「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年11月13日号No.279

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年11月13日号 No.279

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第139章 】

 日本の幻視者は、自分の受けるメッセージとご出現を100%天からの
ものだと考えます。全面信用です。そして「識別」をしません。だからたち
まち悪魔にだまされます。日本では昔から夢枕に誰かが立って何かを告げて、
おしまいに「ゆめ、疑うなかれ!」と言いますよね。「絶対に疑うな!」と
言うのです。そう言うならば、それは悪魔に決まっています。天は、どんな
超自然的な示しも慎重に、健全な疑いをもって「識別」するように望むから
です。しかし、「ゆめ、疑うなかれ!」が象徴するように、日本では超自然
的示しを全面信用しなければならないことになっているようですね。日本の
宗教は教祖らの受ける「お告げ」を疑うことを決して許しません。疑う人は
教団をやめなければなりません。全面信用する人だけが、そこに留まってい
られるのです。日本人が天からの真のメッセージに対してとる態度は全面
拒否か、全面信用の2つにひとつです。圧倒的に全面拒否が多いのですが、
とにかくどちらも間違った態度なのです。正しい態度とは、慎重に、健全な
疑いをもって「識別」するという態度なのですが、それだけはなぜか誰も
とりません。一体どうしてなのでしょうか?

 それは日本人が皆、権威主義という悪に染まっているからです。全面拒否
か全面信用しかないというのは、権威主義社会における権威主義者の保身術
です。権威主義者は、お上の言うことは100%信じます。正しいからでは
なく、権威を持った人が言うからです。正しいかどうかは関係ありません。
疑えば排除されると恐れているのですから。

 教会における彼らの権威者は司教・司祭です。「日本カトリック教会」と
いう名であり、「中央協議会」というお役所です。自分たちを実際に監視す
ることができる人たちであって、本当の最高の権威者であるヨハネ・パウロ
2世ではないという道理に合わないことをやっています。彼ら独自の権威者
の言うことと合わないなら、教皇が言おうが、御父が言おうが、イエズスが
言おうが、マリア様が言おうが全く耳を貸しません。全面拒否です。自分で
正しいか「識別」し、判断しようとは全くしないで、ただ身の安全が保たれ
るようにと行動します。 実に権威主義者は臆病者であり、とんでもない
卑怯者です。

 この悪い日本の文化と国民性のために、幻視者も、幻視者以外の皆さん
も、神の望みと逆のことをやっています。「識別」の大切さ自体、ちっとも
わかっていません。というよりも「識別」してはいけないという意識が心の
底にあるのです。権威者の言うことは100%全面信用しなければ排除され
るという文化の中で身につけた保身の本能です。日本の社会をそうやって
安全に渡ってはいけるでしょうが、マリア様のミッションでは、この保身の
本能が日本人たちを危険にし、落とすのです。

 今から書く指示は、幻視者、神秘家、恵みの霊魂に与えられているもので
す。この指示に従うかどうかに、彼らの永遠がかかっています。皆さんは今
死ぬ人の90%が地獄に行っていることを知っているでしょう? カトリッ
ク国に生まれ、赤ちゃんの時に洗礼を授けられたおかげで国民の100%が
カトリックの国では、100%皆が天国に行くなどと思いますか? いいえ、
カトリック信者になるという偉大な恵みを受けた彼らは、その恵みに応えれ
ば天国の高いところに行き、その恵みを投げ捨てれば地獄の深いところに
行くのです。「多く与えられたものは、多く要求される」からです。

 プロテスタントのほとんどが自分の教団に入れば100%天国に行くと言
うのですが、これは間違いです。カトリック信者もたぶん90%が今は地獄
に行っていると思います。同様に幻視者、神秘家、恵みの霊魂に選ばれたか
らといって、100%天国に行くわけがありません。特別多くの偉大な恵み
を受けている彼らは、恵みに応えれば天国のとても高いところに行きますが、
その恵みを投げ捨てるなら、地獄のとても深いところに行きます。彼らも
多分今は90%が地獄に行っているかもしれません。

 本当に多くの幻視者たちが落ちました。使命を忠実に果たし、恵みに応え
る人は100人に1人もいません。ほとんどの人が落ちたけれども、改心し
て救霊を得るチャンスは生きている限りまだまだあります。どうか祈ってあ
げてください。彼らは落ちた後も、たいてい超自然的体験がずっと続きます。
もう天からのものは一切ないのにです。悪魔からのものを天からのものと
信じて受け続けるのです。こうしてかれらは反キリストの幻視者になってし
まうのです。ルシフェルであるロード・マイトレーヤのものとなって、真の
マリア様のミッションとリトル・ペブルさんを攻撃する役目を果たす悪魔の
道具となってしまうのです。

 あなたが幻視者、神秘家、恵みの霊魂だったら、これを真剣に受け止めて
下さい。これは天国か地獄かの大問題なのですから。極端な言い方をすれば、
「識別」しないということは、滅びを選ぶことだとわきまえてください。

 ただし改心は、どんな人にも最後の一瞬まで可能です。皆さんは落ちた
すべての人のために祈ってあげてくださいね。地獄に行けば最も苦しい永遠
を受け取る彼らなのですから、あわれんであげてください!

