「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年11月27日号No.281

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年11月27日号 No.281

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ クリスマス集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 12月から毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :12月12日の午後8時 〜 聖体行列

      12月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
           〃   1時半〜 トリエント・ミサ
           〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
           〃   3時半〜 ロザリオ
                   (最大延長の場合、4時半まで)

      12月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 12月から毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただく
       ことをお勧めいたします。


--------------------------------
【 東 京 】
 東京から日本を変える!
 ジャン・マリー神父の冬の交流集会ご案内

 多謝!ダンケ!メルシーボクー!デオグラチアス!神に感謝!
 世界大団円のずっこけヒーロー・ヒロイン達が颯爽と登場!
 ( ウッソー! 本当は皆さん全員が世界の将来を救う、
   ”光の子供”たち、”終末の戦士”なんだよ。 )

 マリー・マドレーヌ杉浦律子さん、
 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力さん...
 最も弱い人が、最も変な人が、「神の道具」として
 楽しくやってるよ。

 それはイザヤの預言やヨエルの預言で語られてきた、
 預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 秋田で名古屋で東京で続々と隣人愛と助け合い実践のコミュニティーが
 始まりました!
 コミュニティー(共同体)は「ニューエラ」へのゲートです!
 日本はアジアと世界の光と模範となるように予定された国なのです。
 日本が変わる! 世界が変わる! 日本の未来に希望を持ちましょう!

 ジャン・マリー神父による楽しい冬の交流集会のスケジュールが
 決まりました。美しいラテン語のグレゴリアン聖歌の美声と伝統的な
 トリエント 典礼!

 (1)東京での集会
   会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
   日 時  :1月15日 日曜日 13:00-16:30
         2月19日 日曜日 13:00-16:30
   会 場  :タワーホール船堀
        (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)   
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
         地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

 (2)横浜での集会
  会の名称 : グレゴリアンソサエティー
  日 時  :12月18日 日曜日 13:00-17:00
         1月22日 日曜日 13:00-17:00
         2月26日 日曜日 13:00-17:00
  場所  : 大倉山記念館
       (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
        東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

  ■ 東京事務局連絡先 ■
   ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp

   オーガスタン山田
    TEL:047−391−1375

   ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027


--------------------------------

【 静岡県 磐田市 】
   会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
   日 時  :12月24日 土曜日 9:00〜12:00
   会 場  :「アミューズ豊田」リハーサル室
        (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)   


--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「 主の御降誕祭 − クリスマス・ミサ 」
 日 時  :12月24日 土曜日 23:00〜クリスマス深夜ミサ
       12月25日 日曜日  9:00〜12:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :12月23日 金曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付でまか
なわれております。次回12月の旅行でこれも尽きる見通しです。皆さまの
ご協力をお願いいたします。
--------------------------------


----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第140章 】− その(2) −

 − 前号からの続き −

 さて、話をもとに戻しましょう。幻視者の身びいきがもっと大きなスケー
ルになり、しかも傲慢という悪徳に結びつくと、メッセージにナショナリズ
ムが出てきます。神もマリア様も人類を公平に愛していると聞いたことがあ
るはずなのに、悪魔によって同時に多くの幻視者がだまされてしまうのです。

 このナショナリズムに気をつけてください。注意深く「識別」しなければ、
あなたも日本人ですから、いい気になってしまって罠に落ちますよ。日本は
すごい、日本人はすばらしい。日本は世界の中心だ。日本人は特別に愛され、
選ばれているというメッセージがあったら、悪い気はしないでしょう? 

 この内心のうれしさと喜びによってチェックが甘くなってしまうのです。
しかしナショナリズムは神学的に完全な誤りですから、そんなメッセージを
真に受けてはいけません。神にとって一人一人が皆、重要な存在であるよう
に、一つ一つの民族、国が皆、重要です。一人一人に唯一独特な尊い使命が
与えられて、この世に存在させられているように、一つ一つの民族、国にも
唯一独特な尊い使命が与えられています。それぞれに違いがありますが、
貴さは同じです。

 確かに日本は世界中が、真理であるローマ・カトリックに立ち返るための
起爆剤の役割という使命に召されていますが、堕胎の罪や、物質主義、利己
主義の罪を思うなら、世界最低の国、罪と悪徳に満ちた民族、世界で最も
心の卑しい国民です。いったい何を誇れるでしょう? 神から現時点では、
世界で最も遠く離れているというのに。

