- 5
 第一章 神秘的結婚 -------------------------- 8
 第二章 第二の裏切り ----------------------- 44
 第三章 ダビド王家 ------------------------- 64
 第四章 契約の預言者 ----------------------- 86
 第五章 天国の援助者たち ------------------ 149
 第六章 聖母のための勝利 ------------------ 251
 第七章 天からの賜物と対話 ---------------- 258
 著者の注記 -------------------------------- 286
 日本語版の謝辞 ---------------------------- 296

「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第3巻も近日発行を予定していま
す)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

また、インターネット上で、こちらでも購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :6月12日の午後8時 〜 聖体行列
      6月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      6月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :5月21日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :5月28日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
      6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :5月20日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は5月21日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]