「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年3月12日号No.296

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年3月12日号 No.296

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第147章 】−その(4)−

 世間の会社ではお金のために働きますが、共同体では神のために働き
ます。意向が全く違います。神のためにというこの意向の純粋さゆえに、
神から恵みと保護を受けます。世間の人は欲とか憎しみとか怒りとかを
原動力に頑張りますが、共同体の労働の士気の高さは神と隣人への愛を
原動力にして保ちます。例えば同胞の霊魂を一人でも多く救いたい! 
と頑張るのです。共同体は意向、士気、奉献の面で世間の会社と違うか
ら、事業が成功するのです。

 このミッションに参加している今の日本人たちの間では、祈りの多さ、
断食、食事の少なさ、不眠不休などの信心業や苦業を誇ります。ばかげ
たことです。体質が強い人にとってそれらは時がたつにつれ体が順応し、
たやすくなります。

 時がたつにつれ、最初の情熱が冷めていくので、保つのが難しくなる
のが意向の純粋さ、士気の高さ、奉献の完全さです。特に日本人がこれ
らを保てないことは実証されています。日本人は他の民族に比べると、
明らかに召命に忠実であり続けることができません。自分が神に誓った
誓願に忠実でありません。気が変わってしまいやすく、修道生活を途中
で放棄する人が非常に多いです。

 これでわかるように、信念をもって戦い抜くことができないのです。
あなたたちは生まれた時からずっと、世間に従うようにと仕向けられ、
まわりを見まわして自分の意志を決定し、行動するようにつくられてき
ました。カトリックの信仰のように世と対立する信念を生まれた時から
植えつけられ、それを自分の生き方の骨格とし、まわりを見まわさずに、
自分の内にある信念を頼りに意志を決め、行動するようには育てられて
いません。いわば骨格のない、なびき、流される人間です。

 もし信念を幼い時から持っていたら、幼い時から世間に対して闘いま
す。こうして闘いの精神も身につけます。信念を持たず、闘いの精神を
持たないことが日本人の特徴で、そのため日本のマリア様のミッション
はへなへなで、首尾一貫してリトル・ペブルさんに従うことができず、
幻視者もそれ以外の人も次々に落ちて消えてゆくのです。

 日本人特有の欠点で、このミッションで悪影響が甚だしいものをもう
少し書くと、手段にすぎないものを目的にしまうことがそのひとつです。
先ほど書いた日本人が誇る祈りの多さや、断食、食事の少なさ、不眠
不休などの信心業と苦業は手段に過ぎません。目的は神と隣人を愛する
ことです。信心業や苦業ができる人が、できない人を心の中ででも裁く
なら、裁くなと命じていらっしゃる神に背きますから、神を愛していま
せん。人を裁くので隣人をも愛していません。

 信心業や苦業を重視し、誇る人ほど、こうして神と隣人への愛を無視
します。手段が目的になるとは、こういうことを言います。神と隣人へ
の愛徳に背いて、心の中で、または言葉で、隣人を裁きつつ、見くだし
つつ、けなしつつ信心業や苦業をする人をファリサイ主義者と言います。

 マリア様の望まれる苦業とは、ファリサイ主義者になることのない
苦業です。それは、心の中ですら人を裁かないこと、口が裂けても陰口
を言わないこと、ほめるのでなければその場にいない人の話は絶対に
しないことなどです。

 聖ヨゼフの霊性の説明でも書きましたね。心は反感をいるいかなる人
に対しても抱かない。頭は批判をいかなる人についても考えない。口は
その場にいない人の話をしない。これらの徳の実践をすることです。

 最後にもうひとつあげます。日本人が結果のみを大切にし、プロセス
を無視することです。神の価値観は逆です。 プロセスこそが大切で、
結果は無意味です。

 共同体の設立に例をとれば、設立を目指し、踏んでゆくプロセスにお
いてどれほど徳を実行するかが神にとっては大切なのです。それができ
れば、時間切れで、または一部の人の裏切りで共同体ができなくとも
ちっとも構わないのです。神の御旨にそって一日一日をささげていくこ
とがすべてです。結果だけを求めて、神の御旨ではなく、人間的な考え
や計略で踏んでいくプロセスで恵みは得られません。救霊にもつながり
ません。嘘とか方便を用いるなら、恵みを失います。仮に結果が出たと
しても、何の価値もありません。

 あなたは今、これを読んで「ああ、私は変わらなければ! 自分を
変える努力をしよう! 自分を良くしていこう!」、こういう意志が
起こりましたか?

