「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年2月26日号No.294

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年2月26日号 No.294

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第147章 】−その(2)−

 さて、400年前のキリシタンたちは、イエズスの愛に感じ、愛のために、
イエズスのために生き、闘い、死ぬことを知っていました。彼らの善い精神
をあなたたちは今は持っていませんが、400年前の日本人が持っていた
悪い面は、まったく変わらず今もあなたたちは持っています。

 それは何かというと「曖昧さ」です。フロイス神父という宣教師が書き残
しています。「ヨーロッパでは、言葉において明瞭さが求められ、曖昧さは
避けられる。日本では曖昧なのが一番よい言葉であり、最も重んぜられる」
(フロイスの日本覚書、中公新書)

 欧米で日本語を使わずに生活すると、彼らが話し合いを非常に重んじる
ことと、話し合いが全てを明確にするために行われることがよくわかります。
最も明確になるのが、自分が何を確かに知っていて、何をあやふやに知って
いて、何を知らないかということと、責任をだれが負うかということです。

 曖昧さをよしとする国民性を持った日本人は、すぐ「知っているつもり」
になります。知らないと認めなくてもよいのですから。そのため、たいへん
傲慢になります。曖昧なままに物事が進んでしまうので、末端の現場がすべ
て尻ぬぐいすることで社会がまわっています。そして責任の所在も曖昧に
できるので、問題が起こっても、皆が無責任に対応します。誰も自ら進んで
責任をとろうとしません。皆が皆、知っているつもりになっていて、ほとん
ど何も知らず、皆が皆、無責任であって、責任が生じる立場になることを
恐れて避けながら、それでも修道会である共同体が設立できると思い込んで
いるのが、このミッションの日本人です。

 共同体は一つの事業です。その設立の方法は一つの会社を設立するのと
完全に同じなのです。最初から法的、事務的なことをぬかりなくこなしてい
かなければなりません。日本人はこのことを全く理解しておらず、皆がとん
でもない思い違いにおちいっています。共同体は法人格を持ち、日本国憲法
にのっとって権利を行使し、義務を履行しなければならないのです。税金も
払うし、種々の保険にまでも入り、保険金も払うのです。あらゆることが
法律と契約とに従って行われるための書類が最初から作成され、整えられな
ければなりません。

 今に至るまで日本では共同体の設立の試みにおいて、法的なこと、事務的
なことが常に全く無視されてきました。一回も正しい共同体の設立の仕方が
行われたためしがありません。これではいつまでたっても100%失敗しま
す。建物ひとつ建てるにも、さまざまな法律、規制、税等の知識が必要なの
です。誰かが共同体を設立しようと思えば、法人のこと、国や地方の法律、
規制、行政、税等のことを研究しなければなりませんし、共同体を設立した
い人はもちろん、共同体に入りたい人も皆、聖シャーベル修道会の会則会憲
を熟知するよう努めなければなりません。

 知っているつもりなのか、必要がないと考えてなのか、その両方でしょう
が、日本人は会則会憲を読もうとはしませんが、会則会憲を読まずに修道会
の支部である共同体の設立者になったり、会員になったりすることなど絶対
にありえません。修道会の会員は皆、会則会憲を所持して、折りにふれて
読み返すものなのです。それに加えて、聖シャーベル修道会の精神とカリス
マ、一般的な修道者的精神、人々の中で隣人を介して愛と善徳を身につける
方法も熟知しなければなりません。たとえ幼児洗礼の信者で、メッセージを
長年読んでいる人でも、これらの知識はゼロなのですよ。自分が知っている
などと決して思ってはいけません。

 自分が全くこれらのことを知らないということは、知っている人を交えて
話し合えばわかります。そして何もないところから、一から会社を立ち上げ
ていくときに、どれほど話し合いを積み重ねますか? 細かいところまで
詰めていかなければならないのです。法人法、商法、市場調査、研究、開発、
話し合い、識者への相談etc、曖昧さが許される部分などどこにもありま
せん。共同体を立ち上げていくときも、まったく同じなのですよ。共同体の
設立者や会員になる人以外の人も「私はそのことについて無知です」と人に
言える謙遜と責任逃れをしない強い責任感を身につけるために、日本人の
伝統である「曖昧さ」を自分に許さないように努めて下さい。

