「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年10月2日号No.273

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年10月2日号 No.273

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第133章 】

 日本のリトル・ペブルさんと一致したこのミッションで犯された間違いの
多くは、霊を試すことができないことが原因となっています。日本人は天か
らメッセージ受ける幻視者も、それを読む皆さんのような立場の人も、指導
すべき司祭も、「識別」が全くできません。霊を試す=「識別」という言葉
は、ローマ・カトリックの専門用語です。超自然の体験に関して、天からの
正しいものと、天からのものでない間違ったものとを見極めること言います。

 世界中でこの「識別」に失敗するという問題は起こっていますが、特に
日本人が「識別」が全くできないのは、それらとは比べようもないほどです。
それには理由があります。日本人が感覚的な民族で、感覚的なものごとを
好み、追い求めるからです。これを詳しく説明しましょう。

 「恋は盲目」という言葉がありますね。同性から見て女たらしの悪い奴な
のに、女性たちは一目見るなりその男に心を奪われ、その男の本質をまった
く見ようとせず、夢中になって愛する。痛い目にあうまでずっとだまされて
いることが分からない。日本人が超自然の体験に対してとる態度は、これと
全く同じです。感覚的なものごとを好み、追い求める人間なので、それが
与えられると最初から大きな喜びを感じてしまい、それを慎重に識別しよう
としません。まさに盲目になるのです。

 天からのメッセージを直接受け取る幻視者も、間接的に受け取る皆さんの
ような立場の人も、幻視者を指導する司祭も、心が求めているものを与えら
れ、最初から大きな喜びを感じてしまうのです。目をくらませて、「識別」
を不可能にするこの喜びを起こさないようにしない限り、いとも簡単に悪魔
にだまされます。

 そうならないためには感覚的なものごとに対する好みを捨て、それを追い
求めるのをやめなければなりません。何か超自然的なものを感じたい、つま
り見たい、聞きたい、体験したいと願うことを一切やめなければならないの
です。

 そもそも信仰とは見ないで信じることなのです。見ないで信じるからこそ、
それがその人の功徳となるのであって、見て受け入れる人には信仰の功徳は
ありません。見てしまえばこれほど貴重なものを失ってしまうのです。神が
皆さんに求めていらっしゃるのは、見ないで信じる信仰なのです。使徒の
聖トマがイエズスのご復活を信じようとしませんでした。イエズスは彼にあ
らわれて、手の釘のあとの穴と胸の槍で開かれた傷に彼の指を差し込ませ、
ご復活の事実を認めさせました。しかしイエズスは聖トマの不信仰をおとが
めになりました。そして「トマ、お前は見たから信じたが、見ないで信じる
者が幸いなのだ」とおっしゃったのです。

 日本人は聖トマのようにイエズスの釘のあとの穴に指を差し込む体験の方
を、見ないで信じる信仰よりも価値あるものとして望んでしまいます。その
望みは全く神の御旨に反しています。神は皆さんが感覚的な体験をちっとも
望まず、ただ愛と善徳に進むことだけを望むように願っていらっしゃいます。
もちろんこの善徳には信仰の徳も含まれているのですよ。

 典型的な例をあげましょう。日本のある幻視者は「皆のためにメッセージ
を受けなくては……」とよく言っていました。日本人である皆さんは「なん
てけなげな人なんだろう。私たちのために一生懸命になってくれている」と
思うでしょうが、この幻視者も、そう思う皆さんも大間違いを犯しているの
ですよ。正しい「識別」ができる指導司祭がこの言葉を聞けば、この幻視者
を叱り、その考えを捨てさせます。そうしなければこの幻視者は必ず落ちる
からです。天からのメッセージを受けたいという望みを完全にはぎとり、愛
と善徳に進む望みだけしか持たないように導きます。

 もうひとつの典型的な例をあげましょう。日本の別のある幻視者は、公的
ご出現の際、脱魂状態で「誰それ様、メッセージをください」という言葉を
口にしていました。日本人である皆さんは、これが非常に悪いことだとは
思いもしないでしょうが、この行為はタブーです。絶対やってはいけないこ
となのです。正しい「識別」ができる指導司祭がこの言葉を聞けば、その
言葉に応えて与えられるメッセージはすべて、悪魔からのものがかなりの
割合で入っているか、全部悪魔からのものであると判断するでしょう。そし
てこの幻視者がすでに非常に危険な所にいて、落ちる寸前だと判断するで
しょう。「愛と善徳のみを望む」、これが私たち全ての者にとっての大原則
で、幻視者は特にそうでなくてはならないのです。メッセージをくださいと
望む心を捨てるように、捨てるようにと細心の注意を払うことが彼らへの
天の望みです。良い状態の神秘家・幻視者たちは、この望みが全くなしに
メッセージを天から受けたり、神秘的体験をしたりしているのですよ。

 良い方の典型的な実例をあげましょう。外国のある神秘家は毎週金曜日、
イエズスのご受難を神秘的に体験していました。彼女は金曜日が近づくと、
苦しみ、震えていました。イエズスへの愛によって同意し、受け入れるので
すが、彼女自身これっぽっちも神秘的体験を望んでいませんでした。他の
幾人かの生涯忠実であり続けた外国の神秘家を知っています。彼女たちは
超自然的な体験が与えられないようにと願っていました。ただ本当に、道具
として使いたいというイエズスの御旨に、愛によって服従していただけでし
た。決して超自然的なものを自分から望むことはありませんでした。

