「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年1月22日号No.289

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年1月22日号 No.289

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力に
   与えられたインスピレーション
 3.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第146章 】−その(1)−

 幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちへ書きます。読者の皆さんも参考にして
ください。幻視者たちは直接天から私的啓示を受けるので、そうでない人
より自分の方が神についてよく知っていると思いあがるものです。だから
あなたたちへの忠告は、幻視者ではない人の口を通して神がお与えになるの
です。それはあなたたちを謙遜にとどまらせるためです。

 過去、日本のリトル・ペブルさんと一致したミッションで、幻視者、神秘
家、恵みの霊魂たちは傲慢にもリトル・ペブルさんのためなおしを受け入れ
ずに落ちましたが、しかしそうなる前に、彼らは落ちて当然の傲慢をすでに
持っていました。「自分の方がよく知っている」と考える傲慢です。「神の
ことなら、私の方がよく知っています」 これが彼らに、幻視者でないもの
が忠告すると、必ず返ってくる言葉です。あなたたちはそうであってはなり
ません。

 天から直接私的啓示を受けない人をあなたたちが見下すので、神はわざわ
ざあなたたちが見下す人の口を通してあなたたちに忠告するのです。そうし
て与えられた忠告を聞かないなら、あなたたちも彼らの二の舞いになるで
しょう。神があなたたちを選んだのは無知、無学だからです。「これは私の
知識ではありません。私は無知、無学です。神をほめたたえてください」と
言える人、知っていると思いあがることのできない人を選び、ご自分の働き
が誰の目にも明らかになるようになさりたいからです。あなたが「私は無知、
無学だ」と思わなくなったら、神はあなたから恵みと使命を取り去り、「私
は誰よりも無知、無学だ」と心から考えるもっと小さな人にお与えになるで
しょう。

 あなたたちがあまりにも知識における傲慢におちいるので、あえて言いま
すが、あなたたちは自分がほとんど何も知らないということさえ知らないの
で、それで自分は知っていると思いあがるのです。この傲慢ゆえに、あなた
たちが「私は天から直接指導されているのだから、自分一人でやっていける」
と必ず考えることは、経験上もうわかっています。

 悪魔が必ずこの考えを吹き込むからです。悪魔はあなたたちを思い上がら
せようと全力を尽くしています。あなたたちの霊魂に直接この思いを吹き込
むだけでなく、あなたたちの隣人の尊敬の目、言葉、態度を通しても、あな
たたちにこの思い上がりを持たせようと必死です。誰もこの悪魔の攻撃から
逃れられません。

 それであなたたちが思いあがることはないように、この本に私が今まで
書いたものを、よく利用してください。私は、あなたたちの徳の家は岩の上
ではなく、砂の上に建てられていると書きました。あなたたちは皆、悪魔的
悲観主義の土台の上に立っているからです。徳の修行を最初からやり直さな
ければダメだと書きました。

 聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジアの霊性にならって希望の徳を強める
ところから始めない限り、あなたたちの徳は張りぼて、張り子のトラです。
まわりの人はあなたたちの徳を本物とみているでしょうが、実際は中身の
ない見かけ倒し、こけおどしです。あなたたちは一人でやっていけると思い
孤立していますが、聖ルチア、聖アガタ、聖アグネス、聖フィロメナのよう
に、たった一人で残虐な殉教の苦しみを何度も何度も忍べるほどの強い気持
ちを持っているのですか? いいえ。あなたたちはそんな気持ちの強さを
持っていないし、一人では決して持つことができないでしょう。励まされ、
支えられ、祈ってもらい、神に従順の報いとしての奇跡による助けを与えら
れ、やっと殉教できるでしょう。

 だから一致の輪に入るようにと命じている神に従順でなければならないの
です。もしリトル・ペブルさんと一致している他の幻視者たちと知りあおう
ともせず、交流しようともせず、友情を育てようともせず、それができるよ
うにとまわりの人の援助を願おうともしないならば、あなたたちはもう落ち
ることを選んだようなものです。あなたたちは、天から直接指導されるから
一人でやれると思っていますが、本当に誰の指導もいらないと言うのですか?

 ではあなたたちは聖ベルナデッタと同じ、完全な幻視者としての態度を
自分もとらなくてはいけないということを前から知っていたのですか? 本
当は彼女のようにならなければならないということさえ、わかっていなかっ
たでしょう? 自分と聖ベルナデッタの完全さとは天と地の隔たりがあると
いうのに、自分はもうかなり神の望まれるレベルに達していると、とんでも
ない自己満足に浸っていたのではありませんか? それどころかどこを目指
していくべきかさえわかっていなかったのではありませんか?

 あなたたちは聖ジェンマ・ガルガーニが導かれていた、どんな些細な罪も
ことごとく、厳しく指摘する天使や、洞察力に富む、特別厳格な指導司祭を
持っていません。なのに自分の犯している罪や、おちいっている誤り、悪い
傾き、持っている欠点、弱点が皆わかっているし、自分ですべて分かると
いうのですか? あなたたちは聖なる、完全な、徳の実践の模範を見ないで
も、徳の本当の意味、対立する悪徳、罪、罪を避けることのあらゆる側面を
悟ることができるというのですか? 

 このように自分に問いただし、少しでも真の自分の有り様に気づいて、ど
うか悪魔が直接、または隣人を通して吹き込む思い上がりにおちいらないよ
うにしてください。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
2.ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力に
  与えられたインスピレーション
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年1月18日 PM17:00〜17:45
ローマにおける聖ペトロの教座の記念(一級祝日)の日
ミシェル・マリー・フランソワ奥田力に与えられたインスピレーション
--------------------------------
 リトル・ペブルさんの一日も早い釈放を嘆願してジャン・マリー神父が
天皇陛下・美智子皇后陛下・雅子様・清子様に宛てた手紙を、筆で代筆清書
する前のことでした。PM17:00〜17:45の間に、2005年11月20日にマリー・
マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージを読んでいました。「皇室の
どなたが動いて下さるのかな……」と思いながら、マリー・マドレーヌへの
メッセージの下記の部分、

「聖ヨゼフ様:……リトル・ペブルがあなた方を祝福し、あなた方のため
 に日夜犠牲を捧げているから、あなた方も彼のために犠牲を捧げてほし
 い。 ……(2005年11月20日 東京・船堀)」

を読んだ瞬間に、「天皇陛下、特に美智子皇后陛下が動けるはずである」と
いうインスピレーションを受けました。それと同時に「印」がありました。
確認のために再度「印」を求めたところ、「印」がありました。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月に
   1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :2月19日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       3月19日 日曜日 13:00-16:30(ジャン・マリー神父来訪)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :1月22日 日曜日 13:00-17:00(ジャン・マリー神父来訪)
       2月26日 日曜日 13:00-17:00(ジャン・マリー神父来訪)
       3月 5日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月24日 金曜日 13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月19日 日曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラ
 ムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :2月12日の午後8時 〜 聖体行列

      2月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      2月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月29日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  郵便振替 00880−4−204678
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]