「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年9月4日号No.269

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年9月4日号 No.269

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
 3.153本の聖ヨゼフの百合
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 日本語版トリエント典礼のミサ典書の認可を、2005年8月23日に
 マルコム・ブロサード司教様からいただきました。全文日本語の文語体の
 美しい典礼です。ただし、一番重要な聖変化の部分はラテン語で唱える
 ように指示されています。
  今、全世界で叙階されている聖シャーベル修道会第3部門のお父さん
 神父様たちの大部分は、一日一回、彼らの母国語でトリエント典礼のミサ
 を捧げています。
  第一部門会員であるジャン・マリー神父は、一日2回ミサを立てていま
 すが、そのうち一回はラテン語で、もう一回は日本語でトリエントミサを
 立てています。私たちの共同体で、将来、お父さん神父を目指している
 メンバー達は、日本語の典礼でミサを立てる練習を始めました。
  もちろん、語学が堪能な方は全部ラテン語で立てればOKですし、既存
 の神父様で聖シャーベル修道会に移籍された方は、ノブス・オルドのミサ
 のままでもOKなのです。このように聖シャーベル修道会は、本質をおさ
 えた上で、あとは各自がおかれた状況・環境にあわせて、とてもフレキシ
 ブルなのです。


◆東京から日本を変える!
【 ジャン・マリー神父の秋の交流集会ご案内 】

 ジャン・マリー神父による楽しい交流集会のスケジュールがついに決まっ
 たよー。美しい熊本弁...いやラテン語のグレゴリアン聖歌の美声と伝統
 的なトリエント典礼!

 東京から日本を変える秋の交流集会に今すぐジョイン! ヨーロッパの
 最高の歴史遺産グレゴリオ聖歌とトリエント典礼を、九州弁丸出しの好漢・
 快男児ジャン・マリー杉浦神父がその美声(罵声?)で惜しげもなく披露!

 英語、秋田弁、仏蘭西語、熊本弁、ポルトガル語、ラテン語何でも可!

 国際色(?)豊かに楽しく交流しよう。

 おやつ持込自由! どんどん友達連れてこよう! 初心者歓迎!

 それから集会にはトップ(実はボトム?)クラス幻視(原始)者のマリー・
 マドレーヌも来るよ。(誰かお守りしてやってくれ〜)世界を変える名
 (迷)メッセージが飛び出すかも! 

 そういう君も、世界を変える「光の戦士」にきっとなるよ。幻視者や不死
 のプリターナチュラルな肉体を持つ最強戦士がこの中から次々出てくるん
 だ! (きゃー!すてきー)

 まもなく、全国各地に形成されつつある集まりが共同体(コミュニティー)
 となり、それが日本と世界を救う「箱舟」になるよ。これができれば中国
 の侵略も核ミサイルも防止・撃退することができるんだ! それに地震や
 国土崩壊や自然災害も軽くすることができるんだ。

 日本と世界の未来はこれを読む皆さんの肩にすべてかかってるんだ。
 (ふむ納得!)

■ 集会の予定 ■
(1)東京での集会
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 :「グレゴリアンソサエティー」
 日 時  :10月23日 日曜日 13:00-17:00
       11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
----------------------------------------------------------------
 下記の公的メッセージは、9月1日、リトル・ペブルさんによって確認
されました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはあり
ません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれ
ている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身
の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半に
ある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2005年8月23日(火曜日)
マリア様からのメッセージ
--------------------------------
マリア様:
 愛する愛しい子、マリー・マドレーヌ、あなたを愛し、祝福します。
日本のために私は悲しみを催しています。愛の母、慰めの母の基に子どもた
ちが帰ってくることを切に願います。あなたはこの痛みをささげ続けてくだ
さい。日本のために生贄としてささげ続けてください。私はあなたに痛みを
今与えています。あなたの心を霊魂の救いのために準備するためです。霊魂
の救いの事をいつも祈り、私たちの願いを心に留め続けてください。私たち
が願う願いにあなたは耳を傾けてください。多くの霊魂が滅びに瀕していま
す。

