「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年1月8日号No.287

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年1月8日号 No.287

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第145章 】−その(2)−

 では今までこの本に書いた以外のことを書きます。脱魂中の幻視者には
さわらない、さわらせない、これを守ってください。理由は2つあります。
ひとつは脱魂中にさわられると激痛を感じる幻視者がいるからです。もう
ひとつは識別のためです。幻視者がうしろざまに倒れてもいいのです。神は
けがをさせません。不思議ですが、本当です。聖パードレ・ピオがあざだら
けになったように、悪魔からのものはたんこぶやあざや傷を負うことが多い
です。それでも神のお許しになる範囲でそうなるのです。とにかく倒れそう
になっても、そのままバタンと倒れさせて放っておくことです。支えないで
ください。そのまま床にぶったおれていようが、どうなっていようが脱魂が
終わるまで放っておいてください。祈りが終わって皆が出ていくときは、後
に一人だけ見張りをつけてください。

 他の人々を幻視者のペースに合わせてはいけません。他の人々はプログラ
ムどおりに動くべきです。特に共同体の場合、幻視者にペースを合わせるこ
とは決してしてはいけません。悪魔はたくさんの仕事を果たすべき人々を
邪魔し、プログラムをくるわせ、肉体的にも精神的にも疲れさせ、睡眠や
休息の時間を奪い、消耗させるために幻視者を使うからです。祈りの時間の
前になると悪魔は激しくアタックし、彼らを遅刻させます。食事の時間の前
になるとまた、そうします。団体行動の妨げになるようになるようにと悪魔
は幻視者にアタックをかけます。ですからさっさとプログラム通りに始め、
さっさとプログラム通りに終わってください。幻視者を中心にしたり、重要
視してはいけません。むしろ無視してください。

 幻視者には共同体生活に完全に身を沈めるようにと命じ、皆と違うことが
起きないようにと願わせてください。というのは、彼らにはよく、目立ちた
い、関心を持ってほしい、同情してほしい、大変さを分かってほしいなどの
心の隠れた望みがあるのです。悪魔はそこにつけ込んで、共同体の中で幻視
者が特別扱いされ、それによって幻視者が傲慢になり、皆は幻視者に引きず
り回されて、肉体的にも精神的にも消耗するようにと、さまざまな現象を
起こさせます。共同体に住んでいない幻視者への指導も同じです。家庭で、
職場で、彼らが皆の負担になるような特別なことをせず、調和して生きる
ように命じ、皆に特別視してほしいというたぐいの隠れた望みを捨てさせ、
ただ徳の高さ、愛の深さで秀でた存在になるように目指させてください。

 幻視者が既婚女性の場合、夫婦のつとめを拒否しようとするケースが多い
です。結果として夫が浮気をし、その女性幻視者は、同情を寄せてくれる
男性のワーカーに心を動かしてしまうというようなことが起こってきました。
既婚女性のこの望みを厳しく識別してください。 修道者の召命と同じく、
結婚も召命です。夫婦のつとめの義務も、神の御前での召命の義務です。
聖パウロの言うような短期間の特別なケース以外、この望みは天からのもの
ではないはずです。彼女たちの、他の女性幻視者よりイエズスに愛されたい
というよくない競争心がその原因です。その自我に悪魔がつけ込みます。
この種のよくない競争心には常に目を光らせていてください。

 幻視者は女性の場合、年齢にかかわらず、小さな女の子に至るまで、ねた
み、そねみ、よくない競争心の罪が霊魂を毒しています。重要な使命にノミ
ネートされても、女性たちが次々に落ち、交替しているのは、これらの罪を
霊魂から捨て去ろうとしないからです。あなたに任せられた幻視者が、自分
と人、特に他の女性幻視者とを比べるような言動を少しでもしたら、すかさ
ず厳しい注意を与えてください。女性同士の張り合いを始めようものなら、
あなたは真剣に叱責してください。もう落ちつつあると考えて間違いありま
せん。すぐにそうしないと手遅れになりますよ。本当に幻視者が落ちるのは、
あっという間なのですから。

