「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年9月18日号No.271

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年9月18日号 No.271

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.ジュリアノに告げられた永遠の御父のメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第131章 】

 皆さんは初めての土地に行った時、村の中を歩いていると、村の人からは
誰も声をかけてこない。じきに交番からパトカーがやってきて、その村を行
き過ぎるまで見張っている。スーパーに入ればガードマンが出てきて、露骨
にそばを歩き回るという経験をしたことはないでしょうね。しかしこれが
警戒心というもので、マリア様のこのミッションの中で、同じことを日本人
が互いにしあっているのです。

 「論理性のないおこないだなあ」と思うでしょう? しかし、村の人全員
が持っている論理がちゃんとあるのです。それに従って行動しているのです
から、論理性はあるといえます。その論理とは「よそ者は敵だ!」という
論理です。ただし理由はありません。隣の巣箱に間違えて一匹のミツバチが
飛び込むと、たちまち殺されてしまいます。隣の巣に迷い込んだアリは、同
じ種類でもたちまち殺されてしまいます。これと同じです。ミツバチやアリ
と同じように、全員の頭には「よそものは敵だ!」という論理がインプット
されていて、身内かよそ者かを判断しさえすれば、あとの行動はオートマ
チックに行われます。

 日本のミッションで日本人がとっている行動もこれと同じです。いったい
これでどうやって一致ができるというのですか? 互いに他のグループの人
を、ただよそ者だからと敵視していては、永遠に一致はできません。これが
マリア様が嘆き悲しんでいらっしゃる、互いの警戒心という日本人の悪なの
です。

 互いの警戒心である理由ぬきの敵視は、一致を目指す主要な自然徳の「公
平な愛」という徳の実践によってしか克服できません。敵をも味方をも公平
に愛するのです。そしてこの徳の土台となる人間としての動物徳は、猿が
仲間に対して反感を抱かないことに習う「誰に対しても反感を抱かない」と
いう徳です。これを身につけるためには、迷惑をかけられるのではないかと
いう恐れに打ち勝たなければなりません。そしてそのためにすべての恐れの
源である悪魔的悲観主義を捨て去ることが必要です。聖ヨゼフにならって
希望の徳を強め、超楽観主義者になることによってのみこれが可能です。

 日本人は多分世界一悪魔的悲観主義が根深く、恐れにとらわれているので、
人に対する反感、敵意が非常に強いです。それを隠すために礼儀を重んじて
いるのです。心には反感と敵意を抱きながら、表面上は尊敬や友好の態度を
とります。逆に言えば、礼儀を重んじて、代わりに心の反感や敵意という
互いの警戒心を野放しにしているのです。二面性、裏表、本音とタテマエ、
これらが必要なのも、悪魔的悲観主義によって恐れに支配され、誰に対して
もすぐに反感、敵意を抱いてしまうからなのでしょう。

 神様は私たち皆に「敵を愛しなさい」と命じています。日本人である皆さ
んは、敵対する人に礼儀正しくすれば、その命令を果たせると思うのではあ
りませんか? それはとんでもない思い違いです。相手の喜び、満足、善の
ために、何かを積極的にすることが命じられているのです。どんな状況でも、
少なくとも相手を心で祝福し、祈ってあげなければなりません。その上で
ホスピタリティーということをひとつのテーマとして、常に実践し続けてほ
しいのです。

 このホスピタリティーという概念は、日本にはありませんから、説明が
必要ですね。先ほどのミツバチの例でいえば、間違えて飛び込んできたとな
りの巣箱のミツバチを大歓迎することです。「よそ者大歓迎!」です。これ
を「自分がしてもらいたいと思うことを相手にしてあげなさい」という神の
命令を守るためにするのです。知らない国で、知らない町や村で、知らない
人々の間でこれをしてもらったら、どんなにうれしいことか!

