「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年10月9日号No.274

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年10月9日号 No.274

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.小さき白いロザリアに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第134章 】

 幻視者には、公になる前、つまり皆の注目を集め、天から受けたメッセー
ジを読んでもらえるようになる前に、人に知られず、まだ誰にも相手にされ
ていない時期というものが、短い長いにかかわらず必ずあります。たった
一人、困惑しながら、受けたメッセージを書きとめているこの期間、幻視者
たちは謙遜です。私的幻視者としてのこの期間に彼らは天からリトル・ペブ
ルさんと一致し、どんな試練にあっても忠実を最後まで守るように強く命じ
られます。彼らはまだ謙遜ですから「ハイ」と答え、書きためたメッセージ
をリトル・ペブルさんに送り、確認してもらい、彼から皆に紹介されて公的
な使命が始まります。

 ところが日本の幻視者たちは、公的幻視者として活動を始めてほんの数カ
月で、誰にも相手にされていなかった時期のメッセージと語調が変わる人が
多いのです。これは「識別」のための印となります。この語調の変化は、そ
の幻視者が悪魔の攻撃を受け、影響を、悪魔自体からや、まわりの人間から
や、自我から受けたことを示します。リトル・ペブルさんが20年以上に
わたって受けている公的メッセージ、それは膨大な量ですが、最初から現在
まで全てを読めば、彼のメッセージには語調の変化が全くないことがわかり
ます。それは彼が悪魔、まわりの人間、自我の影響をメッセージに被ってい
ないことを示しています。

 「幻視者は半年もてば良い方だ」と言われています。それほど人は注目さ
れ、認められるとたちまち謙遜さを失い、傲慢になるのです。公の使命に
呼ばれること自体が謙遜の徳への大きな試しなのです。多くの幻視者たちは
傲慢になって、最初に謙遜だった時期に受けた「リトル・ペブルさんと常に
一致し、最後まで忠実に従うように!」という天からの強い命令とは正反対
のメッセージやインスピレーションを悪魔から受け、そちらに「はい」と
言ってしまうほどになり、ついには落ちるのですが、そうなる前に、謙遜さ
を失い始めた段階で、その幻視者の受けているメッセージには、どんどん天
からのものでないものが増えはじめます。語調の変化はそのしるしなのです。
皆さんは日本人ですから、日本語に関してはわずかな変化もわかるでしょう?
この「識別」のための知識を持っているなら、幻視者本人も、皆さんも、指
導司祭も、手遅れにならないうちにその幻視者が悪い状態になったことに気
がつくことができます。

 ある幻視者はまだ人に知られない時期のメッセージは、リトル・ペブルさ
んが受けるメッセージの語調とよく似たものを受けていました。それが彼女
に天が与えるものの語調だったのです。公的になって注目を浴びるとすぐに
語調が変化し、自我をにじませるものになりました。その後さらに大きく
語調が変化し、他の幻視者の語調そっくりになりました。語調が変わり、他
の幻視者の語調をまねたようなものになるというのは、その幻視者のメッ
セージがもうほとんど天からのものでないものに占められているはっきりと
したしるしです。誰かの影響を受けたことがはっきり分かる段階では、悪魔
からも自我からも強く影響されてしまっていて、天からのものはごくわずか
か、全くなくなってしまった段階です。その幻視者自体も落ちつつある段階
です。

 また、日本語の正しさも「識別」のための印です。天の方々は正しい日本
語でメッセージを与えます。文法的にも用法的にもです。間違いが入ってい
れば、それは天からのものではないもののしるしです。ある幻視者は文法的
にも用法的にも最初からでたらめなメッセージを受けていました。この場合、
最初からその幻視者のメッセージは天からのもの以外の影響を強く受けてい
るのです。もしその幻視者のメッセージが正しい日本語へと変化して行けば、
それは良いしるしで、変化がなければそれが悪いしるしです。一般的なケー
スとは逆になる特殊なケースですので、注意して覚えておいてください。

 最初から自我の影響が、受けるメッセージに濃く現れるケースがありまし
た。つまり最初から天からのもの以外のものが多く入っているのです。この
ケースではプロテスタントの牧師さんの話に特徴的な、鼓舞激励一辺倒の
メッセージになっていました。皆さん、これはありえないことなのですよ。
私たちは、とがめられなければなりません。ためなおされなければなりませ
ん。痛悔に導かれなければなりません。罪ほろぼしのための償いを勧められ
なければなりません。天からのメッセージのこれはメーンテーマです。もし
「行け!行け!」という調子で終始するのなら、そのメッセージは天からの
ものでないものがほとんどだというしるしです。