 「他の人よりも!」という考え方。そして「選ばれたい!」という望み、
これには高い評価を得たいという望みと、愛や、注目や、関心を独占したい
という望みの2つの側面がありますが、これらはエバの罪です。ねたみと
傲慢と貪欲です。これらの罪を厳しく指摘し、ためなおし、捨てさせない限
り、あなたに任せられた女性は、悪魔につけ込まれ、問題を起こし続けます。
あなたが司祭なら「小教区で女性たちを治めることができるなら、司祭は
一人前だ」とか司祭同士で言っているでしょう? あなたに任せられた女性
幻視者にたとえ表面的にエバの罪があらわれていなくても、必ずこのエバの
罪を持っています。ですから兆候が見えなくても治療してください。

 しかも根本治療を施して下さい。ルシフェルである蛇から、エバが最初に
吹きこまれたのは、「神は自分に最高最善のものを与えてくれていない」と
いう悪魔的悲観主義です。これはまさに不信頼、不信仰です。そこから悪魔
と同じねたみと傲慢と貪欲に染まっていったのです。ですから聖ヨゼフと
幼きイエズスの聖テレジアの霊性にならって完徳を目指させるのです。希望
の徳を強め、超楽観主義者にし、「神は私にあらゆる瞬間、全てのことにつ
いて、最高最善のもの与えてくださっている」と確信させるところから始め
るのです。いいですか? 病巣を取り除かない限り、病気は治りませんよ!

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
日本滞在中にリトル・ペブルに与えられたメッセージ
− No.269 1987年2月7日(初土曜日)
聖母からのメッセージ(東京)
--------------------------------
(ロザリオの第3玄義を終えてのち)……
リトル・ペブル:
 天使たちは、すでに聖なるロザリオの始まってから、ずっとここにおられ
聖母マリアが通られる道を準備しています。今、6位の天使たちが、天上の
白い部分と壁の近くにおられます。空の大変高いところから、大変大きな光
が来ています。私は、ある一位の大きな天使が、たいへん背が高いのが見え
ます。天使は光で道を照しています。天使は手に十字架像を持って、前進し
ます。他の六位の天使らは、三位は右に、三位は左に整列し、道を開けます。
例の大きな天使は左へ行き、ひざまづき、十字架像を持っています。その
十字架は3フィートぐらいの大きさです。今、天使らは全てひざまづきます。
私は今は、たいへん美しい輝かしい光が見えます。聖母はたいへん遠くから
私たちにゆっくりと近づかれるのを私は見ることができます。
 聖母は美しい雲の上に立っておられ、歩かずにすべるように乗ってこられ
ます。聖母は、天井にたいへん近くに近づいています。聖母はいままで見た
ことのないような異なった衣をお召しです。しかし、それはたいへん美しい
ものです。聖母は青いタイト・マントを肩からはおり、大変長いマントを頭
からかぶられています。聖母はリボンのついた黄色のガウンをきておられま
す。日本人によく見られたような、美しいリボン(帯)を前につけておられ
る。聖母は長い深い袖をお召しで、それは青でガウンは黄色です。それは
大変絵のようで美しい。今、聖母は私たち皆を見回わしています。聖母は
ほほえまれており、右手には美しい真珠のロザリオの珠をお持ちです。聖母
は頭をかがめ、今私たちを見ておられます。聖母はロザリオの珠をつかみつ
つ、十字架を唇に置かれます。