 この曖昧さのゆえに日本人は、見かけは謙虚であるかもしれませんが、実
はひどく傲慢です。責任感が強いといわれていますが、それは組織の中の
歯車として働いている場面だけでのことです。本当は無責任で、責任を追及
されると男らしくない、見苦しい逃げばかり打ちます。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
2.刑務所の独房で、聖母から
  リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − 2005年12月12日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 今はおおよそ午前12:30から12:45くらいです − 私はほとんど正確な
時間がわかりません。私は刑務所で私の独房で祈っています。

 私は窓の外で白い十字架が形成されているのが見えます。そして十字架
から私の独房に向けて「道」を形成する光の強い流れが見えます。私は私た
ちの聖母マリアが十字架を通って、滑るように降りてこられるのが見えます。
聖ミカエルと数え切れないほど多くの天使たちが私の独房のまわりにいるの
が見えます。私の守護の天使聖メノロウティス、私のメッセンジャー(伝達
者)の天使聖サクラメッスグス、私に与えられた永遠の御父の天使聖アモー
ル・デイ、彼ら皆が私の方へ来ます。

 さて、私達の聖なる御母は、私にうなずいて、、彼女が私の独房に入るで
しょうとおっしゃいます。十字架からの白い光は今、金色の輝きをもち、そ
のすべては私の独房に流れ込んできます。聖母の頭のまわりに浮かんでいる
別の2位のケルビムがいます。聖母は「グアダルーペの聖母」の装いで来ら
れ、今、私の前1mのところに立たれます。私は聖母に、彼女の足にキスし
てもよいかどうかを尋ね、彼女は「はい」とおっしゃいました。それは右足
で、右のつま先の指の間に小さな白い百合と赤いバラがあります。左のつま
先の指の間には、茨の茂みとアザミの茂みがあります。

 聖サクラメッスグスの頭上にある星からの光は非常に明るく輝いており、
この光の光線を私の頭に送っています。聖母はロイヤルブルーの大きなケー
プ状のマントをはおっておられますが、私にはアメリカ合衆国の旗のように
見えます。私は非常にはっきりと聖母の汚れなき御心が見えます − そし
て、この御心の中に私自身の心臓が見えます。私自身の心臓の中に、私は
より小さい心臓が見えます。それは非常にかわいい。その中に白い百合があ
り、白い百合の中に赤いバラがあります。聖母のケープの左の内側に私は
二人の霊魂が見えます。透明ですが、非常にはっきり見えて、実在していま
す。ケープの右の内側に私は一人の霊魂の顔が見えます。そしてその下に他
の霊魂の顔が見えます。聖母は2位の天使とともに十字架の印をしました。

 聖母の右に、小さなサイズのグアダルーペの聖母の幻視者ホアン・ディエ
ゴが見えます。そして聖母の後ろに聖なるモーゼ、聖なるアブラハム、ヤコ
ブ(イスラエル)の息子の聖なるヨゼフ、聖なるダビド王が見えます。各々
は巻物を持っています。「印」はとてもはっきりと見えます。私はこぼれ落
ちている涙のしずくに気づきました。それは、今私が書いているページに
とどきました。聖アモール・デイは私の前にいます。彼は私の額にキスし、
私が書いている紙を指し示し、それを祝福します。彼は「特別な聖遺物」と
言います。

 聖母は今、彼女のくちびるに右の指を置き、私が聞くべきであることを示
します。聖母は、金で作られたロザリオをもち、十字架像にキスします。そ
して十字架の印をします。彼女は彼女の右を指し示し、今、古いけれども
荘厳な十字架像を持っている聖カタリナ・エンメリックが来ます。彼女はそ
れを聖母に渡し、聖母は十字架像にキスし、それを、私の頭の上に置いてい
る彼女のロザリオに置きます。それから私は、聖カタリナ・エンメリックの
次に聖フランシスコが古く見える本をたずさえて来るのが見えます。彼は
この本を聖母に渡し、聖母はそれにキスをされ、私の頭の上に置き、それは
私の頭の中に消え去ります。聖母は今、愛情深いまなざしで私を見、再び
十字架の印をなさいます。聖サクラメッスグスは私に、聖母は今彼を通して
彼女の言葉を話すであろうけど、私に直接話すのではないことを伝えます。

