「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年1月15日号No.288

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年1月15日号 No.288

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第145章 】−その(3)−

 さて、話題を変えます。あなたが将来、幻視者を通して天に何かを質問す
ることが許されることがあるかもしれません。今は個人的な質問を取り次ぐ
役目はリトル・ペブルさんだけが負っています。ですから将来、もしかして
ですが、その場合、同じ質問を複数の幻視者を通してしてはいけません。
これは天から禁じられています。必ず悪魔がつけ込み、幻視者同士食い違っ
た、対立する答えを受け、混乱させられます。リトル・ペブルさんの場合は、
何人ものその時点で最も状態の良い幻視者に同じ質問を取り次いでもらいま
すが、それは彼に天がそう求めているからで、彼だけの例外です。

 これと同様、やってはいけないのは、第三者のことを聞くことです。特に
あなたが長上の立場にあるときは、会員のことを天に幻視者を通して質問し
てはいけません。なぜなら悪魔が必ずつけ込み、長上に、会員のことを悪く
思わせるような内容の答えが与えられるからです。その結果としては会員が
長上から不当に裁かれ、召命を断念するケースばかりなのです。過去にこう
して尊い召命がたくさん失われました。そのニセの答えが命にかかわるよう
なものであることもあります。誰かが死んだり、誰かの召命が失われたりし
たら、あなたは神のみ前に責任が重いのですよ。

 また、将来、個人の質問をあなたに任せられた幻視者が天に取り次ぐ役目
を受けるようなことがもしあったなら、あなたはその幻視者にとっては特別
な人であるあなた自身からの影響を与えないため、そして質問にかかわる
すべての人の影響が及ばないため、そして幻視者の自我が入らないために、
幻視者に予備知識を与えないように気をつけてください。状況を説明しては
いけません。Aという人の名を言うとき、あなたが眉をひそめ、Bという人
の名前を言うとき、あなたが微笑むなら、それだけでもう影響が出るのです
よ。予備知識があなた以外の人からも伝わらないようにしてください。個人
が直接幻視者に依頼することを禁じ、あなたが受け付けてください。そして
その個人が天に質問をかけたことを、あなたからも、その個人からも、それ
以外の人からも幻視者が聞かないように、知らないようにしてください。そ
して脱魂してから初めて質問が書かれた紙を渡し、読ませ、取りつがせるの
です。このようにしなければ悪魔から、まわりの人から、自我からの影響は
避けることができません。

 幻視者はあなたに対して赤裸々な自分を見せようとはしません。良い面
ばかりを見せようとします。しかし、どれほど彼らが悪いものを持っていて、
教義的にも道徳的にも、修徳的にも間違った考え、思想、知識を持っていて、
逆に真理についてほとんど無知であるかを私は説明してきました。あなたの
目にはそれらのうちの1%も見えないというのが、あなたと幻視者とのかか
わり合いの現実です。あなたは愚かな「かかし」であってはいけません。
「ほえない犬」であってはいけません。目をこらし、鼻を聞かせ、耳をそば
だて、神の良い番犬であってくださいね。



----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
日本滞在中にリトル・ペブルに与えられたメッセージ
− No.269 −
--------------------------------

 …… 前号からの続き ……

--------------------------------
1987年2月8日午後 日本(静岡)
--------------------------------
リトル・ペブル:
 七位の大天使たちはそこにずっと立っておられ、一つのたいへん美しい白
い十字架も立っています。その十字架は空の非常に高いところにあります。
非常に美しい白い十字架です。今、イエズスとマリアはここ、ちょうど天井
の上に立っておられ、イエズスは紫のガウン、しばらく私が見ていなかった
ガウンを召されておられ、聖母も紫のマントをはおられ、黄色の服を召され
て、腰には紫の帯をしめておられます。イエズスは私にある一つの風景と、
富士山の風景とを見せて下さっています。

主: わが愛する子よ、ご覧。

リトル・ペブル:〔富士〕山の上に非常に輝いている白い十字架が見えます。

主:
 私の愛する子よ、日本の人々の救いのために、私がこの国を罰する前に、
私は彼らがこの雄大な山の上に、この輝く白い十字架を見ることを許そう。
日本の人々が改心し痛悔するために十字架が輝いて一週間後に、この雄大な
山は崩壊し、それと共に、いく百万人もの生命を奪うだろう。私に属してい
る子らは、その時が来るとき、この地域から逃げるように、私の聖なる天使
らに忠告されるだろう。私はこれを私の愛する子らに対しては警告の印とし
て、また私が天主の子であると信じない人々に対しては警告として与える。
そして自らの衣を汚し清く保たなかったカトリック信者と他のキリスト信者
たちに対する警告として。
 私の愛するリトル・ペブルと、ここにいる私の甘美な子ら、そして日本の
子らよ、私は,十字架の救いの力よりお前たちを祝福する。父と子と聖霊と
の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 今、光景は変わり、イエズスとマリアのお二人は、まだそこに立っておら
れます。聖母マリアは少し近づいて来られます。聖母はまだ同じ、紫のガウ
ンを召されておられます。聖母マリアの隣には教皇ヨハネ・パウロ2世が見
えます。私は教皇様の両肩に非常に重い十字架が〔かかっているのが〕見え
ます。教皇様はひどく泣いておられる。聖母マリアは言われます。

