「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年4月16日号No.301

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年4月16日号 No.301

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第151章 】−その(2)−

 では実際的な助言を、特に共同体の中で生きる人に与えましょう。

●愛する兄弟よ、共同体では自分のことより、隣人からの頼まれごとや、
 隣人が必要としている助けを与えることを先におこなうものなのです。
 兄弟姉妹の願いや必要を無視する人は神が同じようにその人を扱われ
 ても文句は言えませんね。隣人の望みを快くかなえてあげる人に神も
 同じようになさって下さいます。共同体の保護者、聖ヨゼフに実際的
 な愛徳をおこなう人間にしていただきましょう。聖ヨゼフを見てくだ
 さい。マリア様に仕えるものになり、いつも自分のことより先に、マ
 リア様のことをしてさしあげていました。修道的精神とは仕えるもの
 になることです。仕え尽くすことで最も小さなものになり、完徳に至
 るのです。

●愛する兄弟よ、修道者はイエズスとマリア様に尽くしたい、仕えたい
 という炎を心に抱いているものです。そしてイエズスとマリア様に
 仕えるために隣人に仕えぬくのです。隣人に仕えない人は、いくら
 祈ったとしてもイエズスとマリア様に仕えてはいないのです。

●愛する兄弟よ、修道者は、自分のことは自分で完璧にこなし、余った
 力を隣人への奉仕にすべてささげるものです。奉仕を受けるのではな
 く奉仕するのが修道者で、自分をなくすまでに仕えぬくのが、修道者
 のあるべき姿です。

●愛する兄弟よ、修道者は神に対して「花嫁の愛」を持っていなければ
 なりません。神にあますところなくすべてをささげ尽くしたいという
 望みに燃えあがる愛。神を喜ばせるためなら自分はどうなっても構わ
 ないという愛。神の望みのままになることしか望まない愛。花婿であ
 るイエズスの運命にともにあずかることを最高の幸福と考える愛。こ
 の「花嫁の愛」を男であれ女であれ、神に身をささげた身分の人間は、
 強烈に持っていなければならないのです。

●愛する兄弟よ、共同体では愛を示しあうことが、あなたの喜びのはず
 です。実際、愛を示しあうことに熱心な共同体は喜びにあふれていま
 す。あなたは共同体全体の喜びのために仕える義務があります。自分
 の中に閉じこもることは、その義務に対する違反です。喜びをもって
 愛を示し、愛を示しあうことで喜びを味わい、共同体を喜びに満ちた
 ものにしてください。

●愛する兄弟よ、聖シャーベル修道会では司祭、修道者は家族に奉仕を
 し、家族の聖化を上からではなく下から持ち上げるように、そして
 ソフトにささえるようにして手伝うのです。もし共同体内に幻視者が
 与えられたなら、その人も同じ目的のために同じように奉仕してくだ
 さい。奉仕されるために存在してはなりません。

●愛する兄弟よ、聖シャーベル修道会の主役は家族です。司祭、ブラザー
 シスターは脇役です。家族の下に位置し、家族を支え、聖化を手伝う
 ために第一部門、第二部門は存在するのです。家族たちを足台にして、
 外に宣教しようというなら、それは全くの間違いです。第一部門、第
 二部門が、第三部門の聖化のために可能な限り尽くし、それによって
 聖化された家族が、福音化のための最も強い証しを与えるのが聖シャー
 ベル修道会の使徒職のありかたです。一人の司祭、一人のブラザー、
 一人のシスターが与えることができる証しよりも、聖化された一つの
 家族が与える証しの方が、ずっと強いのだと確信してください。