 それでは、リトル・ペブルさんからの指示を書きます。


--------------------------------
印を求め、霊を試して(識別して)ください!
− 親愛なる神の寵愛を受けた子供たちへ −
--------------------------------
……最後に私は、皆さんに事態の重大性について理解していただきたいと思
います。だからこそ、皆様すべてが聖母に − 次の天のご出現の際に − 
天から訪れる方々が、ご出現のたびに携えて来る秘密の印を与えてくださる
よう頼んでほしいのです。サタンはそれを真似しうるので、いかなる方法に
よっても、誰にもこのしるしについて知らせてはなりません。

 あなたの霊的指導者である司祭は例外です、というのも彼の司祭職に対す
る神の約束によって、あなた方は保護されているからです。幻視者は、可能
な立場にあるならば、その霊的指導者の識別と助言を常に求めなければなり
ません。同様に司祭は印を確かめ、幻視者を助けなければなりません。

 天からどなたがあなたに現れようとも、その時は、そのしるしを見せて
くれるよう願わなくてはなりません。もしその秘密の印が示されなければ、
その出現が天からのものではないと知れます。聖母は、幻視者がそのしるし
を聖母に願うとき、それを与えることを約束なさいました。

 しかしながら、常に慎重かつ見識を働かせなければなりません。また幻視
者というものは、このしるしを与えられてさえ、決して間違わないというも
のではないことは覚えておかねばなりません。サタンは依然として奸智(か
んち)にたけた狡猾(こうかつ)な狐であり、賢く、強力であるからです。
共に祈りましょう、わが兄弟姉妹よ。……
--------------------------------


 リトル・ペブルさんが、この印を与えられてさえ、幻視者は間違えると
言っていることに注目してください。まず不注意からこの印を悪魔に見破ら
れてしまったとき、悪魔はその幻視者を完全に信用させて、だましたい放題
にだませます。幻視者自身は印を見破られたことに気がつきません。見破っ
た印を携えて悪魔は天からのものに化けるのです。

 他の典型的なケースは、脱魂中の出現ではなく、普通の状態にいる幻視者
に知人に化けて現れるケースです。この場合、幻視者はそれが出現だとは
思っていません。本当に知人がそこにいると思うので、「印」を求めません。
このケースでは幻視者はまず100%だまされます。他には睡眠中の夢では、
印を求めることはできませんから、やはりだまされます。

 幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちが守られるための手段として、天はリト
ル・ペブルさんに「識別」の賜物を与えたのです。リトル・ペブルさんに
一致することを彼らすべてが求められています。彼の指示に完全に従い、彼
を支え、彼と一致して働くようにと求められています。「秘密の印を求めな
さい」という彼の指示に従うことをも含めて、彼との一致は彼らを守ります。
そして受けたものをリトル・ペブルさんに「識別」をしてもらうことによっ
て、強力な悪魔の罠にはまっても、だまされていることに気がつくことにな
ります。この方法で彼らは、自分自身を守らなくてはならないのです。

 あなたが幻視者、神秘家、恵みの霊魂でしたら、リトル・ペブルさんとの
一致によってしか、悪魔の罠を避けることができないことを理解して、自分
のために、そして他の幻視者、神秘家、恵みの霊魂全員のために一致を祈り
求めてください。ひとつの祈りを紹介します。毎日この祈りを祈ってくださ
いね。

聖母、
「わが愛のリトル・ペブルに知ってほしいのです。そうです、この祈りは
私の霊感によってリトル・ペブルに与えられたものです。私はこの祈りを
祝福し、わがすべての恵みの子供、そして神秘家の子供たちが、真の信心を
持ってこの祈りを唱えるとき、そのすべてのものに堅忍の聖寵を与えます」

【 祈 り 】

 ああ、使徒の元后、預言者の元后、全ての幻視者、恵みの霊魂の母よ、
われら全てのものが、至高なる神の御旨への従順にとどまり、
全ての御身の恵みの霊魂が一致のうちにとどまらんがため、
御身の僕らのために、とりなし給わんことを御身に請い願い奉る。
邪悪なる者の力により、分裂と滅びの大いなる危機に瀕する人類のため、
御身の勝利の速やかに達せられんことを、われら御身により頼み奉る。
ああ、天主の汚れなき浄配、マリア、われらの母よ。
(一致のために天使祝詞9回)



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
キャロル・アメクに与えられたイエズス様からの警告
 − 1998年6月26日 No.273 −

 子供たちよ、今夜、重大な秘密会議がお前たちの大統領と大国の人々に
よって催されている。この一連の会議は、最初の核攻撃をどこに許すかを
決めるためである。世界統一政府はこの実現のために準備している。世界は
年中やっている多量の悪宣伝のせいで、核戦争が差し迫っていることを信じ
ようとしない。お前たちの国は破壊される可能性が最もありそうで、世界中
どこでも一回の攻撃はあるだろう。