 グループ同士敵対し、警戒心あらわの日本のミッションの状況を改善する
には、一人一人の内的な、聖ヨゼフの霊性に習う方法での互いの警戒心とい
う罪の克服と、実際的なおこないとしてホスピタリティーを実践することが
不可欠です。そして、皆さん、すべての人の中にイエズスを見なさい。その
人がどんな人であろうと、その人の霊魂の中に内在していらっしゃるイエズ
スを見なさい。愛してほしいと願っていらっしゃるイエズスを見、それに
応えるのです。これをどうか心がけてくださいね。



----------------------------------------------------------------
2.レユニオン島の幻視者ジュリアノに告げられた
  永遠の御父のメッセージ
  − 主の変容の祝日 2005年8月6日 −
----------------------------------------------------------------
聖母マリアの悲しみに満ちた御心の共同体
(Community of the Sorrowful Heart of Mary)
(聖シャーベル修道会)
ジュリアノ・ベルバルド

(原語:フランス語)

(今朝の聖なるミサで御聖体をいただいていると、聖別されたホスチア
(consecrated Host)が肉体となり、私の口内で血を流し始めました。私
はイエズスに対して愛の行いをしました。ホスチアとして現存するイエズス
に対して。その後、月の初土曜日の祈りの後に、甘美な声が私を呼びます。
印を求めると、与えられました。いと高き御者が来られて、その慈愛で満た
されることは、大きな喜びです。)

永遠の御父:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。あなたに挨拶する。私の小さ
きジュリアノ、わが小さき絵筆、わが父なる聖心にとって貴重な者よ。あな
たは私の大切な百合であり、わが愛の純粋な宝である。

 三つの約束を与えられた小さな預言者、ニュー・エラの小さきアブラハム、
我が選びし者、愛と真実である我がリトル・ペブルよ、あなたに挨拶する。
あなたは新しい教会の守り手である。世界中のわが子らよ、私の小さなジュ
リアノを通じて、あなたたちに挨拶する。

 わが貴重な小さき子らよ、この大なる祝日に私がここに来たのは、あなた
たちに再度、あることを求めるためである。わが息子イエズスと共に自らが
変容できるように祈りなさい。イエズスは、あなたたちの一人ひとりを強く、
そして見返りを求めることなく愛している。イエズスは自らの命という代償
を支払って、あなたたちを贖ったのであるから。だから、あなたたちは、他
の模範となる勇気と非常な力をもって、前に出て祈らなければならない。
自分たちの無関心と偏狭さという氷をと融かすため、祈りの力で、調和と
平和のうちに生きることを学ばなければならない。

 わが愛する子らよ、あなたたちの一人ひとりが愛の珠をとり、いとも聖な
るロザリオを祈るべき時が来た。大きな変化、強い衝撃、苦痛と試練の波が
見えないだろうか。これらは人間が目覚めるよう、すべての者が目を覚ます
ためのものである。試練は増し、人間の被る苦痛も増すであろう。人に自ら
の行為の責任を理解させるためである。

 わが子ら、わが小さき兵士たちよ、真実と希望を心に置き、自分が背負っ
ている十字架のために気落ちしないように。私はあなたたちに、自らの悲し
みを捧げ、徳の高い生活を送るように頼んだ。この特別な祝日に与えられる
恩寵は非常に大きなものである。あなたたちが自らの道にとどまる力を与え
るための賜物である。私の愛の言葉があなたたちの中に実を結ぶようにしな
さい。そうすれば、信仰に生きるという経験によって、心を見て、それに
触れることができる。

 あなたたちはすべてを理解するわけではない。このことに間違いはない。
しかし、自らの生活において、神がすること(Divine Action)に注意を払
わなければならない。私は創造主であり、あなたたちが地上を巡礼する原因
を与えたものである。私の声に導かれるならば、その言葉は根づき、あなた
たちを強める。私の小さな子羊たちよ、謙遜の徳が大切である。とりわけ、
兄弟としてお互いが近くに生きる方法を理解するためには。これからは純粋
に、誠実に考え、厳密に正しく行うように。