聖母:
 私は、私の甘美な子供であるあなた、愛のリトル・ペブルを祝福し、ここ
に出席している私の甘美な子供たち、私の愛する日本の子らを祝福します。
父と子と聖霊との御名によりて、ア‐メン。私は、私の汚れなき御心と御子
の聖心から日本の人々にあいさつを送ります。
 私の愛する忠実な僕たちよ、私の言葉をあなた方の国中に広め続けなさい。
あなた方はこの国にとって、御子イエズスのたいまつを運ぶ者であるという
ことを忘れないで下さい。まだ多くの人々が御子イエズスの信仰に改心しな
ければなりません。あなた方、この仕事のために選ばれた私の子供たちよ、
私はあなた方を私の汚れなき御心において抱擁し、私があなたがたを母親と
して愛しています。この社会において、キリスト者としてしっかりと立ち上
がり、そしてキリスト者として数えられることを恐れないで下さい。なぜな
ら、あなた方の光は全ての人々のために、御子キリスト・イエズスはいと
高き主、全能の天主である、と見えるように輝かさねばならないからです。
私はこの国の人々を、力と勇気を与えるために、希望と慰めを与えるために
祝福します。恐れないで。私は常にあなた方と共に、最後の時までさえも、
あなた方を保護するためにいるからです。願わくは御子から来るこの祝福が、
求められた聖籠をあなた方に与えるために。父と子と聖霊との御名によりて。
ア−メン。
 私は、私の司祭の息子たちにあいさつします。私の汚れなき御心に真に
奉献された息子よ、常に御聖体のうちにまします御子イエズスを保護しなさ
い。そして強くありなさい。なぜなら、わたしの子らよ、あなた方もまた
来たるべき試練と苦悩の日々に、大いに迫害されるでしょうから。なぜなら、
あなた方は真理の印、勝利の印、すなわち十字架に釘づけられた主イエズス
であるからです。あなた方はいつでも永久に、わたしの汚れなき御心におい
てあると確信しなさい。私は必要とされる力と、勇気とをあなた方に与える
ために、御子イエズスの聖名において祝福します。父と子と聖霊との聖名に
よりてアーメン。
 日本の私の愛する子供らよ、今、まだあなた方に時のある間に、天主に
立ち帰りなさい。この国に関して預言されてきた通り、この国の多くの島々
は海中に沈むでしょう。あなた方は恐れる必要はありません。信じる人々は
多くの天罰から保護され、救われるのです。その天罰は、この国の多くの子
らが御子を拒杏してきたため、また【将来】多くの子らは御子を贖い主、世
の救い主として受け入れないために、この国のために計画されているのです。
そのためにこそ永遠の御父は、この国土を打つでしょう。
 しかし、信じる人々は救われます。甘美な光の子らよ、まじめに、熱心に
祈りなさい。そうしてこの希望のメッセージをこの国の子らに伝えなさい。
そうすれば、この国の全て【の人々】は、楽園の御国において永遠の御父と
共に交わるでしょう。甘美な日本の子らよ、私はあなた方を全て祝福します。
私があなた方の母であることを知りなさい。なぜなら私は全ての国民の母、
あわれみの母だからです。御子イエズスから来るこの祝福が、光と愛をもた
らしますように。父と子と聖霊との聖名によりて。ア一メン。
 イエズス・キリストの平和が、あなた方全てと、ともにあるように。さあ、
私の甘美な子らよ、ロザリオの祈りを続けなさい。私はあなた方と共に祈り
ましょう。私はこの祈りを御子のところへ持っていきましょう。それは御子
があなた方の上に祝福して下さるためです。……
 ( ロザリオの第四玄義が始まる。……)

--------------------------------
1987年2月7日 日本(東京)
聖シャーベル祈りの家で聖母によって
リトル・ペブルに与えられたメッセージ
--------------------------------
リトル・ベブル:
 イエズスは数分前にここに来られました。主はすぐそこ、およそ1メート
ルほどのところに立たれています。私は、主が私のためにこれらのロザリオ
に接吻してくださるかたずねました。時のため、特が短いためにみなさんに
は見えませんが、天使たちは私の手よりロザリオを取り聖主の前におきまし
た。みなさんには見えません。聖母はまだ来られていません。今、主の右側
には聖ヨゼフがおられ、左側にも聖シャーベルがおられます。主は、聖母は
大変忙しいので後に来られると言われました。

主:
 我が子、私の愛のリトル・ペブルよ、そしてここにいる私の甘美な子らと
平和の家の代表者なる子らよ、私はおまえたちを祝福する。平和の聖人、私
たちの愛する聖シャーベルを通して、私の聖心の平和〔があるように〕。

