「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年10月30日号No.277

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年10月30日号 No.277

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.ミッシェル・マリー・フランソワに与えられたヴィジョン
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 10月28日、ジャン・マリー杉浦洋神父は叙階一周年を迎えました。
 皆さまのお祈りとご支援に心から感謝いたします。依然として多くの困難
 が立ちふさがっていますが、この一年で、名古屋、秋田の共同体が創立さ
 れ、また多くの共同体の 創立が準備されています。

  ここで、もう一度、2003年10月に、ジャン・マリー神父(当時は
 第2部門のブラザー)がナウラでリトル・ペブルさんから、日本の未来に
 ついて伝えられたことを繰り返したいと思います。

(1) 来年、日本に共同体(複数)ができる。共同体創立に着手すべき。
(2) 来年、カトリック教会がミッションの支援を始める。
(3) 来年、ミッション内部で最初から、そして20年来絶えず続いて
    いる分裂が解消し、日本のミッションの一致が達成される。
(4) 1994年8月15日以前をはるかに越える数の新しい幻視者たち
    が起こされる。
(5) 来年、リトル・ペブルさんのミッションを通して、全国的な未信者
    の大規模な回心が起こる。未信者に宣教すべき。堂々とリトル・ペ
    ブルさんへの支持を表明し、宣べ伝えるべき。
(6) 来年、リトル・ペブルさんが来日する。
(7) 来年、聖シャーベル修道会の第1部門の司祭が日本に与えられる。
(8) 多くの日本人がナウラの聖地に行く。(移住も含む)

  様々な困難のゆえに、その実現は遅れていますが、私たちが少しずつ
 堅実に前進していることがおわかりいただけると思います。

  さあ、今から決意を新たにして、「未信者への宣教」と「共同体創立」
 を、堂々と力強く結束して始めましょう!!



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第137章 】

 皆さんの多くは幻視者との個人的なつきあいは持っていません。今後も
持たないと思います。ですから読むメッセージだけで幻視者の状態が良いか
悪いかを判断する方法を説明します。

 以前にリトル・ペブルさんと他の幻視者たちの「識別」によって間違いだ
と確認された内容と同じものを、その同じ幻視者がまた受けたとき、または、
いきさつを知っている幻視者が受けたとき、彼らの状態は良くありません。

 世界中のリトル・ペブルさんと一致している幻視者が等しく受けている
こととくい違う内容を、それがくい違うものだと知っている幻視者が受けた
とき、この幻視者の状態は良くありません。

 そのうえ、それをそのまま、リトル・ペブルさんに助言を求めず、あえて
広めるとき、その幻視者は危険なほどに悪い状態です。持ってはいけない
傲慢な自信を持ってしまっているしるしであり、一致の輪に参加する気がな
いしるしです。多くの幻視者がこれをおこなって落ちました。

 次に「メッセージがやせる」という変化でもって判断する方法を説明しま
す。メッセージには内容のあるメッセージと、内容のないメッセージがある
のです。内容のあるメッセージを受けていた幻視者が内容のないメッセージ
を受けるようになってゆくことを、メッセージがやせてゆくというのです。
内容のあるメッセージとは、読んだ人の霊魂を謙遜にさせ、償いに励むよう
に促し、生活を改める力を持っているメッセージです。自分のいたらなさ、
罪深さをとがめられ、滅びに瀕している隣人への同情をかき立てられ、使徒
的愛に燃やされ、自分と彼らの救いのために悔い改めて新たに頑張りたいと
勇気づけられるものです。しるしとして信仰のない人がまことの教えを受け
入れる(未信者の改心)。罪深いカトリック信者が悔い改める。異端に染
まっていたカトリック信者がその異端を捨て真理にたちもどる。などの実を
多く結ぶメッセージです。