 この幸せな祝日に、あなたたちに願う。自らの潜在的な力と命がどれほど
のものか考えてみなさい。あなたたちは大いなる祝福で育まれ、大なる恩寵
に恵まれている。これはすべて、私があなたたちを愛しているからである。
あなたたちが成長せず、光の中を歩かず、前に進まず、真理を受け入れない
ならば、その命からは何の良いことも生まれない。その重荷はすべての者に
とって重いのである。だから不平をいってはいけない。その十字架があなた
たちに与えられたとするならば、私の愛と共にそれを担うことができるとい
うことなのだ。私は、あなたたちに、担うことができない十字架を与えたり
はしない。十字架は与えられる前に、すべてその重さが量られているのであ
る。

 神なる息子イエズスの十字架の足もとに来て、わが愛する息子の聖心の中
に、あなたたちの心を置きなさい。そうすれば、イエズスは自らの愛で、あ
なたたちの心を満たし、そして、あなたたちに、こう頼むであろう。私がそ
うしてほしいと願う通りに、私を愛してくれませんか。福音を説くという
使命、わが聖なるメッセージを仲介するという場所の中に自分の席を探し、
その席に就きなさい。わが聖なるメッセージは、終わりの時のために選ばれ
たマンナなのである。

 わが父なる聖心の子らよ、あなたたちの間に私が現存するという賜物によ
り、あなたたちには識別、善悪の区別、さまざまな情報を整理するという
賜物が与えられている。邪悪な者の詐欺的行為は、より激しさを増している。
だから、サタンの計画を打ち砕くために、私と、その聖心という避難所に
信頼を寄せてほしい。私の憐れみには限りがない。自らの心を思いやりで満
たせば、物事は円滑に運ぶようになる。そして次のことを忘れないように。
警戒しなさい。準秘蹟を身に付け、注意し、祈りなさい。そうすれば、強奪
者を打ち負かすことができる。あなたたちの心の歌と信仰を、天にまで昇ら
せなさい。アベマリア(Ave Maria)だけが地獄を震わせ、サタンを退散さ
せることができるのである。

 世界は苦悩している、この最後の日々に。そして懲罰が来て、悪く頑なな
心をした人間を打つだろう。人類は涙に暮れている。わが子らが罪という
間違いにとどまり、わが完全な御旨を無視して自分の道を選ぶからである。
さらに悪い事が身の回りに起こるだろう。人間が身をかがめてひざまずき、
私に懇願して、許しを乞わないならば。

 わが愛する小さきジュリアノ、従順で勇敢な者よ。わが最愛の息子、愛と
真実のリトル・ペブルにメッセージがある。

 私の小さなホワイト・ロックよ、よい知らせが届くだろう。これは、その
ミッションにおいて、あなたを慰めるものである。あなたは愛をもって、自
らの十字架を背負わなければならない。いかなる代償を支払うとしても。わ
が忠実な最愛の者、私のペトロ2世よ、その十字架の重さで、あなたは倒れ
るだろう。しかし、すぐに勝利が輝く。私の聖心に勇気と慰めを見出すよう
に。わが聖心は永遠に、あなたへの愛をもって開かれている。あなたには、
正しく行わなければならない任務が大量に与えられている。世にいる多くの
わが子らのために、その任務を達成しなければならない。あなたが開始した
この任務は、完遂されるべきものなのである。聖なるシャーベル修道会は、
世のわが子らを助ける手段である。後ずさりしないで継続することが大切だ、
わが天使的牧者よ。苦しみは信仰を試すものだと考えなければならない。私
を強く信頼するように。苦しみを耐え忍んだとき、あなたはわが神なる息子
イエズスのように変容するのである。

 あなたの苦悩は、もうすぐ終わる。苦しみは消え、華々しい勝利に変わる
のだ。あなたは私の選んだ者であり、わが小羊を緑の牧草地に連れて行き、
新しい聖なる時代(New Holy Era)に導く。そして、このことのために、
わが聖心の父なる力により、あなたを強めよう。わが愛する選ばれし者よ。
あなたは引き続き働かなければならない。たとえそれが困難に見えたとして
も。私の恩寵と現存が、あなたにとって何よりも力となるだろう。

