「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年1月1日号No.286

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年1月1日号 No.286

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
十M アヴェ・マリア

 皆さま、新年おめでとうございます!

 私たちにとって2005年は激動の年でした。 全国での集会が始まり、
名古屋共同体に続いて、9月29日に秋田共同体が、12月8日に東京共同
体が立ち上がり、何だか3〜4年くらいたったような錯覚に陥ってしまいま
す。今年はどういう展開をしていくんでしょね? まったく予想がつきませ
ん。
 昨年ご支援、お祈りいただいた皆さま、本当に感謝いたします。また今日
から、イエズス様、マリア様を知らない兄弟姉妹たちのために、全力で宣教
しましょう! マザー・テレサがおっしゃった「日本のカルカッタで働きな
さい……」とは、日本人の精神の貧困のことです。まことの神様を知らない
同胞たちに、福音の御言葉、霊魂のパンを与えることにまさる愛徳の業は
ありません。私たちは「燭台の上の灯火」「丘の上の輝く街」になりましょ
う!
 せば! 2006年が皆さまにとって素晴らしい飛躍の年となりますよう
に、マリア様の祝福が豊かにありますように!



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第145章 】−その(1)−

 指導者へ書きます。しかし、すべての読者も、幻視者本人もこれを役立て
てください。指導者がいないケースがほとんどなのがこのミッションの現状
なのですから。

 指導者は幻視者を甘く取り扱ってはいけません。彼らが女性であっても
子供であってもです。特に女性の場合はなおのこと厳しくしなければなりま
せん。彼らは両側が深い谷の、尾根を登山しているようなものです。登山の
リーダーなら、初心者が右によっても左によっても大声でしかりつけて転落
を防ぐでしょう? 雪山だと思ってください。雪のひさしに乗ったりしたら
どうなりますか? 

「高いところから落ちるほど、壊れかたはひどい」という言葉を、このミッ
ションでは特別の賜物を与えられて、特別な使命の道を行く人々に当てはめ
ています。彼らがコースを踏み外したとき、そのあと滑落するまでが、他の
人々とは違ってとても速いのです。あっという間です。危ないと感じた瞬間、
大声でしかりつけないと手遅れになります。

「ほえない犬は災い」と、そうあなたが神から言われ、責任を果たさなかっ
たことをとがめられないようにしてください。幻視者を厳しい目で見つめ、
間違いはことごとく指摘し、危険な間違いを犯した時、間違いに執着してい
る時はしかりつけてください。彼らが落ちたら、それはそれはひどいことに
なります。多くの人を道連れにし、彼ら自身は反キリストのロード・マイト
レーヤに仕える幻視者に、つまり悪魔の道具になりさえするのですよ! 

 なんとなく閉鎖的になっていくとか、一致のモチベーションが落ちてきた
ようだとか、神ご自身から導かれることで前進できると考えているのをほん
の少し臭わせるとか、そういうわずかな兆候も見逃さずに、すかさず吠えて
ください。オオカミがあなたに任された羊に近寄っているのを放っておいて
はいけません。羊は愚かで無防備です。

 彼らから信仰上と道徳上の誤りを取り去ってください。そして教義と修徳
上の知識を彼らに注いでください。これらのことをしっかりとやることが
大切です。あなたが司祭なら聞きますが、伝統的な正しい神学を学びました
か? 第二バチカン教会会議以後の神学校で学んだ人は、自分自身が学び直
す必要があります。大神学校の図書室で第二バチカン教会会議以前の古い
神学の教科書を探し出すとかして、まず自分の信仰を正してください。

 そして司祭であろうがなかろうが、せめて十字架の聖ヨハネの「カルメル
山登はん」の第二部、第三部。シエナの聖カタリナの「対話」を読まなけれ
ばいけません。これを読まないで、自分の経験と素養だけで指導できると考
えるのは甚だしい思い上がりです。神に任された責任を果たすために必ず読
んでくださいね。

