「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年9月11日号No.270

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年9月11日号 No.270

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 下記のメッセージは、8月24日、リトル・ペブルさんによって確認さ
れました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはあり
ません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれ
ている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身
の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半に
ある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2005年6月11日土曜日(秋田県横手市にて)
聖母マリア様のメッセージ
--------------------------------
マリア様:
 喜びに喜びなさい。私はこの地に多くの人を呼びます。私のもとに帰って
きます。私は愛の母です。私を信じて私のもとに皆帰ってきなさい。

 平安でありなさい。私は慰めを与えに来ています。私の言葉を聴いて耳を
傾けてください。私のすべてを皆さんに与えています。私の子らよ、あなた
方を愛しています。私に信頼して祈りなさい。

 愛する子らよ、イエズスの十字架を背負ってください。私はあなた方の母
です。私を求めてください。

マリー・マドレーヌ:
 さっきマリア様のバラの香りがありました。ジャン・マリー神父が『聖痕
をお願いしなさい』と言われました。

マリア様:
 約束を果たします。

マリー・マドレーヌ:
 神に感謝。今すごい右腕が熱いです。

 マリア様の初めてのメッセージを受けて、まず天から光がさしてきました。
そこで録音が始まりました。マリア様の声はすごく穏やかでゆっくりと愛情
にみちて語られました。ビジョンはまったくありません。光が最初にあって
そのあとずっと声だけが聞こえました。一言一言話す体験はまったく初めて
です。その中でマリア様の『愛の母』という言葉と『慰めの母』という言葉
が私の胸を打って、ものすごいやさしいお方であるということがわかりまし
た。「皆さんを戻します。ここに戻ってきます」と言われた時に、まだ私は
完全にこのメッセージを理解できなかったのですが、こちらの横手の地が
祝福されていることがわかりました。途中、喜びと涙があふれて言葉に詰ま
りました。

 聖痕をお願いしましたら、その間こちらが言葉が詰まって、マリア様が
待ってくださったと思います。「約束を果たします。」と言われた時には
もうただただ感謝しかありませんでした。

 そして、しばらくしてひとつ耳元でものすごい音が聴こえました。波を
打つような音です。印は求めていません。

 マリア様が「イエズスの十字架を背負ってください」と言われたときは、
苦しく懇願してるように聴こえました。「私を信頼してください」と言われ
たときには「私を求めてください」と懇願していらっしゃるマリア様がわか
りました。


--------------------------------
2005年6月12日(日曜日)
秋田県横手市『働く婦人の家』にて
聖母マリア様のメッセージ
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 第1ミサでインスピレーションを受けました。先ず、この横手の地が祝福
されていることです。祈りをしているときにものすごい感謝と喜び、平安が
与えられて、この地に潤いがあるというイメージがきました。

 そのあと私個人のことで、足の裏に痛みが来て、そこで「あなたはまもな
く歩けなくなります」と一言語られました。

 また私が黙想をしていたときに、奥田さんのお母様をすごく愛されている
マリア様を知りました。


【 第2ミサでのマリア様のメッセージ 】
マリア様:
 愛するわが子よ、あなたを愛し、祝福しています。

 愛する息子、ジャン・マリー神父、あなたを祝福します。私の慶び、私の
望みをあなたは果たしてくれています。いつも私とともに歩み、私から離れ
ず、いつも慕うあなたを私はひと時も忘れてはいません。たくさんの苦難が
あなたを覆いました。これからも覆います。

 けれど、勇敢でありなさい。あなたがどこに行くにもあなたを祝福する母
がいます。父と子と聖霊との御名によって祝福します。この地を祝福します。


マリー・マドレーヌ:
 私自身がミサに預かっているとき今日はじめて歌いました。そのときいろ
いろなことがありましたが、歌っているときは何も見えません。天から光が
ありました。すごく私の右上にどなたかいらっしゃるんです。「どなたです
か?」と聞きました。しるしをお願いしました。1度話も何もなくて過ぎて
いったのですが、ミサの終わりごろになると、ものすごい強い密着する感じ
でマリア様がおられるということがわかり印を頂きました。私自身「僕は聞
きます。おはなしください」と祈り続けました。

