「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年10月16日号No.275

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年10月16日号 No.275

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.153本の聖ヨゼフの百合
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2005年10月14日 金曜日
皆さんへの告知
--------------------------------
キリストにおける私の親愛なる兄弟たちと姉妹たちへ

 今日、裁判官はリトル・ペブルに、3年半の執行猶予つきで(with a
possibility of parole after 3.5 years )5年間の禁固刑の判決を下
しました。上訴が彼の法廷弁護士スタントン氏によりなされました。

 平和のうちにとどまり、祈りのうちに絶えず警戒し、共に苦しむ仲間であ
り続けてください。それは、私たちが私たちの共通の信仰・希望・愛におい
て一致団結し続けなければならない時だからです。

 聖シャーベル修道会とこの共同体は前進し続けるでしょう。表面的には
悪の暗闇の力が勝利を収めたように見えるでしょう。しかしそれは真実では
ありません。

 神を、そしてマリア様を信頼してください。神の約束は、それらの適切な
時間と条件が満たされた時に、すべて実現されるでしょう。

 今はあなたたちの「フィアット(なれかし)」を生きる時です。論じ、討
論し、議論する時ではありません。それは神の御旨への、私達の人生と私達
の従順についてです。

 あなたたちの心に愛を保ち、祈りにおいて用心深くあり続けてください。

 あなたたちの祈り、愛、およびサポートに対して感謝します。どうぞ、こ
の苦しみのうちにリトル・ペブルをサポートし続けてください。

キリストにおいて敬具

+ マルコム・ブロサード司教



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2005年7月30日(土曜日)PM17:56
リトル・ペブルさんへ
聖母マリア様からのメッセージ
--------------------------------
聖母:
 愛するむすこ、愛するリトル・ペブルあなたを愛し祝福いたします。

【 あなたの質問に対して 】
 9月16日に判決が出されます。あなたはこの判決によって上告します。
彼らの判決に対して、あなたは上告して裁判の大勝利のために足を踏み出す
ように。切に彼らの救霊のために祈ってください。上告したあと、あなたは
釈放されます。

 愛する息子、勇気を出して私に信頼し、信頼し続け、あなたの面倒を見る
母である私をもっともっと、私をもっともっと信頼して歩みなさい。いつも
愛し、祝福し、恵みを与えています。あなたの苦しみ、苦悩を私はよく知っ
ています。あなたを祝福する母がすぐそばにおり、イエズスのゲッセマニの
園の祈りをするのと同じように、あなたが苦しんでいることを知っています。
おおきな十字架です。でも、あなたは私を愛し、イエズスを愛しているが
ためにいつもハイと言ってきました。あなたを祝福し、ゆるしている母が
います。

 多くの敵があなたを攻撃しました。けれども、最後に彼らもその罪を償わ
なければなりません。彼らの救霊のために祈るあなたの祈りを天は喜び、あ
なたの願いを聞き入れています。祝福を持ってあなたを抱きしめ、恵みに
恵みをあなたに加えています。

 あなたは、かつていろいろなことを通して、裁判の大勝利があるというこ
とを聞いてきました。そのたびにあなたの前に妨害した多くの敵がありまし
た。あなたはもうその敵を見ることはありません。彼らが神の教会、聖母に
対して戦いを挑んだことをあなたは知っています。

 愛するリトル・ペブル、あなたをたてた母を、あなたを立てた天にいつも
信頼し、あなたを恵む多くの人々がいることを喜んで受け入れてくれるよう
にあなたに求めます。愛する子、愛をあなたに、祝福をあなたに送ります。
いつもいつもすぐそばにいる愛の母、慰めの母、許しの母、イエズスの涙を
いつも目撃した母がいます。

 祝福します。父と子と聖霊との御名によりて祝福します。アーメン。


マリー・マドレーヌ:
 リトル・ペブルさんへのメッセージがあったときも、悪魔のアタックがあ
りました。言葉に何度も詰まりました。メッセージを書き起こしているとき
に「プレクストーク(デジタルCDを再生、録音するための機械)を操作中、
なかなか目的の言葉を聴けず、時間がかかりました。特に敵の妨害に関する
ことを話された箇所では先へ進ませないようにしていました。悪戦苦闘しな
がらようやくメッセージを書き終えることができました。