 このしるしが際立って多く、世界中からその証しの報告がたくさん寄せら
れるのは、リトル・ペブルさんが受けているメッセージです。特に未信者の
改心(日本でいえば仏教、神道、無宗教の人々がローマ・カトリックが唯一
の真理であることを認める)は、内容のあるメッセージの最も大きな特徴で
す。「木はその実によって分かる」ということをイエズスが聖福音の中で
教えてくださっています。こういった実りが多くつくほど、そのメッセージ
は内容があるのです。

 こういう内容のあるメッセージには、神とマリア様、天の諸聖人、諸天使
の愛、特に罪人に対する無限の愛が強くあらわれています。これが大きな
特徴です。悪人、神から最も遠く離れている人、まことの神を知らない人へ
のあわれみと優しさに満ちた、天からの呼びかけがあるのです。神の本質で
ある愛とあわれみが、そのメッセージでも同様に本質的要素となっています。

 同時に、内容のあるメッセージは、理由の説明がしっかりとなされている
という特徴を持っています。「……です。なぜならば、……なぜならば、…
…なぜならば、……」と必ず理由を理解させるのです。そのメッセージ自体
が、先生役となって感覚的な判断をしてしまう人をためなおし、理性的な
判断に基づく信仰に導く役目を果たすという働きを持つのがもうひとつの
大きな特徴です。これはまた、神の無限の知恵が強く反映され、英知という
神の本質がメッセージでも同様に本質的要素となっているのです。

 内容のあるメッセージは、読む人には理性の働きを使わせて本質的なとこ
ろまで深く掘り下げさせようとするものなので、日本人には好まれないのを
知っています。日本人が好きなのは、マニュアル書のような具体的対処法の
羅列です。それだと従えばいいだけで、理性でもって本質に迫る作業が必要
ありません。本質を読み取るとか、汲み取るとかが要求されないので無責任
でいられます。理性を使い、自分で判断するには、責任が伴いますよね。そ
の責任を負わなくていいことと、従っていればそれで自分がよくやっている
と思い込める二重の安心感が持てます。律法主義、ファリサイ主義と同種の、
神の望みとは全くあわない好みなのですが、これらが日本人の好みなのです。

 日本人好みの別のタイプのメッセージは、思わせぶりと謎かけのような
曖昧なものです。つまり感覚的判断のみを用いさせるものです。ヴィジョ
ンの描写があり、その意味が解かれる。このタイプのものが好まれます。
わかった気になれるからです。わかった気になれるだけで、実は、なぜなら
ば……なぜならば……なぜならば、と本質に迫っていく部分が欠落している
メッセージなので、何もわかってはいませんし、罪人や未信者を改心させる
力もそのメッセージにはありません。感覚のお遊びに終わってしまうタイプ
のメッセージです。悲しいことに日本人好みのこれらのメッセージが、内容
のないメッセージというものなのです。

 ほとんどビジョンの描写に終始するようなタイプのものは、それがいかに
克明に描写されていても内容は全くありません。しかし日本人の感覚的なも
のを追い求める性向と、超自然的なものへの不純な好奇心と、多くの知識を
持つことを誇る傲慢さにはピッタリ合致するタイプのメッセージです。

 一般的に、幻視者が良い状態の時、その幻視者は内容のあるメッセージ
を受けます。悪い状態の時は内容のないメッセージを受けます。最も多い
パターンは、誰からも注目されなかった時期と駆け出しの時期、それは謙遜
で、リトル・ペブルさんにも忠実な時期ですが、その時のメッセージは内容
のあるメッセージだったのが、数カ月たつとだんだん内容が無くなってゆき、
つまりメッセージがやせてゆき、そのうちに落ちてしまうというパターンで
す。日本の幻視者はほとんどこのパターンを見せました。ですから、ある
幻視者のメッセージがやせていくとき、その幻視者の状態が悪くなったと
はっきりわかります。逆に内容のないメッセージを出していた幻視者のメッ
セージが、内容のあるものに変化してゆくとき、その幻視者は良い状態にあ
るのです。

