「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年11月6日号No.278

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年11月6日号 No.278

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリ
 ア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に
 償いの13日を! 12月から毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「13日の償いのプログラム(仮称)」
 日 時 :12月12日の午後8時 〜 聖体行列

      12月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
           〃   1時半〜 トリエント・ミサ
           〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
           〃   3時半〜 ロザリオ
                   (最大延長の場合、4時半まで)

      12月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第138章 】

 リトル・ペブルさんと一致したミッションにおいて、天はすべての若い
幻視者と神秘家の保護者として聖ベルナデッタをたてて、彼女に祈り、彼女
を模範とするように求めています。皆さんは聖ベルナデッタを知っています
か? フランスのルルドのご出現地での幻視者で、死後、遺体が全く変化せ
ず、ガラスの棺に入れられ、まるで寝ているように見えるのですよ。聖ベル
ナデッタといくつかの点を比較することによって、幻視者の状態が良いか
悪いかを判断することができます。

 聖ベルナデッタは自分が受けたメッセージと出現を他人の識別にまかせて
いました。他人がどう判断しようが頓着しませんでした。これは全く正しい
態度です。彼女が若く、記憶力が劣った人だったのに、神学的に完全な態度
を、誰から教わりもせずにとっていたのには驚かされます。彼女は「私は、
信じさせなさいとは言われませんでした」と言ったことがあります。これと
同じ態度を幻視者はとっているでしょうか? これと同じ考え方をしている
でしょうか? これが判断のひとつの基準です。

 聖ベルナデッタは受けたメッセージとご出現、つまり、賜物に全く執着せ
ず、飄々としていました。信じてほしいと頼みませんでした。聞かれたら
事実を伝える、それだけでした。日本において幻視者は信じてください。信
じてほしい。という願いをあらわします。これは正しい態度ではありません。
日本人が幻視者本人からそう頼まれると、メッセージを100%正しいもの
と信じてあげないといけないと思ってしまうからです。必ずそういう思いを
日本人は抱いてしまいます。正しさよりも情が大事だからです。少しでも
疑ったら気を悪くするだろうと考えるのです。

 実際、日本の幻視者はそうです。幻視者のその行動、その態度、その望み
は、相手に「識別をするな!」と命じるのと同じなのです。ですから悪い
行動、悪い態度、悪い望みです。こういうことをしてはいけません。望んで
はいけません。賜物に対する執着は禁物です。聖ベルナデッタのように受け
た賜物であるメッセージとご出現を「すばやく手放す」(これは比喩的な
ローマ・カトリック独特の表現です)ことができている幻視者は良い状態で
す。そうできていないなら悪い状態です。

 聖ベルナデッタのお父さんは人が良すぎて家はど貧乏になってしまいまし
た。赤貧洗うがごとしという有り様でした。彼女にご出現があった後もそう
だったのですが、彼女はご出現から何かの利益を得ようとは全く望みません
でした。弟が巡礼者から小銭を握らせられたのを知って、彼女は弟の横っ面
を張ったほど、ご出現が何かの利益につながることを許さなかったのです。
これもまた、誰から教わったわけでもないのに、彼女のとった正しく完全な
態度です。

 あなたが彼女と同じ状況だったらそうできますか? できないに違いあり
ません。実際、日本人の幻視者たちはできませんでした。彼女たちは身びい
きという弱点を持っていました。家族とかワーカーとか支援者とか、身内と
いえる人の利益を望むのです。その内容は、天から使命、地位、賜物が与え
られること、病気が治ること、経済的に成功することとかですが、それらを
望み、神に願い求めさえするのです。聖ベルナデッタとは正反対の行動と
考え方です。彼女たちは自分がこうして神にお仕えしているのだから、身内
といえる人々を神が特に恵んでくださるのは当然だと、あつかましくも考え
ていたのです。

 神は幻視者を身内の利益のためにたてたのでしょうか? 聖人伝を読んで
ください。特別な使命に召された人の身内が現世的利益を得たでしょうか?
幻視者にとって身びいきは本当におちいりやすい危険な罠です。身内が自分
に与えられた使命に関連して利益を得るようなことがないようにと、聖ベル
ナデッタのように望んでいるなら、その幻視者は良い状態です。そうでない
なら悪い状態です。

 聖ベルナデッタはメッセージやご出現を受けたこと、自分が幻視者である
ことから、自分自身の利益を得ようと決してしませんでした。彼女は苦しみ
と痛みのひどい病気となり、まわりの人はルルドのマリア様に治して下さる
ように祈るよう勧めました。すでにルルドのご出現地では、次々に多くの人
が病気を治されていました。しかし彼女は「あなたをこの世で幸せにするこ
とはできません」とマリア様が言ったからと、治してくださいと祈ることを
拒みました。

