「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年11月20日号No.280

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年11月20日号 No.280

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第140章 】− その(1) −

 幻視者は身びいきの罠に非常に頻繁にかかるものなのです。彼らは善意
あふれる人たちですが、公平ではありません。公平に愛する修練もしていま
せんし、公平に愛するように導く人もまわりにいません。公平に愛すること
が大切な徳であり、使命が公的な場合、この徳は使命を果たすために不可欠
だということを知りません。むしろ逆に、愛については身近な人をより深く
愛することを選びます。そうすれば愛が深まった錯覚におちいります。

 この自己満足が得られるので、ますます身近な人への愛に集中してゆき、
ますます身びいきがひどくなってゆきます。彼らのこの身びいきな自我が
影響するので、彼らの受けるものは自分の好きな人、お世話になっている人、
家族、友人、ワーカーなど身内と言える人については甘いものを受け、それ
以外の人について厳しいものを受けがちです。

 ですから霊を、この観点から試さなくてはなりません。普段でさえこの
身びいきな自我が影響しているので、身内と言える人にそれ以外の人との
問題が起こったときは、身内と言える人に有利なメッセージを受けます。
身内といえる人の中で問題が起こった時は、より好きな人、よりお世話に
なっている人に有利なメッセージを受けます。

 ですから皆さんは、幻視者のメッセージによって問題を解決しようと考え
たりしては絶対ダメですよ。たちまち悪魔にめちゃくちゃにかき回されてし
まいます。そのうえ、幻視者のメッセージによって問題を解決したいという
思いは、悪い権威主義が土台となっているので、余計に悪魔から利用されて
しまいます。

 つまり、そう思う人はたいてい天の権威をかさにきたいのです。そうして
話し合いをせずに決着させようと考えているのです。友情を大切にする人は
そんな考えは持ちません。相手より上位に位置したい人の考え方です。

 「一致」をそのカリスマとして持っている聖シャーベル修道会では、問題
が起こったときは、双方の話を公平に長上がまず別々に聞き、次に長上と
双方が同じ席で話し合いをし、すべてを明らかにすることによって問題を
解決するように規定しています。幻視者のメッセージで問題を解決すること
などをしません。

 「雨降って地固まる」と言う通り、友情、話し合い、公平な愛の3つの徳
の実践というプロセスを会憲に従いつつ進めて行けば、問題が起こったこと
は一致が強まるという結果に終わります。誤解や無理解が積もっていたのが、
全て消え去り、互いの理解の深まりとともに親密さが生まれます。

 幻視者のメッセージで問題を解決しようとすれば、友情は否定されており、
話し合いもなされず、身びいきな自我に影響されたメッセージで混乱が持ち
込まれるのです。結果はさらに激しい分裂です。

 皆さん日本人が持っている悪い権威主義による天の権威をかさにきたいと
いう望みと、幻視者の持っている身びいきという弱点が結びついてしまうと、
本当に恐ろしいことになってしまいます。そうならないように厳重に警戒し
てください。そしてこれらの欠点を、幻視者も皆さんも克服するように努力
してください。

 権威主義者は臆病者、卑怯者です。つまり権威主義とは恐れの上に築かれ
ているのです。もし何も恐れないなら、権威を盾に自分を守る必要も感じま
せんし、権威者におもねる保身の必要も感じないでしょう。

 ですから根本的な欠点の克服とは、希望の徳を強めて、超楽観主義者にな
り、何をも誰をも恐れなくなることです。そこから始めてくださいね。この
聖ヨゼフの霊性に従い、一致の基礎の自然徳である友情、話し合い、公平な
愛という徳を身につけるよう務めるのですよ。

 − 次号に続く −



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に
与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そ
うでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153
本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別に
ついて」の各章を参照してください。


--------------------------------
2005年11月7日(月曜日) PM19:25〜19:44
聖母マリア様からのメッセージ (秋田県湯沢において)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福します。リトル・ペブルの
淨配である私、マリアがあなたにお話します。リトル・ペブルがこんなにも
苦しんでいることであなたに伝えます。あなた方はリトル・ペブルのために
愛し、彼を強め、彼にすべてを捧げるように私はあなた方に望みます。私は
彼(リトル・ペブル)といつも共にいて、彼の苦しみを見、彼が私と一緒に
受難を共にしていることをあなた方は知っています。

 あなた方はこのことを覚えてください。イエズスの御聖体が冒涜されて
おり、このことのために彼(リトル・ペブル)が苦しんでいるということを。
イエズスが鞭打たれ、茨の冠をかぶせられ、今も血を流しています。教会が
あまりにもイエズスの聖体に対して、冒涜を加え続けたために、愛するリト
ル・ペブルがこんなにも苦しまなければならなくなりました。