 日本のミッションにおいて、神は幻視者を、キリスト教以外の信仰もって
育った人の中からたいてい選んでいます。あなたに任せられた幻視者もそう
でしょう? しかしたとえカトリックの幼児洗礼を受けている人であっても、
現代主義のカトリック教育を受けているのですから気をつけてください。彼
らに残る日本の宗教の名残、ニューエイジ思想、現代主義のカトリックの
異端に厳重な警戒が必要です。

 神を降ろすとか、霊がつくとか表現する幻視者に対して厳密に識別してく
ださい。パワーとかコンタクトとか異次元とか宇宙とか、そういったたぐい
の言葉を使う幻視者に対して厳密に識別してください。聖霊に関するカリス
マティックなとらえ方や、カリスマティックな動作をするもの、カリスマ
ティックな歌を好む幻視者に対して厳密に識別してください。カルマ、因果
応報、輪廻転生の思想はかけらさえ許してはいけません。カトリック信仰と
ほんの少しでもそぐわないものは、天からのものではあり得ません。悪魔は
巧妙に、そして強力にこれらの影響に乗じてきます。

 あなたが識別の前に、まず幻視者に対して命じなくてはならないことは、
書くことと、黙ることです。彼らが天から受けた?と思うことを書かせなく
てはいけません。そしてその一つひとつのメッセージや体験に関して、識別
が完了するまで人に話すことを禁じなければなりません。メッセージに関し
ては、リトル・ペブルさんのサインをもらうまではだまらせるのです。サイ
ンをもらったメッセージに関しても、悪魔から、人から、本人の自我からの
影響が入っているのですから、あなたは幻視者がそれらの影響を脱すること
ができるように識別し、彼らを導かなければいけません。とにかく識別を
厳しくおこなってください。

 あなたは決して幻視者をかこったり、孤立させてはいけません。孤立した
がる傾向が幻視者にある場合、それを許してはいけません。あなたがいくら
全力を尽くしても、リトル・ペブルさんと一致した世界的な幻視者の輪に、
あなたに任せられた幻視者が入らない限り、その幻視者は天から与えられた
使命を果たせずに落ちます。これは終わりの時の神の絶対命令なのですから。

 この一致が皮相的なものにとどまるのが日本人の特徴ですから、あなたは
必ず助言してください。リトル・ペブルさんを強く愛するようにと。長上に
対しての愛と服従を彼にささげるようにと。そして一致の輪に入っている
仲間たちと愛しあい、助けあい、励ましあい、支えあい、祈りあい、交流す
るようにと。

 私はリトル・ペブルさんと一致していますと口で言うだけではダメだと。
内的な愛が一致には不可欠だと。他の幻視者たちとの交流をアレンジし、彼
らに仲間同士の盛んな交流を実行させてください。友情を育てさせてくださ
い。

 修道会の兄弟的交わりをイメージすれば、どういう状態であるべきかわか
りますね。一致の輪は大きな本当の家族であって、皆が父親であるリトル・
ペブルさんに孝愛を持ち、家族それ自体とメンバー一人一人を愛するのです。
その使命の達成のために祈りをささげるのです。もちろん自分のこと以上に
ですよ。すなわち、イエズスが私が愛したように愛しなさいと命じた通りに
です。あなたはあなたに任せられた幻視者にこれを要求し、実行させてくだ
さい。

 あなたが幻視者に目指させるべき最良のモデルは聖ベルナデッタです。
彼女についてはすでに書きましたね。あなたは聖ベルナデッタを超えるとこ
ろまで連れて行くことを目指してください。

 あなたは気づいていないでしょうが、日本人は悪魔的悲観主義を霊的土台
として持っています。この土台を打ち壊し、捨てさせない限り、徳に進歩さ
せることはできません。見かけだけの進歩では、逆にファリサイ主義におち
いってしまいます。ですから聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジアの霊性に
ならわしてください。

