「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年2月19日号No.293

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年2月19日号 No.293

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。
 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。
 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。
 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第147章 】−その(1)−

 天からのメッセージを読む日本人の皆さんへ書きます。皆さんはメッセー
ジの中で預言されている戦争、天災、飢餓、疫病などを恐れますが、それは
大間違いです。これらのものは恐れてはいけないのです。体を滅ぼすものを
恐れてはいけません。逆に皆さんは、メッセージがいま死ぬ人の90%は
地獄に行っていると教えているのに、このことは恐れず、その意味がちっと
ものみこめていません。

 これは皆と同じにしていれば滅びます、地獄に行きます、と教えているの
です。日本人である皆さんは、これをこそ恐れるべきです。皆さんには世間
に従うという強固な意志があります。皆と同じにしていれば安全だという、
信仰に似た確信があります。だからこそ、世間に従い、皆と同じにしていれ
ば滅びるという警告が重要なのです。

 ある宣教師が来日早々、修道院の近くの5人の子に一人一人違うご絵をあ
げたら、子供たちに同じご絵でなければイヤだと言われた思い出を語ってく
れました。最初のカルチャーショックだったのです。子供からして皆と同じ
であることを強烈に指向するのが日本人です。皆さんがメッセージを読む
ときは、意志と行動は世間に合わせるという無意識の断固たる決意のもとに
読んでいます。それが欧米人と全然違うところです。

 そして感覚的な民族である皆さんは、いくら読んでも感覚的にとらえる
のみで、読む楽しみを味わって終わりです。表面的な知識が増えただけで
「ためになった」と満足してポイッです。人格的な変化は起こりません。
良くて「小手先の変化」があるくらいです。それは世間に逆らわない範囲で
という、世間に従い、皆と同じにするという決まりを守りつつの、メッセー
ジの瑣末的部分の採用です。

 コルベ神父様はポーランド人です。文書伝道を日本で繰り広げましたが、
日本のことをコルベ神父様は「読みふける国」と言いました。ふけるという
行為は感覚的な楽しみだけを追求するという行為です。いくら真理を教える
良い本を読んでも、「ああよかった。涙が出た。感動した。心が洗われた。
こんな考えもあるのですね。新しい知識が身につきました」と人格的変化は
全く起こすことなく、「では、次のものを」と読む。そうしていつまでも
読むだけで変わろうとしない国、これが日本です。

 しかしメッセージの本質は、世間に従い、皆と同じにしていたら地獄に行
きますという訴えです。意志と行動は世間に合わせると最初から決めている
皆さんには、滅びの宣告のようなものです。なぜこのことを恐れて、怖がら
ないのですか? 聖ヨゼフの霊性の説明で、超楽観主義者となって誰をも
何をも恐れてはいけないと書きましたが、これだけは例外です。なぜなら
意志と行動は世間に合わせるという皆さん自身の無意識の決意は、皆さんの
霊魂を滅ぼすからです。霊魂を永遠の滅びである地獄に連れて行くものだか
らです。

 日本人は和魂洋才と言っていますが、和魂が「世」と和することであって
はなりません。イエズスは「私はこの世に勝った」(ヨハネ16・33)と
おっしゃいました。次の御言葉を聞いてください。「この世があなたたちを
憎むとしても、あなたたちよりも先に私を憎んだことを忘れてはならぬ。あ
なたたちがこの世のものなら、この世はあなたたちを自分のものとして愛す
るだろう。しかしあなたたちはこの世のものではない。私があなたたちを
選んでこの世から取り去った。だからこの世はあなたたちを憎む」(ヨハネ
15・18−19)「私は彼らにあなたの御言葉を与え、そしてこの世は
彼らを憎みました。私がこの世のものでないのと同様に、彼らもこの世のも
のではないからです。私は彼らをこの世から取り去ってくださいと言うので
はなく、悪から守ってくださいと願います。私がこの世のものでないのと
同様に、彼らもこの世のものではありません。彼らを真理において聖別して
ください。あなたの御言葉は真理であります。あなたが私をこの世に送られ
たように、私も彼らを世に送ります」(ヨハネ17・14−18)

 この世のものであり続ける人は、イエズスのものにはなれません。この世
のものではなくなるとは、メッセージによって天からの御言葉を与えられ、
イエズスによって選ばれ、聖別されることによってこの世から取り去られる
ときそうなりますが、それはまさにこの世と闘い始めることです。あなたた
ちはこの世に逆らい、立ち向かい、勝たなければならないのです。例えば
ローマ人たちはオリンポスの神々を信じる根っからの異教徒で、退廃した
享楽主義者でした。しかし彼らは福音を告げられると、直ちにこの世に立ち
向かい、闘いました。財産を貧しい人に施し、奴隷を酷使するのをやめ、特
に同じ信仰を持つ奴隷には、主人の立場を捨て、兄弟として扱いました。
イエズスのために命を捨てることに常に備え、イエズスのためだけに生きま
した。女性は衣食の道楽をやめ、夫に尽くし、子をキリストの英雄になるよ
うに諭しつつ育てました。当時の世の母親たちが立身出世とかを望む、世に
迎合する生き方を子に教え、衣食の道楽を極めていたのとは正反対の生き方
をしました。娘たちは夢のように純潔でした。彼女たちの生き方は、当時の
一般の娘たちの享楽的で退廃した生き方の逆でした。しかし異教徒の男性た
ちは、キリスト教徒の娘たちに大変にひかれたのです。それで若い乙女たち
の殉教が、邪悪な求婚者からもたらされたと同時に、聖セシリアのように
異教徒の男性をキリスト教徒にする力を彼女たちは発揮したのです。