 私のことを愛する息子(ジャン・マリー神父)が書いた私のすべてを知る
ことが出来る本『153本のマリア様のバラ』、あなたはこれを読み続けて
ください。

 そして、いま愛する息子(ジャン・マリー神父)が『153本の聖ヨゼフの
百合』のことで苦しみ悶えています。愛する息子がこの苦しみを素直に、し
かも自ら進んで受け入れていることに対して、本当に天は一日も早い出版を
と願わずには居られないほど多くの反対があることをあなた(マリー・マド
レーヌ)は聴いています。聖ヨゼフが書かせたこの『聖ヨゼフの百合』に
関して、こんなにも妨げがあることを天は望んではいません。しかし、この
状況は、この本が悪魔にとってどんなにいやなもので在るかを証明するもの
になっています。

 たくさんの出版がこれからなされなければなりません。愛するリトル・ペ
ブルが書いた『最後の教皇』の出版もなされなければなりません。しかし、
これも遅れています。子どもたちが、働く子どもたちが少ないために、また
いろいろなことが不足しているためにこの出版物が遅れていることを私たち
は知っています。しかし、時が徐々に縮まっています。

 多くのことで心を悩ましているコルベ・マリーを始め、愛する息子ジャン・
マリー神父と名古屋共同体のメンバー、ロンジン・マリーほか、彼らのうえ
には非常に力強いものが注がれなければなりません。多くの改心者が与えら
れ、またその仕事に携わることが出来る能力を持った人が送られるように
彼らは祈っています。彼らが一緒にやることが出来る人を探しています。

 あなた方はこれから一つひとつの計画に対して、恐れてはなりません。

 『153本のマリア様のバラ』
 『153本の聖ヨゼフの百合』
 『会則会憲』
 『メッセージ集』

 これは本になっていますが、未信者の手元には、一人ひとりの手元には
届いていません。インターネットで見ることも出来ますが、これはごくごく
限られた人になっています。

 愛する子らよ、これからの事業に対して祈り続け、男性の柱をもって進み
続けてください。秋田に行き、これから多くの事業が待っています。人々が
改心します。修道院が立ちます。男子修道院、女子修道院が立てられます。
あなた方を神の事業のために用います。日本がこれ以上神の母を、またイエ
ズスを知らないと言うことがないように。

 また20年以上もこの事業が失敗して、ミッションが犯してきた多くの
過ちを天は知っていますが、彼らは今いろいろなことをしており、ジャン・
マリー神父の言うことを聞くことが出来ない状態になっています。

 愛するジャン・マリー神父、あなたを祝福し、あなたを強め、導きます。
恐れないでこれからも歩み続けなさい。

 私はこの愛の共同体を、愛のゆえに立てられる共同体を待ち望んでいます。
名古屋の共同体は本当に愛し合う共同体です。秋田も同じです。これから
起こされようとしているあちこちの共同体は、みんなそうであるようにと
願っています。愛し合ってください。多くの人々への証のために、『ここに
愛がある』と言って、多くの人々がかけよることが出来るようになるために、
どうか分裂しないでください。派閥心を抱かないでください。

 お互いに愛し合い、今あなた方がしているように、本当に支えあって互い
の賜物を出し合って喜んでいる姿を多くの人が見て、『ここに愛がある。
ここにすごく安らぎがある』という証明となるように、あなた方をこれから
用います。ますます一致してください。

 愛するリトル・ペブルのために祈ってください。彼の判決が近づいていま
す。彼は苦しんでいます。多くの祈りが必要です。あなた方も彼のことを
日夜愛し続けている、そのことを私は知っています。もっと愛してください。
リトル・ペブルを愛し続けてください。あなた方を祝福します。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。


【リトル・ペブルさんに宛てた聖母マリア様のメッセージ】

 愛するリトル・ペブル、あなたの側にいつも居ます。愛の母、慰めの母、
慈しみをいつももたらす母がいます。あなたを祝福しています。多くの事業
のことで、また多くの犠牲を捧げているあなたに対して、私は祝福を送り続
けています。あなたがすべて愛のゆえにしていることを私は喜んでいます。

