「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年12月4日号No.282

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年12月4日号 No.282

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第141章 】

 私はイエズスから、天使から、聖人から、直接指導されているから、一人
でやっていけますという、思いっきり傲慢でばかげた思い上がりに、あまり
にも多くの幻視者、神秘家、恵みの霊魂がおちいるので、書きにくいことも
含めて、今どれほど悪魔がすさまじい力を発揮しているかを書きましょう。

 悪魔は何十年も先のことを許された範囲で知っています。そして先回りし
て混乱の種をまきます。世界中でカルトの問題があっちでもこっちでも噴出
した時期がありました。ちょうど天の選ばれた共同体を、リトル・ペブルさ
んに一致したミッションにおいて設立するようにと天から指示が与えられる
前でした。これによって人々は、天の選ばれた共同体をカルトと同一視しま
した。このため世界中で共同体の設立は困難を極めています。いまだにこの
偏見は続いています。

 マリア様はこれが悪魔の先回りによる妨害だと教えてくださいました。こ
のように悪魔はこの終わりの時、時間的にも地域的にも壮大なスケールで
働くことを許されているのです。これは個人を攻撃することにおいても同様
で、しかもとんでもない手段を使うことまで許されています。

 皆さんは、リトル・ペブルさんに与えられた「聖なるもの」から、聖霊が
「聖なる種」を奇跡的に運び、それによって平和の統治の世代の子供たちが
生まれてくることを知っているでしょう? 平和の統治では人間に性欲は
なく、夫婦は性行為をしません。そしてその子供たちがもうすでに生まれ
始めています。そうです。女性が男性の協力なしに奇跡的に妊娠しているの
です。私の友人たちにも聖霊によるその奇跡が行われました。一人は10代
の少女で、カナダでその奇跡が行われました。

 いま起こっていることを前もって知ることを許された悪魔は、人々を混乱
させるための種をまくために、40年ほど前にその猿まねをしました。カナ
ダで起こった事件で、「アグネス」という映画まで、この事件をもとにドキュ
メンタリーとして制作され、世界中に広められたので、多くの人がこの事件
を知っています。

 「識別」が全くできない修道院長とシスターたち、老神父のもとで事件は
起こります。修道院長の姪が修練女として修道院にいます。彼女はアルコー
ル中毒の母親から性的なものまで含めて虐待を受けて育ったので、嘘をつく
癖があります。悪魔は神に化けて、彼女の上にのしかかり妊娠させたのです。
どこからか男性の精子を手に入れ、運んだのですね。彼女は赤ちゃんを産み
ますが、産声を上げないうちに絞め殺して、ごみ箱に捨ててしまいます。
司法の依頼で女性精神科医が調査しますが、その過程で今度は聖痕を悪魔が
彼女につくり、出血させます。事件にかかわった人たちは混乱の中に残され
ます。映画ではそこまでです。

 このよく知られた事件の及ぼす混乱のためにも、また、それ以後も同様に
猛威を振るい続ける悪魔のだましのためにも、いま起こっている女性の奇跡
的妊娠に関して、厳密な「識別」が重要になっていますし、それに類するこ
とに関してもたくさんの混乱が起きています。

 例えば悪魔による妊娠を、神によるものだと勘違いさせるのと逆に、聖霊
による「聖なるもの」からの「聖なる種」での妊娠と同時期に、悪魔がその
女性にそれが男性との性行為によるものだと勘違いさせることもあり得ます。
女性は感覚的な体験を好み、求めます。そこに悪魔につけいられる弱さがあ
るのです。

 幻視者や神秘家や恵みの霊魂の多くは女性です。ある幻視者に、悪魔は
赤ちゃんのイエズスに化けて現れていて、毎日、その女性のおっぱいを吸っ
ていました。ある幻視者には大人のイエズスに化けて現れ、その女性を抱き、
彼女にイエズスの子を妊娠したと信じ込ませました。だまされた幻視者たち
は傲慢になって落ちてしまいました。

 悪魔はまた他の男性に化けて性行為をすることもあります。もちろんその
女性がそれを本当に当の男性だと思い込むことで、大混乱や大問題、大分裂
が起こるような男性に化けるのです。悪魔が人間に化けた場合、見破ること
がほとんどできないのです。そしてどこからか手にいれた精子を運んで妊娠
させることさえできるのです。

 女性が男性に抱かれることや、赤ちゃんを抱くこと、そういう感覚的な
体験に非常にひかれるというところに、その望みをかなえるような体験を
与えることで大きな喜びを感じさせ、その喜びで盲目にさせ、「識別」でき
なくさせるのです。そして悪魔はその人間をよく知っていて、その人間の
一番弱いところを狙います。

 この時代は、これほどまでに悪魔がその能力をだますために使うことが
許されている時なのです。悪魔にとって幻視者をだますことなど、赤子の手
をひねるようなものです。いったい誰がこんな強力な悪魔に対抗できるで
しょうか?

