「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年4月2日号No.299

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年4月2日号 No.299

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第150章 】

 終わりの時とは迫害の時代です。特に、リトル・ペブルさんと一致し
たこのミッションは、悪魔の憎しみの的です。悪魔はこのミッションが
自分たちを永遠に、決定的に地獄に投げ込むものだと知っているからで
す。それであなたたちに、迫害の中でやっていくための秘訣を教えます。

 最も重要な秘訣は「逆用」です。悪魔はあなたたちのまわりの人を
通してあなたたちを攻撃します。隣人の悪さと弱さであなたたちを倒そ
うとするのです。このことをよく頭にたたき込んでいてください。これ
に対してあなたたちは、隣人の悪さと弱さを「逆用」し、自分自身の
聖徳を磨くのです。裁く人、侮辱する人、憎む人、怒る人など積極的に
あなたたちを攻撃する人。不親切な人、頼みを聞いてくれない人、協力
してくれない人など消極的にあなたたちを攻撃する人。これらの人々に
対して、あなたは愛してくれないというその本質にひどく傷つきかねま
せん。神に従い、神に奉仕したいあなたたちにとって、彼らの積極的、
消極的攻撃による妨害は、本当に悲しく辛いことでしょう。また、隣人
愛によっても、その隣人の悪さ、弱さはあなたたちを大いに悲しませま
す。特にあなたたちが彼らを深く愛している場合、そうです。

 例えば共同体において100%のハイを言わない人を見るのは本当に
つらいことです。彼らがそれによって、日々どんなに恵みを失っている
か、そして使命までも失なっているかがわかるからです。そして救霊
までも危うくなることを考えると、本当に気の毒です。悪魔の意図は、
彼らを用いてあなたたちを絶望させ、神に仕えることをやめさせること
です。そして、あなたたちやミッションや共同体の良い仕事を遅らせ、
縮小させ、やめさせてしまうことです。

 人間的に見ると、彼らのおこないによってそれらの悪魔の意図は実現
しています。このミッションの中でもずっとそうでしたし、あなたたち
のまわりでもこれからもそうでしょう。しかしもし、あなたたちがそれ
らの悪い人、弱い人に対し、ゆるし、柔和と謙遜を実行し、愛し、祈り、
祝福するなら、あなたたちは聖化されてゆきます。あなたたちは大きな
功徳をつみます。このミッションも共同体も、前進はすべて功徳によっ
てなされるのですから、あなたたちが大きな功徳をつめば、あなたたち
が見えないところで神の計画は進み、それが地球の裏側の人かもしれま
せんが救霊という実りはつくのです。神はこうして悪魔の意図をくじく
ことがおできになります。ただし、もしあなたたちが隣人の悪さ、弱さ
を「逆用」して聖徳を磨けばですよ。これを忘れないでください。

 例えば共同体のなかで不親切な人は、自愛心に満ちて神と隣人への愛
は持たない人です。彼らは共同体内の愛と喜びを減らします。そのまま
では共同体は愛の不足のために恵みと祝福を失います。それであなたた
ちは、その隣人の悪さと弱さを「逆用」し、聖徳を磨き、愛しにくい
彼らを愛することによって彼らの悪さと弱さ、愛のなさにもかかわらず、
共同体の中の愛を全体としては逆に増やし、自らも愛徳に富むように
努めて下さい。もしそうすれば彼らの存在と行為にかかわらず、共同体
全体としての愛は増え、与えられる恵みと祝福も増えます。あなたたち
が神に協力して「逆用」という秘訣を用いれば、こうしてすべての悪魔
の意図をくじくことができます。

 しかしここで書いておかなければならないことがあります。他人の
聖徳を磨く役割を果たす人、日本的に言えば「他山の石」として宝石を
磨く砥石として使われる人、つまりミッションでは、100%のハイを
行って神と隣人に、自己愛を踏みにじって仕えようとしない人を、神は
無理に従わせることはありません。自由に任せます。その人が与えるも
のだけを神は受けとります。神は先に、その人をあふれんばかりの恵み
と祝福で満たし、その人が100%のハイを言って神の呼びかけに応え
られるようにしました。 その上でその人の応え方を神は尊重します。
100%のハイを言わなくてもある時点まで神は待ちます。待っても
ダメだったら他の人が選ばれ、その人が受けるはずだったものを代わり
に受けるのです。「多く与えられたものは、多く要求される」 この
御言葉を忘れないでください。神は公平な方です。ユダ・イスカリオテ
や、ユダのような高位聖職者が数え切れないほどたくさん地獄の最も
深いところにいます。最も重い罰を永遠に受けています。自分がそうな
らないようにしなさい。そうなりそうな人のために祈ってあげなさい。
これだけ言えば十分ですね?

