「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年5月7日号No.304

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年5月7日号 No.304

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルからの手紙
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルからの手紙 − 2006年4月28日
----------------------------------------------------------------
牧者は打たれ、彼らは散らされた

「リトル・ペブル」− 2006年4月28日

「そのころ裏切り者のユダはイエズスへの判決を聞いて後悔し、大祭司
 と長老たちにあの30枚の銀貨を返し、『私は罪なき者の血を売って
 罪を犯した』と言った……」(マタイによる福音書 第27章3-4節)

 回るものは、ホイールが回転するようにやって来ます。他の者たちに
災いあれと願った人々は、次々と彼らがまいたものを受け取るでしょう。

 聖パウロはこう書いています。「……すなわち、彼らは『つまずきの
石』につまずいた。『見よ、私はシオンに、妨げの石、つまずきの岩を
置く。これを信ずる者は辱められない』と書き記されているとおりであ
る」(ローマ人への手紙 第9章32-33節)

 神は私たちに意志と良心を与えられました。私たちは、私たち自身か
ら隠れることはできません。

 イエズスが衆議会(サンヘドリン)の前に引かれていった時、彼らは
皆、イエズスに反対の投票をしました。聖マルコの福音において「その
とき大祭司は自分の服を裂き、『どうしてこれ以上証人がいるだろうか。
あなたたちも冒涜のことばを聞いただろう。どう思うか』と言った。彼
ら一同は、それは死刑に値すると決定した」
(マルコによる福音書 第14章63-64節)

 それから彼らはイエズスを殺させるためにポンシオ・ピラトのところ
へ送りました。「ピラトは『あの男はどんな悪事をしたのか』と言った
が、彼らは『十字架につけよ』と叫びたてるばかりであった」
(マルコによる福音書 第15章14節)

「……ユダは……大祭司と長老たちのところに戻ってきて……『私は
 罪なき者の血を売って罪を犯した』と言った……」
(マタイによる福音書 第27章3節)

 聖書には多くの他の聖なる教えを見出します。− 特に神が憎んでお
られ、許容することができない7つのこと。格言の書(第6章16-19節)
から:

 1.傲慢な目
 2.うそつきの舌
 3.無実の人の血を流す手
 4.悪いことをたくらむ心
 5.悪事にいそぎ走る足
 6.讒言(ざんげん)を吹聴する偽証人
 7.兄弟たちの間を仲たがいさせる人

「卑劣な悪人たち」がウソを言ってまわることは、はっきりしています。
彼らは2つの顔を持っています。彼らの堕落した精神において悪をたく
らんでいる間、皆を欺くためにそうでないふりをします。災いは警告
なしで彼らを打つでしょう。彼らの家族にトラブルをもたらす人々は、
最後にはすべてを失うでしょう。悪を計画する人々は荒々しく目覚めさ
せられます。無実の者が犠牲になることは正しくありません。よい人々
が罰せられる時、正義は歪められてしまいます。

 最終的に、神の約束はいつも、信仰を持っている人々の側にあります。
聖パウロは書いています。「光を受けた後のあなたたちは、あれほど
戦い苦しんだ前の日々を思い出すがよい。そのころあなたたちは、公け
に侮りと艱難にさらされ、そういう目に会っている人々の友であった。
囚人たちにも同情し、朽ちることのないよりよい富を持っていることを
知っていたから、自分の持ち物が奪われるのも喜んで耐えた。それなら
大いなる報いを受けるはずのその確信を捨てるな。あなたたちが神の
み旨を果たして、約束されたものを受けるためには、忍耐が必要である。
……信仰は希望するものの保証であり、見えないものの証拠である。
信仰を持っていたから昔の人々は賞賛を受けた」
(ヘブライ人への手紙 第10章32-36節、第11章1-2節)
 
 道をそれた全ての人々よ、今すぐ戻ってきてください!

