「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年3月5日号No.295

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年3月5日号 No.295

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大き
な恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の
聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたのご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、郵便振替口座番号を下記の
 番号で統一します。今後の通信、ご寄付、その他は下記住所・口座ま
 でお願いいたします。

   住 所 :〒467−0014
        名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
        箱舟の聖母社
   電話・FAX: 052−851−8584
   Eメール :rongin-marie@martyrs.jpn.ph
         charbeljapan@nifty.com
   郵便振替 00880−4−204678

 これまでお知らせしておりました「郵便振替番号12160−828
11831」ですと、事務所に通知が来ないため、ご送金に気づかない
ケースがあったためです。ご迷惑をおかけした皆様にはおわび申し上げ
ます。また旧口座番号と大阪の私書箱の方はもう使えませんので、よろ
しくお願いいたします。


◆名古屋共同体「ひつじのつどい」@おうち教会
        (毎月第3土曜日13:00〜17:00)のお知らせ

 コミュニティーではマリア様(お母さん)を中心に喜びと希望に溢れた
生活をしています。それぞれが自立のための仕事をしていますが、コミュ
ニティーの友情を深めるためにも、よく話し合う時間をとり、茶ーや、
お菓子を つまみながらよく笑い、励ましあって楽しんでいます。皆さ
んも参加してみませんか。毎月第3土曜日13:00〜17:00にやってます。
事前に電話をお願いしマース。楽しい茶話会ですよ。(マリア様のメッ
セージのことなど皆でお話しましょう)

 * おうち教会は、個人宅の2階です。
 * 駐車場はありませんので瑞穂運動場パーキングをご利用ください。
   (利用時間をご確認ください。)
 * ひつじのお店(聖具類、書籍etc)もご利用ください。

 〒467−0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2ー33−3
  聖シャーベル修道会『秋田、天草そして
  全ての日本の殉教者の聖母』コミュニティー
  Tel/Fax: 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々
に対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけ
た方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願ってお
ります。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材と
してください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第147章 】−その(3)−

 さて、共同体の設立の法方は一つの会社を設立する方法と完全に同じ
なのですが、その精神が全く違います。日本人が日本人の持っている
概念の中で思い描く共同体は、聖シャーベル修道会の共同体とはかけ
離れたものに必ずなってしまいます。日本人が思い描き、作ろうとする
ものは、全て中央集権の上意下達のものになってしまいます。それは
日本人の頭には権威主義と官僚主義しかないからです。

 まず、聖シャーベル修道会は地方分権です。中央集権を考えてはいけ
ません。中央集権は、中央の意に沿わないものは異分子として排除しま
す。中央が決める色に皆が染まるように強制します。これは一致ではな
く排他的な孤立主義です。聖シャーベル修道会のカリスマである一致と
逆行する考えです。

 次に、上意下達ですが、これも聖シャーベル修道会のやり方ではあり
ません。共同体では全体においても各部所においても上意下達のやり方
は決してあってはなりません。すべての部所において、話し合いでこと
を決めるのです。下の意見が上に達していくのです。権威主義について
は前に多く書きましたが、もう一度、共同体内の一致と愛と平和の最大
の敵、「告げ口」の行為に関して考えてみてください。話し合わないで
命令するのは、上に立つ人の権威主義ですが、相手と話し合わずに相手
のことを告げ口するのは下にいる人の権威主義です。権威者を味方に
つけて、話し合わずに相手を従わせようとするのですから、自分が権威
者になるのと同じです。権威を持つ人の取り巻きになるのもまた、同じ
権威主義の行為です。上の人にはへいこらして、下の人には横柄なのも
権威主義です。日本人はすべからくこれをやっています。アメリカでは
「日本人は上の人の靴をなめ、下の人の頭の上にあぐらをかく」と言っ
ています。これが権威主義の醜さです。これが共同体の会員だったら、
どんな共同体になることでしょうね。

 聖シャーベル修道会のカリスマは「一致」ですから、会員は一致を
目指し、一致のために恥も外聞もなくへりくだって尽くさなければなり
ません。官僚主義については、日本の中央集権的官僚制度を決して真似
してはいけません。あれは一致の正反対の動きです。官僚が中央にいて、
地方の人に出向かせ、接待させたり、殿様のようにふんぞりかえって
服従させる、このようなことはいけません。このミッションに置き換え
るなら、組織に加入して、ある幻視者とか、ある共同体に協力する人
以外は相手にしないとか、助けを願っても無視するとか、上に立つ人の
そのような行為です。官僚主義は支配欲という罪深い内面の欲望がその
源です。また、官僚制度は、上に位置すればするほど甘い汁が吸える
制度です。だからこの制度は人を出世欲の虜にします。この制度は絶対
にダメです。真の共同体の姿とは全く違うのです。