 あなたに対して、以前お話したようにあなたを中傷した人に対しては、天
が定めたとおり時が来たら、彼らはあなたがまことに神によって選ばれた
預言者であったということを本当に知ることになります。神の哀れみを待ち
続け、あなたは彼らの救霊のために祈ってきました。私たちはその祈りを
いつも聞いています。

 永遠の御父は慈悲深いかたです。しかし、彼らがその慈悲深さを侮りに
変えてしまったならば、神の正義は示され、神の裁きを知らなければなりま
せん。

 あなたはその裁きがくだらないようにと切に祈ってきました。あなたは
いつもどのような霊魂に対しても寛大で、忍耐強く一人ひとりの霊魂を愛し
てきています。「誰一人として滅びに瀕し、地獄に行ってほしくない」この
祈りをあなたはいつも祈ってきました。

 神の時があなたを勝利に導きます。あなたはこれからあなたの行くべき道
を歩むことになります。恐れないであなたの母に信頼して歩みなさい。愛し、
祝福しています。私はあなたをひと時も離れません。父と子と聖霊との御名
によりて挨拶します。アーメン。


マリー・マドレーヌ:
 先ほどロザリオの祈りを一連祈ろうと言って聖櫃のところにきました。
パパ様の御意向のための祈りが終わって一連の祈りが始まってじきに痛みが
ものすごくきました。股とか体に痛みが強くきました。強烈な痛みで、苦し
みながらの祈りをするのは今回がはじめてでした。祈っている間に痛みが
来るたびに涙が出るようになっていきました。目の前に風のようなものを
感じたのですが、祈り続けていました。印があるか聞いたら、ずうっと続い
ていました。一連の祈りを終えて、大天使聖ミカエルの祈りをし始めたとき、
また激しく痛みがきました。そのあとから物悲しい雰囲気を感じました。
5分間沈黙しているときに心を落ち着けて「印はありますか?」と聞きまし
た。印があったので、「しもべは聞きます。お話ください」と祈りました。

 リトル・ペブルさんのことになって、私がマリア様の言葉を聞きながら
リトル・ペブルさんが一番苦しんでいること、つまり彼を訴えている人たち
の救霊のために祈っているリトル・ペブルさんの事を私は思っていました。
「彼らについては」とマリア様が言われた時に私は震える感じがしました。
神様がこんなにも長く時を待っていらしたのに彼らはまだその心がかたくな
になってしまっているんだと思ったら、今、日本で私たちに敵対している
人たちも同じ目にあわなければいいなという思いになりました。マリア様の
汚れなき御心の中に入れられたと司祭が教えてくれました。私はあまりにも
のお母様の悲しさを感じてしまい、おお泣きしてしまったのです。



----------------------------------------------------------------
3. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第129章 】

 「第七、汝、盗むなかれ」 これは神がモーゼを通して人に守るように
と命じた十戒の掟です。マリア様のこのミッションの日本人は派閥心から、
グループの利益のためにこの戒めを破っています。それは有能な人をかこう
ことによってです。有能な人はミッション全体のために、その才能をもって
奉仕するために神から与えられているのです。それを自分のグループのため
だけに奉仕を限定させることは、グループ以外の他のすべての人から奪い、
盗むことです。たとえ有能な人自身がそう望み、同意してそうしていても、
すべての人のための才能を独り占めすることは、それをおはからいになった
神への反逆です。

 「第十、汝、人の持ち物をみだりに望むなかれ」 これもモーゼの十戒で
す。神はまた、モーゼを通して「自分自身を愛するように隣人を愛しなさい」
(レビ19・18)という掟を与えてくださいました。ところである有能な
人があるグループにいて、別のグループがその人を引き抜いたなら、それは
この2つの掟を破ったのです。それが数少ない翻訳者だったなら、引き抜か
れてしまった方のプロモーターは、またはグループのリーダーは、活動でき
なくなるほどの打撃を被ります。引き抜きとは、世間ではライバル会社を
つぶすための手法です。競争相手を蹴落とす行為です。

