「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年3月26日号No.298

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年3月26日号 No.298

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第149章 】

 「洗礼を望んでいる人、洗礼を受けたばかりの人が最もよく働きます」
スタインバック神父様はこう言っていました。よく働くとは闘いの精神
を発揮して宣教することです。このようにこのミッションでは何をなす
にも常に悪魔と世間と自我に対して激しく戦わなければなりません。悪
魔が何とかしてこのミッションからあなたたちを連れ去ろうと、あらゆ
る面で攻撃をかけているからです。あなたたちが戦い抜くには大変な
戦闘力が必要です。あなたたちはまだ功徳も積んでいません、徳も身に
つけていません。一人で戦っても勝てません。現にこの20年間を振り
返ると、戦い抜いてリトル・ペブルさんに忠実に従ってこれている人は
百人に一人もいません。千人に一人くらいかもしれません。それであな
たたちが落ちないように、秘訣を教えましょう。

 ひとつはすでに幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちに、彼らが落ちない
ようにと書きました。リトル・ペブルさんに対して、愛の使徒聖ヨハネ
がイエズスに対して持ったような「花嫁の愛」を持つことです。146
章を読んで理解してください。「花嫁の愛」という愛をもってリトル・
ペブルさんと一致することです。そしていろいろな幻視者のいろいろな
メッセージの解釈と適用という点でも、リトル・ペブルさんに合わせる
ことで、リトル・ペブルさんとの一致を強く保つことも大切な秘訣です。
148章で書きましたね。こうしてリトル・ペブルさんとの一致を強く
すればするほど、彼を通して恵みを与えていらっしゃる神によって定め
られた「恵みのライン」のより中央に位置することになります。そうし
てよりたくさんの恵みを受けることができるのです。

 次にまだ書いていない秘訣を書きます。神はあなたたちのように弱く、
戦闘力をほとんど持たない人のために、史上最強の修道会である聖シャー
ベル修道会を起こし、あなたたちがこれにつながることによって、莫大
な戦闘力を持つようにしてくださっています。この修道会全体を愛し、
この修道会のすべてのメンバーを愛し、この愛による一致でこの修道会
の持つ戦闘力を共有し、この修道会のすべてのメンバーがつんだ功徳を
共有することができます。あなたたちは、神が、マリア様が最愛の子供
であるかのようにこの修道会を愛しているように、この会の発展、勝利、
召命、霊的実りなどを祈り求めてください。そしてメンバーの一人一人
を、もちろん地球の裏側の人に至るまでをも特別な友愛をもって愛して
ください。そうすれば愛によって聖シャーベル修道会に一致できるのです。

 あなたたちが今後、いつ洗礼を受けるチャンスがあるのか私にはわか
りません。また、準備して受けるだけの時間があるかどうかもわかりま
せん。おそらくあなたたちのほとんどの人は、実際に司祭から額に水を
注がれて洗礼を授かることはなく、洗礼を受ける希望を抱いたまま最期
を迎えることでしょう。しかし、それでも有効な洗礼です。「望みの
洗礼」という名の洗礼であり、殉教する人は「血の洗礼」といい、原罪
と自罪は許され、天国に入ることができます。儀式を伴う「水の洗礼」
を受けなくとも、いつの時代も洗礼を望んでいる人が最もよく働くので
す。気にしないでください。そのため正式に聖シャーベル修道会会員
にはなることがなくとも、愛によってこの会に一致することで、会員と
同じ戦闘力を得、同じ功徳にあずかります。

 聖シャーベル修道会は死につつある古い教会を新しい教会に生まれ変
わらせるための唯一、特別な修道会です。生まれつつある新しい教会の
生命力です。教会フリーメーソンを筆頭とする反キリストのロード・マ
イトレーヤの指揮下にある者ども、その影響を受けてしまった人々から
のどんな迫害と妨害にも負けず、発展し続ける修道会です。悪魔とその
陣営にとっては恐ろしい戦闘力を持った無敵の軍隊です。マリア様の
謙遜な「かかと」であり、蛇であるルシフェルを必ず踏み砕く修道会で
す。第一部門、第二部門は独身を貫く司祭・修道士・修道女のための
部門です。既婚者と家族たちのための第三部門までが共同体内で生活し、
これに加えて共同体に所属しながら世間で生きる第四部門があります。
皆、正式の修道会会員です。あなたたちはまずこの第四部門に受洗後
入会することをめざしてゆけばよいでしょう。今はとにかく創立者の
リトル・ペブルさんと、この修道会全体と修道会のすべてのメンバーと
の愛による一致で戦闘力と功徳を共有し、自分を強めてください。