 日本人が改心できないのは、意志を働かせて読まずに、感覚でもって、
読む味わいにふけり、理性でもって知識をあさるだけの読み方をするか
らです。意志を働かせて読めば、愛と行動につながります。神を愛し、
神のために自分を根本的に変える行動を起こすものなのです。あなたが
この本を意志を働かせつつ読むことで、初めて私が書いたことはあなた
のうちで生きるのです。どうかそういう読み方をしてくださいね。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年2月21日(火曜日)(AM0:53〜1:10)
イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
 愛する子、あなたを祝福する。イエズスがあなたに話しをする。
あなたは恐れないで、これからの道を歩みなさい。
 日本はまもなく大きな転機を迎える。あなたは希望を持って歩みなさ
い。愛するリトル・ペブルを指示して、彼のために身を捧げるように
あなたに強く命じる。あなたの守護の天使、ガブリエルがあなたを支え
て、これから行くべき道を守り、導いていく。
 死に関しても、恐れてはならない。あなたはリトル・ペブルの教皇職
の真実性を証するために、私が選び、一番弱いものとしてはっきりと
判る形で多くの人に知られる。あなたは多く苦しみ、涙した。けれども、
あなたの報いは大きく、あなたに与えられているものはイエズスが全て
用意したものであって、あなたが絶えずへりくだる時に、導かれてはっ
きりとしたものになる。
 だから、愛する子、恐れてはいけない。愛されていて、小さな子であ
るから、あなたを一人にはしない。愛する息子(ジャン・マリー神父)と
ともに歩み、あなたの心をもっと信頼へと広げていくように。もっと
信頼してほしい。勇敢でありなさい。あなたのなすべきことは用意され
ている。だから、弱さも、体の具合の悪さも全部捧げていくように。
 愛し、祝福を送る。勇敢で在りなさい。あなたの罪を許す。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年2月21日(火曜日)(AM0:53〜1:10)
イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
 愛するリトル・ペブル、あなたを愛している。あなたはこれからも
勇敢に戦い続けていくように。あなたはすでに大きな恵みを得ている。
恐れないで歩みなさい。あなたの淨配である聖母マリアがいつもそばに
いて、あなたを離れず、敵を踏み砕くので、恐れないで歩みなさい。
 あなたの勝利は間近であるから、勇気を出して歩みなさい。あなたを
天は豊かに祝福し、恵みに恵みを加える。挨拶を送る。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 私自身、このメッセージを頂くまえ、心の打撃を受けていて、ショッ
ク状態で昨日は思い出さないようにしていても、3度ほど泣き出してし
まうほど悲しんでいました。大阪の集会であった出来事は私にとって、
大変ショックなものでした。ジャン・マリー司祭の意向である「リトル・
ペブルさんを堂々と支持して、勇敢に立ち上がること」には「No」を言
い、完全に拒否されてしまったのです。
 ジャン・マリー司祭も、コルベ・マリーも、私も全力を尽くしたけ
れど、だめでした。私はこのことが自分の罪責感を刺激されてしまい、
不信頼に陥ってしまいました。20日のミサは何にもできず、ふさぎこむ
状態になったのです。夜、リトル・ペブルさんのメッセージを読んで
もらって元気が少し出てきて、ようやく第2ミサでは聖歌のオルガンを
弾くことができました。
 第2ミサを全て終えて、ロザリオを祈り始めたときです。右耳の後ろ
のほうで風が吹いたのを感じて、印を求めにひざまずき大まで行って
ひざまずいて印を求めました。そうしたら印があり、イエズス様からの
ローキューションが始まりました。今回、私の死のことに関して2度目
の予告がありました。今月の1日に入って、イエズス様が死に関して
予告を始められて、今日が2度目です。1月の中旬ごろから司祭が私に
対して「死の準備をするように」と言っていました。そして、遺言を
残す意味で書き物をするようにといわれました。そして、大天使ガブリ
エルの助けを願うようにと司祭は私に指導してくれていました。
 今日、はっきりとイエズス様自ら、守護の天使の事を教えてくれまし
た。日本のこれからのことを教えてくださり、リトル・ペブルさんを
支持して身を捧げるようにというもので、大変内用が深く、これから
全てを私は委ねていきたいと思います。メッセージの最後に確認の印を
求めました。識別のための印が在りました。
 リトル・ペブルさんに伝言があるかを尋ねました。時間がかかって
なかなか印がなく、もう1度尋ねました。そうしたら印があり、「愛す
るリトル・ペブル」と呼ばれる声が聞こえたので、私は「下僕は聴きま
す。お話し下さい」と祈りました。最後にこれは本当でしょうかと尋ね、
印を求めました。そうしたところ、識別のための印を頂きました。