 彼ら、ローマ人たちは闘う精神に満ち溢れていました。騎士の国、ポーラ
ンドのコルベ神父様も闘いの精神を常に修道士たちに求めていました。四百
年前の日本のキリシタンたちは、主君でありながら家臣や僕のために自ら
十字架のはりつけの刑を受けた神、イエズスの話を聞くと非常に感動し、こ
んなお方のために生き、闘い、死にたいと望んだのです。こんな主君のため
に死ぬ、つまり殉教することは最高の栄誉で、理想の生き方だと憧れたので
す。

 あなたたちは同じ日本人ですが、今はそのように誰も考えませんね。闘い
の精神をこれぽっちも持っていないからです。「和魂」はこの闘いの精神で
あるべきです。あなたたちは、あらゆる面で世間にだまされています。家で
も、学校でも、社会でも。芸能人、マスコミ、先生、親、誰一人として正し
いことを言っていません。皆があなたたちを世間のために生きる世間の奴隷
になるように導いています。そしてあなたたち自身が世間に逆らいたくない、
世間と同じでありたいと強烈に願っているのです。だから皆さんは世間の
否定と自己否定と自分の宗教の否定から始めなければなりませんよ。

 自分は無宗教だという人には、日本人としてあなたは「世間様」を自分の
神としているのだと指摘します。マリア・ワルトルタへの啓示の中で、イエ
ズスはローマ人たちに、神殿をまず壊して新しいものを建てるようにと、つ
まり、根本から何もかも、宗教も思想も、主義も、精神も、生活も、意志も、
行動も変えるように教えています。全く同じことを日本人である皆さんはし
なければいけません。皆と同じにしていれば滅びます。このことを真剣に
どうか考えてください。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年1月23日(月曜日)(PM12:38〜12:58)
聖母マリア様からロンジン・マリーに与えられたメッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
愛する息子、ロンジン・マリーにお話しします。
あなたは愛されています。
勇気を持って、司祭職をするようにあなたにお願いします。
恐れないで、あなたの豊かに注がれている恵みを使って進んでいってくださ
い。聖母がいつもともにいて、いつもあなたを支えていることを覚えてくだ
さい。愛する息子、ジャン・マリーのもとであなたはこれから多くの仕事を
します。勇気を持って、喜んで羊たちを世話してください。
愛されている子、あなたを天は祝福しています。
希望を持ってこれからも歩んでいってください。
あなたに祝福を送ります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年1月23日(月曜日)(PM12:38〜12:58)
リトル・ペブルさんに関して聖母マリア様からのメッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
皆さんに伝えます。
リトル・ペブルのために祈ってください。
彼の勝利は間近です。彼のために勇敢であってください。
リトル・ペブルの行くべき道は非常に大きな道です。
彼を助ける勇者に支えられて、彼は前進します。
あなた方は彼を支えてください。
あなた方を祝福します。彼のために祈ってください。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年1月23日(月曜日)(PM12:38〜12:58)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんに与えられたメッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
愛するリトル・ペブル、あなたを豊かに祝福します。
あなたは多くの困難を乗り越えてきました。
あなたは聖母に信頼をしてきました。
これからもずうっと聖母を慕うあなたを私は見ています。
愛しています。恐れないで歩んでください。
天に全て信頼するあなたに天は大きな計画を用意しています。
勇敢であってください。あなたに祝福を送ります。
喜びに喜びなさい。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2006年1月23日(月曜日)(PM22:30〜22:46)
聖母マリア様のメッセージ(名古屋共同体にて)
--------------------------------
あなた方に伝えます。
愛する子ら、聖母が望むことをこれからも行なってください。
多くの子らがリンボウと煉獄の存在に関して、疑いを抱いています。
あなた方はこのことを覚えてください。
リンボウと煉獄の霊魂に助けを願ってください。
彼らは、特に煉獄の霊魂の苦しみを知らないでいます。
彼らのためにとりなす信者がほんとうにごく限られた人たちになりました。
あなた方は、煉獄の霊魂のために祈りを捧げ続けてください。
あまりにも多くの霊魂が煉獄にいるからです。
だれもとりなす人がいないので、彼らは日夜清めのために苦しまねばなり
ません。あなた方は今しているように、全世界、全リンボウ、全煉獄のた
めに犠牲を捧げてください。天はこのことを願っています。
煉獄の霊魂のために祈ってください。
あなた方に祝福を与えます。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。