リトル・ペブル: 聖シャーベルは今ほほえんでおられる。

主:
 私の愛する子らよ、天の聖人たちと一致して祈るために、そして更に、汚
れなき我が母マリアと一致して祈るために集まってくれたことに感謝してい
る。今夜全世界で唱えられるこの祈りは、無数の霊魂たちを救った。いつか、
おまえたちが天国に達した時、おまえたちは自分の祈りを通して、何千もの
霊魂を救ったということを知るだろう。また自分の祈りを通して、より大い
なる天罰が和らげられたということもだ。もしおまえたちが世界中でこれら
の聖シャーベルの祈りの家を通じて〔祈り〕続けるなら、多くの大天罰は更
に和らげられるだろう。それで私は日本にいる私の子らと世界中の子らに、
祈りにおいて一致し続けるようにと励ます。なぜなら、私の聖母のこの祈り、
すなわち聖なるロザリオをもって、勝利は天のものとなるのだからだ。この
地上の子らにとって、時はたいへん短いものでしかない。それで永遠の御父
と私のいとも聖なる母、汚れなきマリアにつかえることで、時をうまく使い
なさい。行って病気の人と貧しい人をさがしなさい。特に病んだ霊魂を持っ
ている人々を。自分の国、自分の家族、そして世界中の兄弟姉妹のところに
接して、永遠の御父が人類に与えられた愛とあわれみの福音を彼らに教えな
さい。
 しばしば聖なるロザリオを唱えなさい。この祈りは三位一体の天主のみ前
で、大変強力だからだ。光のうちにしっかりと立ち、おまえたちの主にして
天主なる私がおまえたちを保護し、全ての悪より守るということを知りなさ
い。私は甘美なる子ら、おまえたち全てを、お前たちを愛している至聖なる
聖心から祝福する。お前たちは全員、私の聖心に十字架の印と共に、すなわ
ち、あながいと救いの印と共に書き込まれている。私は日本の子ら、韓国
(朝鮮)の子ら、中国、台湾、私をまだ知らないこの地域の全ての子らを
祝福する。お前たちが、私が天主の子であると信じていようといまいと、お
前たちはみな私の子供である。私はお前たちをみな同じように愛している。
私は、今お前たちを永遠の御父と光の霊から祝福する。父と子と聖霊との
御名によりて、アーメン。

 私の光の小さな息子よ、前進し続けなさい。お前は私の岩であり、私の子
よ、お前を通して多くの霊魂たちは信仰にたち戻るだろう。私は羊らを一つ
の群れのもの、一人の牧者のもとに集めるために、世界中にお前をつかわし
た。恐れないように。私がお前の盾であり、お前を導く光であるから。

リトル・ペブル:
 今、遠くから聖母マリア様が来られるのが見えます。聖母は無数の天使ら
をひきつれて、光の球につつまれて来られます。聖シャーベルが主のとなり
に立たれ、イエズスとマリアとのまわりは全て多くの聖人たち、聖シャーベ
ルの家の諸聖人方がおられるのが見えます。無数の、何千もの聖人がたがお
られる。みんな大変幸福そうに見えます。そして彼らのうしろには無数の
天使らがみえます。更に聖ミカエルが空を真直ぐに横切って翼を伸ばして
おられるのも見えます。聖ミカエルは地球自身程の大きさです。非常に巨大
で巨大な剣を持っておられる。今、聖ラファエル、その隣りに聖ガブリエル
も見えます。すばらしい。

聖母: 私の子よ、ご覧なさい。地上の私の子らを守る天の全ての聖人達と
天使達です。

リトル・ペブル: 今、聖母はすこし前に進まれます。聖母は今回は白を召
されています。腰のまわりには、ルルドの聖母の象徴である青い帯をしてお
られます。聖母はロザリオを十字架像を手にとられ、十字架に接吻されます。