--------------------------------
2006年2月24日(金曜日)(AM1:41〜2:06)
聖母マリア様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
聖母:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福します。
あなたは幼子(おさなご)であってください。それが天に喜ばれるから
です。自分の傷をみないで、イエズスが良いと思って与えたものを喜ん
でいれば十分です。誰が何を言おうともあなたは小さな子どもです。
あなたは自分を低く見ることによって、過去誰も自分を低くみなかった、
また書かないと思うことまでもあなたは自分をさらけ出して書いてくだ
さい。あなたはそれが一番良い守られ方になります。
 あなたは知識も何もありません。私は知識を持つ人を辱めるために
あなたを使います。この共同体に属する人たちはみな知識を持っていま
せん。全て神から賜った知恵、知識をただみなは使っているにすぎない
のです。多くの人たちはこのことを忘れています。
 ベルナデッタを見てください。彼女は純真で何もわからず、ただ私が
伝えるままを司祭に話し、多くの苦しみを負いました。あなたはいま
知識のある人たちに眼を向けようと心が揺れました。あなたは彼らに
対して、恐れてはなりません。あなたは自分をもっともっと見下げるこ
とで十分に恵みを得ます。本当の謙遜を聖母に求めてください。私は
これをあなたに伝えます。
 勇敢であってください。あなたは全てをイエズスに預けて全てを委ね
きってください。あなたの優しい母、マリアがあなたを強く抱きしめて
全てを導きます。あなたは恥じないでください。全部神に栄光を帰して
ください。全ての共同体のメンバーを祝福いたします。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------