聖母:(聖サクラメッスグスを通して)
 私はあなたを祝福します。わが特に愛されている息子よ、永遠の神、父と
子と聖霊の預言者よ、神と我が汚れなき御心にとって最も貴重な三重の契約
の預言者よ、私たちの神的愛の「リトル・ペブル」よ、また私たちの「リト
ル・アブラハム」、最後の教皇「ローマ人ペトロ(Petrus Romanus)」教皇
ペトロ・アブラハム2世として聖にして母なる公教会を統治するとして知ら
れているものよ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 何年も前、メキシコにおける我が出現のこの偉大な祝日において、私は
「平和と、神の生命への洗礼」のメッセージを配りました。今日、苦難、悲
しみ、および堕落した世界のこの時代の終わりに、神の結婚式の宴会のテー
ブルに全人類を呼び、世界の救世主があなたたちの心のすぐそばに近づいた
ので、平和と痛悔の同じメッセージに説教するために、私は再び来ます。
他の恐ろしい年は、霊魂と人命の大変な数の損失とともに過ぎ去りました。
彼らの神 − 彼らの天の御父のもとに返すために、それは人間に何をもた
らすでしょうか? 私の子供たちは罪の道が「死」であることをまだ知らな
かったのでしょうか? 私は愛情深い母です。そして私は母として、そんな
にも多くの私の子供たちがこの世に負け、邪悪なものへと失われたのを見て
泣きます。オーストラリア、オーストラリア、平和と豊穣の地よ、お前は神
の御前におけるお前の現在の状況をよく考えたことがありますか? これま
でにほんの小規模ではあるけれども、自然はその憤りをあなたたちの上に
注ぎました。しかしあなたたちの隣国(インドネシアetc)に起こったよう
な、大いなる荒廃の時があなたたちの上にすぐに起こるでしょう。ですから、
神をあなたたちの人生の脇へ追いやらないでください。神をあなたたちの
存在の中心に置きなさい。あなたたちの天の母はあなたたちのために取りな
し続けています。しかしあなたたちが神の呼びかけを無視し続けるなら、あ
なたたちの母はもはや来ることになっているものを止めることができません。
愛の珠(ロザリオ)を取って、神があわれんでくださるように、私、あなた
たちの母とともに祈ってください。

 そしてあなたに、私の小さな「鎖につながれた殉教者」よ。敵が、不正で
偽証にみちた判決によってあなたを倒すことに成功したように、そのことに
責任があるそれらの者たちはすぐその詐欺の報いを学ぶであろうし、嘘は
神によって暴露されるでしょう。そして、あなた、私の潔白な息子、私達の
「無実の小羊」は非常にすぐ釈放され、立証されるでしょう。神があなたに
約束したように、あなたへの訴訟と他の告発を取りまく全ての深い陰謀は
暴露されるでしょう。神は嘘をつきません。勇気を出し、神の約束に希望し
続けてください。高い地位にある者たちがすぐにあなたを救いに来るでしょ
う。そして全ての者があなたは潔白だったし、潔白であることを知るでしょ
う。そして全ての者があなたは神の預言者であることを知るでしょう。聖に
して母なる公教会と同様に、メディア、他の権力をもった団体たち、そして
秘密結社たち。あなたの逮捕、裁判、投獄をお膳立てしたそれらの者たち。
神が高い地位のそれらの者たちを照らすので、多くの「印」が与えられるで
しょう。

 我が息子よ、そして我が御心の浄配よ、平和のうちにとどまりなさい。神
は約束なさった全てのことを成就なさるでしょう。希望のうちに生き続け、
私が愛し、見守っていると知りなさい。私は、この時あなたが耐えている
苦しみを非常によく知っています。いにしえの聖人たちもまた、多くの苦し
みと試練に耐える必要があったけれども、最後に、彼らは、神が彼らと一緒
にいたことを教会、および信じない世界にさえに証明しました。いにしえの
聖人たち、そしてあなたに与えられた巻物は賜物であり、私は、これらの
神秘を説明するために私の小さな「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」
に話すでしょう。レムナント・チャーチ(残存教会)の多くが、十字架の
足元に忠実に留まったので、彼らは神から忠実さの報いを受け取るでしょう。