 イエズスの迫害者たちはイエズスのご生涯中、絶えずイエズスにぬれ
ぎぬを着せようとスキャンダルを捏造し続けました。マリア・ワルトル
タに天から与えられた啓示を読めばよくわかります。お金のスキャンダ
ルとセックスのスキャンダルです。そして異端者として非難し、サタン
と呼びました。ご受難の間中も、敵たちはイエズスをサタンと呼び、異
端、お金、セックスのぬれぎぬを着せ、十字架のふもとにおいてでさえ、
散々にののしりました。このミッションではリトル・ペブルさんが絶え
ずそれと同じ目にあわされています。これらは悪魔の常套手段です。私
もサタンと呼ばれていますし、異端者扱いを受けます。お金のスキャン
ダルもセックスのスキャンダルも捏造されます。何も驚くことはありま
せん。イエズスがそうされたのですから、弟子の私たちもそうされる
べきです。これが迫害の普通の姿です。

 迫害の中でやっていくための次の秘訣は、ぬれぎぬを平然と着ること
です。不当に裁かれた時、言い返さないことほど霊魂を清めることはあ
りません。そのうえ、この行動はあなたたちを守ります。サタンの意図
はあなたたちが平然とぬれぎぬを着ないで、動揺し、心に苦々しいもの
を抱き、愛徳を損なう行動に出、あなたたちとあなたたちのまわりの
平和と愛と一致までも壊すことです。その手に乗ってはいけません。

 例えば教会へ行ってサタンと呼ばれたら喜んでください。イエズスも
そうされました。リトル・ペブルさんもそうされています。同じ運命に
あずかれたのですよ。「花嫁の愛」をあなたたちがイエズスとリトル・
ペブルさんに対して持っているならば、同じ運命にあずかれることは
無上の喜びのはずです。花嫁の幸福とは、花婿と運命を共にすることだ
からです。喜びおどってください。セックススキャンダルを捏造されて
も、お金のスキャンダルを捏造されても、異端者として秘蹟を拒まれた
り、教会から締め出されたりしても、喜びに喜んでください。実は、こ
うして喜ぶことはイエズスの命令です。「私のために、人々があなたた
ちをののしり、あるいは責め、あるいは数々の讒言を言うとき、あなた
たちは幸せである。喜びに喜べ。あなたたちは天において大きな報いを
受けるであろう。先人の預言者たちも同じように迫害された」(マタイ
5・11−12)

 この命令を守れば、あなたたちはとても謙遜になります。そしてまわ
りに平和と一致と愛ばかりか喜びまでも広げることができ、悪魔の意図
は裏目に出、神とあなたたちが利益を得るのです。悪いことは何も起き
ません。ぬれぎぬを聖ヨゼフが、傲慢に対しての安全策として与えてく
ださったと考えるなら、さらに喜んで甘んじていられます。聖ヨゼフも
ご生涯の間、身近な人からぬれぎぬばかり着せられましたが、弁解しま
せんでした。これはイエズスとマリアの保護となりました。全ての人の
前にへりくだり、ぬれぎぬを死ぬまで着ぬいた聖ヨゼフは神の奥義の上
の天の封印となって二人を守ったのです。ぬれぎぬによって守られるこ
とがあります。とにかくありがたく頂戴して、着ていることにしましょ
うね。

 迫害の中でやっていくための3つ目の秘訣は、逃げず、かわさず、まっ
すぐぶち当たって闘うことです。リトル・ペブルさんを支持しているな
ら支持していることを堂々と態度で表明し、何もゆずらずに戦ってくだ
さい。聖徳を磨く道は、日本人の常識とは正反対です。人格に裏表があっ
てはなりません。話すことと考えていることが違っていてはいけません。
このため聖徳に進んだしるしは、人格の強さとしてあらわれます。逃げ
腰は絶対ダメです。たちまち迫害に飲み込まれ、逃亡者、卑怯者になり
ます。かわそうとするのもダメです。うまくやって勝ちをおさめようと
してもダメです。これらは悪魔的悲観主義です。正面からぶつかったら
負けるに決まっていると心の中で決めてかかっているからです。神に
対するはなはだしい不信頼です。加えて人間的こざかしさにうぬぼれた
傲慢です。

 単純な話しではありませんか? 迫害のおおもとはルシフェルと悪魔
たちですよ。小手先の手段でかわせると考えるなんて、どうかしていま
す。勝つ方法はただひとつ。神に絶対的信頼を置き、人間的常識も人間
的論理も脇に置き、堂々と正面突破をはかる方法です。これが神の観点
からは最高に功徳がつめる行為なのです。私たちの闘いは全て功徳に
よってなされます。ですからこの方法で勝てるのです。過去の聖人たち
も皆、人格の強さとこの戦い方で迫害に打ち勝ちました。