 皆さんが聖ベルナデッタならそんな態度をとることはできないはずです。
まわりから勧められるまでもなく、自分のための願い事を当然の権利として
たくさんしていることでしょう。しかし幻視者はすでに幻視の賜物という
特権を受けているのです。その上さらに自分の利益を求めてよいわけがあり
ません。天国での報いだけを望むべきで、この世のものは何一つ望んではい
けません。望むとしたらもっと多くの人が救われるようにと苦しみを望むべ
きです。マリア様から「償い、償い、償いです」と言われ、聖ベルナデッタ
は生涯このようになさいました。同じようにしている幻視者は良い状態です。
そうしないなら悪い状態です。

 幻視者にとって尊敬されること、ほめめられること、たたえられること、
感謝されること、頼られること等は毒です。これらは傲慢へのいざないで、
これらを受け入れるなら、その先には落ちるという結果が待っています。し
かし日本の幻視者たちはこれらを望んでいました。

 聖ベルナデッタはこれらを忌み嫌い、そうしようとする人を「ばかげてい
る」と思い、尊敬や賞賛から逃げ回っていました。逆にいやしめられること
を願い、愛していました。聖ベルナデッタのようにしているなら、その幻視
者は良い状態です。尊敬、賞賛、感謝を忌み嫌わないなら悪い状態です。

 皆さんは聖ベルナデッタのルルドでのご出現のエピソードとか、写真とか
で感覚的に彼女にひかれると思いますが、彼女だけでなくあらゆる聖人に
対してその様な感覚的なとらえ方をして好きになっても、霊的に得るものは
何もありません。そうではなく聖人たちの徳に着目するのですよ。英雄的に
徳を実践したからこそ聖人の位にあげられたのですから、完全な徳の模範が
そこに見つかるはずです。神が聖ベルナデッタを若い幻視者、神秘家の模範
となさったほどに、彼女は実に完全な態度をとっています。高潔な考え方を
しています。その態度、考え方の土台となっている彼女の徳を探り、自分と
照らし合わせて、それを悔い改め、やり直し、前進していくためのよすがと
してください。

 日本の幻視者たちは彼女の足もとに遠く遠く及びません。彼女を模範とし、
よく見つめるなら、自分たちがどこを目指してゆくべきか、幻視者は本来
どうあるべきかがわかります。幻視者でない皆さんも、全員が聖ベルナデッ
タを模範としてください。

 彼女の霊魂は本当に高潔でした。賜物に執着するとか、身内や自分自身の
利益を期待するとか、他人からの評価を求めるのは、霊魂と心のいやしさな
のです。聖ベルナデッタが入会した修道院は、良家の出身の上品な洗練され
た教養あふれる女性たちの集まりでした。卑しい身分の田舎者の、マナーも
知らない彼女が出会った試練は、まわりからの「ねたみ」でした。「あんな
卑しい人間でなく、教養もあり、上品で、家柄もよい自分たちにこそマリア
様は出現するべきだった」という考えを持った人たちの女性特有のねたみか
らくる意地悪さでした。

 もしそういう人たちにご出現があれば、その人は賜物に執着し、身内や
自分の利益をはかり、他人からの評価を求めたに違いありません。ねたみと
は「欲しがる心」に起こるものなのですから。一体どちらが「いやしい」の
でしょう。

 それで皆さんに知っておいてもらいたいのです。自分自身の戒めとするた
めです。心の卑しい人は、マリア様のミッションに加わることはできません。
愛による無償の奉仕を自発的にすると言いながら、それに対する見返りを
期待する、隠れた動機がある人は心のいやしい人です。どんな奉仕をしても、
何をささげても、なすべきことをしたまでですと心から言い、特別な見返り
を一切望まない人が真に高潔な人で、マリア様のミッションにふさわしい人
です。

 心の卑しい人は、いつかマリア様に敵対することになります。特別な見返
りどころか、この世では損をするばかりなのがマリア様も歩いたし、私たち
も、私たちの身内さえも歩く道です。受けて当然だと思っている特別な見返
りがない時、心のいやしい人はマリア様を責め、反感を抱き、憎むようにな
り、ユダ・イスカリオテと同じように行動することになるでしょう。

 最後にひとつの祈りを紹介します。幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さ
んも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを
表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、
態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘
家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまり
あなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれま
す。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

【 聖ベルナデッタ
  すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り 】

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。

聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈り
を祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この
祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが
彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1998年5月13日 No.272

 甘美なる子供たちよ、私は今日、汚れなき御心の名のもとに、教会と世界
が理解するために多くの象徴的印と共に参りました。私は黙示録の婦人、全
人類の贖いのために、いと高き御力によって永遠の御父の息子、メシアなる
イエズスを生み、永遠の御父によって選ばれました。甘美なる子供たちよ、
私は来ます。私は太陽を身にまとい、人類の救いの箱舟の上に立っています。
甘美なる子供たちよ、既に理解しているように、人類にとって時は非常に
短いです。世界の指導者たち、司教たちの指導力が弱いので、散らされ、失
われている多くの羊を集めるために、神の御意志で私は世界中を旅行し続け
るでしょう。

