「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年1月29日号No.290

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年1月29日号 No.290

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆東京共同体 第4部門受入れ式
 1月22日、横浜において東京共同体の第4部門受入れ式が行われました。
東京共同体の創立メンバーのうちの2人、ミシェル・ジョゼ山本と、オーガ
スタン・マリー山田が、荘厳なトリエント・ミサの間、正式な聖シャーベル
修道会第4部門会員として受け入れられました。ジャン・マリー神父はミサ
中の説教で、メンバーたちに「英雄的な勇敢さ」を持つように励ましました。
そして神様は、その人の能力、知識、行いetcではなく、どんな人であれ、
「あなたの存在そのもの」を愛し、欲していることを強調しました。
 ミサ後、マリー・マドレーヌにイエズス様とマリア様からのローキュー
ションがあり、東京共同体へ天からの励ましの公的メッセージが与えられま
した。「東京は日本の大改心の中心になる。勇敢であれ!」とのことでした。
 先に受け入れられた、第3部門修練者ミシェル・マリー・フランソワ奥田
力、そして今回の第4部門会員 ミシェル・ジョゼ山本、オーガスタン・マ
リー山田、この3人を中心として、これからの東京共同体の大活躍に、イエ
ズス様、マリア様、ヨゼフ様の大いなる祝福があらんことを!



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第146章 】−その(2)−

 あなたたちは愛のフィーリングは豊かなようですね。あなたたちは感覚的、
感情的な日本人の中でも特にその傾向が強い人間です。しかし、愛はフィー
リングでも、感覚でも、感情でもありません。

 本当の愛とは何かを今考えてみてください。あなたたちが自分自身を愛深
いと思い込んでいることを知っています。その愛はフィーリングであって、
本当の愛ではないのですよ。

 感情としてとらえられる側面としてならば、愛は悲しみとしてとらえられ
ます。なぜなら本当の愛と悲しみは正比例するからです。あなたの本当の愛
が大きくなればなるほど、あなたの悲しみも大きくなるのです。人間の持っ
ている愛の中で、神の愛に最も近いのは同情心です。あなたが、霊魂たちが
罪によって自分自身をどれほど惨めな状態にしているかを嘆き悲しむ度合が、
あなたの本当の愛の大きさのバロメーターにはなりえます。

 本当の愛の大きさのバロメーターは、あなたの喜びでも情熱の高まりでも
決してありません。ただしかし、嘆き悲しむだけでは愛したとは言えません。
嘆き悲しみ、彼らの救いを望み、その願いをささげて取り次いだなら愛した
と言えます。

 つまり、あなたが愛したと言えるのは、他者の十字架を一緒にになった時
なのです。ですからリトル・ペブルさんも、マザー・テレサも言うように愛
はおこないなのです。愛している人とは、他者の十字架を一緒にになってい
る人のことを言います。そして本当の愛を持っている人は、他者の十字架を
一緒ににないたいと熱望しているはずなのです。

 もしビジョンの中でイエズスが、重い十字架をになって、恐ろしい苦しみ
のあまり、あなたの目の前で、あなたの足元に倒れたとしたら、あなたは
同じ十字架をにないたい! 同じ苦しみを受けたい! 同じ運命にあずかり
たい! と望みますか? これを望むことは「意志」であって、心の「おこ
ない」です。

 「おお!かわいそうに!」で終わるならば、それがどんなに激烈で、気が
狂ってしまいそうなほどの感情であっても、感情にすぎないのです。愛して
はいません。

 これが「一緒に十字架をになわせてください。一緒に苦しみを受けさせて
ください。一緒の運命にあずからせてください」と望むなら、心は望むとい
うおこないをもって本当に愛したのです。

 フィーリング、感情、感覚と、心のおこないである望むこととは全く違う
ことがわかりましたか? 心のおこないである十字架を共有したいという
望みが強ければ強いほど、実際に神が十字架を送って下さった時に、それを
受け取ることがたやすくできます。つまり本当の愛を心に強く持てば持つほ
ど、実際の十字架をより多くになえるのです。