 あなたたちはこれらの秘訣で迫害に対抗できますから、あとはこの
秘訣を実践し、実地で腕を磨いていくださいね。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年3月8日(水曜日)(AM2:51〜3:17)
イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、、あなたを祝福する。イエズスの
花嫁として、あなたは苦しみを捧げていくように。あなたのこれからの
事を恐れないで、私(イエズス)に身を任せていくように、あなたにお願
いする。
 イエズスの苦しみをあなたはもっと知ることになる。怖がらないで、
一緒に来てほしい。死のことについても、あなたは受け入れてきている。
あこがれてほしい。愛しているので、私が送るものを拒まないで喜んで
受け取ってほしい。あなたの心の状態を私が整えるので、勇敢であって
ほしい。
 あなたの行くべき道は、長に信頼し、歩み、もっと安心して、全てを
任せること。だから、愛するちっちゃい子(マリー・マドレーヌ)、恐れ
ないで私のしようとすることを受け入れてほしい。あなたの喜び、あな
たの全てを満たすイエズスがいるから、苦しみを捧げてほしい。子供た
ちのために身を捧げている愛する息子(ジャン・マリー神父)、あなた
(マリー・マドレーヌ)といつも共にいる尊い息子(ジャン・マリー神父)
があなたの一部始終を配慮してくれているから、安心してあなたは彼に
身を任せていくように、私はあなたに言う。父と、子と、聖霊との御名
によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年3月8日(水曜日)(AM2:51〜3:17)
イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛するリトル・ペブル、あなたの行くべき道は私が支えているので、
豊かに用いるから、決して気落ちしないでほしい。あなたを慰めるため
に、多くの天使と、多くの援助者を送っている。恐れないで歩みなさい。
マリアが、あなたの浄配であるマリアがあなたを強めている。恐れない
で歩みなさい。あなたを祝福する。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。


--------------------------------
2006年3月8日(水曜日)(PM13:05〜13:20)
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
マリア様:
 愛する子どもたちに祝福を送ります。あなたの母、いつもそばにいて、
全てを導く母がいます。あなた方は女子修道院の事で、希望を持ってく
ださい。心配したり、気落ちしたりしないでください。聖母があなた方
を強め、導きます。あなた方の思いわずらいを全部神に委ねてください。
絶えず、聖母を求めてへりくだってください。あなた方のなすべき事を
天が導きます。あなた方のなすべきことは「まったき信頼」です。不安
になったら助けを求めてください。あなた方の母がそばにいるのですか
ら、何でも打ち明けて心の隅々まで母に開いて話してください。恐れな
いで前へ進んでください。
 豊かに導きます。全て、リトル・ペブルの故です。あなた方の行くべ
き道は決められています。どうかリトル・ペブルのために祈ってくださ
い。あなた方を祝福します。特に、マリー・レベッカの重荷は大きいの
で、彼女のうえに司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年3月8日(水曜日)(PM13:05〜13:20)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
マリア様:
 愛されているリトル・ペブル、あなたは気落ちしないで下さい。聖母
がすぐそばにいます。あなたのために祈る子供たちがいます。あなたは
天によって心の奥深く傷ついたところを癒されます。リトル・ペブルの
苦しみは誰も負わないですし、誰もあなたに代わって負うことはできま
せん。後にも先にもいないのです。あなたは唯一選ばれた預言者ですか
ら、大きな苦しみを受けて行くのは当然です。勇敢であってください。
力強い聖母があなたを支えます。愛の挨拶をあなたに送ります。恐れな
いで下さい。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1987年3月13日 No.9
 リトル・ペブルに(抜粋)

 まもなく地上に、人類を欺くものが現れるでしょう。それは自分を
「キリスト」だと自称する者です! 彼は偽って多くの人々に、自分は
再臨したキリストだと信じさせるのです。しかし私はあなた方に言って
おきます。彼を信じてはなりません。彼こそ、我が至聖なる息子イエズ
スや、多くの神秘家・聖人・預言者たちが、何世紀もの間語ってきた
反キリストだからです。主イエズスが偉大な力と権力とをもって、天か
ら雲に乗って再臨することになっております。ですから注意して警戒し、
耳を澄ませていなさい。

(注)反キリストのロード・マイトレーヤは、ルシフェルが人間になっ
  た存在です。ネロ皇帝やヒットラーとは全く違います。彼はすさま
  じい霊力を持ち、全ての人に強力な影響を与えます。死人を生きか
  えらせる事さえしますが、これは死者の体に手下のサタンが入って
  行う、見せ掛けの復活です。しかしほとんどの人が、彼にだまされ
  ます。マリア様のメッセージに聞き従う人はだまされないでしょう。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第二巻、第三巻も近日発行を予定
しています)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :4月12日の午後8時 〜 聖体行列

      4月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)

      4月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :4月16日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       5月21日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :4月23日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      5月28日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :4月15日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は4月9日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]