「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年12月11日号No.283

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年12月11日号 No.283

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ





----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
【 秋田への交通 …13日の償いの日について… 】

 首都圏からこっちよりの方なら、秋田新幹線・夜行バスetcで、日帰り
が可能です。首都圏より遠い方、また告解を希望される方は、湯沢市で宿泊
されることをお勧めします(当方では宿の手配はいたしません)。夜行バス・
青春18切符をうまく使えば、遠方の方でも安く日帰り(?)できるかもし
れませんね。

 湯沢市についてからの移動はタクシーがお勧めです。お友達と相乗りすれ
ば比較的安くこれるでしょう。今の時期、スキー場なみに雪が降ってますか
ら、油断めさるな! 歩いてこようとすると「八甲田山……」みたいになる
かも!

宿・観光スポットの情報は下記へどうぞ。

◆湯沢市のホームページ
 宿・観光スポット・イベント情報etc
http://aios.city-yuzawa.jp/contents/webyuzawa.nsf

◆湯沢ロイヤルホテル
 「湯沢インター(湯沢横手道路)」近くで便利です。
http://www.yuzawa-royal.co.jp/



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第142章 】

 幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちは、傲慢におちいりやすいのです。それ
はなぜかをこれから説明しましょう。まず彼らはもともと謙遜になることが
難しいタイプの人たち、つまり感覚的な人たちだからです。

 謙遜になるためには、自己の認識が必要です。自分が日々たくさん犯して
いる罪、持っている悪徳の数々、弱点と欠点、自分について認識すべきこと
は山ほどあるのですが、彼らの祈りは感情的、感覚的な祈りであって「認識
の祈り」ではありません。認識のための努力を祈りのうちにしようとしない
のです。

 また、自己の悪さ、罪深さは、聖なる善い人と自己を比較することで、よ
りはっきりと認識できます。最も聖なる善い方とは神なので、神の聖なる
本性、全き善さ、あわれみを認識すればするほど、より自分の悪さ、罪深さ
をはっきり認識できます。しかし、やはり彼らの祈りが感情的、感覚的な祈
りであり、「認識の祈り」ではないため、神の聖なる本性、全き善さ、あわ
れみについても祈りのうちに認識する努力をしていません。

 神の聖なる本質、本性に対して無知な彼らは、そのため余計に自分の悪く、
罪深い本質、本性が認識できません。だから自分が良い人間に思えるのです。
彼らはこの「無知による傲慢」におちいるのです。「自分のことは棚にあげ
て」という日本語がありますね。「認識の祈り」をしない彼らはいつも自分
のことが棚にあがりっぱなしの状態です。自分の本当の悪さを見つめていな
いのです。これは感覚的な人間であればあるほどそうなります。日本人で
ある皆さんも、自分に思いあたることがあるはずですよ。人ごとではありま
せんね。

 この謙遜になりにくい土台の上に彼らには「知識による傲慢」が生じるの
です。聖パウロが「知識は人を高ぶらせ、愛は徳をたてる」と言っています。
この知識は、今述べた自己の悪い本質、本性、神の聖なる本質、本性の知識
以外の知識です。まず彼らは与えられた賜物により、皆が体験しないことを
体験し、皆が持っていない知識を持ちます。そのこと自体が自尊心を刺激し、
自分を人より優れていると考えさせます。

 しかし、それだけではありません。神が彼らに徳のことを説明するなら、
その意図は彼らにその徳を実践させるためです。つまり彼らがその徳を実践
していないか、実践が不十分なのです。神が彼らに罪や悪徳について説明す
るなら、その意図は彼らにその罪や悪徳を克服させるためです。つまり彼ら
がその罪や悪徳を克服していないのです。

 しかし彼らは神から説明されて、その知識を持ったことにより、徳に関し
ては自分が実践している気になり、罪や悪徳に関しては自分がもうそれを
克服してしまった気になるのです。これが知っていることによって傲慢にな
るもうひとつの理由です。

 このことは彼らだけでなく皆さんにも起こります。経験があるはずですが、
メッセージや、マリア・ワルトルタの著作や、信心書、聖人伝を読んで自分
が聖人になったような気になってしまう、また、かなり自分が進歩している
ように思ってしまう錯覚を起こします。これも、知ったことで実践している
気になるからです。天がこれらの本を読むように勧めるのは、逆に聖なる
模範と自分を比較し、自分の足りなさ、罪深さ、悪さをもっとよく認識する
ことができるようになるためです。それなのに読んだ分、人よりよく知って
いることで、皆さんもそれを誇るという傲慢におちいります。ですから2つ
の理由での「知識による傲慢」に皆さんもおちいるのですから、やはり人ご
とではありませんよ。