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年3月16日(木曜日)(AM8:26〜8:51)
聖ヨゼフ様からマリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられた韓国の人々への公的メッセージ(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ:
 愛する子ども達、あなた方を祝福する。私、ヨゼフがあなた方に話を
する。恐れてはならない。韓国の人々の救いのために、あなた方は祈り、
身を捧げてきている。一番近くて交流がしやすい国ではあるけれども、
過去の戦争で受けた傷により、まだ日本人と韓国人の絆が十分ではない
ことをあなた方は知っている。彼らのこれからの道は大変苦しみに満ち
ていて、北朝鮮の人々の韓国に対する敵意が強いので、彼らを一刻も早
く救い出さなければならない。殉教者たちに取次ぎを願うよう、韓国の
人々に告げ、韓国の人々が愛するリトル・ペブルのもとにこれるよう
あなた方、愛する子供たち、祈り続けなさい。
 ヨゼフは世界中の子供たちのために祈り、取り次いでいるので、どう
か愛するマリアと一緒に仕事をしてほしい。あなた方の全てを理解する
ヨゼフがあなた方を支え、導くから、何でも打ち明けて、どんな些細な
ことでも話をしてほしい。あなた方、子供たちを祝福する。司祭の祝福
をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖ヨゼフ様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖ヨゼフ:
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福する。あなたはヨゼフを愛して
くれている。私があなたに出現して話すことについて、多くの讒言、多
くの誤解等があることを知っている。あなたはそれでも天を慕い、信じ
て歩んできた。『天の約束は必ず成就する』とあなたはいつも信じてき
た。『神の約束は変わらない』といつも話したり、書き物で残したりし
てきた。そして、その信仰通りにあなたは全てを捧げて神に仕えてきた。
 勇敢で在りなさい。あなたを愛するヨゼフが共に戦い、あなたに大き
な恵みを注ぎ続ける。あなたは天が語る言葉を一言も漏らさずに聴き、
そして神の御旨を果たすことができるよう祈り続けてきた。あなたは
何度も何度も苦悩しながら全て神に任せてきた。私は常にあなたを支え
て『全て悪いことはおきない』という心をあなたに与えてきた。愛する
子、リトル・ペブル、あなたは最後の時期に来ているから、苦しみは
これ以上あなたに近づかない。敵はあなたを苦しめ、根絶やしにしよう
と躍起になっているけれども、天が立てた最後の教皇としての勤めをす
るのはリトル・ペブル、あなたである。恐れてはならない。勇気を出し
なさい。あなたを祝福する。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。


--------------------------------
2006年4月1日(土曜日)(PM12:41〜13:22)
聖母マリア様からの公的メッセージ(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたを祝福します。聖母があなたに
お話しします。イエズスの受難をあなた方は黙想してください。
 あなた方の行い(注:天皇皇后両陛下への直訴のこと)を心から喜び、
あなた方に感謝をしております。愛するリトル・ペブルと一致するため
にあなた方は動いてくれました。あなた方の勇気を心から感謝していま
す。あなた方の愛がこのことによって増していることを私は喜んでいま
す。愛するリトル・ペブルのことで、あなた方の愛が深められているの
を私は本当に嬉しく思います。特に、愛する息子、ジャン・マリー神父
と、コルベ・マリーの働きを、そしてロンジン・マリーの勇気を本当に
感謝しています。男性の人たちには本当に力強い、力強い恵みが注がれ
ていく必要があります。
 本当に男性の柱で立てられる共同体があちこちに起されていく必要が
あります。男性の力強さと女性の愛と合わさった共同体がこの世に証し
されなければなりません。リトル・ペブルはこのことを望んでいました。
けれども、人間の弱さのゆえに権力争いに落ちて序列がされています。
男女は互いに助け合うべきなのに、男性は男性のなかで、女性は女性の
中で争い、愛が欠けた共同体になってしまいました。聖母は愛を求めて
います。けれども、模範を示さなければならない共同体が混乱してしま
いました。あなた方、日本においてはそうで在ってはなりません。
 お願いですから、愛し合ってください。愛し合うところに人々は印を
見ることになります。勇気を出してください。あなた方のなすべきこと
は、全て長上につたえますから、長上が言うことを聞いてください。彼
(長上)が望むことをあなた方は心に留めて彼(長上)の声に耳を傾けてく
ださい。あなた方を愛しています。
 ねたまないでください。愛し合ってください。悲しみをあなた方は
知ってください。聖母が痛む心をどうかなおざりにしないでください。
これからたくさんの女性が送られてきます。彼女たちはシスターとして
働くことになります。序列を作らないよう、シスター同士、互いに愛し
合っていくように、あなた方は教えてあげてください。彼女たちはマザー
の言う事を聞き従います。愛しています。マリー・レベッカと、マリー・
マドレーヌの性格は大変違っています。神様のご計画にそれぞれ従って
ください。
 愛しています。引き続き、リトル・ペブルのために祈ってください。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛する私の浄配、リトル・ペブル、あなたを祝福します。あなたは
非常に苦しみ、呻き、泣いています。世界があなたを苦しめたから、あ
なたは多くの困難を乗り越えねばならなかったので、本当にあなたの心
はずたずたにされました。悲しみの聖母があなたと共に泣いています。
あなたを慰める人を天は用意しています。苦しみの絶頂の中であなたに
身を捧げることを望む人々を天は探し、整えています。あなたは希望を
持って天のなす事に身を任せてください。愛しています。あなたを祝福
します。勇気を出してください。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。