 悪い状態の幻視者に対しては、そのメッセージだけでなく、すべての言動、
グループやワーカーたちの行動や主張に対して慎重に識別してください。そ
うしなければあなたは混乱します。真理からそれてしまいます。

 皆さんは幻視者に対する幻想を抱いてはいけません。すべての幻視者のた
めに祈る必要に気づいてください。彼らは常に悪魔の直接的影響にさらされ
ていて、皆さんの祈りで支えられなければ、皆さんよりずっと倒れやすい
人々なのです。どうか世界中のすべての幻視者のために祈ってくださいね。



----------------------------------------------------------------
3.新しいヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ 奥田 力
  に与えられたヴィジョン
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
北海道滞在中に観たヴィジョンについて
2005年8月16日 AM11:20〜11:45
--------------------------------
下記のヴィジョンを観ました。

 2005年8月15日、夕方、山形県から仙台経由で札幌に、飛行機で
向かいました。その当日は非常に肉体的に疲労がたまっていたので、すぐに、
とあるホテルにチェックインしました(北海道への旅は、私の職業ソーシャ
ルワーカーに関すること、私の家の家系をたどる旅でもありました)。翌朝、
2005年8月16日、ホテルの居室内で、このミッションの知人と40分
ほど電話で話しました。ヴィジョンは、その電話の後に観ました。

【 ヴィジョンの内容について 】

 円錐形の山と、その下に湖がありました。空は晴れ、青く、大変美しい
風景でした。しかし突然、山の頂上より右下付近から大きな爆発が起こり、
溶岩が流れ、噴煙と水蒸気がたちこめ、溶岩が山の麓の湖に流れ込んでいく
様子が観えました。これは2回、同じ様子を観ました。他にもヴィジョンが
ありました。

 そのため、ジャン・マリー神父の指導を想いおこし、すぐに手元のノート
にヴィジョンの内容を記録しました。また、まだ識別のための秘密の印をい
ただいていませんので、印を求めることはしませんでした。今回のヴィジョ
ンの確認を求めるため、その日のうちにリトル・ペブル氏宛てに手紙を書き、
オーストラリアに送りました。その後、10月上旬に返信があり、ヴィジョ
ンは天からのものであると確認がとれました。

(注: 地名や、山の名前、時期などは示されていません。また、私たちに
 恐怖を与えるためのものでもありません。神様からの知らせ、シグナル、
 警告であり、噴火がいつ起こるかなどは一切示されていません。むしろ神
 からのものである以上、安心して、信頼を持ち、実直に受けとめて、災害
 が起こらないよう、聖母マリア、大天使聖ミカエルに保護と取次ぎを願い、
 いつも自分の分際にあった祈り、償い、犠牲をイエズス様の聖心にお捧げ
 することが好ましいと思います。)

 このヴィジョンの後、私はホテルをチェックアウトし、札幌駅に向かいま
した。それから函館方面行きの特急に乗りました。発車の前に、宮城県地方
で発生した大きな地震のニュースを、ラジオや車内のアナウンスで聞きまし
た。

十M 皆様の上に神様の祝福がありますように、心からお祈りいたします。

2005年10月23日
ミシェル・マリー・フランソワ 奥田 力



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1998年11月20日 No.271

 娘よ、聖書で書かれている全てのことが成就するときに近づいている。こ
れらの出来事が起きて、人々が私の父の御旨に沿った道に戻れるように祈り
感謝していなさい。お前たちはそのことで大いに感謝するだろう。お前たち
はこの大きな国で多くの贈物を受け楽しむが、それは反キリストが現われて
誰をも夢中にさせ、何もかもが憎しみと悪意の道になってしまうまでである。
これらの破壊の出来事が起こることについて、天はお前たちに警告してきた
が、民の大部分は拒否し続けている。私はお前たちに告げる。信仰をもちな
さい。出来事の兆候が見え出したら、外国から侵略され始めるとはっきりわ
かるだろう。