神の祝福を

ウィリアム・カム
リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第152章 】−その(1)−

 これを読むあなたが、幸いにもカトリック教会に行き、ミサにあずか
ることができるようなことがあるかもしれません。神主さんやお坊さん
の、神仏の前に威儀を正し、畏んだ、敬虔な姿が、日本人の持つ礼拝の
イメージです。日本では神仏の礼拝にあずかる人も沈黙を守り、心を
集中させます。子供でも祈りなさいと言われれば手を合わせて目を閉じ
て、心の中で神仏に語りかけます。日本人の抱いている礼拝に対する
イメージ、礼拝の感覚、神仏を前にしての振る舞いは、神の望みと合致
しています。正しいものです。

 あなたたちが今のミサの様子を見るなら、礼拝には見えないはずです。
神の目からも嘆かわしく映っていますから当然です。しかし、ふさわし
くない外観は見ずに、ただひたすらミサの本質に意識を向けてください。
約40年間、一時的に神の御旨に反するささげ方、あずかり方が続いて
いますが、ミサの本質はちっとも損なわれてはいません。ミサの度ごと
にイエズスは、もう一度、カルワリオでのご自分の流血のいけにえを、
神秘的に繰り返して下さっており、全人類の罪がゆるされるようにと、
ご自身を御父にささげてくださっています。ミサには無限の功徳があり、
私たちはミサから莫大な恵みをいただけます。

 しかし、あなたたちが目にするようなあずかり方をする人は、ほとん
ど恵みを受けることができません。内的にも外的にもふさわしくない
あずかり方をしているからです。内的生活について前にかなり説明しま
したね。ミサは内的生活の頂点です。イエズスとの一致も、愛も、最高
に高まらなくてはならないはずです。意識はこの世を離れ、潜心と集中
をもって、宇宙で最高の行為であるイエズスがご自身をいけにえにする
ドラマについていかなければならないはずです。心と霊魂がそうでなけ
ればならないように、動作や姿勢においても礼拝の動作、姿勢でなけれ
ばならないはずです。

 あなたたちにとって、私語でざわついた中、司会者の音頭で立ったり
座ったりといった環境で、それはとても難しいことでしょう。それで
そういう時の助けになるように、ミサと同時に神秘的に進行している
イエズスの受難といけにえがわかるようにと書きます。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年4月19日(水曜日)(PM13:00〜13:40)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたにお話しします。聖母があなた
に言う事を聞いてください。
 あなた方はリトル・ペブルの事で落胆しないでください。天は彼を
見捨てたのではありません。彼がまことに教皇として選ばれたというこ
とをはっきりと示すために、あなた方に対し、彼の真実性を一つの印を
持って示します。どうか落胆しないでください。彼に繋がる教会とそう
でない教会をあなた方は見ることになります。神秘的な教会にも同じよ
うな混乱が起きます。リトル・ペブルにつく側とそうでない側と、はっ
きり分かれます。
 今は、悪魔が時がないことを知り、激しく動き回って、できれば多く
の人を惑わそうとしています。彼の手口に乗らないようあなた方は気を
つけてください。一番弱いところを彼は狙い、分裂させようと働いてい
ます。けれども、彼は勝つことはありません。憎しみを持ち込もうとし
ても、悪魔の手口は破られます。
 聖なる兵士として戦う人を聖母は立てています。あなた方はこの勇敢
な指導者に従ってください。寺沢に聖堂が立ちます。修道院が立てられ
ます。多くの巡礼者が送られてきます。あなた方は最後の戦いを戦って
います。勇敢であってください。神が全ての事をなさいます。
 今は暗闇のようであっても、イエズスがよみがえったように全ては
変わります。あなた方をますます神に信頼させるためにです。門を閉ざ
したかのように、目の前が塞がれているように見えるかもしれません。
しかし恐れないで歩んでください。行き詰まったように見えても、一緒
に神が歩いていることを覚えてください。導き手は神であるひとり子
イエズスです。愛しています。神の言葉には偽りがないのです。司祭の
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今日大変なアタックを私は受けました。ミサが始まる前、急におなか
の具合が悪くなり、ベッドでミサにあずかりました。そうしているうち
に精神的に苦しみ始めました。人に合いたくない、人不信という心の
状態が起こり、一緒にミサにあずかるのも辛くなるほどでした。そうし
てすごしているうちに今度は「人不信」を抱いた自分に対し、嫌気が
さしてきました。「何度も同じ『妬み』をするんだったら、もう私は
イエズスの事を冒涜しっぱなしだ。だから聖体拝領はできない」と自分
を激しく責めたんです。ミサの途中、司祭に「聖体拝領はできません」
と私は言いました。それと、鈴をならすこともできないことも話したの
です。でも、司祭に「自分の心にあることで混乱しないように」と言わ
れ、聖体拝領を拒否しないように言われました。
 全てミサが終わり、聖体降福式も終わって、ロザリオを一連祈り始め
ました。めでたしの祈りが始まってじきに風が吹いたのを感じました。
祈りをとめさせて貰って、私は印があるか尋ねました。けれど、印はあ
りません。すぐに「イエズスの御名によってサタン出て行け!」と私は
命じました。祈りを続けてもらうように司祭に話しました。3珠目ごろ、
バラの香りが一瞬しました。印があるか尋ねました。同じ時にミシェル・
マリー・フランソワも印を求めていました。けれど、印は在りません。
サタンを追い出しました。祈りを進めていたけれど、気持ちが落ち着か
ず、胸騒ぎのような状態になりました。風が6珠目を過ぎて吹いたので、
印があるかを求めるため、祈りをとめさせてもらいました。この時にも
印はありません。「イエズスの御名によって命じる。サタン出て行け!」
と私は厳命しました。祈りを引き続きしていたら「落胆しないでくださ
い」という女性の言葉と同時に風が右側から動くのが判りました。この
ことを司祭に告げました。印を求めるため、祈りをとめました。印があ
るかを尋ねたら『識別のための印』が在りました。聖櫃の前に行って
「しもべは聞きます。お話ください」と私は祈りました。そうしたら
聖母マリア様が『注意して私の言葉を聴くように』という感じで私に話
を始められました。メッセージが全て終わって確認を取りました。「こ
のメッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と私は尋ねまし
た。そうしたら『識別のための印』が在りました。引き続いて「リトル・
ペブルさんに伝言はありますか?」と私は尋ねました。印をこのときに
求めて待ちましたが、ありませんでした。