----------------------------------------------------------------
3. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第135章 】

 皆さんが読むメッセージの中で100%天からのものだけというメッセー
ジは存在しません。まずこのことを皆さんは知らなければなりません。仮
に誰かは100%天からのものだけのメッセージを受けるようになるなら、
その人は独立独歩で進めるわけで、一致の必要を否定してしまうでしょう。
そういうことが起こらないように、そしてすべての幻視者が一人では立って
いられないことを自覚し、謙遜にとどまるようにと神は100%天からのも
のだけを受けるようには誰に対してもなさいません。

 そのため幻視者は誰でも例外なく「識別」を自分自身でもおこない、他の
幻視者や指導司祭におこなってもらわなければならないのです。当然これを
しない幻視者のメッセージには、天からのもの以外のものがたくさん入り込
みます。その幻視者の思い上がりに悪魔はたちまちつけ込むからです。

 悪魔にとって幻視者のメッセージに悪魔からのもの、人からの影響、自我
からのものを入り込ませることは常に大勝利です。それによって破滅的な害
を多くの人にもたらすことができるのですから。だから悪魔は幻視者たちの
メッセージに間違ったものを入れようと、あらゆるチャンスをとらえ、常に
全力を尽くすのです。ですから幻視者のメッセージの天からのものの割合と
は、どれほど神から保護されるか、その度合いなのです。その幻視者の使命
が重要であればあるほど、そのメッセージが公的な重要なものであればある
ほど、神からの保護は完全に近いものになってゆきます。

 それで、世界で最も強力な保護を受けているのがリトル・ペブルさんの
メッセージです。天は彼に与えるメッセージに100%に近い保護を与えま
す。それでも100%ではないので、リトル・ペブルさんは常に「識別」を
怠りません。彼は世界中の特に忠実で良い状態にある幻視者に確認を依頼す
るのです。次に神から強力に保護されるのが、その依頼に対しての答えとし
て天が与えるメッセージです。それは非常に重大な事柄、誤りの許されない
問題が扱われ、リトル・ペブルさんの世界一重く、大きな使命が果たされる
のに必要なメッセージだからです。

 その次に強い保護が与えられるのは、公的幻視者が出す、世界に向けての
公的メッセージ、全人類にあてての公的メッセージという公的度の高い重要
なメッセージに対してです。公的度、重要度が下がるほど、そのメッセージ
に対する神の保護の強さも小さくなります。

 ですから皆さんには次のことをぜひ知っておいてもらわなければなりませ
ん。公的でないメッセージ、いわゆる私的なメッセージと、誰かの個人的な
質問に対する答えとして与えられたメッセージは、ほとんど神から守られて
いないのです。間違いがほとんどで危険すぎるために、神は個人的な質問を
幻視者を通して天にすることを原則として禁じています。公的なものではな
いメッセージはこのようにほとんど守られていないのです。

 もう少し突っ込んで説明します。公的で重要なメッセージを出す時に、そ
のメッセージが非常に守られていて大部分が天からのものであるメッセージ
を出すその同じ幻視者が、その同じ時期に出す私的なメッセージや、だれか
の質問を取り次いで天に聞いた答えとして受けたメッセージが、天からのも
のがほとんどない間違いだらけのメッセージだという現実があるのです。

 公的で重要なメッセージが正しい天からのものが多い幻視者だから、私的
なものもそうだということは全くありません。今、神が個人的質問を受けて
取り次ぐ役目を与えているのはリトル・ペブルさんだけです。以前はもう
一人いましたが、その幻視者はその使命を失いました。リトル・ペブルさ
んに不忠実になったからです。リトル・ペブルさんが役目がら私的なもの、
個人的質問に対する答えのメッセージにまで強力で、ほぼ完全な保護を受け
ているのは例外であって、特別なことなのです。他の幻視者はそうではあり
ません。

 ですから皆さんも、幻視者自身も、公的で重要なメッセージでも、間違っ
た天からのもの以外のものは必ず入ってきていると考えるべきですし、そう
でない私的なメッセージに関しては「幻視者は間違いまくる」と考えなけれ
ばいけませんよ。幻視者は本当にたくさんの間違いを犯しますし、間違いだ
らけのメッセージを出します。それは神に許されて起こることです。幻視者
にとってそれは謙遜になるために利用すべきことなのです。自分の受けるも
のが正しいという自信を持つことができないように神がそうなさっているの
です。

