「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年8月28日号No.268

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年8月28日号 No.268

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第128章 】

 同じ派閥心からの行動でも、派閥をつくるのと、グループに人をかこいこ
むのとでは大きな違いがあります。派閥をつくるだけなら、そのメンバーは
他のグループのメンバーと自由に交流しているのですが、グループに人を
かこいこむというのは、そのメンバーに他のグループのメンバーと交流させ
ないようにする行為です。あなたが女性ならよく分かると思いますが、その
手段として用いられるのは悪口、陰口、そしり、ざん言です。「あの人は
悪い人だから、あの人ともあの人のグループともつきあっちゃだめよ!」と
いうふうにです。こうして絶交させることで人を自分のグループにかこいこ
むのです。ですからグループ自体、完全に閉鎖的になりますし、そのメン
バーの心も閉鎖的にさせられてしまいます。

 この行為のうちには派閥心という罪に加えて、愛徳に反する多くの罪が
侵されています。いまあげた悪口、陰口、そしり、ざん言はもちろん、偏見
を持たせる罪と偏見を持つ罪が犯されています。こういう行為があることと、
こういう行為が主に女性によって行われていることを、私は16歳まで知り
ませんでした。同じ高校の女生徒が「女の世界はきたないのよ!」と教えて
くれるまでは。その数年後、私はある修道院にいましたが、ある食事のとき、
皆、楽しくて非常に幸せな気分でした。一人の修道士がこう発言したのです。
「私たちは幸せだよ。シスターたちは、大変なんだよ!」と。見まわすと
他の修道士たちが皆うなずいていました。修道女たちも、修道女である以前
に女性なのですね。

 このリトル・ペブルさんと一致した日本のミッションにおいても、20年
間絶えず同様の悪を見続けてきています。まさか人数が多いグループの方が
正しいという理論を持っているのでしょうか? だとしたら、それは神に
信頼するのではなく、数に信頼することであり、神に対する不信頼の罪も
犯していることになります。旧約時代の歴史が教えてくれていますが、神は
数を頼む人を助けてくださいません。神により頼む人を助けて下さるのです。
また、この行為はそのうえ、人を自分たち以外の人と付き合わせないように
コントロールすることですから、独占欲の罪と支配欲の罪、そして貪欲の罪
も犯しているのです。汚い策略の罪でもあります。

 なぜ人を自由にさせないのですか? なぜ自分たちだけの友人にしてしま
うのですか? 皆さんは自分でこの答えを見つけるように内省してみてくだ
さい。

 はっきりいいます。マリア様のミッションで、たくさんの罪の複合体であ
るこんな行為をする必要はありません。単に派閥を作るという悪よりも百倍
も悪いことです。今、このミッションに参加している日本人は、この罪から
直ちに足を洗いなさい。新しくミッションに参加した人は、彼らを反面教師
にしてください。そして同じ罪悪に染まらないように、くれぐれも注意して
くださいね。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
----------------------------------------------------------------
 下記の公的メッセージは、8月24日、リトル・ペブルさんによって確認
されました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはあり
ません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれ
ている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身
の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半に
ある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2005年7月15日(金曜日) AM7:09
聖母マリア様からの公的メッセージ
--------------------------------
マリア様:
 聖体を愛しなさい。イエズスの体を冒涜しないでください。愛する子らよ、
聖体を愛し、崇敬しなさい。手で冒涜するようなことをしてはいけません。
イエズスの体を打つことになります。冒涜しないでください。

 イエズスの十字架を軽く見てはいけません。イエズスが嘆き苦しんでいる
ことをもう一度思い起こしなさい。あなた方に伝えます。聖体をこれ以上
いためないでください。

 聖体に対して軽く見るものはイエズスの聖心を悲しませることが判らない
のですか。私たちはこのことのゆえに悲しんでいます。

 聖体を愛し、崇敬することをもう一度し始めなさい。イエズスを悲しませ
ないでください。イエズスとすべてひとつになる人たちを私は求めています。
聖体と一致してください。