 我が貴重な息子よ、今祈り、願い続け、そして待ちなさい。すぐにあなた
は釈放され、最後の偉大な戦いを戦うために自由になるでしょう。その時
あなたは神の仕事をなし、この時代の終わりの前にそれを完成させるために
自由になるでしょう。

 あなたが求めた贈り物はあなたに与えられています。そして他の者たちは
この真実を証明するでしょう。約束されたように、クリスマスのプレゼント
はそこにあるでしょう。このクリスマス − 我が神なる息子、イエズスの
誕生 − に平和と幸福を私の子供のすべてにもたらしますように。特に
あなた、私の息子、そしてあなたが愛している全ての人々に。喜びはあなた
の魂からあふれ出て、決してあなたから取り去られることはないでしょう。
奇跡の時は今ここにあります。勝利と決定的な勝利が続くでしょう。

 私はあなたを祝福します。祝福された息子、そしてあなたが愛している
すべての人々を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。
あなたの愛情深い母、マリア

リトル・ペブル:
 この祝福はまた全世界、聖なる教父 − 教皇ベネディクト16世、シル
バーウォーター刑務所の看守たちと囚人たちに送られます。+

〔マルコム・ブロサード司教によるサイン〕



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年2月1日(水曜日)(AM0:59〜AM1:19)
イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
--------------------------------
 愛する子、マリー・マドレーヌ、あなたに話しをする。
あなたは恐れてはいけない。死に関して、あなたは恐れてはならない。
あなたが行くべき道を私が定めているから、長に信頼して、避雷針となって
あなたの進むべき道をこれからも歩むように、あなたに命じる。
イエズスがいつも支えていて、あなたの弱さの中で絶えず道を示していく
ので、あなたは恐れてはならない。あなたが弱さを知れば知るほどあなたの
全存在がイエズスの望むとおりになるので、あなたの弱さを認識していく
ことの恵みを心に納めていくように、あなたに言う。愛しているから、私の
願いに耳を傾けてほしい。ヨゼファの本を土台にして、あなたは歩むように、
私はあなたに言う。

 多くこれからの男性の柱が起こされていく。彼らを支えるのは、避雷針の
役目を負った人たちなので、あなた方は決してそこから外れないようにして
ほしい。今までリトル・ペブルのために身を捧げるようにと願った人々が
拒否してしまい、彼から離れてしまった。日本のこれから立てられる幻視者、
神秘家、恵みの霊魂は彼に捧げられたものとして、私が選んだものだから、
あなたは彼らに対して祈り、一つひとつの事を記録に残し、全て長の望みの
ままに事を進めていくように、私はあなたに命じる。恐れないで、何でも
私に打ち明けなさい。

 聖体を大切にして、これ以上多くのものが聖体に対して侮辱を加えないよ
うに、あなたは司祭とともに祈るように私はあなたに言う。全てこれからの
人々をあなたは祝福の眼を持って見るように、私は懇願する。絶えず、悔い
改めて、私の望みにまったく委託していくようにあなたに伝える。祝福を
送る。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年2月1日(水曜日)(AM0:59〜AM1:19)
イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
--------------------------------
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福する。
恐れないで、あなたの道を歩みなさい。あなたは苦しみを捧げ、つぐのいを
これからも捧げていく。あなたの最高の愛を私は知っている。あなたは全世
界のためにつぐのいをしてほしい。わたしが定めたあなたを全世界は受け
入れようとしないため、多くの苦しみをあなたは負うけれども、恐れてはな
らない。力強い主がいて、多くの敵を打ち破るので、あなたは私に身をゆだ
ね、歩み続けるように。あなたのすぐそばに多くの天使、聖人、そしてあな
たの淨配マリアがいるから、全てを委ねるようにあなたに心からお願いする。
あなたに祝福を送る。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1985年5月13日 No.4
 リトル・ペブルに(抜粋)