 協力しあいなさい。愛しあいなさい。というマリア様の命令の逆を行く
行為です。この行為には世間でさえもえげつないこととして、皆が眉をひそ
めます。隣人を自分自身を愛するように愛するなら、決してできないことで
す。利己心ここに極まれりといった行為です。

 このような行為が日本のこのミッションでは20年間変わらず行われてき
ています。派閥心はなによりも自分のグループの利益を追求させ、人を愛と
善徳に対して盲目にさせ、その良心を鈍らせ、善悪の判断すらできなくさせ
ます。今、ミッションに参加している日本人は、神に反逆し、マリア様の
命令に逆行する自分たちの行為を、なぜ正しいものと思うのでしょうか? 

 自分たちのグループは神のため。だから自分たちのグループの利益は神の
利益という考え方をしているに違いありません。そして、神のためにしてい
るのだから正しい行為なのだという理論です。派閥心でおこなっている行為
を、正しい行為なんだと自分自身の中で納得できる、日本人のこの理論の誤
りを明らかに示さないと、日本人の良心は目覚めないようですね。

 皆さんの考え方はこうです。「グループが有能な人をかき集め、神のため
にたくさんの仕事を成し遂げられるようになり、たくさんの仕事を捧げれば
神が喜ぶ」。たしかにそうなれば人の目には神によく仕えているように見え
ます。しかし神ご自身が「そんなもの私はいらない」とおっしゃっているな
ら、この理論はそれで破たんしてしまいます。サウル王が戦利品をとって神
にたくさんのいけにえをささげようとした時のようにです。神は彼に「敵の
ものは一切とるな」と命じており、その命令に従ってほしかったのです。敵
のものでご自分にたくさんのいけにえがささげられることなど、神は望みま
せんでした。神の命令に従わなかったこの行いのために、神は彼から王位を
取り上げました。(サムエル記上の15章を読んでください) 

 今のミッションの日本人はサウル王と同じことをやっています。サウル王
と同じ結果に終わりたいのでしょうか? 盗むな。みだりに人の持ち物を望
むな。隣人を自分を愛するように愛せよ。これらの神の命令に従っていない
のですから、たくさんの仕事をささげても神はお喜びになりません。人間的
に考えれば、グループとして有能な人をたくさん抱えていればいるほど、神
に貢献できると思うでしょう。

 しかしサウルにかえて王として神がお選びになったダビデのことを思いだ
してください。神はダビデのご自分に対する完全な信頼心をお喜びになった
のです。彼は巨人ゴリアテに対し、人間的には必要と思える鎧もつけず、剣
も持たず、従者も従えず、たった一人で立ち向かい、拾った小石ひとつで、
それらすべてを持っており、なおかつ巨人である敵を打ち殺し、全イスラエ
ルを救いました。(サムエル記上の17章を読んでください) 

 これで皆さん日本人の理論の根拠のなさを明白にし、神に仕えるものの
世界においては、その理論は捨てねばならず、ましてや自己正当化に使って
はならないことを示しました。だから皆さんは日本人の派閥心を嘆き悲しむ
マリア様の御心の刺に自分がなっていることを認め、良心に痛みを感じるよ
うにしてください。悔い改め、自分を変えることはそこから始まるのです。

 今、持っている人間的理論を捨てたなら、真理に根ざした超自然的理論を
代わりに持たなければなりません。ダビデの用いた小石は、あなたが天に積
む功徳を象徴しています。あなたが愛と善徳によってたてる功徳です。リト
ル・ペブルさんに一致したミッションの前進は、この功徳によって前進する
のです。このミッションの前進をはばもうとする悪魔が置くすべての障害を
突破できるのは、ただこの功徳によってなのです。あなたは功徳によって、
神に求められるすべてのことを成し遂げることができるのです。功徳によっ
てなす。これが皆さん全員が持つべき理論です。功徳は神の望みに従わなけ
ればたてられません。