--------------------------------
2006年4月4日(火曜日)(AM9:12〜9:37)
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供達、あなた方を祝福します。聖母はあなた方を愛し、日々
あなた方と共にいて、あなた方に行くべき道を指し示しています。
 皇室の事で、あなたがたの大きな苦労は天に覚えられていることを
知ってください。雅子妃殿下と美智子皇后陛下は皇室に撒かれた種です。
黒田清子、彼女も聖母に会っています。引き続き、彼女たちのために
祈り続けてください。彼女たちは生贄として捧げられています。幼な子
たちも育ち、彼女たちの教えを受けています。希望を持ってください。
あなた方は皇室の壁がまだ厚いことを身をもって知りました。神が介入
して彼らの心を照らします。恐れないで神がしようとしている事を見て
ください。
 あなた方はイエズスの聖体がどれほどに冒涜されているか知りました。
非常に、非常に冒涜されているのです。もっと聖体に対して、深く、深
く崇敬してください。イエズスが過去たくさんの幻視者、神秘家を通し
て語った「聖体に対して大切にするように」と言った言葉をどうか心に
とめてください。愛しています。
 あなた方はそれぞれの道を歩んでください。イエズスの言葉は投げ捨
てられています。また、教会は聖母マリアを愛する人たちを毛嫌いして
『聖母きちがいだ』と言って彼らを外に追い出しています。あなた方は
愛し合ってください。豊かに祝福します。日々、自分と向き合ってくだ
さい。イエズスの受難を黙想してください。あなた方を謙遜の道へと
私は導きます。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 苦しみの中にある愛する愛しい子、浄配であるリトル・ペブル、あな
たを愛しています。苦しみのただなかにあって、なおもあなたは信じ、
希望しています。あなたは今までにない苦しみを経験しています。苦し
みの絶頂の中で、あなたは全てイエズスが受けたものと同じ事をあなた
は受けています。あなたは見捨てられたと実感しています。あなたは
本当に嘆き、苦しみ、どん底にまで落とされました。あなたの浄配は
よく知っています。神によりすがってください。あなたを天が支えます。
あなたを祝福します。神の御旨を忠実に果たすリトル・ペブルをまもな
く世界は知ることになります。あなたを豊かに祝福します。恐れないで
ください。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1987年6月26日 No.11
 リトル・ペブルに(抜粋)

 私の家における大分裂は、もうそこに来ている。私の代理者ヨハネ・
パウロ2世教皇に忠実でありなさい。この愛する息子の殉教後、ペトロ
の聖座に就く者には警戒せよ。その者は私から来た者ではないからだ。
しかし恐れることはない。なぜならこの大混乱の時代の最中、私は既に
ペトロの聖座に就く者を選んでいるからだ。彼こそは天の愛するリトル・
ペブルである。ペトロ2世となる彼は、最後の教皇となるべき者なので
ある。

(注1)ヨハネ・パウロ2世は死んではいません。神において眠ってお
  られるのです。ベネディクト16世は真の教皇です。

(注2)ヴァチカンの高位聖職者の多くは、秘密のうちにフリーメーソ
  ンに入会した、悪魔を礼拝する者達です。彼らは既に、ヨハネ・パ
  ウロ2世の暗殺を数度試みて失敗しています。しかし、やがてヨハ
  ネ・パウロ2世を排除することに成功し(この時点でまだヨハネ・
  パウロ2世は生きています)、ヴァチカンを完全に支配し、全カト
  リック教会を乗っ取ります。その時ヴァチカンは黙示録の「大淫婦」
  となり、「小羊のような獣」である反キリストの反教皇が君臨し、
  反キリストのロード・マイトレーヤをメシヤ・神として礼拝させ、
  666の獣の印のマイクロチップをすべての人に埋め込ませようと
  します。リトル・ペブルは、真の教皇ペトロ2世ロマーヌスとして、
  地下教会を率い、反キリストと戦います。


----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第二巻、第三巻も近日発行を予定
しています)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :5月12日の午後8時 〜 聖体行列

      5月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)

      5月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :4月16日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       5月21日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :4月23日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      5月28日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :5月20日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は4月23日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]