 もしあなたが洗礼を司祭から受けることができ、聖シャーベル修道会
の第四部門に入会できたなら、あなたには所属する共同体ができ、従う
べき上長が与えられます。毎年、従順、清貧、(独身、既婚それぞれの
身分に応じての)貞潔の三つの誓約を更新するのですが、第一、第二、
第三部門と同様、死ぬまで堅忍すべき召命です。この堅忍のためにも
秘訣があります。それを教えましょう。聖シャーベル修道会自体は大木
にたとえられます。そして会員一人一人は一枚一枚の葉にたとえられま
す。葉は木から樹液を与えられて生命を保つでしょう? そして葉は
光合成で木にエネルギーと養分を与えるでしょう? こうして木は実を
つけますよね。聖シャーベル修道会の豊かな実りは、人々の聖化と救霊
です。それは第一に会員たちの聖化と救霊です。この会がなければ、そ
して他のすべての会員がいなければ、この豊かな実りを一人一人の会員
は受け取ることができません。そればかりか多くの人がこの世で世間的
に生き続け、滅びに飛び込んでいる90%の人の中の一人となってしま
うことでしょう。ですから会員にとって会とすべての会員に対して感謝
を込めた愛を持つことは当然なのです。

 さて、修道会の会員が召命に堅忍するための秘訣ですが、それは上長
たちと会全体のために特に祈る習慣を身につけることなのです。普通、
目下や同僚のためには各自、祈ります。自分の共同体のためにも祈りま
す。ところが上長たちのためには祈らないのです。世界中の自分の修道
会全体のためには祈らないのです。これが人間の姿です。ですから特に
上長たちと会全体のために意識的に熱心に祈ることが鍵なのです。イエ
ズスが互いに愛しあいなさいと命じました。これは掟であり、命令です。
上長たちは目下のために愛と祈りをささげつつ、日夜おおいに奉仕して
います。目下が上長のために愛も祈りもささげなければ、互いに愛しあ
うのではなく、一方的に上長が目下を愛しているだけです。これは神に
対する目下の命令違反です。上長が目下から愛と祈りを受けることがで
きないと、恵みの不足によって会と目下とをふさわしく導いていくこと
ができません。また、互いに愛しあっていない会には祝福が与えられま
せんから、会は衰退します。会にとってもこれほど大きな痛手となる
神に対する命令違反なのです。

 それから修道会全体は大きな家族です。会員は肉における自分の家族
以上に、この霊における家族を愛さなければならないのです。修道会は
会員に、永遠の生命のための霊的な宝を、大木が一枚の葉にも樹液を通
わすように与えています。会員は全会員の功徳にあずかることによって
強められ、支えられています。会全体と全会員のために、会員が愛と祈
りをささげなければ、これもまた互いに愛しあえという神の命令に背く
ことになります。互いに愛しあえという神の命令に背く会員は、個人と
して恵みと祝福が受けられません。その中には堅忍の恵みも含まれてい
ますから、その会員は召命に堅忍できなくなってしまうのです。

