「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年4月23日号No.302

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年4月23日号 No.302

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆イラン問題に関連して、イラクの「大量破壊兵器」について

 日本もこの問題に関係しています。日本の権威者につてのある方は、
この情報を至急伝えてください!
--------------------------------
リトル・ペブルからの手紙 2006年2月4日(4月18日に公表された)
イラクの「大量破壊兵器」について、アメリカ大統領に宛てて
--------------------------------
親愛なるブッシュ大統領

 私はこの新年に私たちの主イエズス・キリストの御名によってあいさ
つします。昨年とその前年に、私は大量破壊兵器についてあなたに手紙
を書きました。私は、それらがどこに隠されているかをお話ししました
が、あなたはそれらを見つけませんでした。そして今では、情報部が
間違えたのだと信じてさえいます。
 いいえ、大統領、そうではありません。それらはまだ存在しているけ
れども、あなたの国の中の敵が、それらを見つけるのを妨害しているの
です。
 私はこのことをあなたにお話しします。兵器はイラクと、隣接してい
る国のモスクの下に隠されています。あなたがイランを攻撃する時に、
それらはあなたに対して使われるでしょう。
 大統領、私はカトリックの幻視者です。2003年にあなたは私の手紙に
感謝しました。大統領、私は不正な判決によって刑務所に服役させられ、
黙らされてきました。当局は私の投獄を通して私の仕事の多くを破壊し
ました。大統領、ことわざにあるように、当局が、有力者か影響力の
ある人を破滅させることを望むなら、税金を課するか、セックススキャ
ンダルをしかけます。それが決して議論されることができないので、後
者はより強力で、彼が無罪となっても、汚名が付き、残るでしょう。な
ぜなら彼の名声が台なしにされるだろうからです。

 大統領、イエズスは私に、あなたがイランに侵入しないで、学校と
モスクで兵器を捜索することを再開するように伝えるように頼みました。
万一イランを侵略するならば、アメリカは負けるでしょう。パレスチナ
もまた、この衝突に入ってくるでしょうし、イスラム教世界全体が西側
諸国、特にアメリカとその同盟国に対立して一致団結するでしょう。
万一、イランに侵攻し、パレスチナ問題にまで巻き込まれるなら、アメ
リカとあなたの同盟国は大量破壊兵器の攻撃を受けるでしょう。欧州さ
え影響をうけるでしょう。
 ブッシュ大統領、アメリカ軍を本土に維持しなさい。そして、多くの
国に配置されている軍の引揚げを始めなさい。あなたの国は攻撃を受け
るでしょう。サダム・フセインを脱出させる計画があるので、彼を見張
りなさい。
 私たちの主イエズスは、あなたとあなたの国民に彼の祝福を送ってお
られます。世界は絶壁のふちに立っています。

神の祝福があなたの上にありますように。

ウィリアム・カム
「リトル・ペブル」、神の下僕としても知られています。
シルバーウォーター刑務所、シドニーNSW、オーストラリア

--------------------------------
リトル・ペブルからの手紙 2006年4月3日(4月18日に公表された)
イラクの「大量破壊兵器」について、オーストラリア首相に宛てて
--------------------------------
親愛なるジョン・ハワード首相

 私は希望のこの新年に、私たちの主イエズス・キリストの御名によっ
てあいさつします。
 ここ数年にわたって、私はイラクと大量破壊兵器についてあなたに
手紙を書きました。あなたは親切に応えてくださいました。今、私は、
あなたが情報機関が間違いを犯したと信じていることを知っています。
このことは、そうでありません。兵器はまだモスクと学校の下にそこに
あり、隣接している国によって配置されています。
 首相、あなたへの手紙以来、私は法廷で裁かれて、私が犯したことの
ない罪状で刑務所に投獄されました。私が潔白であることは間もなく
証明されるでしょう。
 イエズスは再びあなたに宛てて、カトリックの幻視者として、手紙を
書くように頼まれました。イエズスは、あなたに、イランの問題につい
て用心深くあるように伝えることをお望みです。それは西側世界を、こ
れらの隠された大量破壊兵器が使用されるであろうイランとパレスチナ
の闘争に引きずり込もうという彼らの計画なのです。オーストラリアと
同盟国は、これがイスラム教世界全体を引きずり込むであろうイランの
この問題を受け入れてはなりません。
 首相、オーストラリアは軍隊をゆっくりと引揚げ始める必要がありま
す。イランとの問題はアメリカとその同盟諸国、ヨーロッパにさえ大い
なる破壊をもたらすだろうからです。また、インドネシアに警戒してく
ださい。彼らはパプア・ニューギニアの紛争にオーストラリアを引きず
り込むだろうからです。