 上の者が下のものを完全に支配する組織しか考えられないこと、共同
体をただの共住する村のように曖昧にとらえること、皆が同じであらね
ばならないとすること、命をかけて宣教しようとする「闘いの精神」が
ないことなどの日本人の特異性に、悪魔的悲観主義からくる恐れ、憶病、
不信頼が合わさって、今では日本のミッションに参加している人たちの
つくろうとしている共同体のイメージは、忍者の隠れ里のようなものに
までなってしまっています。身の安全のためには鉄の掟で互いに縛りあ
い、秘密を守るつもりでしょうが、もしそういうものをつくっても、誰
か一人でも退会して、しゃべってしまったら安全は保てませんね。忍者
のように抜けたものを口封じに殺すなら別ですが……。

 共同体とは修道会です。修道会とは公のものです。隠れないのですよ。
ナウラの母院が隠れていますか? リトル・ペブルさんが隠れています
か? 共同体は全く逆に、この世と全教会の光となるために、すべての
人の目に自らをさらし、模範によって教え導きます。また、修道会です
から、開かれているものであり、決して閉鎖的なものではありません。
入会したい人は、志願者として自由に試すことができ、自由に去って
行くことができます。教えを受けたい人は自由に訪ねてきて教わること
ができます。共同体同士は愛しあい、助けあい、仕えあい、互いによく
知りあって仲良くなることで一致すればするほど、神から保護されます。
これは地下組織Aと地下組織Bが互いに全く交流せず、知りあわない方
が安全が保たれるという常識の完全に逆をゆく、信仰の世界のみの安全
保障です。

 あなたが生命と財産の安全のためにかくれたいのなら、あなたは聖
シャーベル修道会に召されていません。灯台のように皆の前に輝くこと
で、闇を照らし、暗闇に座す多くのあわれな霊魂を救いたいと熱望する
なら、あなたは聖シャーベル修道会に召されている可能性があります。
身をさらしても、自分がどうなっても、多くの同胞を導く方がいいと
願う人だけが来ることができます。命までもささげたいのならですよ。
命までもという意味は、他の一切はもちろんのことという意味ですよ。
それが修道会の会員の奉献のレベルなのです。ボランティアのレベル
とは全く違います。

 神は永遠の生命、永遠の至福をもって報いて下さいますから、この世
では何も取っておいてはいけないし、何の報いも望んではいけないので
す。恩義を感じてくれること、感謝を示してくれること、ほめたり、ね
ぎらったりしてくれることさえ望んではいけません。何をささげても、
それは先に命を捨ててくださったイエズスに対して、当然の恩返しです
し、その大恩に比べれば一体なんでしょう。日本語で「手弁当で」とい
う言葉がありますね。弁当も自前で奉仕することですね。共同体での
部所が建築だったら、工具一切を自分で買います。手袋、靴、保護眼鏡
など、何も支給されません。全部自腹を切ってそろえ、働き、しかも
給料なしです。一切のものをささげるとはこういうことなのです。