 以上のことを、正式な会員ではなく、愛による一致で聖シャーベル修
道会の戦闘力と功徳にあずかる人もよく覚えて、この秘訣を用いてくだ
さい。特定の上長はいなくても、聖シャーベル修道会の長たち全員のた
めに祈りと愛をささげればいいのですから。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2005年9月7日(水曜日)PM23:13
聖ヨゼフ様からの公的メッセージ(秋田県横手市にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ:
 愛する子らよ、あなた方を祝福する。愛し、祝福している。
私、ヨゼフはあなた方を包み、あなた方のうえに私の徳がどういうもの
であったかをあなた方にこれからも伝える。私は罪(原罪のこと)があ
りながら徳を実践することができた。超楽観主義、希望の徳、善徳、た
くさん掲げられている「ヨゼフの百合」に対して、私は答える。私自身
がジャン・マリー神父を通して語ったこの「ヨゼフの百合」に対して、
私は彼にその知恵を与えて、彼を愛しているがゆえにそれを書かせた。
愛している。愛する息子、ジャン・マリー神父がこの日本について分析
し、掲げたものであって日本人が持つ特徴をよく理解できる本である。
あなた方はこの本を読み続け、私に近づいてほしい。私はあなた方を
祝福し、あなた方が行くべき道を私はあなた方に教え、この本によって
どのように歩まねばならないかをあなた方に伝える。愛している。祝福
している。優しいヨゼフが、私はあなた方とともにいて、あなた方を
保護し、導く。マリアとともにこの共同体(奥田力さん、マリー・レベッカ、
ジャン・マリー神父、コルベ・マリー、マリー・マドレーヌ)に私はいる
ので、この共同体をマリアと一緒にこの私のためにも奉献してほしい。
愛している。父と子と聖霊との御名によりて祝福する。司祭にすべて
祝福を今お願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2005年10月20日(木曜日)PM21:33
聖ヨゼフ様からのローキューション
(名古屋共同体で)
--------------------------------
聖ヨゼフ:
 愛する子(マリー・マドレーヌ:mm)、あなたを祝福する。私、ヨゼフ
は、あなたを愛し、祝福している。愛する息子(ジャン・マリー神父:jm)
のことであなたに伝える。愛する息子が苦しみ、悩み、呻いているのを
私は知っている。あなた(mm)の行く道で、愛する息子(jm)が与える一つ
ひとつの事をあなたは心に留めて1歩1歩歩んでほしい。
 いま、共同体のことで、彼(jm)は大いに苦しんでいるけれども、私
自身が彼を支えて、彼が行くべき道を、私が彼に指し示していく。多く
のことで讒言(ざんげん)され、苦しんでいる彼に対して、私はひと時
も彼を離れず、彼になすべき事を与え続けている。だから愛する娘(mm)、
あなたは行くべき道を歩むように。愛している。あなたも多くのことで
いろいろと苦しむけれども、私を呼んでほしい。そして、イエズスと、
マリアと、多くの聖人とがあなた方(jm,mm)を守っているので、愛して、
互いに愛し合っていくように。あなた(mm)の優しい養父、あなたを育て
るヨゼフがいるので、恐れないで歩むべき道を信頼して、長に信頼して
歩むように私はあなたに言う。