 悪の勢力が手はずを整えれば、彼らが一瞬で国々を完全に破壊することは
確実であろう。しかし、世は愚かにも安心し切っている。それは徐々に起き、
出来事は避けられない。それを「甘受」することがお前たちの態度である。
お前は私に対して何が足りないかを見て知るだろう。いつでも警戒を怠らな
いようにしなさい。

 感謝祭には私の父に感謝と讃美をしなさい。父は全てのものを創り、お前
たちに何でも贈られた。父は赦し続けられ、お前たちの霊魂に何が最善かを
ご存知である。神への信頼は敵に対して絶対的に必要な武器である。

 いくつかの核の出来事が年が終わる前に起きるだろう。それは私が戻る前
のこの危険な時期に、私たちの特別なメッセージを、多くの者を納得させる
のに役立つだろう。今、私の父へ戻るために、できるだけたくさんの機会が
必要である。世界全体が大変動になった後で、混乱とショックで道に迷う者
が出るだろう。信仰に留まり、償いをし、全ての者に仕える必要がある。こ
れらの出来事は地球や人々を浄め始めるために許されている。何事にも恐れ
ないようにしなさい。お前に必要なのは、サタンとその手先と悪霊たちがす
ることから護ってくださるように、ただ信頼して、神と御母の御力のままに
することである。

 来たる年には神の至高なる掟が再び打ち建てられ、聖霊によって私の御言
葉が教えられるだろう。お前たち自身の罪深さについて疑いの余地はない。
お前は傲慢と軽蔑によって多くの者を裁いた。私が戻って来る時、お前が
謙遜と信頼をもっているのを見つけようと思う。終わりまで耐え忍ぶ者が救
われると憶えておきなさい。

 清らかな平和統治に誰が住むだろうか。長い間、待ちこがれ、天に向かっ
て、まもなく父に会えるのは誰だろうか。小さく勇敢な者よ、お前たちの望
みは未来だと私に言いなさい。お前たちの今後5年間の計画は何か。お前た
ちを救うための私の計画に、お前たちの全てが関わり合っている。もう一度
来て、私の生ける水を飲みなさい。私の御体と御血の栄養によって元気を
取り戻しなさい。私の父の御手によって、日々各瞬間が新たにされている。
子供たちよ、私が来るのを見れば興奮するだろう。私が戻るために斧は振り
降ろされた。私に対する力強い依託があれば、穏やかに生き抜けると約束す
る。お前たちは私の嗣子である。私はお前たちのために富をもたらす。私の
父の完全な御旨をとこしえに授けよう。

 私の宮廷の兵士たちよ、警戒していなさい。私の側に立って戦いに備え、
風のように戦に入りなさい。皆を愛している。私がお前を救えるようにさせ
てほしい。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 秋田県に聖シャーベル修道会の第2番目の共同体ができました。

  〒012‐0106
   秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
   「秋田、天草、そして全ての
     日本の殉教者たちの聖母」共同体
   TEL/FAX: 0183−42−2762
   Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
   URL:http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/


  第1番目の名古屋共同体、ともどもよろしくお願いいたします。

  〒467-0014
   愛知県名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   「秋田、天草、そして全ての
     日本の殉教者たちの聖母」共同体
   TEL/FAX: 052−851−8584
   Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
   URL:http://martyrs.jpn.ph/


◆ 「マリー・マドレーヌの神秘的体験の手記」のホームページが新たに
 公開されました。とってもおもしろいよ! みんな見てね!

   Eメール:madeleine@martyrs.jpn.ph
   URL:http://martyrs.jpn.ph/madeleine/


◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  :11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :11月19日 土曜日 13:00-17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :12月23日 金曜日 11:00-16:30
       (11月はお休みです)
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は11月6日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]