 もしあなたが宣教のために印刷事業をするのなら、あなたが印刷機な
どの設備一切を買って備えつけ、そして働くのです。もちろん給料なし
にです。誰も会から何も引き出しません。逆に常に会の財産に加えてい
くのです。既存の修道会を経験した人は面食らうと思いますが、本部か
らの送金など一切なしに自分たちだけで何もないところから共同体を
立ち上げ、大きくするとはこういうことなのです。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年2月13日(月曜日)(PM20:35〜20:54)
イエズス様からの公的メッセージ(償いの日、秋田県湯沢において)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する私の子らよ、あなた方を祝福する。
あなた方は聖体を愛し、もっと崇敬してほしい。世界中の子らに言う。
なぜ、聖体を冒涜するのか。あなた方は、なぜイエズスをいためるのか。
あなた方は軽くパンのようにあしらい、何もなかったかのようにイエズ
スの受難を軽く見ている。手で聖体を拝領するのをやめなさい。
あなた方は、なぜ、イエズスをいためるのか。
あなた方はイエズスの苦しみをなぜ、軽く見るのか。
あなた方はこの冒涜により、心が乱され、多くの罪が犯されている。
あなた方は愛するリトル・ペブルの声になぜ、耳を傾けないのか。
私が送った預言者に対して、あなた方は多くの侮辱を加えている。
私、イエズスがどれほどに苦しみ、心が痛んでいるかを知りなさい。
あなた方は、あなた方に神が与えた恵みを投げ捨てている。
あなた方は神に立ち返りなさい。私は、あなた方を愛している。
私の基に帰ってくるものを決して拒むことはない。
 あなた方を愛している。あなた方を許すイエズスの声に耳を傾けなさい。
愛する子らよ、私はあなた方の罪を許す。恐れないで、立ち返りなさい。
あなた方の愛を私に、もう1度あなた方の愛を注いでほしい。
愛する子らよ、あなた方を祝福する。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年2月13日(月曜日)(PM20:35〜20:54)
イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(償いの日、湯沢において)
--------------------------------
イエズス様:
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福する。
あなたは聖体の冒涜のゆえに苦しんでおり、全世界の罪のつぐのいの
ために非常に苦しめられているのを私は知っている。
あなたは勇敢でありなさい。最後まで勇敢に戦うあなたに与えられた
天の計画にあなたは従ってほしい。天はあなたを豊かに祝福する。
あなたは勇気を出し、あなたのために計らう人を私は送っているので、
安心して私に身を任せなさい。
 あなたを祝福する。愛している。恐れないで歩みなさい。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年2月18日(土曜日)(PM11:47〜11:57)
『聖ベルナデッタの祝日』(名古屋共同体にて)
大天使聖ガブリエルからのローキューション
--------------------------------
 第2ミサを終えて、ロザリオを祈りました。このとき、私は横になっ
て祈っていました。私はベルナデッタの事を考えていました。私はこの
祈りのときに「へりくだらせてください」と願いました。ロザリオの
3玉目か、4玉目にきたときです。「マリア・ベルナデッタ」と言う名前
が聴こえて彼女のために祈るように強い促しを感じました。このとき、
□□□□さんのことが思い出されました。声はとっても澄んでいて聴こ
えた感じは女性のようで、でも女性ではなく、男性の声でした。区別が
はっきりつかなかった感じでした。澄んだ声が印象的でした。この声を
聴いたのは初めてで、もしかして天使ではと私は思い、司祭に告げまし
た。しっかり印を求めるようにと司祭に言われ、印をひざまずいて求め
ました。そうしたら印が在りました。

 この後「『リトル・ペブルさんに伝言がありますか?』と尋ねるよう
に」と司祭から言われ、私は尋ねました。そうしたところ、一言「リト
ル・ペブルのために祈るように」とだけ言われました。

「長の望みで名前を教えてくださいと言うように」との司祭の指示が
あったので、私はそのように尋ねました。そうしたら「ガブリエル」と
答えてくださいました。「印がありますか?」と尋ねましたら確認の印
をいただきました。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1985年5月13日 No.5
 リトル・ペブルに(抜粋)

 子らよ、この偽牧者が我が息子の家を治めるとき、真のキリスト信者
は隠れてしまっていることでしょう。初期のキリスト信者達がカタコン
ブに隠れたのと同じように、将来のキリスト信者も隠れることでしょう。

 しかし、子らよ、反キリストの教皇が、ペトロの聖座についている間、
一人の偉大で聖なる教皇が隠れているのです。この教皇はペトロ2世と
なり、歴史上最後の教皇ということになります。彼は、暗闇の時代にあ
る教会、人類の歴史における最終の時にある教会を率いるのです。まも
なく、この歴史的出来事は、あなたがたの眼前で展開されて明らかにな
りますから、よく気をつけて見ていなさい。

(注)反キリストのロード・マイトレーヤは、自らを「神・メシヤ」と
 宣言し、全人類を支配します。反キリストの反教皇は、ロード・マイ
 トレーヤを拝ませ、その総支配のために「666」の獣の数字のマイ
 クロチップを埋め込むように強制します。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

 聖シャーベル修道会の創立者にして歴史上「最後の教皇」となるリト
ル・ペブル − ウィリアム・カムとは、いったいどんな人物なのか? 
そこには彼自身の手で、皆さんの知らない彼の本当の姿が赤裸々に描き
出されています。原題のサブタイトルには「つまずきの人 − ペトルス・
ロマーヌス − 罪人か聖人か?」とあります。ちょうどイエズスご自身
がそうであられたように……。皆さんはこの著書を通して、リトル・ペ
ブルの真実を知るでしょう。そして皆さん自身が歴史の目撃者となった
ことに戦慄をおぼえることでしょう。
「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送
料別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。(第二巻、第三巻も近日発行を予定
しています)

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社

 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :3月12日の午後8時 〜 聖体行列

      3月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)

      3月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月
   に1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :3月19日 日曜日13:00-16:30(ジャン・マリー神父来訪)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :3月 5日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :毎月第3土曜日13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号
 が、下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持
 ちでしたらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は3月12日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  郵便振替 00880−4−204678
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分
のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。 こうするのは、
読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的
な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える
人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこ
んで与える者を神は愛される」これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]