 さて、幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちは天から直接、そして皆さんは
読むことによって徳や罪に関して教わります。それでもう知った気になるの
ですが、実は知るべきことをほとんど何も知らないのです。

 これを例を用いて説明しましょう。例えば「人を裁くな!」とイエズスに
言われたとしましょう。これで人を裁いてはいけないということが分かった
のです。しかしそれだけでは何も知らないのとほとんど変わらないのです。
「人を裁くな!」と言われ、そのことに気をつけて自分を改善しようと真剣
に努力しても、自分だけで改善できるのは、自分が犯しているこの罪の全体
の1%にも満たないでしょう。まず何気なく犯してしまっているこの罪には
気がつくことができません。一日に何度か、明らかに心の悪意を意識しつつ
悪口を言ってしまうことに気がつくだけではありませんか? 人を裁くとい
う罪がどれほど多様な側面を持っているかが分かっていないでしょう?

「人のおこないは、ことごとく神の御旨のあらわれである」と受け止めてい
ますか? それ以外の受けとめ方はすべて人を裁くことになり、罪なのです。
隣人のおこなうことのすべてを喜び、隣人の意向についてすべて善意に受け
とめるところまでいかない限り、あなたは人を裁いていますし、この罪は
克服できていません。まさに人が意識できるのは犯しているこの罪のほんの
わずかだけで、それは氷山の一角よりもわずかであり、水面下には巨大な量
の罪が意識されないままになっているのです。

 そのうえ人間というものは、自分自身を裁くにあたっては甘く、砂糖のよ
うに甘く判断してしまうものなのです。だからなおさら多くの罪が見逃され
てしまいます。この罪は日常のささいな思い、感情、判断に至るまで入り込
んでいる罪です。もしかして一日中絶え間なくこの罪を犯し続ける日だって
あります。それをイエズスがいちいちそのたびに、厳しく注意し、とがめ、
やめさせて下さいますか? そんなことはありませんね。

 聖ジェンマ・ガルガーニという聖人には、その役目の厳しい天使が遣わさ
れていました。恐ろしいまでに厳しく、些細なことまでとがめる役目の天使
です。こんなケースは他にありません。彼女はこんな厳しい天使が他の人に
与えられたら大変だと思っていました。それでも彼女はこの天使のほかに、
これまた徹底的に厳しく欠点を指摘する指導司祭についていたのですよ。こ
のような指導者にいろいろと細かく厳しい指摘を受けない限り、人は誰も
自分の犯している罪を十分認識できないものなのです。

 そしてさらに決定的なことを書きます。天から直接指導されようが、本で
読もうが、だれでも徳に関してや、罪を避けることに関しては、実際の聖な
る模範を見ない限り、知っていると思っていても、本当は知ってなどいない
のです。

 私は、人を裁かないという徳においては完全なある修道士と同じ修道院で
一緒に暮らしたことがあります。彼を見て、初めて人を裁かないということ
はどういうことかを知りました。このようにたとえ何千回、何万回、人を
裁くなと聞いても、それについて読んでも、黙想しても、聖なる完全な模範
を見ない限り、この徳がどんなものかを知ることはできないでしょう。

 幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちが、自分は天から直接指導されているか
ら一人でやっていけるという時、それは、私は指導者がいなくても、自分の
あらゆる罪と欠点に自分で気がつくことができます。私は聖なる完全な模範
を見なくても、徳と罪のあらゆる側面を自分で悟ることができます。と宣言
しているのと同じです。これはひどい思い上がりです。彼らはこのように
ひどい傲慢におちいるのですよ。皆さんもよく覚えておいてください。

 実は、これほど傲慢におちいりやすい彼らを、なおさら傲慢にするのが
まわりの人々なのです。皆さんが、彼らは天から直接指導されているのだか
ら徳が高いだろうとか、ぐんぐん徳の道に進んでいけるだろうとか、徳と罪
に関して深い洞察を持っているだろうとか思って、彼らに接するなら、彼ら
は皆さんの影響のせいで自分を高く評価します。そうしてますます傲慢に
なって落ちてしまうのです。

