「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年12月18日号No.284

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年12月18日号 No.284

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
【 東京共同体の創立 】

 12月13日、聖シャーベル修道会の「東京共同体」が創立されました。
「名古屋共同体」「秋田共同体」に続く、日本における第3番目の共同体
です。 この日、秋田県湯沢市において、「13日の償いのプログラム」
(Atonement Day)のミサ中、東京共同体の創立者の一人、ミシェル・マ
リー・フランソワ奥田力が正式に聖シャーベル修道会の第3部門修練者と
して受け入れられました。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第143章 】

 日本人は幻視者を「巫女」のように思い、天にお伺いをたててもらおうと
しますが、幻視者は「巫女」とは全く違います。彼らの使命は天にお伺いを
たてることでも、天からのメッセージを伝えることでもありません。幻視者
の使命とは、聖なる完全な模範となることです。彼らが注目される存在とし
てたてられているのはそのためです。

 人間とは徳、悪徳、罪、罪を避けることに関しては、いくら聞いたり、読
んだり、黙想したりしても、聖なる完全な模範を見ない限り、だれも本当に
知ること、悟ることができないものなのです。知っているつもりにはいくら
でもなれます。そしていくらでも思い上がることができます。しかし、本当
に徳を英雄的に実践している人の、聖なる完全な模範を見るとき、それらの
空しい自信と誇り、甚だしい思い上がりはガラガラとくずれ去り、自分の
無知、徳のなさ、本質的な悪さ、罪深さを痛感させられます。これほど聖な
る完全な模範は強力で、重要で、それの代わりになるものなど何もないほど
貴重なものなのです。そして徳を実際に、しかも英雄的に実践している人だ
けが、この聖なる完全な模範を示すことができるのです。

 そういう人がどれほどこの世界には少ないことか! 皆に徳、悪徳、罪、
罪を避けることに関して理解させ、徳に進ませ、完成させるためには、絶対
に必要なこういう人になるという使命は、どれほど重大な使命でしょう! 
幻視者たちは全力を尽くして、そして持てる力をすべて集中させて、この
困難な使命にあたらなければならないのです。力を分散させればさせるほど、
この使命を果たすのが難しくなります。

 皆さんが幻視者に、天にお伺いをたてさせようとすることは、幻視者が
本来の使命に向けるべき力を分散させ、本来の使命に注がれる力をそぎ、使
命を果たせなくさせることです。彼らはひたすら愛と善徳に進むことを目指
すべきなのです。特に、注目される存在としてたてられた彼らは、攻撃と
迫害の矢面に立つようにも召されていて、徳の英雄性を、つまり完徳のレベ
ルまで行くことを必然的に求められています。

 例えば「敵を愛する」という徳を誰よりも完全に、英雄的に実践している
のはリトル・ペブルさんです。彼は世界中が敵になっているに等しい状態に
います。彼はこの徳を長年にわたり、完全に実践しています。彼を見ること
によって「敵を愛する」徳を完全に実行するためには、ゆるしはもちろんの
こと、敵のために祈り、祝福し、彼らの善のために働くこと、自分のものを
彼らに与えること、これらもすべて求められていることを知ることができま
す。

 徳は試練によって練り鍛えられ、完成されてゆくものです。試練のさなか
で徳の完全性、英雄性はより輝き、皆によく見えるものとなります。他の
人々には課せられないほど大きな試練を耐え忍ぶことと、すべての人々の目
に見える英雄的な徳の実践の模範となることは、結びあわされたひとつの
使命です。だから彼らに求められている愛と善徳のレベルは完徳のレベルな
のです。

 皆さんは彼らのこの第一の、そして困難さゆえに力を結集しなければ達成
できない使命を、天にお伺いをたてさせることで邪魔しないでください。
主要な使命を果たせないということは落ちることでもあるのです。天はその
人にかえて他の人を立てざるを得なくなるからです。あなたのエゴイスティッ
クな望みで幻視者を落とすことは決してやってはいけませんよ。

 幻視者に、天にお伺いをたてさせてはいけない理由は他にもあります。そ
れらを説明しましょう。幻視者は傲慢になりやすいということをすでに説明
しましたね。彼らが落ちずに使命を果たしぬくには、絶対的に謙遜を守らな
ければならないのです。傲慢になればたちまち落ちてしまいます。彼らに
とって尊敬の目で見られること、上位のもののように接せられること、感謝
されること、頼られること、称賛を受けること、特別なもののように扱われ
ることは毒を飲まされることに等しいのです。

 皆さんが幻視者に、天にお伺いをたてさせる時、誰にも言わないような
秘密を打ち明け、特別扱いをします。「お願いします」「ありがとうござい
ました」と「巫女」のようにたてまつります。個人的に話をすることがある
なら、彼らに称賛、尊敬の言葉を浴びせます。こうして皆さんは幻視者に毒
を、これでもかこれでもかと飲ませるのです。こんなことをやられて傲慢に
ならずにすむ人がどこにいるでしょうか。