 愛する子らよ、あなた方に懇願します。聖体を愛しなさい。聖体を拝し、
深く崇敬しなさい。


マリー・マドレーヌ:
 マリア様の言葉をいただく前に第1ミサのとき、新しい匂いを感じました。
甘い匂いです。聖変化になるとき匂って、しるしを求めたらいただきました。
聖体拝領のときに体がかなり熱くなりました。少し沈み落ちていく感覚を
覚えました。どういうことなのかと思いましたが、そのまま沈み落ちていく
感覚を覚えながら煉獄の霊魂のために祈っていました。
 
 聖体降福式の時、天地万物の祝福のところで、またミサのときに感じた
においがありました。そして、ミサが終わって聖体降福式も終わり、また
新たに匂いをいただいて、しるしを求めたらありました。そうしたら「聖体
を愛しなさい」という言葉と「イエズスの体を冒涜しないでください」と
いう言葉が聞こえてきました。
 
 足の痛みがかなり強くなっています。もものほうと足首の方が重くなりま
した。ミサ中、足首が重くてだるい感覚がありました。それからももの方の
痛みが強くなってきました。今もその痛みは続いています。今、暑さがあり
ます。


--------------------------------
同日 AM10:11
聖母マリア様からの公的メッセージ
--------------------------------
マリア様:
 イエズスと一緒に私は人類をあがないました。聖体を愛してください。
イエズスの十字架を黙想し続けてください。私もそこにいて苦しみを一緒に
担いました。悲しみの涙でいっぱいでした。

 イエズスを愛し、イエズスの導きを求め、これから歩み続けてください。


マリー・マドレーヌ:
 マリア様が話してくださることが起こる前に、先ず麗しい香りがありまし
た。しるしを求めましたが、そのときには何もありませんでした。「もう
一度聴いて『僕は聴きます。お話ください』と言うように」と司祭から指導
をいただいて祈りました。そうしたら、マリア様が先ず最初に「イエズスが
あがなったように、私も一緒に人類をあがないました」ということを話され
ました。


--------------------------------
2005年7月20日(水曜日) PM23:34
聖母マリア様からの公的メッセージ
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 マリア様から語られる前に起きたことを話します。ジャン・マリー神父と
十字の印のことについて話をしていました。

 昨年8月1日のことです。私は家で十字の印をする意味の重要性について、
神様によって知識を注付されるという形でインスピレーションをいただいて
いるということの話を司祭としていました。言葉ではなく、ヴィジョンでも
ない形です。当時私は『箱舟の聖母』のメッセージを読んでいてリトル・ペ
ブルさんやほかの幻視者のメッセージに必ず出てくる「父と、子と、聖霊と
の御名によりて」と言われるマリア様や天の方々の言葉に心がとまりました。
これは何なのかと考えて思いをめぐらしていました。

 メッセージ全部に共通しているこの言葉について思い巡らしていたところ、
『これは十字を切っていらっしゃるのかな』という思いがきました。当時、
私はこのことが何なのかわかりませんでした。リトル・ペブルさんも天の
方々もみんなゆっくりと十字を切っているんじゃないかというインスピレー
ションが私の心の中に与えられました。このことをパソコンに記録しようと
していました。
 
 司祭が『十字を切りながら幻視者は話している』ことを教えてくれました。
そうしたら『やっぱり私が思っていたことなんだ』と今日になって初めて
確認ができたのです。マリア様に合わせて幻視者が十字を切る様子を司祭が
説明してくれていたそのとき、麗しい匂いが眼の前でしました。印を一度求
めました。印をもらいました。もう一度このことに対して慎重になりたかっ
たので『印を下さい』とお願いしました。そうしたら印をくださいました。

 先ず、会話の途中で、天からの働きかけがあったので、ジャン・マリー
神父に合図しました。ジャン・マリー神父は『そちらに集中しなさい』と
命じ、「印を求めなさい。印がなかったら『サタン、退け』と厳命しなさい。
印があったら『しもべは聞きます。お話ください』と言うように」と命じま
した。ジャン・マリー神父は聖水とベネディクトの十字架、それから録音機
を取りに行きました。