 過去、日本が世界の中心だと日本のミッション全体が思い込んだ時期があ
りました。何人もの幻視者が同様のメッセージやビジョンを受けたからです。
しかし日本でこのことが起こる前に、同じことがアフリカで起こり、次に
アメリカで起こり、次にヨーロッパで起こり、幻視者たちがそろって間違え
ていたのに、リトル・ペブルさんからのためなおしを受け入れず、ほとんど
の幻視者が落ちるということがあったのです。もちろんそれに引きずられた
多くの人を巻き込んでです。

 たとえば、アフリカは世界の中心になる。アフリカの幻視者たちは何でも
知っている。というような内容のメッセージを幻視者たちがそろって受けた
のです。悪魔は高慢と身びいきを増幅させ、皆がそろって受けているのだか
ら正しいのだと確信させ、「識別」の賜物を受けているのはリトル・ペブル
さんだけなのに、「リトル・ペブルさんは知らないのだ」という傲慢な結論
に幻視者たちを導いたのです。

 本来、幻視者たちは、聖パウロが自分を神の僕の中で小さいもののうち
最も小さいものだと考えたように、自分も自分の国も小さいもののうち最も
小さいと考えるべきなのです。自分の民族、国が最も偉大だということは、
その国民である私も最も偉大だということです。だからナショナリズムは人
にとって快いもので、いい気持ちになれるものなのです。

 日本で、他の地域で起こったことと同じことが起こったとき、リトル・ペ
ブルさんとの世界的一致の輪にいた人は、日本が悪魔の次のターゲットに
なったとすぐにわかりました。しかし、視野が非常に狭い日本人ですから、
世界で起こったことを知らず、皆、悪魔の罠に落ちてしまいました。

 ここからも皆さんは教訓を引き出してください。複数の幻視者がそろって
同じ内容のメッセージやヴィジョンを受けても、それは確認とはなりません。
最終的な確認は、神から「識別」の賜物が与えられ、その役目を任されてい
る唯一の人であるリトル・ペブルさんによってなされなければならないので
す。そして悪魔は、神がお許しになるなら、壮大なスケールで強力な罠を
かけるということも知っておいてください。

 リトル・ペブルさんと一致した幻視者の世界的な輪に加わる必要性がここ
にあります。ローカルな一致が強くても、リトル・ペブルさんとの、そして
外国の幻視者たちのとの横のつながりがなければ、だまされてしまうのです。

 この点で日本人は「一致」を間違ってとらえています。リトル・ペブルさ
んとの一致を、リトル・ペブルさんと代表者を通して一致することによって
組織の一員となることと考えています。それで日本の幻視者はリトル・ペブ
ルさんに対して特別な愛を持ちません。同じ運命にあずかり、生死さえも
共にしたいという友情の崇高な形としての愛をまったく持ちません。また、
世界中の幻視者仲間に対する兄弟愛も持ちません。自分を忘れて彼らに尽く
そうという親身な愛、自己犠牲の愛を持ちません。「一致」とは愛しあうこ
と、尽くしあうことを言っているのがわかっていません。

 この内的で、本質的な一致の側面が欠落し、形だけの、つまり組織の上で
の一致しか実行しないので、実際的には一致しているとは言えません。それ
でいとも簡単にリトル・ペブルさんを裏切るのです。それはたいてい別の
権威に乗り換えるという形をとります。幻視者の身びいきの弱点、つまり
身近にない人への愛が非常に薄いという愛の狭さがここにも、もろにあらわ
れているのです。

 これは日本人である皆さん全員の弱点でもあります。そして皆さんもリト
ル・ペブルさんと一致し、世界中のミッションの仲間と一致するように神か
ら求められているのですが、会ったこともなく、今後も会わないだろうその
人々への兄弟愛、親身な愛、自己犠牲の愛を持っていますか? 彼らのため
に祈っていますか? リトル・ペブルさんへの友情の崇高な形としての愛を
持っていますか? 彼のために祈っていますか? 

 多分答えはすべて「いいえ」でしょう。ではあなたは一致は実際的にはし
ておらず、いつ悪魔に倒されてもおかしくない状態にいるのです。それなの
にあなたが安心していられるのは、権威主義者として保身に必要なことは
やったと思うからなのです。神にあなたの権威主義が通用すると思いますか?