 イエズスを悲しませないでください。私はあなた方を愛し、聖体を崇敬す
るようにとあなた方に言ってきました。私はあなた方のために日夜、永遠の
御父に取り次いでいます。一人も滅びてほしくはないからです。あなた方は
リトル・ペブルを愛し、彼のためにすべてを捧げるように私はあなた方に
懇願します。愛しています。あなた方を祝福します。

 あなた方がこれから成そうとしている事業に対しても、私はあなた方を強
め、支え、導きます。恐れないで、あなた方が私によりすがって私が使わす
多くの天使と共にあなた方の行くべき道を歩むようにあなた方にお願いしま
す。あなた方の傍らに私はいつも居ます。愛しています。

 男性の方々の健康のことに関しても、前、約束したとおりにあなた方は
大きな奇跡を見ることになります。恐れないで歩んでください。愛していま
す。すべてのメンバーを愛しています。一人も滅びることがないように、あ
なた方を絶えず愛し、求め、あなた方の成すことに知恵を与えていますから、
前に進んでください。

 イエズスがあなた方を祝福しています。天使があなた方を守っていますか
ら行くべき道を歩んでください。リトル・ペブルのために祈ってください。
あなた方を心から愛し、祝福し、愛撫しています。

 イエズス・キリストがあなた方を祝福しています。喜んでいます。あなた
方を支え続けるのは、イエズスと、永遠の御父、聖霊です。そして私のすべ
てをあなた方に与えていますから、恐れないで歩んでください。祝福します。
父と、子と、聖霊との御名によりてあなた方に挨拶します。アーメン。


--------------------------------
2005年11月7日(月曜日) PM19:25〜19:44
リトル・ペブルさんに宛てたイエズス様からのメッセージ
--------------------------------
イエズス様:
 愛するリトル・ペブル、あなたのために私は祝福を送る。私、イエズスが
あなたを守り、私の苦しみをあなたに味わわせているけれども、あなたは
絶えず信頼するように、私はあなたに懇願する。私のことで苦しみ、うめき、
全世界のことで苦しんでいるあなたに対して、私は一時もあなたを離れず、
あなたが懇願する願いをいつも聞きいれている。だから安心して歩みなさい。

 イエズスが共に居て、私(イエズス)が支えていくすべての道をあなたに
示していくから恐れないで歩みなさい。イエズスとマリア、ヨゼフがすべて
あなたを愛しているから、安心して私のもとにくるように。愛している。

 多くの子どもたちがあなたを裏切ってあなたから離れていった。私は非常
に悲しく、あなたもその傷が深いことを私は知っている。愛している。あな
たに祝福を送る。

 マリアが三日間苦しみ、受難を経験した。あなたは今そこに居るけれども、
私が復活したのをあなたは知っている。だから、恐れないで歩むようにあな
たに願う。祝福を送る。挨拶を送る。いつも愛している。勇敢で在りなさい。
父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2005年11月7日(月曜日) PM19:48
聖ヨゼフ様のメッセージ (秋田県湯沢市にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ様:
 愛する子らよ、あなた方を祝福する。私、ヨゼフがあなた方(ジャン・
マリー司祭、コルベ・マリー、マリア・レベッカ、マリー・
マドレーヌ)にお話しする。あなた方は多くの事業、多くの仕事がこれから
起こされようとしているけれども、あなた方は恐れてはいけない。

 リトル・ペブルが苦しみ、悩み、苦悩している。周りはリトル・ペブルに
対して、不信感を募らせ、敵が攻撃しているけれども、あなた方はそれに
決してめげてはいけない。

 私があなた方を包み、あなた方を強めるので、あなた方は行くべき道を
行きなさい。あなた方はいろいろな問題、苦しみ、悩み、心の奥底にある
悲しみとかたくさんあるのを私は知っている。なんでもいいから話してほし
い。あなた方はこれから行くべき道を歩み、私が定めた一つひとつの出来事
に対して、この共同体を私に捧げ続けていってほしい。秋田は祝福されてい
る。日本はあなた方によって、また協力する多くの人々によって変えられて
いくので、あなた方に勇気を出すようにと私(ヨゼフ)は言う。恐れないで
歩みなさい。ヨゼフがあなた方を包み、愛し、祝福している。

 リトル・ペブルのためにすべてを捧げてほしい。御父を礼拝し、御父を
ますます崇めてほしい。御父には決して偽りがない。彼(リトル・ペブル)
が苦境に陥っていようとも、御父の正義は示される。御父が彼(リトル・ペ
ブル)に対して、すべて支配をしており、あなた方をも支配しているから、
すべて愛する子どもらが御父を本当に知ってほしい、ただ私はそのことを
願っている。

