「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年2月5日号No.291

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年2月5日号 No.291

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

 聖シャーベル修道会の創立者にして歴史上「最後の教皇」となるリトル・
ペブル − ウィリアム・カムとは、いったいどんな人物なのか? そこには
彼自身の手で、皆さんの知らない彼の本当の姿が赤裸々に描き出されていま
す。原題のサブタイトルには「つまずきの人 − ペトルス・ロマーヌス −
罪人か聖人か?」とあります。ちょうどイエズスご自身がそうであられたよ
うに……。皆さんはこの著書を通して、リトル・ペブルの真実を知るでしょ
う。そして皆さん自身が歴史の目撃者となったことに戦慄をおぼえることで
しょう。

【 第一巻の目次 】
 永遠の御父への献辞
 著者の前書
 リトル・ペブルに関する聖書の言及と預言
 マルコム・ブロサード神父による序論
 第一章 若い頃
 第二章 最初の神秘的経験
 第三章 私の初恋とそのトラウマ的な結果
 第四章 リトル・ペブルとしての私のミッションが始まる
 第五章 迫害が始まる
 第六章 最初の世界旅行 − 1986年
 第七章 教会が意見を述べる
 第八章 貧しい人々への援助
 第九章 預言
 第十章 天からの対話。賜物と苦しみ
 第十一章 私の生活における典型的な一日
 第十二章 ナウラで見られた奇跡
 第十三章 さらなる世界旅行
 第十四章 ポーランドへの旅。1988年。裏切り
 付録
 謝辞
 日本語版の謝辞


【 日本語版の謝辞 】

 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
リトル・ペブルさんからいただきました。どんな天からのメッセージにも
版権はありませんが、リトル・ペブルさん自身の著述に関しては版権があり
ます。この日本語版「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」の著作権は
「箱舟の聖母社」にあります。この重要な本を発行するにあたり、寛大な
ご寄付をくださった皆様、また翻訳のために膨大な時間と労力をささげて
くださったU氏、N氏に、あつく感謝いたします。
2006年1月
聖シャーベル修道会 箱舟の聖母社
Kolbe-Marie 阿部哲朗

--------------------------------
原題: "Petrus Romanus" - The Last Pope - Volume 1
    The Manuscript is Copyright (c) 1999 by William Kamm.
William Kamm, P.O.Box 815, Nowra, N.S.W. Australia
--------------------------------
「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版
--------------------------------
2006年1月 第1刷発行
著 者 ウィリアム・カム
編 集 Kolbe-Marie 阿部哲朗
発行者 Rongin-Marie馬場勝吉
発行所 箱舟の聖母社
--------------------------------
(c) 2006 in Japan by Hakobune-no-Seibo-Sha
Printed in Japan
--------------------------------


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送料
別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か郵便
振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。ご入金
を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽町2−33−3
  箱舟の聖母社

 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


◆ 第二巻、第三巻も近日発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第146章 】−その(3)−

 幻視者たちの「私は知っている」という思い上がりについてと、「私は
愛している」という思い上がりについて書きましたから、次は「私は仕えて
いる」という思い上がりについて書きましょう。

 あなたたちが自分は神に仕えている、しかも他の人よりもずっと神に仕え
ていると考えていることを知っています。では、ある司教が、寝食を忘れる
ほどすべての時間と体力をささげて教区民のために働き、自分の財産もすべ
て彼らのために費やしながら、ヨハネ・パウロ2世に従わなかったとしたら、
その司教は神に仕えていると言えるでしょうか? 従うようにと神がおたて
になった神の代理者に従うことを拒んでいるとしたら、その司教は神には
仕えていません。神がおたてになった長上に従わないことは、神に従わない
ことです。神に従わないことは、神に仕えないことです。

 神はもう随分前から、世界中のすべての幻視者、神秘家、恵みの霊魂たち
に、リトル・ペブルさんと一致した幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちの世界
的な一致の輪に入り、リトル・ペブルさんを自分の長上として受け入れるよ
うにと命じています。このイエズスの再臨間近の「終わりの時」にたてられ
たすべての幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちへの御父からの絶対命令です。
先の例でわかるように、あなたがリトル・ペブルさんに長上に対する従順を
つくすとき、あなたは神に従順をつくしており、神に仕えていると言えます。
まず、一致の輪にも入らず、リトル・ペブルさんを自分の長上として受け入
れずに御父の命令を拒むなら、あなたが何をしようが神に仕えているとは
言えません。

 次に、一致の輪に見かけ上は入っているけれども、リトル・ペブルさんを
長上として受け入れていないなら、これも神に仕えているとは言えません。
今の世界中の司教たちが「私はヨハネ・パウロ2世に従っている」と言って
いても、神の目から見て、ヨハネ・パウロ2世に今、本当に従っている司教
はほんのわずかです。なぜならほとんどの司教は長上にささげるべき愛と
従順をヨハネ・パウロ2世にささげていないからです。これと同じことが
あなたたちにも当てはまります。「私はリトル・ペブルさんに従っている」
と口で言っている人のうち、長上にささげるべき愛と従順をリトル・ペブル
さんにささげている人はわずかしかいません。神の目からあなたたちのほと
んどはリトル・ペブルさんに従っているとは見えていません。あなたたちは
神にも従っておらず、仕えてもいないのです。

