「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年9月25日号No.272

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年9月25日号 No.272

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆マリア様の大勝利!

 ジャン・マリー杉浦洋神父に対してなされていた「カルト、洗脳、拉致」
 という訴えについて、9月16日、最高裁判所・第二小法廷の5人の裁判
 官全員一致で棄却が決定され、私たちの全面的な勝利が確定しました。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第132章 】

 日本人は臆病者です。それで人を信じないのです。疑うのです。悪意に
受け取るのです。ある人を信じないということは、その人を愛さないという
ことです。愛さないだけではなく、いわれのない疑いは深刻な侮辱であり、
罪です。その人に対する精神的な暴力であり、拷問ですらあります。あなた
は信じないという消極的方法で、隣人の喜びも平和も奪い去る人間であって
はなりません。騙されるのが怖いから、裏切られるのが怖いからと最初から
疑ってかかるのは、日本人であるあなたの根深い反福音的な行為です。この
猜疑心がある限り、一致は実現できません。

 さて、真の友情が一致の実現には不可欠です。神が私たちに求めておられ
る一致とは形式的なものではなく、互いに堅く信じ合っている状態を言って
おり、それは真の友情で結ばれている状態だからです。「友情」という徳は、
人を信じようという意志が土台です。猿の群れにある一致と愛は仲間を信じ
ているからこそです。彼らに習いあなたも「人を信じる」という人間として
の動物徳を身につけなければならないのです。そうして初めて「友情」とい
う超自然徳を身につけることができます。

 しかし皆さん日本人は悪魔的悲観主義による恐れと憶病から「信じよう!」
ではなく「疑おう!」という意志を持っています。そこに心の友情が芽生え
る可能はあると思いますか? 皆さんが友情と呼ぶものがいかにもろいかを
ふりかえって考えてみて下さい。真の友情は永続するものです。相手のため
に命も惜しまぬものです。皆さんは疑いつつ友情?を結んでいるので、永続
する強固なものにならないのです。

 聖ヨゼフがマリア様の妊娠の理由を疑った時、自分を責めてマリア様に
告白し、許しを願い、次のように言いました。

「マリア、許してください。私はあなたのことを信用しなかった。いま、分
かった。私は、これほどの宝をあずかるに値しない人間です。私の愛は足り
なかった。あなたに真相を聞かないで、私の心の中で不正にあなたを訴えま
した。自分自身を愛しているようにあなたを愛さず、神の律法に背いたので
す。……疑心の侮辱をもって、あなたに対して罪を犯しました。マリア、疑
い一つでも、もう侮辱です。……」(1)

 このようにたった一つの疑いでも、ほんのわずかでも無実の人を疑うこと
自体が罪です。ですから日本人の「人を疑おう!」という意志自体がすでに
徳に対立する悪徳なのです。これは意志という段階ではありますが、マリア
様のお嘆きになっていらっしゃる猜疑心の罪にもう踏み込んでいるのです。
これによって実際に人を誤解し、心の中で裁き、さらにこの猜疑心の罪に深
く落ちこみます。この罪の重さは、立場を変えて相手の身になればよくわか
ります。善意でやったことを悪意にとられたらどうですか? 日本人には、
どんな善意の行為もすべて「裏があるのでは?」と疑うほど猜疑心が強い人
が多くいます。これはこの罪のもっと重い形態です。

 さらにもっとひどい猜疑心の罪あります。もう死語になりましたが、色め
がねで人を見るという言葉があります。たとえば誰かのやることは全て悪意
に決まっていると、特定の人のおこないを何から何まで悪意に曲解するので
す。もうこうなったら猜疑心という罪は、相手を自殺に追い込むこともあり
ます。姑と嫁の間で日本ではざらにありますね。嫁が死を選ぶほどの生き
地獄になる原因は、嫁がふつつかなのではなく、姑の心に巣くう猜疑心です。