 指導者が彼らをいくら謙遜になるように導こうと、あらゆる努力を払って
いても、そんな努力が皆さんの影響によってあっという間に吹っ飛んでしま
うほど、まわりの人によって彼らは高ぶらされてしまうのです。多くの幻視
者、神秘家、恵みの霊魂は、まわりの人に落とされてしまったのだと言えま
す。

 どうか皆さんが天の選んだ大切な人を落とさないようにと私はお願いしま
す。そのためにも彼らについて、そして彼らとのかかわり方についてよく
知っておいてください。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
リトル・ゴールデン・ナイトに与えられた
マリア様とイエズス様からの警告
− 1999年3月31日 No.277 −

 今後は強くあり、祈ることを忘れないようにしなさい。誘惑は強いでしょ
う。あなたたちは、獣の印なしには売買ができなくなるでしょう。獣の印は
天から禁じられています。それゆえ、生き延びるために必要なものを貯えて
おくことは賢明です。私たちは今、世界中に多くの選ばれた共同体を建設し
ています。それらの共同体では、あなたたちは兄弟姉妹として生きることに
なります。これらの地は特別の保護を受けていますし、特に来るべき時には、
今そうであるように特別の保護を受けるでしょう。そこには、あなたたちが
人々を受け入れざるをえない将来の懲罰の時、あなたたちのところに人々が
来るでしょう。彼らを恐れてはなりません。信仰をもたずに来る人々は守ら
れないでしょうから。

 小さな者たちよ、この世のことにかかずらわってはなりません。幾千ある
いはそれ以上の悪魔が滅ぼす霊魂を求めて市を街を歩き回っています。余っ
た時間は祈りに、そして命の書と同様である天からのメッセージを読むこと
に使いなさい。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ クリスマス集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 12月から毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :12月12日の午後8時 〜 聖体行列

      12月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
           〃   1時半〜 トリエント・ミサ
           〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
           〃   3時半〜 ロザリオ
                   (最大延長の場合、4時半まで)

      12月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 12月から毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。


--------------------------------
【 東 京 】
 東京から日本を変える!
 ジャン・マリー神父の冬の交流集会ご案内

 多謝!ダンケ!メルシーボクー!デオグラチアス!神に感謝!
 世界大団円のずっこけヒーロー・ヒロイン達が颯爽と登場!
 ( ウッソー! 本当は皆さん全員が世界の将来を救う、
   ”光の子供”たち、”終末の戦士”なんだよ。 )

 マリー・マドレーヌ杉浦律子さん、
 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力さん...
 最も弱い人が、最も変な人が、「神の道具」として
 楽しくやってるよ。

 それはイザヤの預言やヨエルの預言で語られてきた、
 預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 秋田で名古屋で東京で続々と隣人愛と助け合い実践のコミュニティーが
 始まりました!
 コミュニティー(共同体)は「ニューエラ」へのゲートです!
 日本はアジアと世界の光と模範となるように予定された国なのです。
 日本が変わる! 世界が変わる! 日本の未来に希望を持ちましょう!

 ジャン・マリー神父による楽しい冬の交流集会のスケジュールが
 決まりました。美しいラテン語のグレゴリアン聖歌の美声と伝統的な
 トリエント 典礼!

 (1)東京での集会
   会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
   日 時  :1月15日 日曜日 13:00-16:30
         2月19日 日曜日 13:00-16:30
   会 場  :タワーホール船堀
        (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)   
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
         地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

 (2)横浜での集会
  会の名称 : グレゴリアンソサエティー
  日 時  :12月18日 日曜日 13:00-17:00
         1月22日 日曜日 13:00-17:00
         2月26日 日曜日 13:00-17:00
  場所  : 大倉山記念館
       (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
        東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027


--------------------------------

【 静岡県 磐田市 】
 会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
 日 時  :12月24日 土曜日 9:00〜12:00
 会 場  :「アミューズ豊田」リハーサル室
      (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)   


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「 主の御降誕祭 − クリスマス・ミサ 」
 日 時  :12月24日 土曜日 23:00〜クリスマス深夜ミサ
       12月25日 日曜日  9:00〜12:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :12月23日 金曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。次回12月の旅行でこれも尽きる見通しです。皆さまの
ご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は12月18日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]