「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年10月23日号No.276

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年10月23日号 No.276

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 秋田県に聖シャーベル修道会の第2番目の共同体ができました。

  〒012‐0106
   秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
   「秋田、天草、そして全ての
     日本の殉教者たちの聖母」共同体
   TEL/FAX: 0183−42−2762
   Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
   URL:http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/


  第1番目の名古屋共同体、ともどもよろしくお願いいたします。

  〒467-0014
   愛知県名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   「秋田、天草、そして全ての
     日本の殉教者たちの聖母」共同体
   TEL/FAX: 052−851−8584
   Eメール:rongin-marie@martyrs.jpn.ph
   URL:http://martyrs.jpn.ph/


◆ 「マリー・マドレーヌの神秘的体験の手記」のホームページが新たに
 公開されました。とってもおもしろいよ! みんな見てね!

   Eメール:madeleine@martyrs.jpn.ph
   URL:http://martyrs.jpn.ph/madeleine/



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第136章 】

 「良い状態の幻視者」という言葉を私が使っているのは理由があります。
幻視者の状態は一定ではありません。よくなったり悪くなったりするのです。
リトル・ペブルさんへの忠実という点だけをとっても、多くの幻視者がふら
ふらします。それは彼らがひとつには感覚的なものによって自分の道を決め
てゆこうとするからです。実は、神に向かって感覚が開かれているというこ
とは、同時に悪魔に向かっても感覚が開かれているのです。悪魔は幻視者を
落とそうと全力を尽くします。幻視者を落とせば一緒に多くの支持者を真理
であるこのミッションから落とすことができるからです。それゆえ悪魔は
感覚的なものを通して、つまりインスピレーション、幻視、幻聴、夢、実際
の臭いとか五感を通して幻視者の判断を誤りに導きます。

 ですからある幻視者が感覚的なものに重きを置けば、それだけその幻視者
は悪魔の罠にかかります。日本の幻視者は極端なほどふらつきます。それは
日本人が感覚的なものに重きを置き、それを判断の基準にする民族だからで
す。特に日本の女性はそうですね。理性的ではありません。好き嫌い、つま
り良い印象、悪い印象でたいていのことを判断しています。日本の公的幻視
者はほとんどが女性でした。しかしこんなふうでは幻視者の使命を果たして
いくことなどできません。

 リトル・ペブルさんへの忠実度は幻視者の状態が良いか悪いかを判断する
基準として重要な要素です。真理の中の真理であるこのミッションに出会っ
た人は皆、神から「首尾一貫」してリトル・ペブルさんに忠実であるように
求められています。もちろんあなたもですよ。そして特に幻視者には「首尾
一貫」が厳密に求められているのです。幻視者は皆の模範となるようたてら
れていますし、彼らは最初に天から直接この強い命令を与えられたのです。

 これは皆さんよりもはるかに深く彼らの心に刻み込まれた命令で、これを
ゆるがせにするなら、その責任は重いのです。その時、彼らは神に「ハイ」
と責任をもって答えています。この「ハイ」は誓いと同じなのです。また、
リトル・ペブルさんへの忠実度とその幻視者の使命の大きさ・恵みの大きさ
は直結しています。つまり、幻視者がリトル・ペブルさんに忠実であればあ
るほど、神はその幻視者により重要な使命を与え、より大きな恵みで満たす
のです。反対に不忠実になってゆくと、神はその幻視者から使命と恵みを
取り去ってゆきます。ですから幻視者の状態が良いか悪いかの判断基準の
最も重要な要素として、リトル・ペブルさんへの忠実度をあげることができ
るのです。

 2つ目の要素としては、その幻視者が徳に進んで行っているかです。徳が
高いか低いかではなく、徳に進んで行っているかです。皆さんが、幻視者に
選ばれた人は徳が高いから選ばれたのだと考えていることは知っています。
しかし、そうではありません。その逆です。神は皆がつまずくような人を
選ぶのを好まれます。徳の高い人を選ぶなら、修道者ばかり選ばれています
よ。修道者たちの徳の高さ、堅固さんは並大抵ではないのですから。

 神は徳に富む人、知識に富む人をなおさら謙遜にさせるために、徳も知識
も持たないような人を選び、その人を通してご自分の指示を伝えるのです。
本当に謙遜にならなければ、自分よりはるかに劣った人を神の僕として認め
ることはできないからです。人となったイエズスの最初の礼拝者として羊飼
いを、使徒として無学な漁師たちを選んだ神は、イエズスのご生涯の最後に
彼が神であることを宣言する人として強盗殺人犯の死刑囚を選びました。
一緒に処刑された聖ディスマスです。神はいつの時代にもこのようになさっ
てきました。今も変わらずそうなさっています。

 このように幻視者たちは徳が高いとは言えません。スタート地点がどんな
に低かろうが、完徳という山の頂きを目指して登りつつあればいいのです。
それが神に「ハイ」と言い続けている状態だからです。ですから徳の観点か
ら幻視者の状態の善し悪しの判断ができるのは、幻視者が以前より悪くなっ
ていくという変化があらわれたときです。以前よりも人の悪口をよく言うよ
うになったとか、以前よりも閉鎖的になったとか、特に聖ヨゼフの霊性にな
らって完徳を目指す方法を説明したときに書いた、一致の基礎となる動物徳
と自然徳において後退し、友情、話し合い、公平な愛を妨げる悪徳が逆に
目立つようになったら、その幻視者は悪い状態にあります。