「マリア様、イエズス様、ヨゼフ様愛します。天国の皆さん、諸聖人の皆さ
ん、そしてここにいる人々の皆さん、リンボウと煉獄の霊魂の皆さん、皆さ
んを愛しています」と言ったときに、ちょうど聖体を頂きました。ジャン・
マリー神父に対する愛を感じてマリア様が何かおっしゃりたいんだなと感じ
ましたので、ただ助けてくださいと祈りました。ものすごい祝福されてるの
です。司祭としてのジャン・マリー神父を愛されているのです。ジャン・マ
リー神父がミサをささげているときに愛が迫ってくるものですから「どうぞ
お話しください」と言って、語られるままにお話しました。神に感謝します。

「司祭を愛しなさい」とマリア様が私に示したかったんだと思います。「こ
んなに大切にされてる息子はいないんですよ」という感じで。私、興奮して
ます!! 体がだるくて疲れててどうなるかわからなかったけど、ふっと
だるさが戻ってきて、そのあと「無知無能な私です」とずうっと言い続けま
した。恵みです。


--------------------------------
2005年6月18日(土曜日)第2ミサ後
聖母マリア様のメッセージ
--------------------------------
マリア様:
 私の愛する息子、私の愛しい子、あなたといつも共にいて、あなたを慰め、
あなたを許します。

 多くの人々が帰ってきます。あなたが苦しみ嘆く声を私は聞いてきました。
あなたを愛し、祝福し、いつも私の手の中にあります。

 喜びに喜びなさい。私はあなたを祝福し、どこに行くにもいつも一緒にい
ます。恐れないで歩み続けなさい。どこに行くにも私はあなたを守り、導き
ます。

 愛する息子、ジャン・マリー神父、あなたを強めます。あなたを祝福しま
す。あなたを私が導き、イエズスの十字架と共に導きます。あなたが許す人
を私も許し、あなたが祝福する人をすべて祝福しています。私が行くべき道
をあなたに指し示し、あなたを大きな大きな出来事のために使います。

 栄光を、神の栄光を仰ぎ見、喜びに喜びなさい。永遠の御父と共に支配さ
れる私の息子イエズスとともに、聖霊と共にあなたを祝福します。栄光を神
に、感謝、讃美をささげ続けるあなたに、私と喜びを共にしてくれるすべて
の人々に多くの報いをあなたに与えます。

 神が共にいて許しと愛と真理をあなたに授けました。あなたがその真理を
多くの人に語るとき私の喜びは増します。栄光はすべて神に帰して私たちが
感謝するように、皆が一致して感謝することを願っています。神に感謝を
ささげる私たちと共に、地上にいるすべての子らが感謝と讃美をささげるよ
う祈りなさい。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


マリー・マドレーヌ:
 引き続き、マリア様が御出現された時のことをお話します。先ず、ミサの
一番最初に「聖ヨゼフのノベナ」を祈ったときヨゼフ様の百合の香りがあり
ました。しるしを求めました。しばらく神様の導きのもとにありましたが、
ミサが始まる前にしるしをいただきました。私自身、ミサに預かっている
最中かなり体のだるさを感じて、ものすごい苦しみの中でささげていました。

 そのあと聖体拝領のとき御聖体の味が甘く感じられました。第1ミサの時
にも御聖体の味が甘かったのですが、今回のミサにおいて御聖体の甘さと共
に平安をいただきました。そのあとバラの香りが1度あり、印を求めました
が何もありませんでした。最後のときにバラの香りと百合の香りが立て続け
にありました。印をくださいと求めました。再度バラの香りがしてもう1度
印を求めたら、このときに印をいただきました。百合とバラの香りが立て続
けにしたときには印はありませんでした。再度バラの香りをいただいたとき
「これはマリア様だ」と判りました。

 ミサが完全に終わって聖体降福式も終わってそのときにバラの香りがあっ
て、喜びに満たされ、導かれるままに話しました。マリア様はものすごく
優しく語ってくださいました。神様の栄光を切に求めていらっしゃいます。
私自身も神様の栄光を仰ぎ見つつ歩むことができるよう切に祈っています。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第130章 】