 神の望みとは、皆さんがグループをこえて、違いを乗り越えて愛しあうこ
と、一致団結すること、協力しあうことです。愛しあうことに関しては、敵
を愛せよと命じられているのですから、今、敵視し、敵対している他のグ
ループの人たちを愛しなさい。一致団結せよと命じられているのですから、
派閥心を捨て、他のグループの人たちと交流し、あなたの心と手を開いて
持っているものすべて与えなさい。何もかこってはいけません。協力しあえ
と命じられているのですから、競争心で相手をぶっつぶすようなことをやめ
なさい。話し合いをし,助けあえることを探し、実行しなさい。祈りも、
犠牲も、仕事も、何もかも、神に聞き従って兄弟を愛するときに、初めて神
に受け入れられ、功徳となるのです。

 最後にイエズスの聖福音の御言葉を書きますから、各自が深く内省してく
ださい。「だから祭壇に供え物ささげようとするとき、兄弟が何か自分に
対して含むところがあるのを思い出したら、供え物をそこ、祭壇の前に置き、
まず兄弟のところに行って和睦し、それから帰って供え物ささげよ」
(マテオ5・23、24)



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1997年3月13日 No.263

 人類にとって、時は極めて残り少ないのです。多くの者が思っている以上
に少ないのです。預言されていたことはすべて、今世紀の終わりまでに成就
するでしょう。その時、あなたたちは神の偉大さ、神の愛と憐れみとを理解
するでしょう。

 甘美なる子供たちよ、キリストの代理者が人の前から取り去られる時どう
なるでしょう。その時、誰が従うでしょうか。いとしい子供たちよ、私の
言葉をよく理解しなさい。ヨハネ・パウロ2世がペトロの座から取り去られ
る時が極めて近いからです。しかし、それは殉教を意味するのではありませ
ん。甘美なる子供たちよ、それは後に起きることです。敵とその子分たちは
抜け目なく、ペトロを取り去るでしょう。そして、そのことは世界を驚かし、
人類に混乱をもたらすでしょう。そして、偽りのペトロが玉座に座るでしょ
う。

 甘美なる子供たちよ、大警告は今年は来ません。しかし、今年には永遠の
御父が送られる警告があるでしょう。そして2つめの警告があり、3番目の
警告が大警告となるでしょう! それは今世紀の終わる前のことです! そ
れから、2000年に私の勝利が到来します。全世界で奇跡が見られ、教会
は慰められるでしょう。いとしい子供たちよ、来るべき年月には多くのこと
が起きるでしょう。準備していなさい。

 ヨハネ・パウロ2世が取り去られたなら、リトル・ロックが群れを導きま
す。しかし、キリストの代理者としてではありません。それは後日のことで
す。そうではなく、使徒として、使徒のプリンスとしてです。

 聖なる代理者、ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい。ヨハネ・パウロ
2世が来るべき時に教会に与える多くの宣言によって教会に多くの分裂が
生じるからです。間もなく戦争が勃発します。平和のために祈りなさい。

【注1: ベネディクト16世は真の教皇様です。ヨハネ・パウロ2世は
  死んだのではありません。福音書にあるラザロの復活のように、神にお
  いて眠らされた状態にあるのです。ベネディクト16世の死後、ペトロ
  の座を乗っ取る反教皇を弾劾するため、ヨハネ・パウロ2世は神様の
  定められた時に復活します。】

【注2: 預言の成就に関して。旧約聖書を読み、よく黙想してください。
  例えば、創世記でソドムとゴモラの滅亡の時のアブラハムの嘆願のエピ
  ソード、出エジプト記でモーゼが神と反逆のイスラエルの民の間に立っ
  て彼らのために嘆願するエピソード、ヨナ書で示されたニネベの民に
  対する神様の限りないあわれみのエピソード、などです。】



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
(1)東京での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 会 場  : タワーホール船堀
       東京都江戸川区船堀4−1−1
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
      ●地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  :10月23日 日曜日 13:00-17:00
       11月13日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
      ●東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 9月24日 土曜日 10:15-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は9月11日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]