 地上の管理者(My Vinedresser of the Earth)、最後の教皇、ローマ人
ペトロ(Peter the Roman)よ。わが聖心があなたに求めるのは、わが子ら
の信仰を良い目的のために用い、種をまいて、すべての者が安全に、何の傷
もなく私のぶどう園、天のエルサレムに入るようにすることである。愛する
選ばれし者よ、あなたは、この報いを配るものである。私はいつもあなたの
側にいる。

 あなたが耐え忍んでいる戦いは、間もなく終わる。そして、あなたの傷つ
いた心は、勝利の喜びで満たされるだろう。約束された勝利が訪れたとき、
道は見通しが良くなり、新しい地平線が現れる。この報いは、あなたの心と、
あなたと目的を一つにする全ての者にとって、バルサムのようなものである。
そして、その報いは、わが子らの心を安らかにするであろう。この子らは、
わが栄光の輝きを見るのである。

 わが選びし預言者よ、あなたと聖シャーベル修道会には大きな変化が起こ
る。それは過去を帳消しにするものである。私は、これまで以上にあなたを
強め、わが父なる聖心からあふれ出る寛容さと慈愛で、あなたを満たす。あ
なたの苦しみは大きく、その忍耐は大きい。しかし、私の力があなたの上に
ある。わが力はあなたを包み、引き上げる。

 わが愛と真実のリトル・ペブル、貴い選ばれし預言者よ、あなたにわが父
なる聖心から特別の祝福を与えよう。また、わが愛する聖シャーベル修道会
と選ばれた共同体のすべてを祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 わが愛する息子、私の小さな絵筆、わが純粋なジュリアノよ、私がこうし
た慰めの言葉を送るのは、あなたを安心させ強めるためである。あなたは歩
みを続けなければならない。なぜならあなたは勝利を手中にしているのだか
ら。私の力があなたを満たす。あなたは今夜、私の栄光のために大きな仕事
を成し遂げることになっているのだ、私の貴い子よ。私はあなたに聖油を塗
ろう。この聖油によりあなたを新たにし、再び強めよう。この世におけるあ
なたのミッションのために。聖シャーベル修道会に守られたあなたのミッ
ション、レユニオン島でのあなたのミッションのために。

 今夜あなたに特別な賜物を与えた。あなたは、わがメッセージを知らせ、
人間の心を開けねばならない。わが父なる聖心から、あなたを幾度も愛撫し
よう。わたしはあなたが非常に忠実であると知っている。何にもまして、レ
ユニオン島のわが子らを助けるために強くありなさい。私はあなたを拒絶す
る人々を知っている。あなたの涙は失われない。なぜなら、それはあなたが
耐え忍んだ苦しみを表すものだからである。

 私の言葉を受けなさい。これらの言葉があなたや、これを受け入れる人の
すべてに慰めとなりますように。私はあなたに求める、わが谷の百合よ。大
きく深い心を持ちなさい。あなたのミッションはとても大切なものだからで
ある。あなたは貴重な真珠であり、わが子らにとって大きな賜物である。こ
のことのために、あなたは、さらに私について証しなければならない。わが
選ばれしプリンスよ、この大きな勝利、さらには永遠の報いのために、私は
あなたを訓練している。あなたは引き続き、忠実を表さなければならない。
あなたは、強い柱であり、わが愛と真実のリトル・ペブルを支えるものであ
る。

 わが小さきジュリアノよ、地上の最後の教皇、わが貴重な小さきホワイト・
ロックを引き続き支え、ホワイト・ロックが十字架を担うのを助けなさい。
彼は神秘的教会の頭である。そして、この神秘的教会はこの世で発展しつつ
あるのだ。純粋な心を持ったわが息子よ、あなたはわが貴い宝である。あな
たの従順に対して感謝する。また、あなたが骨を折って成し遂げてくれた仕
事のすべてに対して感謝する。私はあなたを強く、純粋に愛している。引き
続き忠実と真実の旗の下にいなさい。あなたに優しい愛の接吻をしよう。悲
しみに満ちたマリアの汚れなき御心を受け継ぐ私の小さき者よ。強くありな
さい。あなたに私の甘美な祝福を与える。そして、レユニオン島でミッショ
ンに従うわが子らにも祝福を与えよう。喜びで満たされよ、わが小さき兵士
よ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 わが愛する子らよ、柔和な者となり、私の呼びかけに喜んで応えなさい。
償いの聖母を受け入れ、愛し、彼女に祈りなさい。聖母のメッセージを読み、
聖母画や聖母像を広めなさい。この新たな信心、償いによって、私はあなた
たち全員を贖いたいのである。断固たる態度で、サタンから離れていなさい。