 天からこの質問を取り次ぐ役目を与えられているのがリトル・ペブルさん
だけだということが、この使命がいかに危険なものかを物語っています。こ
の点でも、天にお伺いをたてさせることは幻視者を落とすことだといえます。

 また、別の理由ですが、皆さんが「天にお伺いをたててください」と頼ん
でしまったら、幻視者は天から答えのメッセージをもらわなくてはと、どう
しても思ってしまいます。幻視者の霊的指導者が、彼らに対してまず初めに
すべきことは、彼らから感覚的なものごとに対する好み、超自然的体験に対
する好みと望み、賜物として彼らに与えられている感覚的なもの・超自然的
体験に対する執着をことごとくはぎとることです。

 それなのに皆さんが幻視者に、天にお伺いをたてさせることは彼らに超自
然的体験を求めさせ、執着させてしまうのです。彼らは本当は、自分の受け
るもの、体験するものを受け流さなくてはならないのです。それらを軽んじ、
愛と善徳に進むことだけを重んじなくてはならないのです。しかし皆さんが
それらをありがたがるので、逆にそれらを重んじてしまうのです。

 賜物としての感覚的なものや超自然的な体験によっては、どんな幻視者も
聖徳には一歩も進めません。徳は試練の中で長い期間、繰り返し実践し続け
ることによってのみ身につくのですから。そのようなものは本質的に何の
価値もなく、むしろ悪魔が誤りを中に入れることができる領域です。それに
よって悪魔にだまされてしまうばかりとさえ言える危険なものです。

 ですから重要視せずに受け流さなければいけません。そのかわり、ただ愛
と善徳にのみ価値を置き、ひたすらそれを獲得しようと努力しなければなり
ません。このようにしない限り、幻視者はすぐに悪魔のえじきになって落ち
てしまいます。ですからこの点でも幻視者に、天にお伺いをたてさせること
は彼らを落とすことといえるのです。

 さらにまた、別の理由があります。悪魔は幻視者が受け取る天からのメッ
セージに入り込み、悪魔からの、自我からの、隣人からの影響を与えて誤り
を入れ、混乱させようと全力を尽くしていますし、そのためにあらゆる機会
を利用します。幻視者とは善意にあふれてはいても、公平な愛は持っておら
ず、非常に身びいきだということを説明しましたね。幻視者の知人が、幻視
者に、天にお伺いをたてさせるとき、この身びいきな自我と隣人からの影響
は最大限にメッセージに影響しやすい状況が生まれます。これを避けること
はほとんど不可能です。

 そのうえ幻視者のメッセージは公的で重要なものは神によって強力に守ら
れますが、私的なものはほとんど守られていません。ですから悪魔にやりた
い放題に誤りを入れられてしまいます。これを天からの答えとして受け取る
人はもちろん、取り次ぐ幻視者も巻き込んで混乱させることを悪魔はもくろ
み、そういう結果になるような誤りを入れますから、幻視者に天にお伺いを
たてさせて損害を受けるのは皆さんだけではすまず、その幻視者にも混乱が
およびます。ですから、この点でも幻視者に天にお伺いをたてさせることは、
皆さんが幻視者を落とすことになるのです。

 幻視者を皆さんが落とすことのないように、彼らに天にお伺いをたてさせ
てはいけないということがよくわかりましたか? これが幻視者とかかわる
うえで、皆さんが第一に気をつけるべきことです。皆さんは彼らから徳の
実践の模範だけを期待してください。聖なる完全な徳の模範を皆さんに見せ
ることが、公的な人としての彼らの使命なのですから。そして彼らのために
祈ってあげてくださいね。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。


--------------------------------
2005年12月1日(木曜日) AM8:57〜9:07
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市にて)
--------------------------------
マリア様:
 愛する子らよ、あなた方(ジャン・マリー司祭、コルベ・マリー、マリー・レ
ベッカ、マリー・マドレーヌ)を祝福します。私、聖母マリアがあなた(マ
リー・マドレーヌ)にお話します。

 あなた方は謙遜になってください。私は神によって、無原罪の御宿りを受
けて、私は罪のないものとして、神に定められました。サタンに勝利するた
め、また罪びとである多くの子らが救われるためです。

 あなた方は愛するイエズスと一緒にこれからの道を歩みます。多くのこと
が待っています。恐れないで歩んでください。あなた方を祝福し、あなた方
のうえに豊かに恵みを注ぎます。あなた方は一つひとつの事を成していく時
にも私により頼んでください。あなた方は本当に子どもですから。私はあな
た方を愛し、あなた方を豊かに用います。

 愛する息子(ジャン・マリー神父JM)がどれほど私を慕っているかを見てく
ださい。あなた方は彼(JM)の模範に習うべきです。

 そして、今牢獄にいる愛する淨配リトル・ペブルのためにあなた方は祈っ
てください。彼は必ず救い出されます。

 あなた方は希望を持ってこの困難な時機を勇敢に乗り切ってください。あ
なた方は多くの事柄が待っていますけれども、恐れないで歩んでください。
あなた方に祝福を送ります。司祭に祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2005年12月1日(木曜日) AM8:57〜9:07
(秋田県湯沢市にて)
聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
--------------------------------
マリア様:
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福します。あなたは私を愛し続けてき
ました。あなたはどんな時においても、私にすがって私を愛し、イエズスの
聖心に密着して彼の聖心を慰めてくれました。

