「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年8月21日号No.267

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年8月21日号 No.267

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ




----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第127章 】

 聖シャーベル修道会の会則と会憲は天からのメッセージと同様、リトル・
ペブルさんに天から直接与えられたものです。アシジの聖フランシスコの
場合と同じですね。アシジの聖フランシスコの小さき兄弟会が急激に発展し
たので、最初の原始会則にかえ、神は聖フランシスコに、それに即した第二
会則を再び与え、書きとらせました。しかし彼の後継者たちはそれを捨てて
しまいました。今、世界中でほとんどのフランシスコ会派が用いている会則
は、その後、神が3度目に聖フランシスコに与え、書きとらせた第三会則で
あり、第二会則は永久に失われてしまったのです。第二会則は後継者たちが
思い描いていた会のあり方とは、まったくあいいれない会のあり方が、神か
ら与えられて書きとらされていたのでしょう。

 今、日本のこのリトル・ペブルさんと一致したミッションで、共同体を
設立したい、または将来入りたいと思っている人が、もし聖シャーベル修道
会の会則会憲を読むならば、アシジの聖フランシスコの後継者たちがやった
と同じように、この会則会憲は捨ててしまうでしょう。なぜなら聖シャーベ
ル修道会の会則会憲が、彼らの考えている共同体のあり方と全く違う共同体
のあり方、彼らが考えている共同体の設立の仕方と全く違う共同体の設立の
仕方を規定しているからです。聖シャーベル修道会の会則会憲とは全くあい
いれない共同体のあり方、共同体の設立の仕方の思い込みは日本人独特の
考え方から来ていて、この間違いはオーストラリアで聖シャーベル修道会が
設立されたことが日本人の耳に入った時から存在しています。

 しかし聖シャーベル修道会の会則会憲を捨ててしまうに違いないほどに、
日本人独特の間違った共同体のあり方と、共同体の設立の仕方の思いこみが、
正しいものとしてこのミッションのほとんどの日本人にしっかりと根を張り、
決定的に共通理解となってしまったのは1996年以後です。そしてその
ことが防げなかったのは、聖シャーベル修道会の会則会憲が一部の人々に
かこわれてしまって、ほとんど誰も読むことができなかったからです。リト
ル・ペブルさんからは翻訳担当者から受け取るように指示が出ており、待つ
しかなく、何年もがむなしく過ぎていったのです。結局このルートで日本語
の会則会憲が入手できるようにはなりませんでした。この事態にはやはり
派閥心が根底にあるのです。

 聖シャーベル修道会の会則会憲が一部の人々にかこわれてしまったことで、
日本のこのミッションは計り知れない打撃を被りました。ひとつは共同体の
設立が遅れていることです。しかしそれはもうひとつのことに比べれば、ま
だ小さな打撃です。そのもうひとつのこととは、共同体のあり方と共同体の
設立の仕方の間違った思い込みが日本人の間に定着したので、聖シャーベル
修道会の共同体の設立が、彼らにとって不可能になってしまったことです。

 そうです。遅れるならまだしも、不可能になってしまったのです。それは
こういうことです。実例によって説明します。カナダでは、聖シャーベル
修道会の共同体を設立する動きが非常に早く起こり、ニューブランズウィッ
ク州内で、ほぼ同時期に2つの共同体の設立が開始されました。そのうちの
ひとつは、財産を出し合ってひとつの敷地に共住を達成した段階から、先に
進もうとしませんでした。マリア様はしばらくお待ちになられましたが、や
がてついにこうおっしゃいました。 「彼らはもう共同体ではありません。
単なる農家の集まりです」と。そして彼らは崩壊の道をたどったのです。

 今、日本のミッションに参加している日本人たちが彼らの間違った思い込
みを修正しなければ、必ずこれと全く同じ道をたどります。カナダの残った
もうひとつの共同体は、聖シャーベル修道会の会則会憲の正しい理解に立脚
して、この会の精神とカリスマを学びつつ前進し、今は大きく発展していま
す。そのようにしないなら、共住し、たとえ財産を共有しても、聖シャーベ
ル修道会の共同体には決してならないのです。

 今言っていることを皆さんに理解してもらうには、まず会則会憲とはどう
いうものかということを皆さんに説明する必要があります。2000年3月
に、日本の聖シャーベル修道会は日本語の会則会憲の全文をホームページに
公開し、読みたい人は誰でも自由に、ただで読めるようにしました。翌4月
にはインターネットをしない人のために会則会憲を本にし、郵送する体制を
作りました。この時点で会則会憲は、誰でもが例外なく日本語で読めるよう
になったのです。しかし、このミッションの日本人は、この時点において
もう全く会則会憲を自分たちには不必要なものだと考えるようになっており、
読ませようとも、読もうともしなくなっていました。特定の幻視者の指導の
もとに入り、幻視者の指示にその時々に従えば、共同体は設立できる。共同
体に入った後も、それを続ければ問題は何も起こらないと信じきってしまっ
たのです。

 特定の幻視者に従えばいいのだから、法律の条文など知らなくたっていい
と考えています。日本人は会則会憲が修道会の会員にとってどういうものか
すら分かっていないのです。読みもしないのに会則会憲を法律の条文だと
決めつけています。