 しかし神は、従順で忠実で謙遜な幻視者、神秘家、恵みの霊魂が悪魔に
だまされることのないようにと、リトル・ペブルさんを「岩」として与えて
くださっています。大嵐の中の小舟は、この岩に自らをゆわいつけることに
よって難破せずに済むのです。リトル・ペブルさんと固く一致し、彼に与え
られた「識別」の賜物によって「識別」を助けてもらい、彼と、そして彼と
一致した仲間と、愛しあい、支えあい、尽くしあうならば最後まで堅忍でき
ます。

 自分一人でやれるという人や、愛も祈りも弱い名ばかりの一致しかしない
人は、天の求めに不従順、不忠実で、しかも傲慢なので、神はそういう人を
守りたくても守ることができません。

 これだけ書けば、皆さんは傲慢な自信を捨ててくれるだろうと私は期待し
ます。聖人たちは聖徳が深まれば深まるほど、自分が罪深く、弱く、貧しい、
悪いものだという意識を強めました。天からの直接の指導を受けることで、
なぜ傲慢になっていくのかよく考えてみてくださいね。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。


--------------------------------
2005年11月28日(月曜日) PM19:48〜19:55
イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
--------------------------------
 愛する子(マリー・マドレーヌ(MM))あなたを祝福する。イエズスがあなた
(MM)に話をする。

 あなたは多くの苦しみ、多くの痛み、多くのことをこれから捧げていく。
あなたはこの準備をしてきているけれども、あなたを愛するイエズスがいて、
あなたを理解する人がいることをこれからも覚えておくように。恐れないで
私に近づき、私を求めるようにあなたに言う。愛している。恐れないで私の
言葉を聴き、あなたが行くべき道をこれからも歩むように私はあなた(MM)に
願う。あなたはこの苦しみをこれからも捧げ続け、あなたが行くべき道を
これからも歩むように私は切に願う。

 誰もこの苦しみを捧げる人がいない。それで、あなたがどんな小さな痛み
に対しても「良いもの」として受け入れ、私がこれを与えていることをあな
たが知るようにと私はあなたに言う。あなたは日本の救いを多く見ることに
なる。けれども、私が介入し、私がすべて行うことをあなたは知るように。
愛する息子(ジャン・マリー神父)と共にこれからあなたには行くべき道があ
る。あなたはこれを耐えよ。

 あなたに行くべき道を私がすべてあなたにすべて示すから、あなたはそれ
を心にとどめておくように。私はこれからもあなたを祝福し、あなたに苦し
みを与えるけれども、あなたは決してそれから逃げてはいけない。あなたは
これを心にとどめておくように私は心からお願いする。

 多くの人々がこれから起こされるけれども、あなたはこれを私(イエズス)
がなしているということを覚えておくようにと私はあなたに言う。愛してい
る。ヨゼフとマリアと共にあなたを祝福する。栄光を神に帰す司祭とともに、
あなたも神に栄光を帰すように、これからもあなたに強く願う。

 あなたはちっちゃい子だから、あなたが祈る祈りは素朴で、どんな飾り気
もない言葉であるように。それ以外は私はいらない。あなたは小さな子だか
ら、それを心にとどめておくように。

 多くの人と比較してはいけない。あなた(MM)は生まれてから多くの傷を
負ったけれども、あなたがこれから行くべき道は、私が捨てられた道を歩む
から、あなたはそれを心に留め、受難を黙想し、愛して、私を愛してほしい。

 私が選んだのは、あなたが惨めで弱いから、あなたには何もないからだ。
私は、それをあなたが良いと思っていたものを、あなたから剥ぎ取った。
だからすべてあなたが行くべき道を私は司祭を通してあなたに告げるから、
あなたはこれを心にとどめておくように。愛する子らが多くの事業をしてい
く。だから、あなたは苦しみを捧げ続けるように私は心からお願いする。

 皇室のことにおいてもあなたは多くのことを見る。日本の大改心が近い
ので、あなたは心して準備していくように。多く改心者が与えられるから、
あなたはへりくだって私に素直にすべて話していくように。あなたはこれか
らもどんなことにおいても司祭の言うことを聞いて、すべてを良いものとし
て、私が与えるものとして、それを受け入れるように。愛している。あなた
のすべてに祝福を送る。

 リトル・ペブルのために祈りなさい。彼が苦しんでいるけれども、あなた
(MM)はあなたのその苦しみを捧げることによって、あなたの小さな苦しみを
通して、彼に一致する。一つひとつの苦しみを私は彼に、リトル・ペブルに
一致させるものとして、あなたにその苦しみを与える。

 あなた(MM)はまもなく痛みを負う。だから、あなた(MM) は今までできた
ことができなくなるジレンマを抱えている。けれども、あなたはすべて私に
委ねていくようにと、私は心からあなたに言う。あなたを愛しているから、
あなたは私の愛に答えてほしい。祝福を送る。父と、子と、聖霊との御名に
よりて。アーメン。


--------------------------------
2005年11月28日(月曜日) PM19:48〜19:55
イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ
--------------------------------
 愛するリトル・ペブル、あなたにお話しする。