 希望の徳を強め、神の全き善さを確信させるところから始めるのです。こ
うして悪魔的悲観主義とそこから起こる恐れ、憶病、不信頼、不信仰を克服
させ、超楽観主義者に彼らを変え、何をも、誰をも恐れないものにならせ、
信頼の小道を巨人のように走らせてください。

 あなたは指導者として、聖ジェンマ・ガルガーニを担当した天使と霊的
指導司祭の厳しさを持つようにしてください。コルベ神父様のように母のよ
うであることと、チマッチ神父様のように太陽のようであることと、その
厳しさは両立できます。言うべきことを全部言い、そして愛すればよいので
す。単純です。

 − 次号に続く −



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。

--------------------------------
2005年12月23日(金曜日) PM17:29〜17:35
聖母マリア様から小さき白いロザリアへのメッセージ
--------------------------------
小さき白いロザリア、あなたにお話しします。
私、慰めの母、愛の母。あなたがどこに行くにも私はあなたを守り、祝福
し、あなたを強く用います。あなたが苦しみ、悩み、悶えているのを私は
知っています。
あなたは愛されています。恐れないで、あなたが行くべき道を歩み、天が
望むことをあなたは成し遂げてください。あなたの霊魂はとても麗しく、
すべてあなたの祈りは天に聞かれています。
あなたの家族は祝福された家族です。勇気を持ってください。
恐れないで、聖母に信頼して何でも打ち明けてください。
この地は祝福されており、あなたの願いは聞かれています。
リトル・ペブルのために祈ってください。彼が1日も早く監獄から出され
るためにあなたの勇気が必要です。
愛されている子、あなたを抱きしめています。勇敢であってください。
天があなたを包み、豊かに用いますから、恐れないで歩んでください。
あなた方(ジャン・マリー司祭、小さき白いロザリア他1名、マリー・マ
ドレーヌ)を祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2005年12月23日(金曜日) PM17:29〜17:35
聖母マリア様からリトル・ペブルさんに宛てたメッセージ
--------------------------------
愛するリトル・ペブル、あなたを愛し、祝福します。
あなたのすぐそばに愛の母、慰めの母がいます。
あなたの叫びは聞かれており、天はあなたの成すべき事を用意しています。
恐れないで歩んでください。信頼を持って歩んでください。
多くの子どもたちがあなたのために祈り、犠牲を捧げています。
恐れないでください。
あなたを祝福します。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 2000年3月25日 No.280

 世は永遠の御父の神的愛から更に離れ去って行っているのが、お前たちに
はわかるだろう。人類は救いの聖寵と贖いに自らの心を閉じている。黙示録
の時は今である。光の子供たちなら極めてはっきりわかるだろう。しかし、
私の地上の家の大多数はわからず、公衆もまたわかっていない。悪魔は私の
人々と地上の人々の間を自由に闊歩している。人類はこの世代の終わりが
近いという現実と真理から離れ、惑わされている。

 太陽系と地球の大変化が全世界を襲うだろう。大きな変化で人類は世の
終わりが来たと感じるだろう。しかし、光の人々はそうではないことを良く
理解するだろう。終わりではなく、この世のこの時代の転換点だということ
を。人間は、かって経験したことのないような更に大きな大変動の発端に
立っている。この理由で、私の甘美なる子供たちすベては、私の御父が来る
ように招いている祈りと真の奉献に、自分の心と生活を変えなければならな
い。お前たちを私から引き離し、お前たちを引き付ける世のすべてのものは、
正当な目的に使うべきで、神がお前の前に置いた神的なことや摂理を更に
お献げして生きなさい。