 人類は私の神なる御子の御言葉を聞くのを拒絶しています。ですから私は、
ルシファーとその堕天使との最終戦に備えて、地上の残存教会を集めるため
に旅をしているのです。時が来ました、甘美なる子供たちよ。世界は罪の
内に深く落ちているので、あなた方にこの地上での幸福を約束できません。
人々は神の霊が窒息させられて、動物のように生きています。あなた方皆は
贖いの印をづけられており、自分の十字架を取って私の神なる御子に従い、
地上のキリストの神秘体に磔(はりつけ)られているのです。 今の時は、
各人は永遠の御父の御憐れみによって人類に与えられる大警告までに、霊魂
と心を照らしてもらう時です。

 世界中の多くの国々は革命へと進むでしょう。世界は破滅に向けて進んで
いるからです。何十年も前に私がファティマで明かしたことが今成就されよ
うとしています。私は、私の神なる御子と私は、私の御心の祝日に大切な
娘ルチアを訪れます。甘美なる子供たちよ、あなた方の生活も、世界も、聖
にして母なる公教会の内部も大きく変わり続けるでしょう。このことを知っ
ておきなさい。絶えず警戒し、祈りのうちに目覚めていなさい。この世を求
めないで、神の正義と真理を捜し求め、すべて良いことに従いなさい。人々
のうちにはまだ良いものがあるからです。既にサタンによる試練に世界が
屈したので、聖書の通りにすべてが成就されなければならないからです。

 甘美なる子供たちよ、まもなく、聖なる公教会内の多くの変化、大分裂が
来ます。枢機卿と司教との分裂、司祭、聖職者、信徒との分裂、世界のあら
ゆるところの分裂という、教皇からの言葉を聞くでしょう。この時は来ます。
あなたは何世紀にも渡って与えられてきたすべての預言を理解するでしょう。
絶えず警戒して祈りなさい。この国の若者のために特別に祈りなさい。世界
で失われている多くの人々のために。彼らは愛されるべき人々の間に、愛が
ないのを見ています。多くの悪い模範が彼らに与えられています。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 10月28日、ジャン・マリー杉浦洋神父は叙階一周年を迎えました。
 皆さまのお祈りとご支援に心から感謝いたします。依然として多くの困難
 が立ちふさがっていますが、この一年で、名古屋、秋田の共同体が創立さ
 れ、また多くの共同体の創立が準備されています。

  ここで、もう一度、2003年10月に、ジャン・マリー神父(当時は
 第2部門のブラザー)がナウラでリトル・ペブルさんから、日本の未来に
 ついて伝えられたことを繰り返したいと思います。

(1) 来年、日本に共同体(複数)ができる。共同体創立に着手すべき。
(2) 来年、カトリック教会がミッションの支援を始める。
(3) 来年、ミッション内部で最初から、そして20年来絶えず続いて
    いる分裂が解消し、日本のミッションの一致が達成される。
(4) 1994年8月15日以前をはるかに越える数の新しい幻視者たち
    が起こされる。
(5) 来年、リトル・ペブルさんのミッションを通して、全国的な未信者
    の大規模な回心が起こる。未信者に宣教すべき。堂々とリトル・ペ
    ブルさんへの支持を表明し、宣べ伝えるべき。
(6) 来年、リトル・ペブルさんが来日する。
(7) 来年、聖シャーベル修道会の第1部門の司祭が日本に与えられる。
(8) 多くの日本人がナウラの聖地に行く。(移住も含む)

  様々な困難のゆえに、その実現は遅れていますが、私たちが少しずつ
 堅実に前進していることがおわかりいただけると思います。

  さあ、今から決意を新たにして、「未信者への宣教」と「共同体創立」
 を、堂々と力強く結束して始めましょう!!


◆ 秋田県に聖シャーベル修道会の第2番目の共同体ができました。

  〒012‐0106
   秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
   「秋田、天草、そして全ての
     日本の殉教者たちの聖母」共同体
   TEL/FAX: 0183−42−2762
   Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
   URL:http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/


  第1番目の名古屋共同体、ともどもよろしくお願いいたします。

  〒467-0014
   愛知県名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   「秋田、天草、そして全ての
     日本の殉教者たちの聖母」共同体
   TEL/FAX: 052−851−8584
   Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
   URL:http://martyrs.jpn.ph/


◆ 「マリー・マドレーヌの神秘的体験の手記」のホームページが新たに
 公開されました。とってもおもしろいよ! みんな見てね!

   Eメール:madeleine@martyrs.jpn.ph
   URL:http://martyrs.jpn.ph/madeleine/


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 秋 田 】
 会の名称:「13日の償いのプログラム(仮称)」
 日 時 :12月12日の午後8時 〜 聖体行列

      12月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
           〃   1時半〜 トリエント・ミサ
           〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
           〃   3時半〜 ロザリオ
                   (最大延長の場合、4時半まで)

      12月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  :11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :11月19日 土曜日 13:00-17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :12月23日 金曜日 11:00-16:30
       (11月はお休みです)
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は11月13日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]