 その間私は心を沈めて耳を澄ましていました。喜びが湧き上がってきまし
た。ジャン・マリー神父は録音機をセットして、聖水を私の頭と両肩にかけ
ました。私の前に立ってベネディクトの十字架を持って悪魔祓いのために
何度も十字を切ってくれました。

 「愛する子よ」という言葉が始まると、ジャン・マリー神父は脇によけて
ひざまずき、公的なメッセージを悪魔からガードするためにメッセージの間
たびたび悪魔祓いのためにベネディクトの十字架で十字を切っていました。
それは「て、に、を、は」など、ひとつの文字、ひとつの単語、ひとつの
文章だけでも地獄のものを入れようと全力を尽くす悪魔の働きを抑えるため
です。実際このメッセージでも、「聖体も」が正しいのですが、『聖体を』
と私の耳に聴こえたのです。

 このように私は厳しい霊戦にさらされているのです。


マリア様:
 愛する子よ、あなたを愛し、祝福します。十字の印をゆっくりと愛をこめ
て切ってください。すべて軽くしないでください。天がしているように十字
の印を大切にしてください。司祭がするように崇敬を持ってしてください。
多くの信者が十字の印を軽く取り扱っています。

 十字架は大変重要なものです。すべての事柄を十字の印を持ってするとき
に悪いところから守られます。すべての人が『父と子と聖霊との御名により
て』と十字を切りながら言うとき、この意味を深く理解するようにと私は
願います。

 十字の印は祝福をもたらします。地上を祝福し、一人一人を祝福し、御聖
体も、またたくさんの物を祝福します。軽く十時の印をしないでください。
多くの信者にこれを伝えます。

 あなた方を祝福し、愛し、導く私の声に耳を傾けてください。イエズスを
愛し続けてください。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1997年2月13日 No.262

 選ばれた霊魂たちよ、一致に向けて働きなさい。時は残り少なく、教会は、
神の御言葉に聞き従う忠実な霊魂たちの、統一され、強力な一つの体を目に
しなければならないからです。すべての人が、神である御子イエズスに従う
ように、そして選ばれた集団、選ばれた霊魂の間でイエズスが指導者として
お選びになった人々に従うように呼ばれています。このため、私たちは何年
にもわたり、小さきペトロとして知られる、終りの時のリトル・ロック(小
さな岩)が今も、そして来るべき時にも羊を導くことを啓示してきたのです。

 私の声に耳を傾ける、終りの時のすべての使徒、弟子、選ばれた霊魂に
呼び掛けています。私はこのことを何年にもわたり、繰り返してきました。
危機の際に羊飼いを見捨てた昔の弟子や使徒のようであってはなりません。
神の御言葉と御約束に忠実でありなさい。

 互いに祈りなさい。すべての人間的な問題、誤解、誤った解釈を解決する
ために働きなさい。互いに反目するために働いてはなりません。神の栄光と
真実のために働きなさい。

 甘美なる息子、娘たちよ、もし神である御子イエズスの名の下に真の兄弟
姉妹として互いに生き、働くことができないなら、どのようにして私の汚れ
なき御心を通して勝利するのでしょうか。「多くの者が呼ばれるが、選ばれ
る者は少ない」というのは本当です。そして、最後まで耐え忍ぶ者は少ない
のです。この年を真に和解の年、心と霊魂と精神の一致の年としなさい。霊
魂の救いのために、汚れなき御心による栄光のために、聖にして母なる教会
のために。

 神である御子の呼び掛けに従うすべての息子、娘たちよ、今は地上の聖人
が汚れなき御心を通して養育されるという聖書の時です。今あなたたち皆は、
準備されています。まもなく、あなたたちの信心、信仰が試されるからです。
反キリストがすべてをふるいに掛け、真理の道から多くの者を取り去ろうと
望むからです。私が光の子供たち皆に調和のうちに真理のうちに共に働くよ
うに呼び掛けたのはこのためです。しかし、勇気を出しなさい。私はあなた
たちと共にいるからです。私はあなたたちの盾だからです。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   :「タワーホール船堀」
       東京都江戸川区船堀4−1−1
       電話:03−5676−2211
       FAX:03−5676−2501

  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html


【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 9月24日 土曜日 10:15-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は9月4日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]