「長上にささげるべき愛と従順」。これは修道者の中に模範を見ることがで
きます。しかしあなたたちには修道生活の経験がなく、修道者を見たことす
らないでしょうから、できるだけ詳しく説明しなければいけませんね。

 神は長上に目下の者に対する強い慈父的愛を賜物として豊かにお与えにな
ります。長上は自然的にも、自分にその世話を任されている目下を愛してお
り、それに加えて神からいただいたこの超自然的愛でさらに強く目下を愛し
ています。長上が目下のものに持つ愛は非常に大きいのです。あなたたちは
リトル・ペブルさんが世界中の幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちに、どれほ
ど大きな愛を注いでいるか想像もできないでしょう。

 イエズスの新しい掟を覚えていますか? 「互いに愛しあいなさい」と
いう掟です。長上は目下のために愛と祈りをささげつつ大いに奉仕します。
ですから目下も長上のために愛と祈りをささげつつ大いに奉仕しなければ、
「互いに愛しあいなさい」という掟に背くことになるのです。

 このように長上にささげるべき愛とは、長上が注いでくれている非常に
大きな愛にみあった「祈りと奉仕をともなった非常に大きな愛」でなくては
ならないのです。これをささげて初めて、「互いに愛しあいなさい」という
掟にあなたたちは従ったことになるのです。

 また、修道者が長上にささげるべき従順は、この愛と奉仕に満ちたもので
す。あなたたちは従順とは指示された通りに動くことだと思っているでしょ
うが、そうではありません。それは最低限の、そして最低の従順です。修道
者の理想とする従順とは、長上の言いあらわさない意向までもくみ、先回り
をして望みを果たす、そういった従順です。長上の意志を先取りするほど
自分の意志に死に、長上の意志を自分の意志とし、愛と奉仕に満ちた従順を
ささげるのです。

 長上が命令することはそう多くはなく、特に、従順の名のもとに命令する
ことはほとんどありません。けれども善い修道者はこのようにして絶えず
従順を実践し、自分の意志を神にささげものとしてささげるのです。自分の
持ち物ではなく、意志をささげることほど大きなささげものはありません。
ですから従順をこのようにしてささげる善い修道者は、それによって日々、
莫大な功徳を積むことができるのです。

 では、あなたたちはどうでしょう。自分の意志に死ぬことなどさらさらな
い勝手気ままな生き方をしていませんか? たまにリトル・ペブルさんから
の指示や依頼があるとき、それに従うだけ、また、天からのメッセージを
受けたら、リトル・ペブルさんに確認してもらうだけ、そうではありません
か? 

 例えばあなたたちはリトル・ペブルさんが一致の輪に皆が入るように願っ
ているのを知っています。あなたたちはリトル・ペブルさんのこの意向を
くんで、その実現のために祈り、奉仕をしていますか? 違いを乗り越えて
一致しようと仲間に一生懸命に呼びかけていますか? 善い修道者は、長上
からストップがかかるまで自発的に長上の意向をくんで奉仕をし続けます。
あなたたちはそういうおこないをしていますか? 

 今の説明で分かったと思いますが、あなたたちもリトル・ペブルさんに
「長上にささげるべき愛と従順」はささげていません。ましてや迫害を避け
て隠れていたり、リトル・ペブルさんとの一致を明白に打ち出さないなら、
どうして仕えているなどと言えるでしょうか。彼と同じ戦線で、彼の横を
決して離れず、彼とともに迫害の矢面に立って戦い続けている人だけが彼に
仕えているのです。リトル・ペブルさんはそうする人をどんなに望んでいる
でしょう! そして今、この終わりの時に、御父はそうするようにとすべて
の幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちに命じているのです! 

 イエズスの掟にも、御父の命令にも従わない人は、神に仕えてなどいませ
ん。勝手気ままなやり方で自分のまわりの人たちに仕えていることで、神に
仕えていると思い込んでいるだけです。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年1月22日(日曜日)
(PM16:22〜16:40)
イエズス様からのメッセージ
『大倉山の集会にて』
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子らよ、あなた方に話をする。
あなた方はこの東京において、大いなる奇跡を見ることになる。
栄光を神に帰して、あなた方は全て神の御旨のままに、全てを行うように、
あなた方に命じる。
東京は日本の大改心の中心となるので、あなた方は勇敢でありなさい。
あなた方を祝福する。
あなた方は全てイエズスの生贄と一致して働くように、あなた方に懇願す
る。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年1月22日(日曜日)
(PM16:22〜16:40)
イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
『大倉山の集会にて』
--------------------------------
イエズス様:
 愛するリトル・ペブル、あなたを愛し、祝福している。
イエズスがいつもあなたを祝福し、あなたを豊かに用いる。
恐れてはならない。
おののいてはならない。
あなたを祝福する。
あなたがどこに行くにも私が共にいる。
だから、恐れてはならない。
あなたの勝利はもうすぐ来るので、勇気を出し、あなたの願いが天に聞か
れていることを喜びなさい。
なたを祝福する。
あなたのために多くの子らが祈りをしている。
恐れてはならない。
あなたの心を平安で満たすように、私はあなたにお願いする。
あなたを豊かに祝福する。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1984年2月13日 No.1