聖母:
 私の愛する子と私の甘美な子らよ、間もなく私たちの代埋者[教皇]の
両肩に置かれる十字架を見なさい。なぜなら、教皇は子らを聖とするために、
教会を潔めるために重い十字架を担わねばならないからです。私の子よ、こ
のために私はこの紫色を着ているのです。それは聖にして母なる公教会と、
私たちの聖なる代理者〔教皇〕とにとって、カルワリオの受難に関連します。
世界中の全ての私たちの子らに力を与えるために、これをあなたに今、日本
にいる間に啓示するのには理由があります。
 私の子よ、いつか、なぜ私がこのメッセージをあなたに、ここで与えたか
を説明します。どうか私たちの聖なる代理者、教皇ヨハネ・パウロ2世のた
めに祈って下さい。私の愛する子らよ、間もなく来ることになる危機の時に、
聖にして母なる公教会のために祈って下さい。世界のために祈りなさい。間
もなく人類のうえに、大いなる苦しみがあるでしょう。何故なら人類は御子
イエズスと私、汚れなきマリアとが彼らにつまり、この罪深い世に与えた
メッセージを聞こうとしないからです。しかしながら、信じる子らにとって、
あなた方は恐れることは何もありません。天の私たちがあなた方を愛してい
るから、また私たちが全ての危険と、全ての苦難に際してあなた方を保護す
るからです。
 聖なる天使たちをしはしば呼びなさい。彼らはあなた方の祈りを待ってい
るからです。多くの天使たちはあなた方がこの地上に今、何億といる悪いも
のどもと戦うのを助けるために、あなた方のそれぞれ一人一人に割り当てら
れています。
 私の子、私の岩よ、私の祝福があなたのうえにそそがれますように。あな
たはすぐに世界中私たちの子らを、教会の最も暗い時代において導かねばな
らないからです。私はあなたの愛する友人を全て、そしてここにいる愛する
人々を、またこの国の全ての子らと、世界の子らを全て祝福します。私の
甘美な子らよ、天の母である私はあなた方を私の汚れなき御心で抱擁してい
ると知って下さい。御子と私は今、あなた方を祝福します。主を愛し、主に
仕えるために平和のうちに行きなさい。父と子と聖霊との御名によりて、
アーメン。
 私の愛する子らよ、あなた方の聖なる代埋者教皇ヨハネ・パウロ2世のた
めに、もう一連〔ロザリオを〕唱えなさい。


--------------------------------
1987年2月9日 日本(京都)
--------------------------------
リトル・ペブル:
 空のとても高いところに、非常に美しい、光輝く十字架が見えます。その
十字架から、光が大きく出ているからです。今、その十字架から流れてきて
いるのは、まぶしい光線の束です。この光の上に、たくさんの聖人方が見え
ます。どうも日本の殉教者のようだとおもいます。
 その聖人達は空中、約6メートルぐらいのところに立っておられるのです。
今、聖母様を待っております。聖母様は遠くからやってこられ、美しい雲に
乗って、こちらまでいらっしゃいます。聖母様のお召物はまっしろで、頭か
ら肩にかけて美しい水色のマントをはおっておられます。御胸の前に、きれ
いなちょう結びにしてある帯をしておられます。日本の伝統である帯に似て
います。日本人は、ふつううしろで帯を結んでいますが、聖母様のは、その
結び目が前にきています。とても美しいピンク色の帯です。
 聖母様は右手に美しいロザリオをお持ちです。ロザリオはまっ白な真珠で、
十字架は金色です。聖母様はこのホールの中のご自分のまわりを見まわして
おられ、ほほえんでおられます。ほほえみながらスタインバック神父様の方
を見ておられます。それから又シスター方の方にも目を向けておられますが、
それはご自分の愛と感謝のしるしを示していらっしゃるのです。今、聖母様
の右側に来られたのは聖ヨゼフです。聖ヨゼフは幼きイエズス様を抱いてお
られます。幼きイエズス様は手に茶色のスカプラリオを持っておられます。
聖母様はロザリオの十字架上のイエズス様に接吻なさって、こうおっしゃい
ます。

