「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年12月25日号No.285

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


「箱舟の聖母」12月25日号No.285
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年12月25日号 No.285

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルからのクリスマス・カード
 3.153本の聖ヨゼフの百合
 4.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 6.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆快挙!”東京コミュニティーDebut(デビュー)!”

 12月13日ついにメトロポリス首都TOKIOでシャーベル修道会の
第三番目の”コミュニティー(=隣人愛共同体)”が公的ヴィジョナリスト
奥田力さん達により設立されました。その名も……

 東京コミュニティー(TOKYO COMMUNITY)!!

”コミュニティー”は12使徒時代や初代教会時代に世界に光輝いた”キリ
スト教的愛徳共同体”をこの世界終末の時代に再建するものです。そして
世界の崩壊後到来する”ニューエラ”すなわち、”平和の統治””聖霊の
第三の時代”の社会秩序を準備するためのものです。

”コミュニティー”は憎しみと戦争で世界を破滅させる反キリスト・マイト
レーヤの”悪の軍勢”に対して、善と隣人愛により戦い勝利する”光の戦士”
”光の子供”が集合する、世界終末の「善の最前線軍団」です。

”コミュニティー”が日本全国に続々設立されることにより、日本は改心し
神に守られ、中国による日本への武力侵略に勝利することができます。

”コミュニティー”はペトロ2世(リトル・ペブル)をリーダーに頂き、ハ
ルマゲドンと大天罰の後、世界に到来する「ニューエラ(新時代)」すなわ
ち「平和の統治の時代」の地上楽園へと子羊を導く「聖母の箱舟」でもあり
ます。

そして、”コミュニティー”をコア(核)として、リトル・ペブルに一致す
る世界中の14万4千人の使徒たちだけには、大警告の時、神に押される
贖いの証印により、プリターナチュラル(外自然的)と呼ばれる「不死の
復活の肉体」が与えられ、反キリストとの最終決戦に勝利する恵みを与えら
れます。

ペトロ2世(リトル・ペブル)に最後まで従い、愛と信仰を守った人々だけ
が、神への従順の賜物としての天国と地上楽園である「ニュ−エラ」平和の
統治が与えられるのです。

奥田さんに続いて、東京コミュニティーへの新たなメンバーの志願が続いて
います。

若者たち!小さき者たち!弱い者たち!君たちこそコミュニティー発展させ、
世界を救う”終末の戦士”の”光の戦士”"愛の戦士”なのです。 今すぐ
東京コミュニティー(↓)にジョインし、終末の大聖人になろう!

■ 東京コミュニティー事務局世話人 ■

   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼフ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルからのクリスマス・カード
  − 2005年12月22日 −
----------------------------------------------------------------
親愛なる聖シャーベル修道会の会員たちへ

 私は、神が、このクリスマスに、再びあなたたちとともにいることができ
ますように私を祝福してくださることを望みます。この「クリスマス・カー
ド」は看守たちから私に与えられました。

 私は、今年があなたたち皆にとって非常に難しい時であったと知っていま
す。私は、あなたたちがそんなにも多くの苦しみとメディアの注目にさらさ
れねばならなかったことが残念です。私は起こったすべてをこれまで一度も
予期していませんでした − しかし、このことだけは確かです。神は、起
こったすべてに勝つでしょう。神がおっしゃったすべてのことは実現します。
敵は私たちを、私が無実であることを信じる人がほとんどいないところまで
押しつぶしました。しかし私は、全ての告発に対して私は無実だと言い続け
ます。そして神が、これを証明するために私を助けに来られるであろうと
確信し続けます。

 私はあなたたちの愛と祈りに感謝します。そしてあなたたち皆に祝福を、
聖なるクリスマスを、そして2006年が、私たち皆が待ち続けている
その年になりますように望みます。

神の祝福を

ウィリアム・カム



----------------------------------------------------------------
3. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第144章 】

 皆さんが、幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちと係わるときに注意すべき
点は、彼らを決して特別扱いしてはいけないということです。例えば共同体
においてなら、彼らは修道者、修道信徒に過ぎません。共同生活に身を沈め、
同じように祈り、働き、皆と付き合うのです。彼らが共同体に住んでいない
場合も同じです。そしてあなたが幻視者、神秘家、恵みの霊魂であるのなら、
あなた自身が特別扱いを拒否してください。あなたが自ら進んでへりくだっ
てそうしない限り、日本人たちはあなたを特別扱いします。そうなるとあな
たは傲慢の罠にかかり、落ちるでしょう。

 幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちが、神にではなく、愛と善徳にでもなく、
受けた賜物に執着しているとき、彼らの頭の中は、それ一色に塗りつぶされ
ています。だからその話を聞いてくれる人には、幻視やら幻聴やらの体験し
たこと、受けた特別な賜物のこと、それに対する自分なりの解釈など、そん
なことばかり話しまくります。その時彼らは非常に危険な悪い状態にあるの
です。

 皆さんが超自然的なことに強い好奇心を持っているのはわかります。しか
し皆さんが身を乗り出して聞くので、彼らはその有害無益、百害あって一利
なしの話を自分で止めることができません。そういうとき、皆さんから断固
としてその話をやめさせない限り、両者ともが大損害を霊魂に被ります。
皆さんは彼らの賜物に対する執着に巻き込まれ、同じ執着を持たされます。
それ自体大変悪いことなのですが、さらに悪いことには、皆さんには特別な
賜物が与えられていないので、うらやましさからねたみの心がわきます。

 彼らは皆さんの心がこうして害されてゆくことに気づかず、逆に皆さんに
有益なことを話していると思い込んで話し続けます。ですから皆さん自身と
彼らのために、彼らのそういう話題には決してのってはいけません。興味
深げな態度も示してはいけません。嫌悪感をあらわにしなければいけません。
皆さんは彼らに「そういう話はやめてください。あなたにも私にも有害無益
です」と言ってください。あなたが指導者であって、彼らがそういう話を人
にしているのを見聞きしたら、しかりつけてやめさせてください。それは
彼らを守る役目を負っているあなたの義務です。

 皆さんが幻視者と係わるうえで大切なのは、彼らに何ができ、何ができな
いかをしっかりと把握していることです。彼らにできることでこの世的なこ
とはほとんど何もありません。ある幻視者に「共同体をつくる賜物が与えら
れている」ということについて、特に皆さんはひどい思い違いに必ずおちい
るので、これをはっきりさせておきます。

 皆さんはこの意味を日本人独特の間違った解釈でとらえます。天から直接
指導されている幻視者は何でも神から教えられているのだから、共同体建設
についてもすべて幻視者に聞きながら進め、幻視者トップダウン(幻視者を
トップにすえた上意下達)のシステムのもと、幻視者の指示通りに動けば
共同体ができるという意味にとるのです。幻視者自身もまた、傲慢にもその
ような考えを持ちます。

 いいえ。皆さん、「共同体をつくる賜物」とはこれではありません。共同
体は幻視者がつくるのではなく、会則会憲に一から十まで従いつつ、聖シャー
ベル修道会の霊性とカリスマにのっとって、修道信徒や修道者になろうとす
る人々がつくるのです。皆さんには会則会憲が与えられています。しかも
日本語になっています。そして聖シャーベル修道会の共同体生活の教科書で
あるこの本が与えられています。そしてオーストラリアのナウラの母院で
長期に共同体生活を体験することができます。聖シャーベル修道会の霊性、
そのカリスマについても、こうして知ることができるのです。

「共同体をつくる賜物」とは、幻視者が、共同体建設に伴うさまざまの困難
や障害を、神に取り除いていただけるだけの功徳を積むことを意味している
のです。幻視者の使命とは、聖なる完全な徳の模範となることだと説明しま
したね。この使命は霊的な努力と戦いを英雄的に長期間、試練の中でささげ
なければ達成できません。その過程において彼らはたくさんの功徳をつみま
す。実は、共同体は功徳によって建設されるのです。

 表面上は人間的努力によって建設されているように見えますが、悪魔の
強力な妨害を突破してゆくのは、実は、ただただ共同体建設にかかわる人が
つんだ功徳によるのです。幻視者はその功徳を、悪魔の多方面にわたるあら
ゆる妨害をすべて突破しつくすのに必要なだけささげる役割を受け持ってい
るのです。彼らは特に犠牲の霊魂であれば、超自然的苦しみ、自然的苦しみ
を全て、イエズスの受難にマリア様を通して一致させ、豊かな功徳を得ます。
共同体建設に必要な功徳の大半を積むという賜物を幻視者は得るのです。こ
れが「共同体をつくる賜物を与えられる」という意味です。