--------------------------------
2006年4月20日(木曜日)(PM13:11〜13:44)
聖ヨゼフ様からの公的メッセージ(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福する。あなたを育てる
ヨゼフがあなたに話をする。
 あなたは恐れないで、重荷を負いなさい。痛みはどんどん強くなるけ
れども、あなたが祈った祈りに対してヨゼフは喜んでいる。進んで重荷
を負う人を天は探している。リトル・ペブルのために身を捧げてほしい。
あなたは小さな子であるから、幼な子らしさをそのまま神に捧げてほし
い。どんなに汚れきっていても、イエズスが全てあなたの罪を許すので、
何でもいいから打ち明けなさい。
 これから送られる子供たちはみな幼な子であるように神は望まれてい
る。多くの傷を抱えているので、彼らはただ、リトル・ペブルを愛し、
彼を信じること、これだけが要求される。ミサにあずかるときでも
「お母さん、愛します。助けてね」という心であずかってほしい。彼ら
にはそれだけが望まれる。何も形を彼らに要求してはならない。
 リトル・ペブルのために祈りなさい。司祭の祝福をここにいる全ての
子供たちに対し、お願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖ヨゼフ様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖ヨゼフ様:
 愛するリトル・ペブル、あなたの勇気に対して、私は感謝をする。
ヨゼフがあなたに話をする。
 あなたが獄中の苦しみのなかでも彼らの救いのために犠牲を捧げてく
れている。世界は神の望まれていることとは全く反対の方向に動いてい
る。イラクとイランに対しての脅威はこれから深まっていくので、この
ことを警戒するようにあなたにお願いして手紙を天が頼んだ。あなたは
恐れずに勇気を持ってしてくれた。このことに対して、天はどれほどに
感謝をしているかしれない。あなたを豊かに祝福する。引き続き、教会
のため、全世界のために祈りを捧げてほしい。あなたを多くの天使たち、
聖人たちが慰め、励ます。恐れないで歩みなさい。豊かに祝福する。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 ヨゼフ様からローキューションを受ける前にこの出来事がありました。
ミサが始まる前に『悪魔祓いの一般的祝福』の祈りを司祭がしていまし
た。終わりごろに私は悪魔からのアタックを受けました。司祭が『出て
行けサタン!』と言っていたときに悪魔は私の耳元で「イヒヒ」と笑い
ました。私が眼を開けたとき、私の眼の前に誰かが立ってこちらをキッ!
と睨むような目線をこのときにはじめて感じました。(注:マリー・マ
ドレーヌは全盲で目が見えない)
 このあと、私たちは、死者ミサを捧げました。葬儀のミサで、全世界
でこの数日間に亡くなった霊魂のためのミサを捧げたのです。毎日1回
はこのミサにあてられています。司祭がホスチアの奉献をして、私たち
に祈りを一緒に捧げるよう言われたとき、私は一言「もっと重荷を負わ
せて!」と祈りました。そして「穴あけてちょ!」という祈りもしたの
です。司祭がカリス(葡萄酒)の奉献を終えて、献香をしているときに私
の眼の前に百合の花の香りが鼻に吹き込まれるように連続してにおいま
した。久々だったので、私は「印は在りますか?」と聞きました。そう
したら『識別のための印』が在りました。このときにはミサ中でしたの
で、時間を見ておきました。時間は昼間の12時でした。1時ごろ、もう
1度百合の香りがしました。ミサの終わりごろになって百合の香りを感
じたので、印を求めました。そうしたところ、今度も『識別のための印』
が在りました。ロザリオの祈りをする前に私は司祭にこのことを告げま
した。ロザリオの祈りを始て、『めでたし』の祈りに入ってすぐ3度目
に百合の花の香りがしたので、私は祈りをとめさせて貰い、印が在るか
をたずねました。そうしたら『識別のための秘密の印』が在りました。
聖櫃の前に来て「しもべは聞きます。お話ください」と私は静まって
祈りました。ヨゼフ様が優しく話してくださいました。メッセージを
受けていて、これはこれから送られてくる人たちへのメッセージだと私
は強く思いました。全てメッセージが終わって私は確認を取りました。
「このメッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と私は尋ね
ました。そうしたら『識別のための秘密の印』が在りました。続けて
リトル・ペブルさんに伝言があるかを尋ねました。すぐに印が在りまし
た。けれど、私は急に目の前がくらっとなったので、祭壇にしばらく頭
をつけて祈りをしました。そうしたら司祭が聖水を撒いてくれて『大天
使聖ミカエルに向かう祈り』を祈ってくれました。私はもう1度落ち着
いて静かに「しもべは聞きます。お話ください」と祈り、待ちました。
そうしたら「愛するリトル・ペブル」という声がしました。聖ヨゼフ様
が引き続き語ってくださったのが判りました。最後に私は「このメッ
セージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と確認をしました。そ
うしたら『識別のための印』がありました。
 そうして、「ミシェル・マリー・フランソワに語られることあります
か?」と私は続けて尋ねました。長上から言われて「昨日、ミシェル・
マリー・フランソワが見たビジョンの女性はどなたでしょうか?」と
尋ねました。ミシェル・マリー・フランソワを通して話されることに
ついて『印』がありました。しばらく待っていたら一言「ミシェル・マ
リー・フランソワに」という声が聴こえたので、交替しました。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1981年から1987年 No.14
   シスター・グァダルーペに(抜粋)
  