 死の灰に備えて避難し、家を離れるための用意をする必要が高まったこと
を分かってもらうために私は来た。お前が住んでいる地域の損害がひどくな
ければ、家に戻れるだろう。それは安全だとラジオは警報するだろう。破壊
の時は長くは続かないだろう。世界を助け、問題を解決すると、反キリスト
がもっともらしく現われるお膳立となるだろう。

 子供たちよ、政府は解決策がなく、ジレンマに陥り、外国勢力に乗っ取ら
れるだろう。世界の人々よ、これからの多くの苦難を体験するための準備を
しなさい。火事と洪水は既に始まっている。異常気象のパターンは核実験の
結果で、気象パターンは普通よりももっと激しくなる。御父は人々に警戒さ
せ、立ち帰らせる必要のためにこれらのことを許している。

 もし、全ての人々が今、祈り始めるならば、御父の計画が変わるための
時間はまだある。世界の国々と全ての人々との間で、それを進展し始めれば、
まだ平和の可能性はある。考えなさい。もし、誰もが悪だくみと陰謀を止め
れば、苦難と全ての苦しみと浄めの第一段階は必要不可欠ではなく、地球の
一新は瞬間にできる。しかし、サタンは多くの者の心を悪だくみで強力に
つかみ捕らえている。彼は人々の数が増えていくことによって更に強力にな
り、人々は彼と自分たち自身を礼拝するようになる。

 おお、子供たちよ、世のための真の幸福に役に立つそんな平和がある。も
し、用意された祝福された生活様式を受入れるならば可能である。聖寵と愛
と祈りの生活は、健康、幸福をもたらせる。慎重な生活は多くの心配から
自由に、サタンの奴隷から自由に、世の全てのことから精神と心と体を解き
放せる。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 秋 田 】
 会の名称:「13日の償いのプログラム(仮称)」
 日 時 :12月12日の午後8時 〜 聖体行列

      12月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
           〃   1時半〜 トリエント・ミサ
           〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
           〃   3時半〜 ロザリオ
                   (最大延長の場合、4時半まで)

      12月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  :11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :11月19日 土曜日 13:00-17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :12月23日 金曜日 11:00-16:30
       (11月はお休みです)
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 10月28日、ジャン・マリー杉浦洋神父は叙階一周年を迎えました。
 皆さまのお祈りとご支援に心から感謝いたします。依然として多くの困難
 が立ちふさがっていますが、この一年で、名古屋、秋田の共同体が創立さ
 れ、また多くの共同体の創立が準備されています。

  ここで、もう一度、2003年10月に、ジャン・マリー神父(当時は
 第2部門のブラザー)がナウラでリトル・ペブルさんから、日本の未来に
 ついて伝えられたことを繰り返したいと思います。

(1) 来年、日本に共同体(複数)ができる。共同体創立に着手すべき。
(2) 来年、カトリック教会がミッションの支援を始める。
(3) 来年、ミッション内部で最初から、そして20年来絶えず続いて
    いる分裂が解消し、日本のミッションの一致が達成される。
(4) 1994年8月15日以前をはるかに越える数の新しい幻視者たち
    が起こされる。
(5) 来年、リトル・ペブルさんのミッションを通して、全国的な未信者
    の大規模な回心が起こる。未信者に宣教すべき。堂々とリトル・ペ
    ブルさんへの支持を表明し、宣べ伝えるべき。
(6) 来年、リトル・ペブルさんが来日する。
(7) 来年、聖シャーベル修道会の第1部門の司祭が日本に与えられる。
(8) 多くの日本人がナウラの聖地に行く。(移住も含む)

  様々な困難のゆえに、その実現は遅れていますが、私たちが少しずつ
 堅実に前進していることがおわかりいただけると思います。

  さあ、今から決意を新たにして、「未信者への宣教」と「共同体創立」
 を、堂々と力強く結束して始めましょう!!


◆ 秋田県に聖シャーベル修道会の第2番目の共同体ができました。

  〒012‐0106
   秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
   「秋田、天草、そして全ての
     日本の殉教者たちの聖母」共同体
   TEL/FAX: 0183−42−2762
   Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
   URL:http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/


  第1番目の名古屋共同体、ともどもよろしくお願いいたします。

  〒467-0014
   愛知県名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   「秋田、天草、そして全ての
     日本の殉教者たちの聖母」共同体
   TEL/FAX: 052−851−8584
   Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
   URL:http://martyrs.jpn.ph/


◆ 「マリー・マドレーヌの神秘的体験の手記」のホームページが新たに
 公開されました。とってもおもしろいよ! みんな見てね!

   Eメール:madeleine@martyrs.jpn.ph
   URL:http://martyrs.jpn.ph/madeleine/


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は11月20日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]