「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年4月9日号No.300

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年4月9日号 No.300

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆天皇皇后両陛下への直訴状

私たち日本の聖シャーベル修道会のメンバーは、オーストラリアで不正
に投獄されているウィリアム・カム氏(リトル・ペブル)の早期釈放の
お力添えを願うため、天皇皇后両陛下をはじめ皇室の方々へ昨年12月
から様々なルートでアプローチしてきました。今回は3月26日から
3月29日にかけて、神奈川県の葉山御用邸でご静養されている天皇
皇后両陛下に直接お会いしてこのことをお伝えしようと努力しましたが、
かないませんでした。そこで今回、両陛下にお渡ししようとした「直訴
状」をホームページ上で公開することにしました。これらの「直訴状」
はコピーしたものを別途3月27日夕方に逗子郵便局より速達にて「葉山
御用邸」宛てに発送しております。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_060317.htm



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第151章 】−その(1)−

 「隣人愛を最優先する人が成功します。隣人愛を最優先する共同体が
成功します。神の御旨とは、愛を行うことだからです」 親切の徳が
とても大切です。親切の徳を実践して、毎日兄弟たちの求めに喜び勇ん
で答えること、兄弟たちの願いを先回りして果たして喜ばせること、こ
れを第一にし、自分の義務、仕事を後回しにするのが、正しいプロセス
です。自分の仕事をきちんとやることを優先し、兄弟たちの要求を後回
しにする人は、結果だけを重んじる典型的日本人であり、神様の仕事で
は失敗する人です。親切な見かけのうちに見返りの計算がある人はあさ
ましい人で、失敗することはもちろん、裏切りものにさえなる人です。
これは隣人愛ではなく、その反対の功利主義です。愛を感情、感覚だと
思い違いしている人は、愛を行わない人です。自分の感情、感覚を殺し、
嫌悪感に打ち勝って愛さなければならないとき、感情、感覚で生きてい
るようなその人は、愛を行うことはできません。

 今、挙げた「プロセス無視、結果重視の人」「功利主義者」「感情、
感覚に支配されている人」の三つのタイプの人が、自分は愛に満ち溢れ
ていて愛をおこなっていると自己満足しつつ、隣人愛を実はおこなって
おらず、親切の徳も持たず、神の仕事において成功しない人です。忙し
い。仕事に押しつぶされている。病気等のハンディキャップがある。誰
にも自分のことだけにかかりきりになりたい状況があります。でも隣人
愛を最優先にし、自分の義務、仕事を後回しにすることを絶対にくずし
てはいけません。プロセスにこそ、意味と価値があるのです。神はそこ
を見ています。「自分の仕事はきちんとできた」とあなたが満足しても、
神はあなたを良しとしません。あなたは本当は大失敗をしていて、功徳
を何も積まずにむなしく労苦したのです。冷害の年の稲穂のように実入
りがないのです。

 次のように考えてください。あなたが隣人の頼みに耳をかしたら、神
もあなたの頼みに耳をかして下さいます。あなたが隣人の頼みに直ちに
応えるなら、神もあなたの頼みに直ちに応えて下さいます。あなたが
隣人の頼みを第一にし、精一杯つくしたら、神もあなたの頼みを第一に
し、精一杯あなたに尽くして下さいます。では、あなたがそうしなかっ
たら? これで成功する理由、失敗する理由がはっきりわかったと思い
ます。

 マリア様の教えにも耳を傾けて下さい。マリア様がエリザベトを訪問
したことについてです。「マリアが言われる。『隣人愛は、まず隣人に
対して行うべきです。これは、言葉の遊びと思わないで。愛徳は、神に
対して、また隣人に対して行われます。隣人に対しての愛徳には、自分
自身に対する愛も含まれています。けれども自分を隣人よりも愛するな
らば、これはもう愛徳ではなく、利己心となります。おこなって良いこ
との場合でも、隣人の必要とすることを先におこなうほど聖なるもので
あるべきです。子らよ、神が寛大な人々に対しての必要なことを、ご自
分の力と愛とをもって補うのです。私は、このように考えていたので、
その状態になった親せきの婦人の手伝いをするために、ヘブロンまで
行きました。人間としての援助を与えたかった私の思いやりの上に、神
はいつもの通り、すべての量りを超えて、想像もできなかった超自然の
援助を与えてくださったのです。私は、物質的な援助を与えるために
行ったのですが、神は私の善意を祝福して、その訪問によって、エリザ
ベトの子を聖別し、これによって洗礼者は生まれる前に聖とされ、同時
に異常な高齢で懐胎していたエバの娘の肉体的な苦しみを和らげられた
のです。……神がくださる贈り物は、私たちをよりよいものにするはず
です。私たちは神からもらえばもらうほど、多く奉げるべきです。私た
ちが多くもらうとすれば、神は私たちと一緒におられ、私たちは神と
一緒にいるしるしだからです。それなら、神が私たちの中におられれば
おられるほど、私たちはその完全さに達するための努力を多くすべきで
す。私が自分の仕事を後にしてエリザベトのために働いた理由はここに
あります。私はひまがなくなるという恐れにとらわれることはありませ
ん。神は、時の主人です。普段のことに関しても、神に希望する人には、
神が万事、計らって下さいます。利己心は成功を早めるのではなく、遅
らせるのです。愛は成功を遅らせることはなく、早めます。これをよく
よく考えなさい』……」(聖母マリアの詩(上)マリア・ワルトルタ著、
あかし書房 P149〜151)