 マリア様のこのリトル・ペブルさんと一致したミッションでは、初期の
時代から何度も何度も、イエズスとともに十字架にはりつけられているリト
ル・ペブルさんとヨハネ・パウロ2世のビジョンが与えられ、この2人が
イエズスとともに全人類のために十字架をになっており、世界で最も苦しん
でいると繰り返し知らされてきています。同情の愛が神の愛に最も近いと
書きましたね。本当の愛を持っている人は他者の十字架を一緒ににないたい
と熱望しているとも書きましたね。

 あなたたちは神から長年、繰り返し啓示されてきているこの事実を前にし
ています。イエズスの十字架をになって世界で最も苦しんでいる2人を前に
しているのです。ビジョンの中でイエズスがあなたの目の前で重い十字架の
下に押しつぶされて苦しむのを見るのと何ら変わりません。イエズスの苦し
みが現実であるのと同様、2人の苦しみも現実なのですよ。あなたはこの
2人と同じ十字架をにないたい、同じ苦しみを受けたい、同じ運命にあずか
りたいと望みますか? 

 この啓示されてきている事実を以前から知っていて、このように望んでこ
なかったのなら、あなたには本当の愛はありません。今、初めてこれを聞き
知って、その瞬間に、この2人の十字架を共有したいという望みが燃えあが
らないなら、あなたにも本当の愛はありません。

「同じ十字架をにないたい。同じ苦しみを受けたい。同じ運命にあずかりた
い」と望む愛を「花嫁の愛」と私は名付けています。花婿であるイエズスが
神秘体の頭として受けている受難と死に、花嫁である神秘体=教会の一員は、
この愛によってあずかるからです。

 忠実な花嫁にとって最高の幸せとは、花婿と運命を共にすることであって、
その運命がどんなに苛酷なものであろうともそれは変わりません。愛の使徒
聖ヨハネは、師である洗者聖ヨハネがイエズスのことを「神の小羊」と呼ん
だ時、この人(イエズス)が全人類の罪を背負っている「いけにえの小羊」
であることを知り、その瞬間「花嫁の愛」をイエズスに対して持ったのです。
他の人たちは、この「花嫁の愛」を持っていませんでした。愛の使徒聖ヨハ
ネはこの「花嫁の愛」のおかげでイエズスの運命にあずかれたのです。彼だ
けがイエズスとともにカルワリオの処刑場に行き、十字架の下に最後まで
ずっととどまることができたのです。他の使徒たちは逃げ、イエズスと運命
をともにしようとはしませんでした。

 過去の日本のミッションにおいてたてられた幻視者で、「花嫁の愛」を
リトル・ペブルさんに対して持った人は一人もいません。皆、並の愛のまま
始め、しかも自分のミッションが発展すると、自分の身内たちの方に愛の
比重を移し、リトル・ペブルさんへの愛をどんどん減らしてゆきました。愛
の使徒聖ヨハネが今、生きていて日本のミッションにおいて幻視者にたてら
れたなら、彼は全人類のために最も苦しんでいるリトル・ペブルさんに対し
て「花嫁の愛」を絶対持つことでしょう。そして何があってもリトル・ペブ
ルさんと運命をともにし、死ぬまでその横を離れず戦い抜くことでしょう。

 このことは、今、御父があなたたちに命じていることです! 特別な賜物
をいただいたあなたたち全員に対する御父のこの絶対命令を果たせるかどう
か、その鍵は、リトル・ペブルさんに対して「花嫁の愛」を持つかどうかで
す。愛は強制されて持つものではありませんから、私はあなたたちに忠告す
るだけです。ただ私は、あなたたちがリトル・ペブルさんに対する「花嫁の
愛」を持たずに、彼がイエズスと共にいるカルワリオまで行き、かつ、そこ
にとどまれるとは思いません。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラ
 ムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :2月12日の午後8時 〜 聖体行列

      2月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      2月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月に
   1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :2月19日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       3月19日 日曜日 13:00-16:30(ジャン・マリー神父来訪)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :2月26日 日曜日 13:00-17:00(ジャン・マリー神父来訪)
       3月 5日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------
【 静岡県 磐田市 】
 会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
 日 時  :2月25日 土曜日 9:00〜12:00
 会 場  :「アミューズ豊田」選手控室
       (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月24日 金曜日 13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月19日 日曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は2月5日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  郵便振替 00880−4−204678
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]