聖母様:
 我が子よ、そして子どもたちよ。あなたがたを祝福いたしましょう。父と
子と聖霊との御名によりて、アーメン。
 かわいい日本の子どもたちよ、あなたがたにあいさつを贈ります。私は
きょう『あわれみの母』、『希望と救いの母』として参りました。私は羊た
ちを、一つの群れに集めるために来たのです。それは息子イエズスの唯一の、
まことの教会、つまり聖なる使徒継承のローマ・カトリック教会のことです。
この国の全ての子どもたちを祝福し、勇気づけましょう。イエズスの教え、
つまりイエズスの使徒たちであった教父たちの継承に、忠実でありなさい。
愛する子どもたちよ、きょう私は我が使いである愛のリトル・ペブルをあな
たがたのところへ大使としてつかわしております。彼のことばをよく聴き
なさい。彼は私のことばを語り、そのことばは永遠の御父より来ているから
です。
 かわいい日本の子どもたちよ、天にいる私達は、あなたがたを愛しており
ますよ。一人として失われることのないようにと否、それどころかこの国の
全ての子どもたちが救われるようにと望んでいるのです。しかし天にいる
私達は、この国でも、また世界の他の国においても、ほんの少数の者だけが
救われることを知っているのです。それは、世の子どもたちが私達のつかわ
している幻視者や預言者達の声に、耳を傾けないからです。かわいい子ども
たちよ、悔い改めなさい。まだ時間のあるうちに、息子イエズス・キリスト
ヘ改心しなさい。全世界での私のメッセージは常に同じです。それは希望と
愛と、あわれみのメッセージなのです。
 私は平和の君である幼きイエズスと共に参りました。又聖なる浄配聖ヨゼ
フとも、一緒に参りました。それは、天にいる私達があなたがたのことを心
にかけ、愛しているということを示すためです。地上にいる子どもたちに
とって今の時代は、最も難しい時であるということを、私達はよくわかって
おります。特に天がつかわしている預言者たちをつうじて、私や息子イエズ
スが伝えているメッセージを信じている者にとっては、大変困難なのです。
しかし、何も恐れることはないということを信じていなさい。世界にふりか
かる苦難の時には、天の私達が、あなたがたを護り導くからです。

 私達が全世界で伝えているメッセージとは、どうしても信じないであろう
者達のために、又、今、信じていない者のためであり、特に聖なるカトリッ
ク教会の聖職者たち、つまり司牧者たる司教団と司祭達に向けられているの
です。多くの司牧者たちはまちがって導かれ、また信者たちを追い散らして
おります。私たちの子どもたちをまちがった道に導いてきているような司牧
者の上に災あれ! 特にこの国の高位聖職者(司教様)たちへ向かって言っ
ておきます。地上におけるキリストの代理者、ヨハネ・パウロ2世教皇様を
とおして語られる、永遠の御父とイエズス・キリストと聖霊に従いなさい。
教皇様に必ず従わなければなりません!

 愛する日本の子どもたちよ、きょう私がこの国で与える警告は、この国に
おける最後の警告のうちの一つです。もし、あなたがたが永遠の御父からの
指令に耳を傾けず、今のままかたくなでいるならば、この国は世界中の他の
国々と同じようにつぶされて罰せられるのです。しかし、私のことばを信じ
る者たちよ、恐れることはありません。私と息子イエズスが護ってあげます
から。日本全国の子どもたちを祝福いたします。特に世界中のご出現地を信
じる子どもたちには、勇気を与えるために祝福いたします。私は日本の司教
団と、すべての司祭達や修道者たちをも、私が彼らを愛していることを伝え
るために、祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。
 息子よ、あなたへのことばです。我が愛する司祭である息子レオよ、あな
たにわかっていただきたいのです。あなたは永遠に我が汚れなき御心の中に
おりますよ。あなたは息子イエズスを喜ばせてくれているのですから。続け
て私のことばを全世界に広めてください。あなたの愛の働きを続けてくださ
いね。そうすれば大勢の霊魂がすくわれるのですから。あなたを我が汚れな
き御心で抱きしめます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。
 かわいい子どもたちよ感謝いたします。お祈りを続けてください。あなた
がたの兄弟,姉妹のために祈ってください。彼らを信仰に導いてください。
日本の子どもたちが、人類の贖い主なるイエズスの光を見い出すのは、あな
たがた信者の模範をとおしてなのですから。私はあなたがたを大変愛してお
りますよ。そして我が汚れなき御心で、皆一人一人を抱きしめます。我が神
なる息子イエズスの平和が、いつもあなたがたと共に留りますように。父と
子と聖霊との御名によりて、アーメン。
 愛する子らよ、ロザリオの祈りを続けてください。そうすれば、その祈り
を、日本の子どもたちの救霊のために、私が永遠の御父へともっていきます
から。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 東 京 】
(注)各地での集会実施の関係で、ジャン・マリー神父参加の集会は月に
   1回となり、それ以外の集会は交流茶話会のみとなります。

(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :1月15日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       2月19日 日曜日 13:00-16:30(交流茶話会のみ)
       3月19日 日曜日 13:00-16:30(ジャン・マリー神父来訪)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :1月22日 日曜日 13:00-17:00(ジャン・マリー神父来訪)
       2月26日 日曜日 13:00-17:00(ジャン・マリー神父来訪)
       3月 5日 日曜日 13:00-17:00(交流茶話会のみ)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :1月20日 金曜日 13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :2月19日 日曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラ
 ムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :2月12日の午後8時 〜 聖体行列

      2月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      2月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   電話/FAX 052−851−8584
   郵便振替 00880−4−204678

 今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいたします。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月22日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。


  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]