イエズスがなさるように、神の祝福がありますように。
敬具

ウィリアム・カム
「リトル・ペブル」、神の下僕としても知られています。
シルバーウォーター刑務所、シドニーNSW、オーストラリア


----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第151章 】−その(3)−

●愛する兄弟よ、聖なる家族になれば、証しの力はとても強くなります。
 聖化された家族の証しの力で、このように福音を再びもたらすのが
 聖シャーベル修道会です。

●愛する兄弟よ、今、世間に、家族全員がまことの神への愛に完全に身
 をささげ、かつ家族同士が愛しあい、一致している、そんな家族が
 存在しますか? 修道会という環境は、神への愛の火が燃えつきやす
 く、燃えさかりやすいのです。そこで修道者は、神の意のままになり
 たいと、「花嫁の愛」で燃えあがります。神のために生き、神のため
 に死に、神の喜びしか求めるものが何もない生きる炎と化すのです。
 世間ではブスブスとしか燃えない人も、このようになります。神は
 聖シャーベル修道会という花園に、世間では燃えることができない
 家族を移植します。この環境と、第一部門、第二部門の司祭、修道者
 の支援で、家族は神の愛の炎が燃えつき、燃えさかり、愛しあい、
 一致し、ひとつの愛の炎となります。これが聖シャーベル修道会が
 この世に示す独自の、そして最高の証しなのです。

●愛する兄弟よ、男同士の友情が日本人の間に育たない理由は、肩書で
 人を見、年代を超えてはつきあわず、人格を深く触れ合わせることも
 しないからです。これによって日本の共同体固有の問題が生じます。
 愛する兄弟よ、男同士の友情は、この世の中で最も美しいものです。
 どんなことがあっても相手を疑わず、支え、喜んで自己を犠牲にしま
 す。共同体を支える自然徳でもありますから、男であれ、女であれ、
 男らしい友情についてよく考え、皆と男らしい友情を結んでください。

●愛する兄弟よ、日本人は羊や鹿のように憶病で怖がりです。日本の
 共同体に日本だからこそ不可欠なものがあります。それは大きな安心
 感です。母の胸のやすらぎと同じものです。相手にあなたもそれらを
 与え、だれもが安らかさの中で暮らせるようにしてください。共同体
 が家、ホーム、安らぎの場と感じられなければ、日本人会員は召命の
 道を続けることができません。

●愛する兄弟よ、修道会において感覚の鋭い人は、絶えず平和をぶち
 壊す人です。その人を使って悪魔が自由に働きます。誤解、ざん言、
 デマ、その人のインスピレーションは悪魔のおもちゃです。ですから
 感覚的な人は、自分をその罪から引き離しなさい。まず、自分の感覚
 的なところを肯定的に評価するのをやめ、それを否定的に評価しなさ
 い。それは本当に罪の一種なのですから。

●愛する兄弟よ、遊びとは自分も楽しみ、同時に人も楽しませるもので
 す。自分だけの楽しみに限定されるものは捨てなさい。テレビゲーム
 は日本では共同体でしないでください。他人を楽しませる遊び方を
 日本人はわかっていませんし、実行していませんから、害が非常に
 深刻に出ます。はっきり言いますが、テレビゲームでの楽しみは徳に
 反するもので、まるでオナニーのような利己的なものです。

●愛する兄弟よ、何かにふける人がいますね。アルコール、薬、たばこ、
 テレビゲーム、セックス、オナニー、メイキャップ、ブランド品、
 ファッションなどです。意を決してスパッとやめてしまうのがよいの
 です。少しでも「ちょっとだけ」と手を出すと、限度を超えてふけっ
 てしまうでしょう。もうひとつ。徳に進んだ人とできるだけ共に過ご
 してください。共同体生活は何かにふける人にとって大きな守りとな
 りますから。

●愛する兄弟よ、告げ口は罪です。男らしくないことです。卑怯なこと
 です。共同体内で行われてはいけません。密告者は、愛と平和と一致
 の破壊者です。互いの信頼こそ、愛と平和と一致の基礎なのですよ。
 共同体に相互監視システムを作りたいのですか? そうしたなら地獄
 のような共同体ができることうけあいですよ。

●愛する兄弟よ、女性のメンバーは会話によって罪を犯すのをやめなさ
 い。かげで人の悪口を言うのは今すぐやめなさい。口が裂けてもかげ
 で人の悪口を言わないと決心して実行するのが最も功徳のある断食で
 す。人を裁くなというのは、勧めではなく、主イエズスの命令なので
 すよ。命令とは命を賭して守るものです。

●愛する兄弟よ、「あの人はああなのよ。その人はこうなのよ」という
 あなたの習慣を捨てなさい。もしあなたが「神父様があなたのことを
 こう言っていたよ」と第三者から聞かされたら、それがあなたを裁く
 ような内容だったら、あなたはその神父様の教会にもう行かないので
 はありませんか? 誰かが共同体を去り、実はその原因が「あの人は
 ああなのよ。その人はこうなのよ」と言ったあなたの言葉だったら、
 あなたは神の御前に公審判の時、どう申し開きをするのですか?