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年3月10日(金曜日)(AM3:01〜3:31)
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
マリア様:
 愛する子、マリー・マドレーヌ、あなたを祝福します。子供たちに
お話しします。長を信頼してください。あなた方に与えられている長上
の言う事をよく聴いてしたがってください。長上はあなた方のために
日夜身を捧げています。ジャン・マリー司祭の重荷は非常に大きく、多
くの助け手を必要としています。あなた方は彼が言わない心の苦しみを
知ることができないでいるので、彼(ジャン・マリー司祭)の苦しみは
表面で見えるものとして、受け止められてしまいます。彼は何十年も
苦しんできました。あなた方のやるべきことは長上に従順することです。
愛する子ども達、ジャン・マリー神父のために祈り、どうか天が愛して
いる息子(ジャン・マリー司祭)を助けてください。彼のために祈り、
仕えてください。あなた方を祝福します。父と、子と、聖霊との御名に
よりて。アーメン。

【聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ】

 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福します。あなたの心をよく知っ
ているのは母です。苦しいけれども、耐てください。愛しています。
あなたを大いに用います。恵みに恵みを加えます。愛しています。あな
たを慰める母、安心できる場である母があなたを包み、マントで覆って
います。いつも避難所が在ります。恐れないでください。祝福に祝福を
加えます。受難の時を乗り切ってください。愛しています。勇敢で在っ
てください。あなたを抱擁している母は、あなたの泣く時に一緒に泣き、
あなたが喜ぶときに一緒にいて喜んでいるのです。あなたは今大いなる
悲しみを持って泣いています。どうか気落ちしないで下さい。あなたと
共に泣く母がいて、あなたの涙を拭いてあげます。恐れないでください。
愛しています。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年3月13日(月曜日)(PM15:56〜16:13)
聖母マリア様からのメッセージ
(償いの日。秋田県湯沢にて)
--------------------------------
マリア様:
 愛する子ども達、あなた方を祝福します。日本の大改心は神のみわざ
があらわされるためになされます。人がするのではなくて、神が救いた
いのでなさいます。どうか協力してください。あなた方のなすべき事柄
は一人ひとりそれぞれ決まっています。恐れないで勇敢に立ち上がって
ください。豊かに祝福いたします。どうかへりくだって神のあわれみを
求めてください。多くの子らが神に対して侮辱しています。どうか罪を
償ってください。あなた方の行く末を主に任せてください。司祭の祝福
をお願いします。

【聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ】

マリア様:
 愛するリトル・ペブル、聖母があなたを祝福します。あなたは苦しみ、
うめき、泣いています。涙を持って種撒く人は豊かに刈り取ります。あ
なたの勇気、愛、全ての善に対して、天は喜び、その捧げ物を本当に
喜んでいます。どれほどに浄配である聖母が慰められたかしれません。
あなたの信頼は一番しっかりした神に対する信頼を持っています。苦悩
しながら、それでもあなたは神をしたい、見上げてきました。あなたは
永遠の御父に対して、崇敬をし続けてきました。絶対に忘れませんでし
た。あなたのなすべきことは全て天によって用意されています。勇敢で
あってください。変容したときには誰もがあなたを『まことに神が使わ
したものである』と認めざるをえない大きな証しを持つことになります。
あなたを豊かに祝福します。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。