 神秘家ではありませんが幼きイエズスの聖テレジアは、たまに超自然的体
験をさせられると、辱めを受けたように感じていました。彼女はそんなもの
なしに、信仰の暗さ=霊魂の暗夜(超自然的示しも超自然的慰めも一切ない
状態)の中で、信じ、耐え抜くことでイエズスに自分の愛を示したかったの
です。

 これらの良い状態の神秘家たちに対して、日本の神秘家・幻視者たちは
何と正反対の悪い状態にあったことでしょう! もちろん神秘家・幻視者た
ちだけでなく、すべての日本人がこの感覚的なものごとを好み、追い求め、
それを喜ぶという悪い間違った傾きを非常に強く持っているのですから、皆
さんすべてが悪い状態にあるのですよ。人ごとではないのです。

 この悪い状態にある人はだれでも、幻視者だろうが、司祭だろうが「識別」
はできません。盲目なのですから。混乱と誤りに人をぜがひでもおとしいれ
ようと全力を尽くしている悪魔たちに必ずだまされます。ということは、特
に日本人の場合、幻視者本人は「識別」が全くできないと考えてください。
子供のころから神秘的体験があり、訓練されているとしても、長年私的幻視
者としてかくれて使命を果たしていたとしても、そんなことは全く関係あり
ません。良い信者だとか人格者だとかそんなこともまったく関係ありません。
超自然的な体験を望む心があるうちは、「識別」ができないのです。感覚的
なものに対する好みや、執着を完全にはぎ取られ、全くそれにひかれなくな
り、魅力を感じなくなり、ただ愛と善徳に進むことのみを求めるところにま
で到達して初めて「識別」ができます。

 ですから皆さんももちろん「識別」ができません。それを自覚しておいて
ください。そうすれば慎重になれます。そして自分で自分の感覚的なものへ
の好みと望みをはぎ取り、捨て去り、愛と善徳に進むことのみを望むように
努めて下さい。あなたには、聖ヨゼフの霊性に習い、基本の基本から修徳の
長い長い道を歩き始める、またはやり直すという大仕事があるではないです
か。設計図は与えました。このことに全力を集中させてください。それこそ
「愛と善徳のみを望む」道なのですから。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1997年7月5日 No.267

 いとしい子供たちよ、真理の兵士に対する迫害が始まりました。ですから、
自分自身を重視し、全世界の聖櫃におられる神である私の息子イエズスの前
で黙想に没頭しなさい。甘美なる子供たちよ、あなたたちは単に霊魂を相手
に人間的な戦いを戦っているのではなく、神の敵、すなわちサタンおよびサ
タンの軍団と戦っていることを理解しなければなりません。

 これは、善の勢力と悪の勢力との間に繰り広げられる超自然の戦いなので
す。そして、あなたたちがよく知っているように、最後は天が勝利を収めま
す。しかし、あなたたちは真理の兵士なのですから、神である私の息子イエ
ズスに、イエズスの足跡に従わなければなりません! 十字架を取りなさい。
勇気を出しなさい。信仰のうちに堅忍しなさい。いとしい子供たちよ、あな
たたちは真理の兵士として、真理を擁護するために証しをしなければならな
いのです。それが容易なことであると約束はできません。どの聖人も神であ
る私の息子を証しするために、あなたたちと同じ道を歩まなければならな
かったことを思い起こしなさい。しかし、いとしい子供たちよ、あなたたち
皆は、過去のどの聖人よりも高度の聖性に呼ばれているのですよ。なぜなら
永遠の御父は反キリストと悪の勢力との最終戦争のために精鋭部隊をお選び
になったからです!

 あなたたちは今、カルワリオヘの道を登っています。神である私の息子イ
エズスの聖なる晩餐の時以降、明らかになったすべてのことについて熟考し
なさい。悲しみの園、夜の闇、十字架の道行きの長い道のり、十字架におけ
る悲惨、多くの子供たちの分裂、否定、裏切り、悲しみと苦痛。甘美なる
子供たちよ、あなたたちも終わりの時のために永遠の御父がお選びになった
ここゲッセマネの園で、これと同じことを体験するでしょう! ここだけで
はなく全世界ですべての子供たちは真理を証ししなければなりません。

 あなたたちのうち多くの者は現代のカイファ、すなわち司教と法廷の前に
連れていかれるでしょう。多くの者が、いま愛している者によって連れてい
かれるでしょう。神である私の息子と真理のために。甘美なる子供たちよ、
園における苦悶のとき、そしてカルワリオの十字架上で、神である私の息子
が体験したように、すべてが失われると見えるとき、希望と慰めのきざしが
永遠の御父から与えられるでしょう。

 勇気を出しなさい。天の私たちが約束したように、勝利はあなたたちのも
の、勝利は天のものだからです。あなたたちは皆、清めの道にいます。あな
たたちのうち多くの者は、聖なるニューエラに入るよう準備するために全世
界の多くの人々の中から選ばれたからです。そのため、あなたたちは皆、清
められなければならないのです。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  :10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :10月23日 日曜日 13:00-17:00
       11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月9日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]