聖母:
 私の甘美な子と私の甘美な子らよ、私は父と子と聖霊との御名によりて
あなた方を祝福します。アーメン。
 今晩の私の言葉は非常に短いものです。私は今、私と私の御子が世界に、
「人類にとって時は短いこと、そして私たちの全ての子らに一つの家族とし
て一致するように、祈りと犠性において一致し、自分たちの罪の償いをする
ようにお願いするメッセージ」を与えるために現われる多くの出現地に行か
ねばならないからです。
 甘美な子らよ、お願いです。天の私たちはあなた方を愛しており、私たち
は誰一人として永遠の破滅へと失われることを望んでおらず、かえって私た
ちは、全ての子らが救われるように望んでいるのです。それは、全ての子ら
が、彼らのために時の始めより、備えられている天国の楽園に来て、私たち
と共に生きるためです。私の愛する子よ、今朝、そして今日の午後に告げた
通り、あなたは今、夜の間、私と共に世界中の多くの場所に旅しなければな
りません。私の子とここ御子イエズスの御前にいる私の甘美な子供たちよ、
私はあなた方皆を祝福します。御子の平和があなた方全ての上に、永遠の
御父において聖霊の愛とともにふりそそがれますように。父と子と聖霊との
御名によりて,アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母が十字架の印をしているように、主もそうなさいました。主の右う
しろに、空のかなた上に、純白の玉座に座しておられる永遠の御父がましま
し、御父も十字架の印をされました。聖霊は御父と御子との間を舞い、その
聖霊から一つの輝かしい白い十字架があらわれ、全ての光線が私たちみなに
ふりかかりました。聖ヨゼフと聖シャーベルは、今、祈りを続けるようにと
私たちに指示されています。二人はしばらくの間だけですが、おとどまりに
なります。その間イエズスとマリアは別の聖シャーベルの家々ヘと行かねば
なりません。おやすみなさい、イエズス様、マリア様。
 イエズスとマリアは自分たちが次の祈りの家に行く前に、全ての嘆願を今、
永遠の御父へと持っていくと、丁度言われたところです。みなさんの祈りを
どうぞ続けて下さい。

 …… 次号へ続く ……



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラ
 ムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :1月12日の午後8時 〜 聖体行列

      1月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      1月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------
【 東 京 】
 東京から日本を変える!
 ジャン・マリー神父の冬の交流集会ご案内

 多謝!ダンケ!メルシーボクー!デオグラチアス!神に感謝!
 世界大団円のずっこけヒーロー・ヒロイン達が颯爽と登場!
 ( ウッソー! 本当は皆さん全員が世界の将来を救う、
   ”光の子供”たち、”終末の戦士”なんだよ。 )

 マリー・マドレーヌ杉浦律子さん、
 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力さん...
 最も弱い人が、最も変な人が、「神の道具」として
 楽しくやってるよ。

 それはイザヤの預言やヨエルの預言で語られてきた、
 預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 秋田で名古屋で東京で続々と隣人愛と助け合い実践のコミュニティーが
 始まりました!
 コミュニティー(共同体)は「ニューエラ」へのゲートです!
 日本はアジアと世界の光と模範となるように予定された国なのです。
 日本が変わる! 世界が変わる! 日本の未来に希望を持ちましょう!

 ジャン・マリー神父による楽しい冬の交流集会のスケジュールが
 決まりました。美しいラテン語のグレゴリアン聖歌の美声と伝統的な
 トリエント 典礼!

 (1)東京での集会
   会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
   日 時  :1月15日 日曜日 13:00-16:30
         2月19日 日曜日 13:00-16:30
   会 場  :タワーホール船堀
        (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)   
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
         地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

 (2)横浜での集会
  会の名称 : グレゴリアンソサエティー
  日 時  : 1月22日 日曜日 13:00-17:00
         2月26日 日曜日 13:00-17:00
  場所  : 大倉山記念館
       (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
        東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :1月20日 金曜日 13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。今回12月の旅行で尽きました。皆さまのご協力をお願
いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 00880−4−204678

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 00880−4−204678

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月15日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00880−4−204678

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]