--------------------------------
2006年3月14日(火曜日)(AM1:10〜1:44)
イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福する。イエズスがあな
たに話をする。あなたは身の回りの事を整理して死に対して準備をして
いくように。決して悲しんだり、執着をしたりしないように。愛してい
る。怖がらないで私がしたい事をさせてほしい。あなたは謙遜になるこ
とによってのみ恵みを得る、このことを知り始めた。あなたはもっと
イエズスの十字架に近づいて、神であったイエズスが磔にされて多くの
人からあざ笑われて何もかもできなくなった、このことをもっと心の
深くに刻み込んでほしい。あなたは全てを長に信頼して私が与える事に
眼を向け続けていくように。恐れないで歩みなさい。決してあなたを
捨てないので、あなたに与えたものを十分に用いて、子供たちに書くこ
とをあなたに命じる。勇気を持って自分の弱さをありったけに書いてい
くことによってあなたは多くの恵みを得るので、恐れないで書き続ける
ように。私は天使を遣わしてあなたを励ます。勇気を持って記しなさい。
リトル・ペブルのために忠実に役目を果たすようにあなたに命じる。あ
なたを最後まで導くのは、イエズスであり、あなたの母、マリアがあな
たを支え、ヨゼフがあなたの最後まで保護をしていくので、あなたは
もっと天により頼んでいくように。私にこれからの苦しみに向かうとき
に力を頼みなさい。
 愛している。あなたを強め、苦しむことができるようにその力を与え
る。あなたに挨拶を送る。小さな子供であってほしい。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

【イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ】

イエズス様:
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福する。あなたは勇敢であり続け
なさい。あなたは釈放されて後に戦うことを知っている。あなたの行く
ところに多くの天の使いたちもいる。何千、何万と敵が押し寄せても
あなたは力強く教会を確立して全て神の望みの通りに仕事を果たす。私
が力を与えて誰もあなたを否定できないようにする。なぜなら、あなた
は多く苦しみ、多くの犠牲をささげ、神に喜ばれたものだからである。
恐れてはならない。あなたを誰が倒すことができよう。あなたを祝福す
る。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年3月14日(火曜日)(AM1:44〜2:02)
聖母マリア様からミシェル・マリー・フランソワ奥田力へのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
マリア様:
 愛するミシェル・マリー・フランソワに聖母がお話しします。あなた
は多くの痛みを負って、多くの犠牲を捧げてきました。恐れないで聖母
を呼び、イエズスを呼んでください。あなたに任された仕事は、愛する
息子(ジャン・マリー神父)と一緒に担います。決して一人ではありま
せん。怖がらないで幼子になって天に近づいてください。悲しみの聖母
は涙する人と共に泣いているのですから、あなたを苦しめているのでは
ありません。天はあなたを必要としています。謙遜の心を今持っている
あなたに対して、天は喜び、恵みを加えます。痛悔をして心が痛んでい
るのを私は知っています。悔やむ人を神は罰しません。かえって『自分
には罪はないんだ』という人に神は厳しい眼を注がれます。あなたは
日本の救いのために祈ってきました。真理を求めてきました。一度聖母
から離れたけれども、あなたは帰ってきてくれました。どんなにあなた
を待っていたかしれません。愛の母があなたをマントで包みます。勇敢
であってください。長の望みに従順してください。あなたの行く末を主
に任せなさい。豊かに祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1987年4月5日 No.10
 リトル・ペブルに(抜粋)

 では、かわいい子よ、今夜はあなたを御子イエズスの証人として、世
界中の多くのところへ連れて行きます。なぜならあなたは間も無く世に
出て、大勢の者を破滅させ地獄の炎の呪いの中に投げ込む反キリストの
困難な時代に、人々を導くため、もうすぐ地上におけるイエズスの公教
会の牧者となるからです。息子よ、あなたは復活された主、王の中の王、
人類にすべてを与え尽くし給うた神である、十字架につけられたイエズ
ス・キリストを信じる全ての人々と一致して、反キリストと戦うのです。

(注)反キリストのロード・マイトレーヤの支配する困難な時代、キリ
  スト教徒も人類全体も、ロード・マイトレーヤに従う者と、従わず
  に戦う者に分かれます。少数派で苛酷に弾圧される、イエズス・キ
  リストを信じる人々を助けて戦うために、リトル・ペブルら聖母の
  使徒たちには、バイロケーション(両所同時存在)の賜物が与えら
  れます。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第二巻、第三巻も近日発行を予定
しています)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :4月12日の午後8時 〜 聖体行列

      4月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)

      4月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :4月16日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       5月21日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :4月23日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      5月28日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :4月15日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は4月16日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]