 ヴァチカンには「聖」と「砦」となる教会を汚す軍勢が出現するであ
ろう。その者達によって聖なるミサの犠牲が取りやめになり、廃墟、つ
まり獣の像、またの名をサタンという忌まわしきものを打ち立てるであ
ろう。これらのことが起こる時、全世界の教会で、獣の像を礼拝しない
教会は閉鎖される。反キリスト(サタン)は、聖なる同盟に圧力をかけ
るであろう。彼は、全ての人々を自分に統合したいのだ。しかし、神を
知る人々は、確固たる信念の下に努力して事に従事し、彼らのうちの
賢明な者が人々を導くであろう。しばらくの間、火の剣と捕虜と略奪が
人々の上に降り注ぎ、その間、彼らにはほとんど助けがない。

(注)人間となったルシフェルである反キリスト、ロード・マイトレー
  ヤは、すでに国連とNATOをかげであやつるようになりました。
  もう間もなくカトリック教会を乗っ取り、世界統一教会をつくり、
  全ての人に自分を「神・メシヤ」として礼拝させます。世界経済を、
  今はかげであやつっていますが、まもなく、今のシステムを破たん
  させ、666の獣の印のマイクロチップを埋め込まなければ、売る
  ことも買うこともできないシステムの世界統一経済に持ってゆきま
  す。その時、これを拒否する人々を捕らえ、収容所に送り、処刑、
  拷問するのは国連軍です。


----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第二巻、第三巻も近日発行を予定
しています)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :5月12日の午後8時 〜 聖体行列

      5月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)

      5月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :5月21日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :5月28日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :5月20日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は5月14日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]