 わかりましたね。日本のミッションの人々がやったこと、今もやっている
ことは、幻視者の使命の邪魔をし、幻視者に功徳をたてさせないようにする
ことなのです。つまり、幻視者を組織のトップにすえたてまつり、いちいち
指示を仰ぎ、天にお伺いをたてさせることです。皆さんは絶対にこの間違い
を繰り返してはいけませんよ。

 話を元に戻しましょう。幻視者にはできないことがあります。識別ができ
ません。一致することができません。一致をもたらすこと、一致を築き上げ
ることができません。まず幻視者は識別ができないということは説明しまし
たね。思い出してください。彼らが感覚的なものごと、超自然的な体験への
好み、望みを持ち、それらに魅力を感じ、執着しているうちは、まったく
識別ができないということなどを書きましたよ。

 一人一人の幻視者はジグソーパズルの1ピースです。同じピースがないの
と同様、彼らが天から全く同じものを受けることはありません。それが当た
り前なのです。天はその幻視者の霊魂の性質と能力、そして限界にそって
語ります。幻視者一人一人が違うのですから、天が与えるものが全く同じに
なることはありません。将来のシナリオについては、天は同時にいくつもの
シナリオを別々の幻視者に示します。これを絶対忘れてはいけません。人々
が百通りの反応する可能性があるなら、天は百通りのシナリオを用意して
啓示することができるのです。ですから幻視者一人一人の受けるシナリオが
違って当然です。また、受ける日時が新しければ、状況も変化していて、シ
ナリオもそれにそって変わってゆきます。

 しかし幻視者は自分の受けたものをこのように正しくとらえることができ
ません。自分の受けたものが100%実現する最も正確なものだと思いたい
のです。これも賜物に対する執着と彼らの傲慢さゆえです。彼らは自分が
他の幻視者と等しくジグソーパズルの1ピースにすぎないとは納得できない
のです。謙遜が足りないからです。彼らはそして、自分の受けたものと他の
幻視者が受けたものが違っているから一致したくないと言い張るのです。

 なんと愚かなことでしょう! なぜそんな張り合いをする必要があるので
すか? このように彼らは他の幻視者と一致することができません。それば
かりか、まわりの人にも自分の受けたものを一番重んじてほしい。自分とい
う幻視者を一番重んじてほしい。自分に一番関心を持ってほしい。頼ってほ
しい。と考えるのです。そうして一番大きなグループのリーダーになりたい
などと自愛心に満ちて考えるので、まわりの人に「公平な判断をし、すべて
の人と一致しなさい」とは決して勧めません。逆にまわりの人を自分の自愛
心に仕えさせようと行動し、発言するのです。他の幻視者とその受けたもの
について批判し、自分と自分の受けたものを正当化しようとします。

 ですから彼らは一致をもたらすことも、一致を築きあげることもできませ
ん。傲慢から「自分ひとりでやれるから一致する必要はない」と考える幻視
者に至っては、「一致の壊し屋」と呼ぶべきでしょう。

 皆さんは幻視者のこれらの弱さと限界、彼らにできないことを頭に刻み込
んだうえで、彼らにかかわってくださいね。そうしないなら皆さんは彼らを
落とし、彼らは皆さんを落とします。



----------------------------------------------------------------
4.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。


--------------------------------
2005年12月14日(水曜日) PM19:43〜19:57
聖ヨゼフ様からのメッセージ (秋田県湯沢にて)
--------------------------------
 愛する子ら(ジャン・マリー司祭、コルベ・マリー、ミシェル・マリー・
フランソワ、マリー・レベッカ、マリー・マドレーヌ)あなた方を祝福する。
私、ヨゼフがあなた方に話をする。

 大切な子らであるから、あなた方は互いに愛し合って、励ましあって、支
えあっていくように私(ヨゼフ)は心からあなた方にお願いする。あなた方
を愛し、心から天が喜んでいることを心に留めてほしい。一人も失ってはい
けないから、誰も一人として、あなた方は手が足に向かって『お前は要らな
い』と言うことがないように。みんな互いに愛し合って、支えあっていって
ほしい。あなた方の行いが喜ばれていることを、天に喜ばれていることを
私はあなた方に伝える。