 その幻視者が長く熱心に祈ったり、苦業を増やしたりして信心業や苦業な
どの外面的な行に進んでいるとしても、それに惑わされてはいけません。ま
た、隣人愛という徳に関しては判断を間違いやすいので気をつけてください。
その幻視者があなた個人に親切であれば、あなたはその幻視者の愛徳に問題
はなしと判断するに違いありません。そういう判断の仕方はだめです。見る
べきところは、その幻視者が敵対者と、自分に我慢を強いる人に対してどう
振る舞うかです。忍耐とゆるし、この2点をみるのです。

 この2点において実に英雄的な模範を輝かしているのがリトル・ペブルさ
んです。彼の真実性はこれによってはっきりとあらわされているのです。彼
が本当に何を耐え忍び、どんなことをゆるしているかを知るなら、皆さんは
全員、自分のことを恥じるはずです。ひとつだけ言っておきましょう。彼は
皆さんのために耐え難い苦しみを耐えています。それを皆さんに全く感じさ
せないほど、彼のゆるしと忍耐は完璧なのです。そしてこのしるしによって、
彼の愛徳の完全さを知ることができるのです。

 この点でも日本の幻視者に良い状態を保つことができた人は誰もいません。
皆、派閥心、猜疑心、互いの警戒心に毒されていて、敵対者、自分に我慢を
強いる人にゆるしと忍耐を実行することができませんでした。すなわち隣人
愛の徳に進んでいかなかったのです。

 3つめの要素は気持ちの強さです。なぜなら悪魔は世間的精神を持った
指導司祭やワーカー、恩人、まわりの人々を通して、幻視者の超自然的精神
に世間的精神の影響を与えようと全力を尽くすからです。幻視者が超自然的
精神でもって愛と善徳の実践の功徳だけに頼って進んでいるとき、超自然的
な豊かな実りが神によってもたらされます。そうではなく世間的精神で進む
なら、人間的なごくわずかな実りしか結びません。それを悪魔は狙っている
のです。

 幻視者は例外なくこの悪魔のたくらみと戦わなければなりません。その時
に必要なのが気持ちの強さです。この気持ちの強さは殉教者になるためにも、
証聖者になるためにも必要です。世間にちっとも流されず、信念をこれっ
ぽっちもまげないことが殉教者や証聖者になる条件です。家族から泣いて
頼まれても「教えを捨てます」と言わない。あたかもお前が間違っていると
声をそろえて大合唱しているような世間に対して、堂々と真理を証しし続け
る。これらが彼らの行動でした。

 幻視者の場合、気持ちの強さを失っていくとき、世間的な手段に頼るよう
になります。有力者やお金、組織、有能なワーカー、支持者の数等々、世間
で通用するさまざまなものに引かれてしまうのです。

 もうひとつのしるしは、リトル・ペブルさんと同じ戦線で戦おうとしなく
なることです。迫害を避けたがるようになり、リトル・ペブルさんと一致し
ていることを隠したり、強調しなかったり、自分自身が隠れようとしたり、
最前線に出ないのです。これは幻視者だけでなく皆さんも同じです。リトル・
ペブルさんはどれほど同じ戦線で横を離れずに戦ってくれる人を求めている
ことでしょう。しかしほとんどの人がそれをいやがるのです。日本のミッ
ションの人たちは誰もそうしようとはしません。気持ちの強さが足りないの
です。

 しかし幻視者が良い状態であれば「力」の祝福を受け、神の恵みによって
気持ちの強さを与えられ保っています。日本の幻視者たちがこの点でも良い
状態でなかったと判断できます。幻視者の気持ちの強さを判断の材料として、
その幻視者の状態を知ることができるのは、特にまわりが間違った望みを
抱くときや、世間的な精神で動こうとする時、動いている時です。少しでも
まわりに飲み込まれ、流されるなら、悪い状態なのです。逆に指導司祭や
グループと絶縁してでも、ふさわしくないワーカーを追放してでも、恩人と
対立してでも、家族を泣かせてでも、超自然的なやり方を曲げないなら、そ
の幻視者は良い状態です。

 日本の幻視者たちは、これが全くできないのです。人間関係のしがらみに
抵抗することができません。日本人は何と気持ちが弱いのでしょう! 本当
に情けなくなります。

 皆さんは両親に勘当され、籍まで抜かれ、家族、親族、友人から村八分に
なっても、信念を曲げてはいけませんよ。日本中からあざ笑われ、悪魔扱い
されても、どんなスキャンダルを捏造されて個人攻撃をくらっても、決して
信念を曲げてはいけません。わかりましたね。そして皆さんのために完全に
身をさらして、全ての迫害の矢面に立ち、戦っているリトル・ペブルさんと
一緒に、同じ戦線で、同じように戦い、同じ運命にあずかりたいと心から
望んでください。これが日本人に神が計画なさった道なのです。あなたが
このまことのあかしをたてることによって、神があなたの愛する人々を救え
るのです。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1998年7月12日 No.270

 年の終わりまでに核攻撃があるでしょう。どうか、この知らせを落ち着い
て受け取り、あなた自身、祈って準備しなさい。

 ワン・ワールドの人々は、誰もが防御の力を得る前に、この計画を急いで
やる必要があると知っています。天の敵は、核の脅威はどこでもあると益々
知られることで、急に活動し出しました。命に対する興味が全くないかのよ
うに、世の人々はすぐに実行可能な恐るべき破壊を許しています。

 あなたの祈りの意向に、これらの言葉を入れて下さい。絶えず警戒して
祈りなさい。世界は祈りの糸によって吊されています。あなたたち全ての者
は、この祈りの細い紐が切れて、地球が混乱と破壊に陥るのを許すでしょう
か。ですから、もっと祈りなさい。皆が立ち帰るように、回心するようにと
声を大にして懇願しています。祈りによって準備していなさい。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  :11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :11月19日 土曜日 13:00-17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月30日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]