 この種の傲慢に幻視者がいかにおちいりやすいかは、リトル・ペブルさん
のミッションの20年以上の歴史が証明しています。リトル・ペブルさんが
役目がら、メッセージの誤りを指摘すると、まずほとんどの幻視者が「いい
え、私の受けているメッセージは正しい」といって、そのためなおしを拒否
します。そのためなおしを謙遜に受け入れる幻視者がめったにいないのです。
もちろん傲慢ゆえにためなおしを拒んだ幻視者はやがて落ちます。 こうし
て偉大な使命を持っていた多くの幻視者も含め、実にたくさんの幻視者が、
持ってはいけないこの傲慢な自信ゆえに落ちました。

 皆さんはメッセージの現実というものを今、私から聞いたので、幻視者に
とって受けるメッセージの中で、神から強く守られるのは公的で重要なもの
だけで、あとはそうではないことと、その強く守られている一部のメッセー
ジにすら天からのものではないものが入り込んでいるということを知りまし
た。だから幻視者が「私の受けているメッセージは正しい!」と言うとき、
それが事実とはかけ離れているということがわかりましたね。

 事実でないことを傲慢にも思いこみ、神から「彼に従え!」と命じられて
いる「識別」の役目を持った人であるリトル・ペブルさんに「あなたこそ
間違っている」と反対するのですから、使命も恵みも神から取り上げられて
も当然です。神は理由があってリトル・ペブルさんを立てています。この
役目を持った人が立てられていなかったらいったいどうなると思いますか?
幻視者とは傲慢の代名詞になってしまいます。

 日本のマリア様のミッションにおいて、日本人はこういったメッセージと
幻視者の現実を知らず、学ぼうともせず、日本人特有の思いこみで幻視者の
メッセージは100%天からのものだとして考えてきましたし、今も相変わ
らずそう考えています。リトル・ペブルさんのサインがあれば100%正し
いとか、現実ばなれもはなはだしい主張がまかり通っているのです。サイン
は天からのものが入っているという確認です。それを「識別」しつつ読まな
ければいけないというのは世界の常識です。

 特にプロモーター、グループのリーダー、翻訳者、幻視者本人は、変だと
思ったら再確認を要請しなくてはいけません。サインがあれば、そのまま
全部出すというのではだめなのです。受け取る皆さんもそれは同じです。か
つて日本の中心的幻視者がとんでもない内容が含まれたメッセージを出しま
した。イエズスの子を妊娠したという内容です。日本以外のどこの国の人が
このような教義的にでたらめだと即座に判断できる内容を受け入れるでしょ
うか? しかし日本人たちはこれを信じ、リトル・ペブルさんのサインがあ
るからと、プロモーターはこれを広め、受け取った人もそれを喜んだのです!

 私は日本にいなかったので、しばらくたってからそんな内容が含まれてい
るメッセージが広まっていることを知り、直ちに行動しました。もちろん
リトル・ペブルさんもこの間違いをためなおそうと、すぐに当の幻視者に働
きかけましたが手遅れでした。もうどうしようもないほどに日本のミッショ
ン全体が傲慢になってしまったのです。それで神秘的教会の大分裂が日本か
ら起こってしまい、日本の公的幻視者は一人残らず落ち、リトル・ペブルさ
んに忠実にとどまったミッションの日本人は少なかったのです。この結末は
1994年8月15日に出てしまいました。

 これによって全世界の神秘的教会が大分裂することになってしまったので
す。日本人独特の大間違いの思いこみにより、「識別」をしないので、悪魔
は世界の神秘的教会を大分裂させるのに日本のミッションを使ったのです。
日本ほど悪魔にとってやりたい放題できる国はないのですから。

 皆さんにとって唯一安心して読めるのはリトル・ペブルさんのメッセージ
だけです。他のメッセージはどんなに多くの人から支持されていても「識別」
が絶対に必要です。まずリトル・ペブルさんのメッセージを読んで、その
内容を基準として他の幻視者のメッセージを各自が「識別」するのです。次
にリトル・ペブルさんに非常に忠実に従い、一致が強固な良い状態の幻視者
のメッセージを読めば、世界の幻視者が一致して何を言っているかがわかり
ます。