 恐れないで、東京の共同体も前に進んでいってほしい。

 あなた方を祝福する。勇敢で在りなさい。愛している。あなた方を祝福す
る。司祭に祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2005年12月14日(水曜日) PM19:43〜19:57
聖ヨゼフ様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福する。あなたは多く苦しんできてい
るけれども、私はあなたを離れず、支えていることをあなたに強く伝える。

 あなたは勇敢にも自分の身を捧げてすべて身を捨てた。あなたはすべてを
神に委ねきって捧げたので、あなたが神に祝福されていることを私はあなた
に伝える。あなたはあなたの教皇職を全うする。恐れないで羊のために進み
なさい。

 愛する羊があなたのために多くの犠牲とつぐのいを持って祈りをし続けて
いる。天がこの祈りを受け入れており、あなたの勝利が間近であることを
あなたは知る。だから、恐れないであなたの行くべき道を行きなさい。天が
すべてあなたを祝福している。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。



----------------------------------------------------------------
5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
リトル・ゴールデン・ナイトに与えられた
マリア様とイエズス様からの警告
− 1999年4月7日 No.279 −

マリア様:
 決断の時が来ました。すべての者が今、神のために生きるか、それとも
悪魔のために生きるか、天国のためか、それとも地獄のためかを決めなけれ
ばなりません。世界には今日、悪魔を神として戴くカルト(狂信的教団)が
多くあります。子よ、なぜ悪魔を礼拝したいと思うのかと、あなたが困惑す
るのは分かります。それは、そのような忌まわしい行為へと導く、富、権力、
名声への執着のためです。死ぬ時、何が待っているのかを悟らないとは、な
んと愚かなのでしょう。彼らは真に、永遠に死ぬのですから。

イエズス様:
 反キリスト、マイトレーヤは今日、世界で出現を増やしている。マイト
レーヤは偽りの奇跡をもって多くの者を惑わしている。いとしい子供たちよ、
マイトレーヤには、その力があるのだ。マイトレーヤは悪魔の化身だからで
ある。新しい装置の多くは、特別にマイトレーヤのために設計されている。
マイトレーヤはテレビ、ラジオ、あらゆる種類のメディアを利用するであろ
う。マイトレーヤはすでに、規則的に音を発するデジタル時計を用いて子供
たちの頭脳のある部分をしびれさせ、子供たちに催眠術をかける準備をして
いる。あなたたちの上空を飛んでいる多くの秘密衛星から、これらの時計を
介して、まもなくマイトレーヤの声が送られるであろう。



----------------------------------------------------------------
6.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 12月から毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :1月12日の午後8時 〜 聖体行列

      1月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      1月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。


--------------------------------
【 東 京 】
 東京から日本を変える!
 ジャン・マリー神父の冬の交流集会ご案内

 多謝!ダンケ!メルシーボクー!デオグラチアス!神に感謝!
 世界大団円のずっこけヒーロー・ヒロイン達が颯爽と登場!
 ( ウッソー! 本当は皆さん全員が世界の将来を救う、
   ”光の子供”たち、”終末の戦士”なんだよ。 )

 マリー・マドレーヌ杉浦律子さん、
 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力さん...
 最も弱い人が、最も変な人が、「神の道具」として
 楽しくやってるよ。

 それはイザヤの預言やヨエルの預言で語られてきた、
 預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 秋田で名古屋で東京で続々と隣人愛と助け合い実践のコミュニティーが
 始まりました!
 コミュニティー(共同体)は「ニューエラ」へのゲートです!
 日本はアジアと世界の光と模範となるように予定された国なのです。
 日本が変わる! 世界が変わる! 日本の未来に希望を持ちましょう!

 ジャン・マリー神父による楽しい冬の交流集会のスケジュールが
 決まりました。美しいラテン語のグレゴリアン聖歌の美声と伝統的な
 トリエント 典礼!

 (1)東京での集会
   会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
   日 時  :1月15日 日曜日 13:00-16:30
         2月19日 日曜日 13:00-16:30
   会 場  :タワーホール船堀
        (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)   
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
         地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

 (2)横浜での集会
  会の名称 : グレゴリアンソサエティー
  日 時  : 1月22日 日曜日 13:00-17:00
         2月26日 日曜日 13:00-17:00
  場所  : 大倉山記念館
       (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
        東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027

   セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :1月20日 金曜日 9:00〜12:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。今回12月の旅行で尽きました。皆さまのご協力をお願
いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 00880−4−204678

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 00880−4−204678

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月1日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00880−4−204678

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]