 日本のマリア様のミッションでは、この猜疑心の罪の最もひどい程度のも
のまでのあらゆる形態が存在しています。対立するグループのある相手のや
ることは、何から何まで悪意でやっていると互いに考えるところまで行って
います。この状態を続けてよいわけがありません。マリア様が望んでおられ
るのは、皆が固く信じあい、真の友情に結ばれ、一致しあい、愛しあうこと
なのですから。ここまでひどくなった事態も、このミッションの皆一人一人
が聖ヨゼフの霊性にならい、希望の徳を強め、超楽観主義者になり、誰をも
何をも恐れなくなり、人を大胆に信じるようになるなら、必ず改善してゆく
ことができます。また、それ以外の解決策はありません。病巣そのものを
取り除かなくては、病気が治らないのと同じです。

 そしてもうひとつのことを指摘しておきます。人を疑う人は傲慢な人です。
相手を自分よりも信用ならない人だと見下しているからです。謙遜な人は
自分こそ信用ならない人間であって、他人は皆、自分よりも良い人間だから、
自分に信用するくらいなら他人を信用しようと考えるものなのです。

 このマリア様のミッションに参加している日本人に、友情の大切さに気づ
くようにと呼びかけます。皆さんは友情は必要ないと考えています。ある
幻視者の系列の組織に入り、その幻視者を支持し、従えば、リトル・ペブル
さんを支持し、従い、一致していることになるのだとすべての日本人が考え
ています。ですから組織への加入で十分だというわけですが、これは全く
間違っています。組織図に名前がのればそれで済むようなものではありませ
ん。神はあなたの霊魂を見ていらっしゃるのです。猜疑心という罪を克服し、
人を信じ、グループをこえ、違いを乗り越えて、皆と友情のきずなを結ぶよ
うにというご自分の望みに従うかどうかを神は見ていらっしゃるのです。

 ですから組織への加入自体は神にとって無意味です。実際、その幻視者が
落ちると、その系列に属する人が全員リトル・ペブルさんを裏切り、敵にま
わるということを毎回繰り返しているではありませんか! どこかのグルー
プに所属しているしていないにかかわらず、リトル・ペブルさんを信頼し、
支持し、この神様の望みに従う人が「一致」していると神から見なされてい
るのです。

 マリア様が日本のミッションの分裂を嘆き悲しみ、日本人の猜疑心、派閥
心、警戒心を原因として指摘なさいました。一致の基礎は友情、話し合い、
公平な愛です。これらは猜疑心、派閥心、警戒心という悪徳と反対の関係に
ある善徳です。この3つの自然徳を特に重視し、実践してくださいね。日本
のミッションという大きな枠組みからグループ内、共同体内、共同体の各
部所内という最も小さの枠組みに至るまで、一致と愛は、友情、話しあい、
公平な愛の実践によってもたらされるのです。

 聖ヨゼフに祈ってください。聖ヨゼフによりすがってください。根本的な
問題解決は、皆一人残らず聖ヨゼフに習い、神の全き善さをこれっぽっちも
疑わないという希望の徳によって超楽観主義者になり、神と人を信頼するも
のになることです。皆一人残らず取り組まなければなりません。そうすれば
聖ヨゼフによって本当に日本のミッションは救われるでしょう。そしてあな
たも個人として、悪魔的悲観主義から、あらゆる恐れと憶病から、猜疑心、
派閥心、警戒心から救われ、真に一致するもの、愛する者となるでしょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P177



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
ヨランディタに与えられたマリア様からの警告
− 1997年6月4日 No.266 −

 わが娘ヨランディタよ、今日、私は聖なる希望の聖母としてあなたのとこ
ろに参りました。あなたは私の選ばれた者たち、私のいとしい子供たちに、
失望しないように告げなければなりません。あなたたちが知っているように、
私、至聖なる御母は時の終わるまで、いつもあなたたち、私のいとしい者た
ちとともにいるからです。

 私は小さな者たちを保護のマントの下に置いて運ぶことを、あなたは私の
小さな子供たちに知らせなければなりません。(聖母はマントを開かれ、そ
こには多くの人々がいました。)

 子供たちの前途にあるものは、ときには危険と同様、困難なものであるこ
とを知らせなさい。そして、子供たちは、私の愛するリトル・ペブル、私の
汚れなき御心のリトル・ホワイト・ロック、私の子のレムナント(残りの)
教会を導く者とともに、ロード・マイトレーヤおよび邪悪の力との戦いを
戦う準備をしなければなりません。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  :10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :10月23日 日曜日 13:00-17:00
       11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月2日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]