 私は、この世のすべての我が子たちに、今こそ正しい警告をします。よく
よく注意しなさい。人間をあざむくものがやって来ます。その者はこの地上
に大きな不幸と滅亡をもたらすことでしょう。彼こそは反キリスト。ロード・
マイトレイヤとは彼のことです。子らよ、絶対、彼に従ってはなりません。
彼こそは邪悪なる詐欺者、旧約で言われていた、あのヘビです。彼は世界
統一政府のもとに、世界統一教会を設立し、世界征服をはかるものです。

(注)ロード・マイトレイヤはルシフェルそのものです。人間となったルシ
フェルです。ルシフェルは地獄の悪魔の総大将で、神に反逆し、サタンとな
る以前は、天使の中で最高位の天使でした。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版が出版されました。

 聖シャーベル修道会の創立者にして歴史上「最後の教皇」となるリトル・
ペブル − ウィリアム・カムとは、いったいどんな人物なのか? そこには
彼自身の手で、皆さんの知らない彼の本当の姿が赤裸々に描き出されていま
す。原題のサブタイトルには「つまずきの人 − ペトルス・ロマーヌス −
罪人か聖人か?」とあります。ちょうどイエズスご自身がそうであられたよ
うに……。皆さんはこの著書を通して、リトル・ペブルの真実を知るでしょ
う。そして皆さん自身が歴史の目撃者となったことに戦慄をおぼえることで
しょう。

【 第一巻の目次 】
 永遠の御父への献辞
 著者の前書
 リトル・ペブルに関する聖書の言及と預言
 マルコム・ブロサード神父による序論
 第一章 若い頃
 第二章 最初の神秘的経験
 第三章 私の初恋とそのトラウマ的な結果
 第四章 リトル・ペブルとしての私のミッションが始まる
 第五章 迫害が始まる
 第六章 最初の世界旅行 − 1986年
 第七章 教会が意見を述べる
 第八章 貧しい人々への援助
 第九章 預言
 第十章 天からの対話。賜物と苦しみ
 第十一章 私の生活における典型的な一日
 第十二章 ナウラで見られた奇跡
 第十三章 さらなる世界旅行
 第十四章 ポーランドへの旅。1988年。裏切り
 付録
 謝辞
 日本語版の謝辞


【 日本語版の謝辞 】

 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
リトル・ペブルさんからいただきました。どんな天からのメッセージにも
版権はありませんが、リトル・ペブルさん自身の著述に関しては版権があり
ます。この日本語版「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」の著作権は
「箱舟の聖母社」にあります。この重要な本を発行するにあたり、寛大な
ご寄付をくださった皆様、また翻訳のために膨大な時間と労力をささげて
くださったU氏、N氏に、あつく感謝いたします。
2006年1月
聖シャーベル修道会 箱舟の聖母社
Kolbe-Marie 阿部哲朗

--------------------------------
原題: "Petrus Romanus" - The Last Pope - Volume 1
    The Manuscript is Copyright (c) 1999 by William Kamm.
William Kamm, P.O.Box 815, Nowra, N.S.W. Australia
--------------------------------
「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版
--------------------------------
2006年1月 第1刷発行
著 者 ウィリアム・カム
編 集 Kolbe-Marie 阿部哲朗
発行者 Rongin-Marie馬場勝吉
発行所 箱舟の聖母社
--------------------------------
(c) 2006 in Japan by Hakobune-no-Seibo-Sha
Printed in Japan
--------------------------------


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版は、一冊5000円(送料
別、全国一律、一冊500円)です。お申し込みは下記まで、現金書留か郵便
振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。ご入金
を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽町2−33−3
  箱舟の聖母社

 電話・FAX: 052−851−8584
 Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.com
 郵便振替 00880−4−204678


◆ 第二巻、第三巻も近日発行を予定しています。


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラ
 ムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :2月12日の午後8時 〜 聖体行列

      2月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      2月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月に
   1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :2月19日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       3月19日 日曜日 13:00-16:30(ジャン・マリー神父来訪)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :2月26日 日曜日 13:00-17:00(ジャン・マリー神父来訪)
       3月 5日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 静岡県 磐田市 】
 会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
 日 時  :2月25日 土曜日 9:00〜12:00
 会 場  :「アミューズ豊田」選手控室
       (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月24日 金曜日 13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月19日 日曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は2月12日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  郵便振替 00880−4−204678
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]