 祝福を送る。愛している。あなた方を包む優しいヨゼフがいつも側に居る
から、私を愛して、すべてを委ねるように心からお願いする。天使も大勢い
る。あなた方はすべて心に感じなくても信仰を持って歩むように、私はあな
た方に懇願する。

 御父がどれだけあなた方を愛しているか、どれほどにあなた方を豊かに用
いようとしておられるかをあなた方はこれから知る。だから、細かいこと
でも、どんなことでもいいから、些細なことでもいいから、何でも話してほ
しい。

 天は子どものように求める人々を探している。あなた方はこの子どもで
あってほしい。あなた方すべてに伝える。祝福を送る。愛するリトル・ペブ
ルのために祈りなさい。平安で在りなさい。父と、子と、聖霊との御名によ
りて。アーメン。

( ヨゼフ様からリトル・ペブルさんに関する願い )
 あなた方に一言だけ言う。リトル・ペブルのために祈ってほしい。リトル・
ペブルを天が愛しているから。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。


--------------------------------
2005年11月12日(土曜日) AM 1:38
イエズス様のメッセージ (秋田県湯沢において)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)よ、あなたに祝福を送る。イエズスが話
をする。あなた方は愛し合うことが求められている。許しあい、愛し合い、
助け合ってほしい。嫉みを互いに入れないようにしてほしい。あなた方は
すべてあなた方の成すべき事を一つひとつ行ってほしい。愛している。

 あなた方は私を捜し求め、私に来るならば、私はあなた方を恵み、あなた
方のゆえにすべてを成していくから、あなた方、特に女性は嫉まないように。
そして、互いに愛し合い、許しあい、どんなことにおいても励ましあうよう
に。これからの女子修道院に女性が送られる時に女性の間に起こる問題に対
して、あなた方は対処しなければならない。

 愛している。これらを心に留めておくように私は言う。私イエズスは、い
つもあなた方と共に居て、あなた方のなかに愛と恵みとを注ぎ続けているか
ら、恐れないで私に打ち明けなさい。すべてを祝福する。

 恐れないで歩みなさい。あなた方の行くべき道をこれからも歩みなさい。
イエズスがあなた方を祝福する。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1999年4月12日 No.274

 アジア地域の深刻な経済危機は、暴動や暴力沙汰になっている。暴君の
せいで、中東の人々はいつも彼らの問題の解決策として、暴力に包まれてい
る。罪のない人々が傷ついて、あらゆる種類の圧政をもたらしている。誰も
あえて彼らの権力に対して反抗しない。ヨーロッパ共同体は10カ国で構成
している。黙示録で述べられている10人の王のくだりである。知っている
ように、これらの国々は、この時期確かに安定しているが、この安定は反キ
リストによって簡単に影響されるだろう。

 南アメリカは、権力を熱望する狡猜な指導者たちによって導かれている。
裏切り者の軍人たちによる、非常に恐ろしい幾つかのクーデターを画策して
いる。幾つかの原因の結果、ひどい貧困が襲っている。罪のない若者やホー
ムレスの人々が惨めにも見捨てられている。私の子供たち、もし、お前たち
がその貧困をわかったなら、お前たちはぞっとするだろう。アフリカは最も
ひどい国だと思うか。私は話すが、南アメリカのひどい状況ほどではない。
中央アメリカは、経済状態の悪化や大きな貧困のせいで、数々の難しい問題
で知られている。裏切り者の兵士たち、略奪者たちがいて、身ぐるみを剥い
で殺している。至る所で麻薬を目にする。人々は、いかなる犠牲を払ってで
もお金を得ようと熱望する。命の代償あるいは、労働者への支払い賃金を
搾取することによって。

 カナダ、合衆国、オーストラリア、ニュージーランド、イングランドとア
イルランドは文明国のように見えるが、その国々は内部に問題を抱えている。
私の子供たち、平和はどこにあるのか。冷戦が終わり、ロシアが手に入れよ
うとする安全はどこだろうか。ああ私の子供たち、世界の数々の戦争、貧困
の悲劇は、マイトレーヤによって操るために用意されている。世界は重大局
面が間近である。さて、私は私の言葉を確信させるために、私の娘にビジョ
ンを与える。……



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内

【 秋 田 】
 会の名称:「13日の償いのプログラム(仮称)」
 日 時 :12月12日の午後8時 〜 聖体行列

      12月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
           〃   1時半〜 トリエント・ミサ
           〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
           〃   3時半〜 ロザリオ
                   (最大延長の場合、4時半まで)

      12月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762

--------------------------------

 − グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

【 東 京 】
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :12月18日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
 会の名称 :「主の御降誕祭 − クリスマス・ミサ」
 日 時  :12月24日 土曜日 23:00〜クリスマス深夜ミサ
       12月25日 日曜日  9:00〜12:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :12月23日 金曜日 11:00-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html



◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は11月27日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]