 この点について実例をあげて説明しましょう。ある幻視者だけが、平和の
統治に入ってから生まれた人は皆すべて天国に行くという内容のメッセージ
を受けました。世界の他の幻視者たちはそういう内容を受けておらず、変だ
ということで確認が行われました。そして間違ったメッセージだということ
を天は明らかになさいました。 平和の統治に入ってから生まれた子には、
最後に天使に課せられたのと同様の試しが課せられ、自由意志でそれぞれが
天国か地獄かを選ぶのです。

 ある幻視者だけが、天から選ばれている司祭には胸にそのしるしのアザが
あるという内容のメッセージをずっと以前に受けました。これも変だという
ことで確認が行われ、天はそのメッセージが間違ったものであることを明ら
かになさいました。このようにリトル・ペブルさんと一致した世界中の幻視
者が出した内容と食い違っている内容、彼らのうち誰も受けていない内容、
正反対のことを主張する内容に関して、変だと分かるようにならなければな
らないのです。

 リトル・ペブルさんと彼を公に支持し忠実に従い、一致している「一致の
輪」の中に入っている幻視者たちが天から何を受けてきているかを知識とし
て持っていなければ、この「識別」はできません。そのためには過去に与え
られたメッセージを多く読まなければなりません。特にリトル・ペブルさん
にメッセージの確認をとらない幻視者のメッセージを読むためには、この
知識が必要で、本当に確かな「識別」力がなければなりません。あなたに
自信がないのなら、たとえプロモーターが力を入れて広めていても読まなく
て良いのですよ。心の平和が保たれる方が、多くを知るよりも霊魂のために
なりますし、その方が安全です。このことは皆さんの自由なのだと知ってお
いてください。「君子あやうきに近よらず」、それは賢明なことです。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1997年11月13日 No.269

 ベールを通った、あなたたちの愛する者(亡くなった者)のことを忘れる
ならば、そのことはあなたたちにも起こるでしょう。その者たちのために
祈るなら、彼らもあなたたちのために祈ります。

 十字架の苦しみの厳しい試練があなたたち皆に与えられようとしています。
時のなかの時、そして苦難の中心があなたたちの上にあるからです。世界中
で与えられてきたメッセージを読むために、夜にもっと時間をとりなさい。
そうすれば、これから先に起こることを良く理解できるようになるでしょう。
中東の戦争は加速するでしょう。それは、終わりが近いとの、黙示録からの
印なのです。この戦争から第3次世界大戦が始まるでしょう。

 「自我」、自分自身に死ぬことで自分をひきつけているものを断ち切り、
神との一致、清い意向を保ち、御子の御言葉を生きなさい。今こそ羊と山羊
が分けられる時です。代理者ヨハネ・パウロ2世が、神である私の息子イエ
ズスのように、十字架につけられ、死に渡されるという、聖にして母なる
教会における苦しい時が近づいています。ボイスボックス(代弁者)たちの
一致は間もなく実現するでしょう。未来の代理者、「清き岩」と一致のため
に多くが戒めを受け、清められるのです。

 邪悪な者は、世界中で用いられているすべての電子・電気的な力を支配す
る大いなる力を手にするでしょう。天に多くの印が与えられる。空にも、星
の動きも見なさい。神は自然を通し、超自然を通して印をあたえます。

 可能ならば、選ばれた者、そしてすべての人々を欺くため、反キリスト、
反使徒、そして偽預言者の偽りの奇跡が全世界で生じます。UFOや闇の
世界からの超自然現象に関する多くの報告がもたらされるでしょう。あなた
たちは多くの極悪非道、生者と死者に対する冒涜的な実験、霊魂の忌まわし
い腐敗を聞くでしょう。サタンは人間の存在を壊滅させ、人間のうちから神
に関する知識を放逐したいのです。

 多く与えられた者は多く求められる。自分の行いに責任があります。神か
ら無償で与えられたものを失なわないようにしなさい。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  :11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :10月23日 日曜日 13:00-17:00
       11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :10月22日 土曜日 13:00-17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月23日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]