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年4月5日(水曜日)(PM14:10〜14:46)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子ども達、あなた方を祝福します。愛しています。聖母の声に
耳を傾けてください。
 あなた方を多くの事業のために用います。神が望まれる事に従って
ください。神が語られる言葉は真実で絶対に変わることはありません。
天皇陛下に神が望まれている事を、直接天皇陛下に告げます。天皇陛下
は直接神の印を見ます。神は日本を愛しています。しかし、日本は唯一
真の神を知らず、神として崇めることができない民です。多くの罪を
犯し続けており、ソドムとゴモラのような国で、当時のソドムとゴモラ
と同じ時に存在していたならとうに滅びていました。神はあわれみ深い
お方です。子ども達、一人として滅ぼしたくないのです。でも、頑なに
拒むなら、神は裁きを下さずにいられないのです。子ども達、神のあわ
れみを侮らないで下さい。
 あなた方を愛しているイエズスがリトル・ペブルをあなた方の指導者
としてあなた方に与えました。今、彼は非常に苦しめられています。彼
と共に歩むべき人が彼のことを裏切り、悲しませました。彼は大変傷つ
いています。イエズスと全く一致して働いている彼に対して、忘恩は
やまないのです。聖母の胸には8本目の矢が刺さったままです。どうか
リトル・ペブルを助けて下さい。彼のために身を捧げてください。
 子ども達、あなた方を愛しています。まもなく女子修道院は立ち上が
ります。全て彼(リトル・ペブル)のゆえです。神のあわれみの中に
留まり続けてください。あなた方を愛しています。ゆるしを与えるのは
イエズスです。今、全てイエズスの肩代わりを担っている司祭がすぐそ
ばにいます。どうか彼を慰めてあげてください。聖母は懇願します。あ
なた方の行くべき道に聖母は導きますから、どうか天に信頼してくださ
い。特に、マリー・レベッカの上に司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ】

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブル、あなたを慰め、励まします。恐れないでくだ
さい。いつも聖母があなたのそばにいて、あなたを支えます。あなたは
謙遜の道にいつも向き合いました。いつも周りから叩かれ、打たれてき
ました。イエズスと一緒に歩む道をあなたは求めてきました。そして
その道に入って全てを受け入れ、全てを与えました。あなたは苦しむこ
とをいつも欲して全てを捧げてきました。みなはあなたをあざ笑ったけ
れども、あなたはゆるしてその忘恩に対して耐えてきました。
 恐れないでください。天はあなたを見放したのではありません。あな
たが最高に練られた金として世界中に知られ、神から誉れを受けるとは
どういうことかを身をもって証しします。あなたの全てを知り、支える
聖母があなたのそばにいてひと時もあなたを離れないであなたを守って
います。どうかこのことを覚えてください。あなたにはまもなく大きな
喜びが来ます。雪解けの春のように、あなたの命はみずみずしく豊かに
燃えて世界に出て行きます。あなたを豊かに祝福します。父と、子と、
聖霊との御名によりて。アーメン。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1987年6月27日 No.12
 リトル・ペブルに(抜粋)

 つまり、我が愛する息子、リトル・ペブルであるあなたこそが、天の
愛するヨハネ・パウロ2世教皇様の御死去の後、その後継者として語ら
れてきたものだ、ということです。偽教皇がペトロの座に就くでしょう。
その者は今、枢機卿で、名はカザローリです。このカザローリが聖座に
就いたならば、あなたたちは彼を信奉したり従ってはなりません。彼は
悪魔の頭であるルシフェル、つまり、私達の敵なるサタンによって聖座
に就くからです。反キリストもまた、彼をペトロの座に就かせるでしょ
う。ですから用心していなさい。

(注)多くの人の祈りによって、預言の実現を遅らせていただいたので、
  パパ様はまだ生きておられ、逆にカザローリは死にました。しかし
  反キリストのロード・マイトレーヤが、反教皇をヴァチカンに着座
  させる出来事は目前に迫ってきています。その時、黙示録の2匹の
  獣がそろい、ヴァチカンは大淫婦となり、全世界の人に、ロード・
  マイトレーヤをメシヤ・神として礼拝することと、「666」の
  獣の印のマイクロチップを強制します。これを受け入れた者は、全
  て地獄に行きます。真のカトリック教会は地下にもぐり、リトル・
  ペブルであるペトロ2世ロマーヌスによって率いられ、反キリスト
  と戦います。


----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第二巻、第三巻も近日発行を予定
しています)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :5月12日の午後8時 〜 聖体行列

      5月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)

      5月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :5月21日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :4月23日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      5月28日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :5月20日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は4月30日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]