 私の至聖なる御母と私イエズス、人類の贖い主は、何年もの間お前たちに
準備するように話してきている。まず第一に自分の霊魂を、闇の中にいる
他の霊魂たちを闇の中から離し、光の中へ導く模範となるよう、生活を聖と
し、気品を持ち、清くしなさい。もちろん、お前は非常に近い将来に来る
その時のために準備しているだろう。その時、人類は私の聖福音の真理を
理解し、真の証人となるだろう。今はその時まで半ばである。敵の時も今で
ある。反キリストと呼ばれている邪悪な者は少しして勝利を収めるだろう。

 私の地上の家は分裂し、私の代理者、ヨハネ・パウロ2世は取り除かれる
だろう。これはすぐにそうなるだろう。しかし、初めに彼は私の至聖なる
御母の教書を発布しなければならない。お前たちはその時、教皇がもはや
いないことが正しいと知るだろう。甘美なる子供たち、家庭を準備しなさい。
今がその時だと、お前たちは何回も言われてきている。私の僕、モーゼの時
を思い出しなさい。彼とエジプトの私の民に何が求められたかを。

 世界が準備するようにというこの時は今である。しかし、それは更にもっ
と大規模で、全世界の人類すべてを巻き込むだろう。天は揺さぶられ、腐敗
したすべての者は堕ちるだろう。すべては正され、強められ、清められるだ
ろう。三位一体の神の偉大な神秘が啓示され、私の御父からの光によって
全人類が理解するだろう。ローマ・カトリック教会が一で、使徒継承で、私
がペトロの岩の上に建て、私の神的愛のリトル・ペブル、小さきペトロに
よって完成することを、すべての者は真の信仰によってわかるだろう。私の
息子、今よく見なさい。そして見ていることを口述しなさい。

(注:現教皇ベネディクト16世(オリーブの栄光)は真の教皇です。ヨハ
   ネ・パウロ2世は神によって深い眠りについていますが、ベネディク
   ト16世の後、ペトロの王座をのっとる反教皇を公けに弾劾するため
   に、神の定められた時に人々の前に姿をあらわします。)



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラ
 ムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :1月12日の午後8時 〜 聖体行列

      1月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      1月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。
     ※ 防寒具をお忘れなく!


--------------------------------
【 東 京 】
 東京から日本を変える!
 ジャン・マリー神父の冬の交流集会ご案内

 多謝!ダンケ!メルシーボクー!デオグラチアス!神に感謝!
 世界大団円のずっこけヒーロー・ヒロイン達が颯爽と登場!
 ( ウッソー! 本当は皆さん全員が世界の将来を救う、
   ”光の子供”たち、”終末の戦士”なんだよ。 )

 マリー・マドレーヌ杉浦律子さん、
 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力さん...
 最も弱い人が、最も変な人が、「神の道具」として
 楽しくやってるよ。

 それはイザヤの預言やヨエルの預言で語られてきた、
 預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 秋田で名古屋で東京で続々と隣人愛と助け合い実践のコミュニティーが
 始まりました!
 コミュニティー(共同体)は「ニューエラ」へのゲートです!
 日本はアジアと世界の光と模範となるように予定された国なのです。
 日本が変わる! 世界が変わる! 日本の未来に希望を持ちましょう!

 ジャン・マリー神父による楽しい冬の交流集会のスケジュールが
 決まりました。美しいラテン語のグレゴリアン聖歌の美声と伝統的な
 トリエント 典礼!

 (1)東京での集会
   会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
   日 時  :1月15日 日曜日 13:00-16:30
         2月19日 日曜日 13:00-16:30
   会 場  :タワーホール船堀
        (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)   
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
         地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

 (2)横浜での集会
  会の名称 : グレゴリアンソサエティー
  日 時  : 1月22日 日曜日 13:00-17:00
         2月26日 日曜日 13:00-17:00
  場所  : 大倉山記念館
       (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
        東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :1月20日 金曜日 13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。今回12月の旅行で尽きました。皆さまのご協力をお願
いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 00880−4−204678

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 00880−4−204678

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月8日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00880−4−204678

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]