--------------------------------
2006年1月23日(月曜日)(PM22:30〜22:46)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんに与えられたメッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
愛するリトル・ペブル、聖母があなたにお話しします。
煉獄の霊魂の助けをあなたは願っています。天はこのことを喜んでいます。
全てにおいて繋がっていることをあなたは理解しています。
天使と聖人、隣人と全ての人々、リンボウと煉獄の霊魂に至るまであなたは
誰一人として、落としていません。あなたは全てにおいてのつながりを大切
にしています。多くの子らはあなたのこの敬虔な信仰を見習うべきです。
あなたを豊かに祝福します。愛しています。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1985年5月13日 No.3
 リトル・ペブルに(抜粋)

 子らよ、あなたがたは、今や善と悪との大きな戦いの最後の段階に来てい
る。もうすぐ悪魔、つまりマイトレーヤが、この世を支配し、獣の印を受け
たすべての者を連れ去るのを、天は許すであろう。
 手と額に押される印に気をつけなさい。この印は「バー」と呼ばれる。
子らよ、この印は、あなたがたの食品につけられるであろう。

(注)今、世界中の人が「666」の数字が組み込まれたバーコードで、ベ
ルギー・ブリュッセルの「獣」と呼ばれる巨大なコンピューターに認識され
ています。さらに、マイクロチップを額か右手の皮膚下に埋め込むことで、
完全に全人類を管理することが計画されています。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

 聖シャーベル修道会の創立者にして歴史上「最後の教皇」となるリトル・
ペブル − ウィリアム・カムとは、いったいどんな人物なのか? そこには
彼自身の手で、皆さんの知らない彼の本当の姿が赤裸々に描き出されていま
す。原題のサブタイトルには「つまずきの人 − ペトルス・ロマーヌス −
罪人か聖人か?」とあります。ちょうどイエズスご自身がそうであられたよ
うに……。皆さんはこの著書を通して、リトル・ペブルの真実を知るでしょ
う。そして皆さん自身が歴史の目撃者となったことに戦慄をおぼえることで
しょう。

【 第一巻の目次 】
 永遠の御父への献辞
 著者の前書
 リトル・ペブルに関する聖書の言及と預言
 マルコム・ブロサード神父による序論
 第一章 若い頃
 第二章 最初の神秘的経験
 第三章 私の初恋とそのトラウマ的な結果
 第四章 リトル・ペブルとしての私のミッションが始まる
 第五章 迫害が始まる
 第六章 最初の世界旅行 − 1986年
 第七章 教会が意見を述べる
 第八章 貧しい人々への援助
 第九章 預言
 第十章 天からの対話。賜物と苦しみ
 第十一章 私の生活における典型的な一日
 第十二章 ナウラで見られた奇跡
 第十三章 さらなる世界旅行
 第十四章 ポーランドへの旅。1988年。裏切り
 付録
 謝辞
 日本語版の謝辞


【 日本語版の謝辞 】

 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
リトル・ペブルさんからいただきました。どんな天からのメッセージにも
版権はありませんが、リトル・ペブルさん自身の著述に関しては版権があり
ます。この日本語版「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」の著作権は
「箱舟の聖母社」にあります。この重要な本を発行するにあたり、寛大な
ご寄付をくださった皆様、また翻訳のために膨大な時間と労力をささげて
くださったU氏、N氏に、あつく感謝いたします。
2006年1月
聖シャーベル修道会 箱舟の聖母社
Kolbe-Marie 阿部哲朗

--------------------------------
原題: "Petrus Romanus" - The Last Pope - Volume 1
    The Manuscript is Copyright (c) 1999 by William Kamm.
William Kamm, P.O.Box 815, Nowra, N.S.W. Australia
--------------------------------
「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版
--------------------------------
2006年1月 第1刷発行
著 者 ウィリアム・カム
編 集 Kolbe-Marie 阿部哲朗
発行者 Rongin-Marie馬場勝吉
発行所 箱舟の聖母社
--------------------------------
(c) 2006 in Japan by Hakobune-no-Seibo-Sha
Printed in Japan
--------------------------------


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送料
別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か郵便
振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。ご入金
を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽町2−33−3
  箱舟の聖母社

 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


◆ 第二巻、第三巻も近日発行を予定しています。


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラ
 ムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :3月12日の午後8時 〜 聖体行列

      3月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      3月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月に
   1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :2月19日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       3月19日 日曜日 13:00-16:30(ジャン・マリー神父来訪)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :2月26日 日曜日 13:00-17:00(ジャン・マリー神父来訪)
       3月 5日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 静岡県 磐田市 】
 会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
 日 時  :2月25日 土曜日 9:00〜12:00
 会 場  :「アミューズ豊田」選手控室
       (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月24日 金曜日 13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月19日 日曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は2月26日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  郵便振替 00880−4−204678
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]