 わが小さきレムナント、ほんの一握りの小さき者たちよ、邪悪な者があな
たたちの間に溝を作ろうとするが、そんな事を許してはいけない。心を清め
なさい。絶え間なく願うように。自らの仕事を理解し、その仕事を始めるべ
き時である。あなたたちは、私が愛とその甘美な現存をもって命じたことを、
いつでも思い出し、考えに入れなければいけない。わが小さき者たちよ、あ
なたたちは、わが父なる聖心の側にいなければならない。わが息子イエズス
と聖なる母の一致したみ心を選ばなければならない。乙女マリアは、聖霊の
力であなたたちをその翼の影でおおい、平和と生命の道へとあなたたちを
導くであろう。

 現在起こっている災害を見ることができないだろうか。私は、あらゆる所
で罰を下している。だが、この時を見て、状況を考えてほしいのだ。これら
の印を軽く考え、拒絶するべきではない。また、軽々しく解釈してはいけな
い。その反対に、この印により、罪の結果を理解し、再び罪を犯さないよう
に願いなさい。

 わが貴い子らよ、わが憐れみから歩き去ってはいけない。この現在の時は
重大であり、乗り越えるのが困難だからである。生活の暗い嵐に迷ってしま
えば、あなたたちは私に近づくことはできない。正しい道にとどまり、私の
助けを得られるようにしなさい。わが祝されし子らよ、自らの十字架をしっ
かりと抱きなさい。そうすれば、あなたたちの天の父は喜び、完全な愛で満
たされるのである。

 わが愛する子らよ、わが愛のすべてであなたたちを祝福し、私の力強い手
であなたたちを支えよう。わが子らよ、忍耐しなさい。そして、私のメッ
セージを良い方向に用いなさい。あなたたちの皆に接吻しよう。

父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

[署名]

リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1997年4月13日 No.265

 私の救いのしるしを身におびるつもりなら、私の苦しみと試練のしるしを
身におびなければならない。これが救いのしるしであり、他のしるしはない
のだ。

 あなたたち一人ひとりの裁きは近い。人生を浪費してはならない。時を
無駄にしてはならない。自分の救いのため、愛する者の救いのため、そして
敵の救いのためにも、勤勉に働きなさい。

 私の敵は今、真理と信じられている言葉を説いている。しかし、忘れては
ならない。 ルチフェルは堕ちたことを。ルチフェルは神の猿まねなのだ。
反キリストは私の猿まねである。反キリストは私がしたことすべてをまねる
のである。反キリストは私の第2の来臨の前に支配するであろう。反キリス
トは心の中、政府内部、学校内、地上における私の教会と家の内部を支配す
るであろう。

 今日は、黙示録に隠された神秘、地上の大いなる清めを通りぬけて清くな
る十字架のしるしを持つ者、14万4千人に関する神秘について説明したい。
甘美なる子供たちよ、十字架のしるしを持つ者、終わりまで堅忍する者は、
14万4千人である。彼らは、至聖なる御母から真理を与えられている。
彼らは真理の兵士である。彼らは今、しるしを付けられている。大警告を通
りぬけ、清くされ、清められて、「外自然(プリターナチュラル)」と呼ば
れる恵みを受ける。彼らの大半は全世界の共同体におり、私の第2の来臨の
準備をしているのである。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :10月23日 日曜日 13:00-17:00
       11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 9月24日 土曜日 10:15-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は9月25日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]