 外国のいろいろな幻視者のメッセージを読むと、ある幻視者にイエズスは
常に荘重にお語りになります。ある幻視者には常に噛んで含めるようにお語
りになります。ある幻視者には常に先生のように論理的にお語りになります。
ある幻視者には常に愛情あふれる恋人のようにお語りになります。私たちが
相手に合わせて話し方を変えるのと同じです。ただし一人一人の幻視者に
固有の語調は、常に一定して用いられ、理由なくそれを変えることはなさ
らないのです。最初から悪魔や人や自我からの影響を受けて悪い状態から
スタートする特別なケースを除いて、だれからも相手にされていなかった
謙遜な時期に受けたメッセージを基準にして、語調の変化を「識別」のしる
しとすることを皆さんは覚えておいてください。

 これから「識別」のためのいくつかの知識と、幻視者をめぐるいくつかの
知識を皆さんに与えたいと思います。それは正しい「識別」と正しい指導が
できる日本人司祭がいない現状では幻視者自身と、皆さんが自分で「識別」
をし、自分で誤りを避ける以外にないからです。感覚的なものごとに対する
好みと超自然的な体験に対する望みを完全に捨て去る努力を続けつつ、今
私が与える知識を活用するのですよ。

 これは幻視者とその受けるメッセージを通して悪魔に翻弄され続けてきて
いるこの日本のミッションの一人一人が、犯してきたたくさんの間違いを
自分自身で認識し、改めるためです。また新しくミッションに参加する人が
同じ誤りにおちいるのを前もって防ぐためです。20年間、そして今でも
悪魔は日本のこのミッションでやりたい放題です。日本人はあまりにも超自
然的なことに対して、カトリックの「識別」の仕方から何から何まで無知で
あり、だまされっぱなしです。悪魔のずる賢い手口を私に可能な限り暴いて
いきたいと思います。



----------------------------------------------------------------
2.小さき白いロザリアに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 下記のメッセージは、9月30日、リトル・ペブルさんによって確認され
ました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはありませ
ん。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれてい
る天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の
自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にあ
る「メッセージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
1997年11月26日
--------------------------------
 朝、聖母が私(小さき白いロザリア)に広めてくださいと願われたお祈り
は、聖マチルダに告げられた祈り『三つのめでたし』を祈ったときでした。
聖母「私は慈しみの聖母、人々の救いの聖母です。」と。この『三つのめで
たし』の祈りを毎日祈ってくださいと告げられました。

 そして、聖母「かわいい娘よ、マリア、小さきマリアよ、これは、とても
重要なことですから人々に広めなさい。この祈りは煉獄を通らず、天国に
行くことができます。本当に心から聖三位一体に祈るなら、天国へ行く大い
なる恵みがあります。さようなら、私のロザリア。」と。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1997年7月13日 No.268

 甘美なる子供たちよ、今は終わりの時の始まりです。なぜ迫害が強いのか、
その理由はマイトレーヤ、反キリストがあなたたちを迫害しているからです。
マイトレーヤはメディアを、そして霊魂の弱さを用いて、落胆をもたらすこ
とを、神である私の息子イエズスの善と御あわれみのうちにある信仰と希望
を弱めることを試みています。今は邪悪な者の時です。反キリストは多くの
心を支配しているからです。反キリストは多くの場所を、世界の大半を支配
しています。しかし、いとしい子供たちよ、これはほんの始まりにすぎませ
ん。これらの試練はすべてあなたたちを清め強めます。ですから、大試練が
来るとき、あなたたちは耐え忍び、悪に対して勝利を収めるでしょう。そし
て、あなたたちの多くの犠牲によって、多くの霊魂が神である私の息子イエ
ズスを信じるようになるでしょう。

 天からだけではなく、この時のために神が準備なさった善い霊魂からも
支援がもたらされるでしょう。忍耐し、寛容でありなさい。そして祈りとと
もに堅忍しなさい。祈りは、そして秘跡を受けることもあなたたちの力です。

 全世界のうちにあなたたちが見聞きするように、人類に多くの懲罰が降り
かかっています。多くの苦難、霊魂の荒廃があります。ですから祈りなさい。
子供たちのために祈りなさい。教会のため、国々の指導者のために祈りなさ
い。預言されたすべてのことが今、到来しつつあるからです。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちを愛しています。このため私は、あなた
たちを慰め、強めるために今なお地上に来ているのです。ちょうど、いにし
えの使徒が地上を歩いているときにしたように。私は幼な子である教会を
慰めるために、そこにいました。同じように、終わりの時の今、来るべき
ニュー・ホーリー・エラ(新しい聖なる時代)の幼な子である教会、黙示録
のレムナント・チャーチ(生き残った教会)を慰めています。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  :10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :10月23日 日曜日 13:00-17:00
       11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :10月22日 土曜日 13:00-17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584


【 大 阪 】 
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 10月15日 土曜日 10:15-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」10階104室
        大阪市西区土佐堀1−5−6
     http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月16日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]