 子らよ覚えていなさい。あなたがたは今、重大な時期にさしかかっていま
す。天がヨハネ・パウロ2世を取り除いた後に、反キリストのマイトレーヤ
が地上にあらわれて、偽牧者、偽預言者また偽教皇として、ペトロの聖座に
君臨するのです。この偽ペトロに惑わされないようにしなさい。天の愛する
教皇ヨハネ・パウロ2世の後に君臨する教皇は偽教皇で、歴史に残る反キリ
ストです。私はこの者と、彼の治世のことについて、すでに世界中で、あな
たがたに語って来ました。

(注1) 現教皇ベネディクト16世(オリーブの栄光)は真の教皇です。
  ヨハネ・パウロ2世は死んだのではありません。神において眠ってい
  るのです。神様の定められた時に眠りから覚め、ベネディクト16世
  の後にペトロの座を乗っ取る反教皇を公然と非難します。こうして、
  上記の預言は実現します。

(注2) 黙示録の「2匹の獣」は、反キリストのロード・マイトレーヤと、
  反キリストの偽教皇です。ロード・マイトレーヤは、ルシフェルそのも
  ので、悪魔の総大将ルシフェルが人間になったものです。反キリストの
  偽教皇は人間で、ロード・マイトレーヤに仕え、彼を「神・メシヤ」と
  して礼拝させます。


----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

 聖シャーベル修道会の創立者にして歴史上「最後の教皇」となるリトル・
ペブル − ウィリアム・カムとは、いったいどんな人物なのか? そこには
彼自身の手で、皆さんの知らない彼の本当の姿が赤裸々に描き出されていま
す。原題のサブタイトルには「つまずきの人 − ペトルス・ロマーヌス −
罪人か聖人か?」とあります。ちょうどイエズスご自身がそうであられたよ
うに……。皆さんはこの著書を通して、リトル・ペブルの真実を知るでしょ
う。そして皆さん自身が歴史の目撃者となったことに戦慄をおぼえることで
しょう。

【 第一巻の目次 】
 永遠の御父への献辞
 著者の前書
 リトル・ペブルに関する聖書の言及と預言
 マルコム・ブロサード神父による序論
 第一章 若い頃
 第二章 最初の神秘的経験
 第三章 私の初恋とそのトラウマ的な結果
 第四章 リトル・ペブルとしての私のミッションが始まる
 第五章 迫害が始まる
 第六章 最初の世界旅行 − 1986年
 第七章 教会が意見を述べる
 第八章 貧しい人々への援助
 第九章 預言
 第十章 天からの対話。賜物と苦しみ
 第十一章 私の生活における典型的な一日
 第十二章 ナウラで見られた奇跡
 第十三章 さらなる世界旅行
 第十四章 ポーランドへの旅。1988年。裏切り
 付録
 謝辞
 日本語版の謝辞


【 日本語版の謝辞 】

 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
リトル・ペブルさんからいただきました。どんな天からのメッセージにも
版権はありませんが、リトル・ペブルさん自身の著述に関しては版権があり
ます。この日本語版「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」の著作権は
「箱舟の聖母社」にあります。この重要な本を発行するにあたり、寛大な
ご寄付をくださった皆様、また翻訳のために膨大な時間と労力をささげて
くださったU氏、N氏に、あつく感謝いたします。
2006年1月
聖シャーベル修道会 箱舟の聖母社
Kolbe-Marie 阿部哲朗

--------------------------------
原題: "Petrus Romanus" - The Last Pope - Volume 1
    The Manuscript is Copyright (c) 1999 by William Kamm.
William Kamm, P.O.Box 815, Nowra, N.S.W. Australia
--------------------------------
「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版
--------------------------------
2006年1月 第1刷発行
著 者 ウィリアム・カム
編 集 Kolbe-Marie 阿部哲朗
発行者 Rongin-Marie馬場勝吉
発行所 箱舟の聖母社
--------------------------------
(c) 2006 in Japan by Hakobune-no-Seibo-Sha
Printed in Japan
--------------------------------

◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送料
別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か郵便
振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。ご入金
を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社

 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


◆ 第二巻、第三巻も近日発行を予定しています。


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラ
 ムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :3月12日の午後8時 〜 聖体行列

      3月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      3月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月に
   1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :3月19日 日曜日 13:00-16:30(ジャン・マリー神父来訪)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :3月 5日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :3月18日 土曜日 13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は3月5日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  郵便振替 00880−4−204678
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]