 神はあなたの心の中の愛を見ていらっしゃるのです。日本の幻視者たちが
神の求めた一致のための愛をもっていなかったので、皆落ちてしまったこと
を反面教師にしてくださいね。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。

--------------------------------
2005年11月20日(日曜日) PM16:06〜16:16
聖ヨゼフ様のメッセージ
東京・船堀のミサ後
--------------------------------
聖ヨゼフ:
 愛する子らよ、あなた方にお話する。私、ヨゼフがあなた方に伝える。

 あなた方は、互いに愛し合い、励ましあって、支えあっていくように、私
はあなた方にお願いする。あなた方は一人ひとり与えられている賜物にした
がってそれぞれ歩むべき道がある。

 あなた方は司祭を愛し、司祭のために祈りをしてほしい。あなた方が司祭
のことに心を配り、司祭がどれほどミサを重く、かつ重要にして全世界の
ためにたてているかを心に留めてほしい。あなた方はこれから歩むべき道が
在るけれども、あなた方が一つひとつの事をヨゼフに願い、マリアに願い、
イエズスに願うことによって、天はそれをすべて聞いているので、あなた方
は、愛を、互いに愛を増やしていくように私は心からお願いする。どうか
そねまないように、ねたまないようにしてほしい。そして、分裂しないで
ほしい。

 私は、ヨゼフはあなた方にこのことをお願いする。あなた方に挨拶を送る。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


【 リトル・ペブルさんに関しての聖ヨゼフ様のお願い 】

 リトル・ペブルのためにあなた方に伝える。リトル・ペブルのことで、あ
なた方は祈りを捧げてほしい。彼が苦しみ、悩んでいるけれども、彼は必ず
釈放され、必ずあなた方のもとに帰ってくるから、あなた方は希望を持って
ほしい。リトル・ペブルがあなた方を祝福し、あなた方のために日夜犠牲を
捧げているから、あなた方も彼のために犠牲を捧げてほしい。

 愛する子らよ、私はあなた方を愛している。あなた方の優しいヨゼフが
いつもあなた方を守り、あなた方のそばにいてあなた方を強め、豊かに用い
るから、あなた方は恐れないで私にすべてを打ち明けてほしい。リトル・ペ
ブルのことでこれからも祈り続け、彼に奉仕してほしい。あなた方を祝福す
る。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
リトル・アイリスに与えられたイエズス様からの警告
− 1999年4月12日 No.275 −

リトル・アイリス:
 私はオハイオの「ダプランド」と呼ばれる道路を下って行きます。都市の
中に戦車隊が来ます。それらに続いて兵隊たちがいます。私はそれがドイツ
のフランクフルト、コロンビアのボゴダ、日本の東京、インドのボンベイ、
イランのテヘラン、イタリアのローマ、フランスや世界中の国々の都市であ
るとわかりました。私はイエズスに、「この軍隊は誰によって来たのですか」
と尋ねました。

イエズス:
 この軍隊は合衆国から来ている。これらの軍人と戦車隊は、侵略するため
であって、救助するためではない。これらの軍隊は、世界の全ての国々から
の兵士たちによって構成されている。

リトル・アイリス:
 彼らはけん銃や武器を使う必要はありませんが、それぞれの場所を支配し
ます。彼らは暴力なしで、軍事行動なしで国々を征服するように見えます。
彼らの駐留は、場所を征服するのに十分です。人々は出て行って、兵隊たち
に食料や飲み物を与えています。私はイエズスに、「誰が世界的軍隊のリー
ダーですか」と尋ねました。

イエズス:
 私の娘よ、マイトレーヤがそのリーダーである。(ピジョン終わり) 私
の娘によるビジョンは、マイトレーヤに導かれる軍隊によって、世界的権力
が生じることである。このビジョンがお前に与えるのは、軍隊が世界と人類
の心を征服することがたやすいということである。住民の大多数は、彼に対
して戦おうとしない。しかし、私の子供たち、お前たちは戦いなさい。彼に
対して、彼の不正なやり方に対して戦いなさい。私たちはお前たちの心と体
と精神と霊魂を準備するようにと話している。今、お前たちは、その訳が
よく理解できただろう。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は12月4日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]