 永遠の御父、またイエズス・キリスト、聖霊があなた方を導き、祝福
して強めてこれからの道を歩ませる。多くの混乱が起こっているけれど
も、この混乱を起こしている人々のために、あなた方は絶えず祈ってい
る。だから、彼らのために、これ以上彼らが混乱をまた続けないように、
もっと祈ってほしい。彼らの霊の救いのために祈ってほしい。私があな
た方を支えるから、祝福に祝福を加える。だから、恐れないで歩みなさ
い。愛し、祝福している。あなた方を豊かに用いるので、ヨゼフに信頼
してほしい。主イエズスキリストと共に、聖霊と共に支配される永遠の
御父に対して、あなた方は礼拝をしてほしい。あなた方を祝福する。愛
している。あなた方の行くべき道を歩みなさい。父と、子と、聖霊との
御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2005年10月20日(木曜日)PM21:33
聖ヨゼフ様からのリトル・ペブルさんへのメッセージ
(名古屋共同体で)
--------------------------------
聖ヨゼフ:
 愛するリトル・ペブル、あなたが行くべき道を歩み、これからも信頼
をするようにあなたに言う。ヨゼフが話をする。
あなたは今一番苦しんでいるけれども、イエズスの十字架の道を歩む
あなたに対して、天は支え、恵みに恵みを加える。恐れないで歩みなさ
い。多くの援助者が居るので、またすべてあなたに計画している仕事を
天は果たすので、あなたは信頼して歩むように、私はあなたにお願いす
る。あなたを祝福している。恐れないで歩みなさい。あなたを見守る
ヨゼフが側におり、あなたの浄配、聖母マリアがあなたを支えるので、
あなたの行くべき道をこれからも歩み続けるように、私はあなたに懇願
する。祝福している。あなたに対して、多くの事を言った人々に対して
は、すべて任せるように。神に任せるようにあなたに伝える。あなたを
祝福する。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年3月2日(木曜日)(AM11:33〜11:50)
聖母マリア様からコルベ・マリーに与えられたメッセージ
--------------------------------
聖母:
 愛するコルベ・マリーにお話しします。あなたを豊かに祝福します。
あなたの母、聖母がいつもあなたの心の奥深い痛み、苦しみを知ってい
ます。あなたの名前はコルベ・マリー。コルベ・マリーです。あなたの
これからなそうとしている事業はコルベ神父の導きのもとで行われます。
あなたの行く末を主に委ねてください。あなたの全てを知る天がいつも
あなたの味方です。多くの魂を救いたいとあなたは情熱を傾けてきまし
た。愛されている子、あなたを慰める母がいることを覚えてください。
優しい母、イエズスの十字架のそばにいて、悲しみを一番そばで味わっ
た母がどうしてあなたを離れることができますか。あなたの全てを知る
のはあなたの母です。あなたを多く用います。祝福します。司祭の祝福
をお願いいたします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年3月2日(木曜日)(AM11:33〜11:50)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母:
 愛するリトル・ペブルに挨拶を送ります。あなたは深い受難の中に
今います。あなたのために多くの子どもたちに犠牲を捧げるよう呼びか
けています。あなたの苦しみは絶頂に達しています。あなたの全てを
これからも天は導き、豊かに祝福を加えます。大いなる勝利の前の苦し
みですが、あなたは耐えてください。子どもたちがあなたに『花嫁の愛』
を持ってあなたに仕えることができるように、これからのことについて
あなたは祈ってください。
 あなたの浄配である聖母は血の涙を持って子どもたちに懇願します。
リトル・ペブルの事をこれ以上侮辱しないでください。あなたの母、あ
なたを愛してやまない母が祝福を送ります。父と、子と、聖霊との御名
によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年3月2日(木曜日)AM2:20
マリー・マドレーヌに与えられたインスピレーション
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 AM2:20ごろです。一日の夜から第2ミサをしていて、少し長い時間が
かかっていました。司祭がカリスの洗浄を行っていたとき、一つのイン
スピレーションがありました。司祭のインスピレーションを教えられた
後にです。マリア様が私に「書き物として残すときに、今まで過去誰も
書かなかったほどに自分を見下げて書くことによってあなたは守られま
す」と言われた言葉から、司祭が私にたいして「死の前に聖痕が与えら
れる」というインスピレーションをうけた事を私に話してくれました。
「聖人として持ち上げられる危険を防ぐために、自分を徹底的に見下げ
るようマリア様が言われたのではないか」と司祭が言いました。私は
このあと「聖痕はイエズスによる罪の贖いを、証しするものであって、
今まで聖痕を受けた人は聖徳が高い人として見られてきた。それとは
まったく逆で、私に限って言えば材料としては最悪なので、今回の目的
は私が一人一人の罪のあがないに協力するためであり、また、もっとも
悪いものを用いることによって、全能の神様が最高に御業を輝かせる
ためである」というインスピレーションがありました。このことを司祭
に伝えて印を求めてひざまずきました。そうしたら印が在りました。
再度確認をしました。識別のための印がありました。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1986年12月28日 No.8
 リトル・ペブルに(抜粋)

 この世の我が愛する子供たちから働きかける時が来ました。囲いから
出て、我が息子イエズスの再臨の前に、ひざまずいて準備しなさい。ま
もなく「反キリスト」がやってきて、自分が救い主であり神であると
宣言するからです。ですから愛する子供たちよ注意していなさい。これ
から来る年は、我が子供たちにとって大いなる試練の年になり、あなた
がたの信仰が試されるのですから! イエズスの光のうちに力強く立ち
上がってください。我が聖なる息子イエズスのうちに自信を持って信頼
してください。彼は真実と正義の道に、あなた方を導くのですから。

(注)反キリストのロード・マイトレーヤがやってきて、真の救い主
  イエズス・キリストへの信仰を持たない者、信仰の弱い者を全て
  手に入れて、666の獣の印のマイクロチップを埋め込ませます。
  その出来事の後にイエズス・キリストの再臨があり、獣と獣の印を
  けた全ての人が地獄に投げ込まれます。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

 聖シャーベル修道会の創立者にして歴史上「最後の教皇」となるリト
ル・ペブル − ウィリアム・カムとは、いったいどんな人物なのか? 
そこには彼自身の手で、皆さんの知らない彼の本当の姿が赤裸々に描き
出されています。原題のサブタイトルには「つまずきの人 − ペトルス・
ロマーヌス − 罪人か聖人か?」とあります。ちょうどイエズスご自身
がそうであられたように……。皆さんはこの著書を通して、リトル・ペ
ブルの真実を知るでしょう。そして皆さん自身が歴史の目撃者となった
ことに戦慄をおぼえることでしょう。
「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第二巻、第三巻も近日発行を予定
しています)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社

 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :4月12日の午後8時 〜 聖体行列

      4月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)

      4月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :4月16日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       5月21日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       6月18日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :4月23日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      5月28日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      6月25日 日曜日 13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :4月15日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は4月2日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]