 マリア様を嘆き悲しませている日本人の派閥心の罪は、「身内」とみなす
自分たちのグループのまわりに壁を築く行為と、自分たちの利益のみを求め、
あらゆるものをかこう行為を日本人たちにおこなわせています。派閥心に
よって日本のこのミッションではグループ間の敵対感情は激しく、しかも
固まってしまっており、ミッション全体の害となる問題がたくさん生じ、そ
のままずっと存在しています。なんとかせめて和解の糸口を探り、放ってお
けないたくさんの問題を解決していくために、話し合いが絶対不可欠なので
すが、グループのリーダーたちとプロモーターたちは話し合おうともしま
せん。この話し合わないという行為も派閥心の罪に特有な行為です。彼らは
むしろ互いに心を閉ざし、絶交しています。

 皆さん、聖ヨゼフの霊性によって完徳を目指す方法を思いだしてください。
一致を目指すための主要な自然徳の中に「本当の話し合いができる」という
徳がありましたね。表面的なものではなく、自分自身を与える行為として、
自分の心を開き、自分の内面、自分の意見を正直に相手に伝え、お互いにそ
れをおこなうのが本当の話し合いです。心を開き自分自身を与えることと
共に手も開き、持っているもの、かこっているものを相手に与えるべきなの
です。この自然徳の土台は人間としての動物徳、つまり猿が仲間すべてに心
と手を開き、相手を受け入れ、何もかも分けあい、助けあっていることに
習う徳、つまり「誰に対しても心を開く」という徳です。

 さらにさかのぼれば、誰に対しても心を開くためには、傷つけられるので
はないかという恐れに打ち勝たねばなりません。傷つけられる恐れによって、
「身内」とみなす自分たちのグループのまわりに壁を築く行為に走るのです。
この恐れを取り除くためには、聖ヨゼフのように超楽観主義者になり、だれ
をも、何をも恐れなくなることが必要です。超楽観主義者になるためには
希望の徳を強め、神の全き善さを認識し、すべてうまくいっています、すべ
てうまくゆきます、悪いことは何一つ起こるはずがありません、と心から
言えるようになることが必要です。

 もうわかりましたね。日本人の派閥心の罪を、皆さんが克服する方法は、
皆さん一人一人が聖ヨゼフに習い、希望の徳を強め,超楽観主義者となると
ころから始めなければならないのです。そうしない限り、決してこの罪を
捨てることはできません。悪魔的悲観主義による恐れが残っている限りダメ
なのです。この方法によって一人一人、そして全員が派閥心を捨てる努力を
することをどうか始めてくださいね。

 今、リトル・ペブルさんに一致したこのミッションに参加している人、特
にグループのリーダーたちとプロモーターたちは、すでにこじれきった状況
があるのですから、この個人的努力に加え、さらに自分たちのまわりに築い
た壁を打ち壊し、心と手を開いて、かこっているものも何もかも、自分自身
をも相手に与え、話し合いをしてください。本当に与えることが大切です。
何もかこわずに与えなさい。与えつくしなさい。徹底的に与えなさい。そう
すれば今の状況を改善することができるのです。

 確実に改善できます。相手に心を閉ざし、絶交していては、一致に向けて
ただの一歩もあゆむことはできません。それを続けてはいけません。マリア
様を喜ばせたいのでしょう? なぜマリア様を泣かせ続けるのですか?

 新しくこのミッションに参加する日本人は、今までの人々を反面教師にし
てください。そうしないとあなたも同じことをしますから。そうです。あな
たも日本人であり、悪魔的悲観主義にもとづいて生きており、恐れに支配さ
れているのです。間違いをしでかす前に、聖ヨゼフにならって超楽観主義者
になるのですよ。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1997年4月5日 No.264

 目覚めており、徳のある生活を生きなさい。間もなく、あなたたちの生活
の大半は変わるでしょう。眠りこけている者たちの多くは、目覚めさせられ、
神を見い出すでしょう。

 あなたたちの霊魂を清める多くの自然災害、超自然災害に備えるため、そ
して第2の来臨、反キリストとその預言者の支配の到来に備え、強めるため
に、あなたたちは強められなければなりません。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :10月23日 日曜日 13:00-17:00
       11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 9月24日 土曜日 10:15-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は9月18日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]