 私はあなたをどれほどに深く愛しているかしれません。あなたの母がいつ
もそばにいて、あなたを豊かに祝福します。いつもあなたのそばにいる私が
あなたを最後まで導きます。恐れないで歩んでください。

 多くの子らが祈っています。あなたは多くの喜びを知ることになります。
恐れないで、あなたの道を歩みなさい。いつもすぐそばに、慰めの母、愛の
母がすぐそばにいます。恐れないで、安心してあなたの母に身を委ねて、こ
れからの道を歩みなさい。祝福を送ります。父と、子と、聖霊との御名によ
りて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
リトル・ゴールデン・ナイトに与えられた
マリア様とイエズス様からの警告
− 1999年4月6日 No.278 −

 子よ(リトル・ゴールデン・ナイト)、マイトレーヤに関して最近あなた
が熟考していることは真実です。マイトレーヤが、支援を得る手段として
催眠術を重用するであろうことを知ることは、私の小さな者たちすべてに
とって重要です。

 マイトレーヤは、地上の子供たちが見過ごしがちなものを利用しています。
そのひとつがデジタル時計です。空には、あなたたちの知らない衛星が数多
く飛んでいます。これらの衛星が、デジタル時計に特別の信号を送るために
使われています。デジタル時計からは、一日のうちに繰り返して多くの音、
鳴動が発生します。私の小さな者たちは気づいていませんが、これらの音は
頭脳のある部分をしびれさせ、子供たちをマインドコントロール、催眠術の
影響を受けやすくするために利用されます。それゆえ、私の小さな者たちは
伝統的な時計、すなわち機械式あるいは電池で動く(アナログ)時計だけを
身につけるべきです。マイトレーヤは私のいとしい小さな者たちをコント
ロールするために、多くの仕掛けと計画を持っています。このため、私は今、
マイトレーヤのいくつかのトリックについて、あなたたちに話しています。
もし、私の小さな者たちが、この世のもの、最新の発明から離れるなら、誤
って導かれることはないでしょう。

 地上には今、多くの悪魔が歩き回っています。ロザリオを祈るならば、あ
たかも剣を取り、悪魔に突きつけているようなものです。それは、私の至聖
なるロザリオの力なのです。私の小さな者たちよ、どうか毎日、ロザリオを
祈ってください。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ クリスマス集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 12月から毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :1月12日の午後8時 〜 聖体行列

      1月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜 トリエント・ミサ
          〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜 ロザリオ
                  (最大延長の場合、4時半まで)

      1月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。


--------------------------------
【 東 京 】
 東京から日本を変える!
 ジャン・マリー神父の冬の交流集会ご案内

 多謝!ダンケ!メルシーボクー!デオグラチアス!神に感謝!
 世界大団円のずっこけヒーロー・ヒロイン達が颯爽と登場!
 ( ウッソー! 本当は皆さん全員が世界の将来を救う、
   ”光の子供”たち、”終末の戦士”なんだよ。 )

 マリー・マドレーヌ杉浦律子さん、
 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力さん...
 最も弱い人が、最も変な人が、「神の道具」として
 楽しくやってるよ。

 それはイザヤの預言やヨエルの預言で語られてきた、
 預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 秋田で名古屋で東京で続々と隣人愛と助け合い実践のコミュニティーが
 始まりました!
 コミュニティー(共同体)は「ニューエラ」へのゲートです!
 日本はアジアと世界の光と模範となるように予定された国なのです。
 日本が変わる! 世界が変わる! 日本の未来に希望を持ちましょう!

 ジャン・マリー神父による楽しい冬の交流集会のスケジュールが
 決まりました。美しいラテン語のグレゴリアン聖歌の美声と伝統的な
 トリエント 典礼!

 (1)東京での集会
   会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
   日 時  :1月15日 日曜日 13:00-16:30
         2月19日 日曜日 13:00-16:30
   会 場  :タワーホール船堀
        (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)   
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
         地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

 (2)横浜での集会
  会の名称 : グレゴリアンソサエティー
  日 時  :12月18日 日曜日 13:00-17:00
         1月22日 日曜日 13:00-17:00
         2月26日 日曜日 13:00-17:00
  場所  : 大倉山記念館
       (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
        東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027


--------------------------------

【 静岡県 磐田市 】
 会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
 日 時  :12月24日 土曜日 9:00〜12:00
 会 場  :「アミューズ豊田」リハーサル室
      (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)   


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「 主の御降誕祭 − クリスマス・ミサ 」
 日 時  :12月24日 土曜日 23:00〜クリスマス深夜ミサ
       12月25日 日曜日  9:00〜12:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :12月23日 金曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。次回12月の旅行でこれも尽きる見通しです。皆さまの
ご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は12月25日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]