2006年2月24日(金曜日)(AM1:41〜2:06)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
聖母:
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福します。
多くの子らがあなたのもとに帰ってきます。
あなたは大きな愛の心を持って多くの子らを祝福し、導いていってくだ
さい。あなたの大いなる、大いなる天の計画はまもなく成就されます。
喜びに喜びなさい。全てを豊かに導く神があなたを祝福します。
あなたに愛の挨拶を送ります。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年2月26日(日曜日)(AM1:32〜1:49)
聖ヨゼフ様からのメッセージ(名古屋共同体にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ:
 愛する子らよ、あなた方を祝福する。あなた方の保護者、ヨゼフが
あなた方に伝える。
 あなた方は勇気を持って、これからの道を歩み、多くの若者のために
宣教してほしい。あなた方は一人ひとり愛されていて、全て喜びを持っ
て神に仕えるものは神は豊かに祝福してくださる。恐れてはならない。
 あなた方は全てにわたって神の力を受けるので、体も心も全てにおい
て健康になり、全ての仕事をこなしていくことができるようになる。
だから、勇気を持って進みなさい。何でもヨゼフに打ち明けてほしい。
 あなた方の奉仕は多くの実りを結ぶので、神に全てを委ね、喜びに喜
んで仕えてほしい。ヨゼフがあなた方を包み、行くべき道を指し示して
いく。勇敢で在りなさい。あなた方を愛し、祝福する。恐れないで歩み
なさい。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年2月26日(日曜日)(AM1:32〜1:49)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
聖母:
 愛するリトル・ペブルにお話しします。聖母・マリアがあなたを強め、
豊かに用います。あなたは多くの苦しみを捧げてきました。あなたは
全て神を信頼しました。聖母があなたを豊かに祝福します。
 勇敢であってください。あなたは信頼を全生涯に渡って学んできまし
た。いつもあなたは信頼を忘れず、多くの困難が押し寄せてもあなたは
信頼し続けました。神はあなたをひと時も忘れず、あなたは困難にふさ
がれてどうしようもない状態に置かれても、あなたは神を呼び求め、
望みをおき続けてきたので、神は揺らぐことのない岩として、あなたを
立てています。誰もあなたに立ち向かう人はいません。あなたは敵を
踏み砕くからです。
 聖母と一緒にこれからも歩み続けなさい。愛されている子、リトル・
ペブルに豊かに祝福を注ぎます。愛しています。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年2月26日(日曜日)(P.M.16:11〜16:25)
聖母マリア様からのメッセージ
(横浜・大倉山の集会にて)
--------------------------------
聖母:
 愛する子らよ、あなた方を祝福します。あなた方は互いに愛し合って
ください。あなた方のなすべきことは愛することです。
 あなた方の行くべき道は多くの困難が待っています。ただ、希望を
持って進んでいってください。聖母があなた方を包み、これからの道を
ともに歩みます。
 決してセンセーショナルな行動に走らないよう、注意してください。
日本の大改心は神がなさることです。人間の技ではありません。
あなた方を愛し、祝福いたします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年2月26日(日曜日)(PM16:10〜16:25)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(横浜・大倉山の集会にて)
--------------------------------
聖母:
 愛するリトル・ペブル、あなたを豊かに祝福します。
あなたは愛を知っています。あなたが無実であり、多く愛を捧げたこと
が全世界に知られます。あなたは愛に置いてはまったく落度がありませ
ん。あなたのこれからの歩みは大変重要で大いなるものです。
 反キリストと戦うためにあなたは立ち上がります。恐れないで前に
進んでください。聖母が絶えずあなたのうえに恵みを注ぎます。勇気を
持って歩いていってください。あなたに祝福を送ります。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1985年9月29日 No.6
 リトル・ペブルに(抜粋)

「反教皇がヴァチカンの王位に座すであろう。故に教皇が、真の教皇を
発表しなければならない。なぜならば、次に選出される者は、カトリッ
ク教会を滅ぼそうとする敵が、偽りによって選んだ者だからである」

 子らよ、教皇ヨハネ・パウロ2世の次の教皇は誰になるかを、あなた
がたが知るための印を与えましょう。真の教皇は、その紋章に聖シャー
ベルの顔がついています。偽の教皇の紋章には、上弦(1/4の月)が
ついています。

(注1)現教皇ベネディクト16世(オリーブの栄光)は真の教皇です。
  彼の教皇の紋章には、上弦(1/4の月)はありません。

(注2)まもなく反教皇が、ヴァチカンで即位し、世界はこぞって歓迎
  します。彼はフリーメーソンの力で選ばれるフリーメーソンの教皇
  です。こうして黙示録の「小羊のような獣」が登場し、カトリック
  教会は黙示録の「大淫婦」になり、ロード・マイトレーヤを神・キ
  リストとして礼拝します。その時、まことの教会は地下に隠れてい
  て、真の教皇であるリトル・ペブル、ペトロ2世がそれを導き、
  反キリストと反教皇と戦います。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

 聖シャーベル修道会の創立者にして歴史上「最後の教皇」となるリト
ル・ペブル − ウィリアム・カムとは、いったいどんな人物なのか? 
そこには彼自身の手で、皆さんの知らない彼の本当の姿が赤裸々に描き
出されています。原題のサブタイトルには「つまずきの人 − ペトルス・
ロマーヌス − 罪人か聖人か?」とあります。ちょうどイエズスご自身
がそうであられたように……。皆さんはこの著書を通して、リトル・ペ
ブルの真実を知るでしょう。そして皆さん自身が歴史の目撃者となった
ことに戦慄をおぼえることでしょう。
「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第二巻、第三巻も近日発行を予定
しています)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社

 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :3月12日の午後8時 〜 聖体行列

      3月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)

      3月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :3月19日 日曜日13:00-16:30(ジャン・マリー神父来訪)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :( 未定です )
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :3月18日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は3月19日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  郵便振替 00880−4−204678
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]