 あなたが司祭に書き送ったこと、あなたがそれを本当に書き送ってくれた
ことを私は喜んでいる。司祭を通して、この日本は変えられ、あなたが頼ん
でいることを私は行うので、私はあなたにすべての祝福を与える。

 誰も反駁できないことをあなたに与えるので、あなたは心に留めておくよ
うに。リトル・ペブルが真実な教皇であること、誰も否定できないことを
これから私は行うから、あなたは祝福と、すべていましているように、多く
の人のために祈りを捧げ続けてほしい。愛している。

 永遠の御父をあなたは崇敬している。だから、あなたはこれからも、もっ
ともっとすばらしい恵みを御父から受けるであろう。あなたを祝福する。あ
なたのすべてを祝福する。

 マリアと共に、愛するマリアと共にあなたがすぐそばにいてほしい多くの
人々を通して、あなたを祝福するので、あなたを救い出すから、あなたは
希望を持って私を信頼し、私が行った道を指し示して、あなたの行く道を
指し示していくから、私があなたを導くのだから、、恐れないで歩みなさい。

 愛する子よ、あなたを祝福する。愛している。祝福する。父と、子と、
聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
リトル・ゴールデン・ナイトに与えられた
マリア様とイエズス様からの警告
− 1999年3月30日 No.276 −

マリア様:
 私の小さな者たちは今、メディア(訳注:放送、新聞、出版など)に騙さ
れています。子供たちよ、あなたたちの知らないところで、多くのことが
全世界で起こっています。サタンがあらゆる種類のメディアとエンターテイ
メント(娯楽)をコントロールしています。子供たちよ、そのため、罪が
これほどまでに蔓延しているのです。

 教皇様(ヨハネ・パウロ2世)はとても苦しんでおられます。教皇様は、
死を企む敵どもに囲まれています。教皇様は間もなくローマから逃げ、殉教
者として死ぬでしょう。反教皇がローマに入る時、愛のリトル・ペブルは
真の教皇となります。私の小さな者たちは、自分たちの将来の牧者を認めな
ければなりません。さもなければ、彼らは失われるでしょう。

主:
 子よ(リトル・ゴールデン・ナイト)、大警告は間もなく来る。大警告は、
人類のための我が憐れみの最後の業である。多くの者が群れに帰るであろう
が、さらに多くの者がさらに私をあざ笑うであろう。いとしい小さな子供た
ちよ、この聖なる時、あなたたちの犠牲を私の犠牲に一致させなさい。そう
すれば、あなたたちのために私がどれほど苦しんだかを思い起こすであろう。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ クリスマス集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 12月から毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :12月12日の午後8時 〜 聖体行列

      12月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
           〃   1時半〜 トリエント・ミサ
           〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
           〃   3時半〜 ロザリオ
                   (最大延長の場合、4時半まで)

      12月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 12月から毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。


--------------------------------
【 東 京 】
 東京から日本を変える!
 ジャン・マリー神父の冬の交流集会ご案内

 多謝!ダンケ!メルシーボクー!デオグラチアス!神に感謝!
 世界大団円のずっこけヒーロー・ヒロイン達が颯爽と登場!
 ( ウッソー! 本当は皆さん全員が世界の将来を救う、
   ”光の子供”たち、”終末の戦士”なんだよ。 )

 マリー・マドレーヌ杉浦律子さん、
 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力さん...
 最も弱い人が、最も変な人が、「神の道具」として
 楽しくやってるよ。

 それはイザヤの預言やヨエルの預言で語られてきた、
 預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 秋田で名古屋で東京で続々と隣人愛と助け合い実践のコミュニティーが
 始まりました!
 コミュニティー(共同体)は「ニューエラ」へのゲートです!
 日本はアジアと世界の光と模範となるように予定された国なのです。
 日本が変わる! 世界が変わる! 日本の未来に希望を持ちましょう!

 ジャン・マリー神父による楽しい冬の交流集会のスケジュールが
 決まりました。美しいラテン語のグレゴリアン聖歌の美声と伝統的な
 トリエント 典礼!

 (1)東京での集会
   会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
   日 時  :1月15日 日曜日 13:00-16:30
         2月19日 日曜日 13:00-16:30
   会 場  :タワーホール船堀
        (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)   
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
         地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

 (2)横浜での集会
  会の名称 : グレゴリアンソサエティー
  日 時  :12月18日 日曜日 13:00-17:00
         1月22日 日曜日 13:00-17:00
         2月26日 日曜日 13:00-17:00
  場所  : 大倉山記念館
       (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
        東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027


--------------------------------

【 静岡県 磐田市 】
 会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
 日 時  :12月24日 土曜日 9:00〜12:00
 会 場  :「アミューズ豊田」リハーサル室
      (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)   


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「 主の御降誕祭 − クリスマス・ミサ 」
 日 時  :12月24日 土曜日 23:00〜クリスマス深夜ミサ
       12月25日 日曜日  9:00〜12:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :12月23日 金曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。次回12月の旅行でこれも尽きる見通しです。皆さまの
ご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は12月11日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]