 いいえ、それらの考えは間違っています。「共同体は修道会」です。修道
会の会員になるためには、会則会憲を熟知しなければなれないのです。まし
てや共同体の設立のメンバーになるためには、日本の国や自治体のさまざま
な法律や規定に適応させるために自由に応用できるほどに会則会憲を熟知し
ていなければならないのです。設立初期の大変な時期、会則会憲の文面だけ
でなく、精神とカリスマをもそこから汲みとるほどそれを熟知していないと、
状況に即した適用ができず、生活のバランスをとることができません。そし
て実際に修道会では、早朝の聖務日課の際や、沈黙で食事をする際に会則
会憲が読み上げられ、会員が皆、完全な理解を会則会憲に対して持てるよう
にしていますし、志願期、修練期の間は特に会則会憲について深く学ぶのは
言うまでもありません。

 会則会憲は会員にとって、いわば花婿です。花婿であるイエズスと一体と
なるために、会則会憲と一体になるのですから。会則会憲は、愛し、一体化
する対象なのです。つまり花婿イエズスの精神が会則会憲で、花嫁である
会員は、花婿イエズスの精神にひたされ、同じ精神になるよう会則会憲を
知り、愛し、生きるのです。だから修道会においては、もちろん会則会憲の
上に位置する会員など誰もいません。聖シャーベル修道会においても、創立
者で将来の教皇のリトル・ペブルさんでさえ、この花婿である会則会憲に
服従する立場にあるのです。だから会則会憲など知らなくても、目上に従っ
ていればいいんだとか、天から直接に指示を受ける幻視者に従えばいいんだ
などという考えはとんでもない間違いです。

 修道会とは会全体としてだけではなく、会員が一人一人例外なく花婿イエ
ズスの精神である会則会憲によって統治されるところなのですから。

 次に修道者とはどういうものなのかを説明する必要があります。修道者
とは修道会の敷地の中に住んでいるから修道者なのではありません。修道院
に寝泊まりしているから、修道服を着ているから修道者なのでもありません。
修道者とは従順・清貧・貞潔の三つの誓願を、教会を通して神に立てること
によって、完全に神に奉献されたものになっているから修道者なのです。修
道者自身、いけにえとして完全に、残りなく御父へのかぐわしいささげもの
となるための焼きつくす炎であるこれらの3つの誓願、イエズスである十字
架に永久に自分を打ち付けてくれる3本の釘であるこれらの3つの誓願、多
くの霊的な子を産ませるためにご自分の花嫁としようとする聖霊への「なれ
かし」(フィアット=マリア様がお告げを受けたときの承諾のハイ)である
これら3つの誓願について繰り返し、繰り返し黙想するのです。

 そして修道会とは、これらの3つの誓願を立てた人の集団です。この3つ
の誓願を立てる前提は、会則会憲を熟知していること、3つの誓願について
完全に理解していることです。もちろんこの3つの誓願について教えている
のは会則会憲です。ですから会則会憲を読まないなら、3つの誓願はたてる
ことができません。すなわち会員には絶対になれないのです。

 これで「共同体は修道会」だという言葉を皆さんは理解できるようになっ
たと思います。では、日本人独特の思いこみの間違いについての説明に入り
ます。

 日本のミッションにおいては今、共同体とは単なる共住である、つまり村
のように単に寄り集まって協力して暮らすだけであるとか、ただ財産を共有
にした祈りのグループであるとか信じ込まれています。共同体の設立に関し
ては、幻視者が中心になり、ワーカーとともに設立するとか、幻視者の指示
通りに設立するとか、幻視者に頼まれて設立するとか皆が考えています。

 しかしこれは全くありえません。なぜなら「共同体は修道会」だからです。
つまり共同体のメンバーとは従順・清貧・貞潔の3つの誓願をたてる人だか
らです。そして誓願とは、指示されてとか、頼まれてとか、強いられてたて
ることは許されないのです。誓願は、まったく本人の望みと意志だけで、
完全な自由のもとに、だれからも影響されずにたてなければいけないものな
のです。

 あなたがたとえ神ご自身から指示されたから、または願われたからと言っ
ても、指示された、願われたというのでは、どんな修道会も誓願を立てさせ
ません。まず会則会憲を熟知しており、三つの誓願と、誓願をたてるという
行為について正しい理解を持っており、だれからも強制されず、影響されず、
完全に自由な状態で、本人自身が自由意志で強く望むことが、誓願をたてる
ための絶対条件なのです。ですから祈りのグループに幻視者が指示して、そ
れをそっくりそのまま共同体にするなどありえないことなのです。

 日本に共同体を設立するために、まず最初にやるべきことは会則会憲の
翻訳であったのです。グループのリーダーやプロモーターたちは翻訳担当者
からできた翻訳を受け取り、印刷し、リトル・ペブルさんを支持する人の、
出来れば全員の手元に届けるべきだったのです。これを読んで、よく理解し
たうえで、召命を感じ、共同体設立のメンバーになる資格があると自覚した
人が、自発的に名乗りをあげなければならないからです。

 この内的呼びかけは神がご自身で自由にお選びになるもので、人が介入す
ることは許されません。内的に召命を神から感じさせられた人が自発的に
志願する。これが修道会です。「共同体は修道会」なのですから絶対にこう
でなければなりません。共同体の設立のメンバーに神から召される人は多く
の人の中に、わずかしかいません。そういう人があらわれるために日本語の
会則会憲をできるだけ多くの人、できれば全員に読ませるべきなのです。

 それには翻訳担当者が全てのグループのリーダーとすべてのプロモーター
に訳を渡し、自由に使わせなければなりません。これを妨げたのが派閥心な
のです。

 翻訳は私が肩代わりし、今は誰でもが自由に日本語で読めます。すべての
グループのリーダーとすべてのプロモーターに、自由に使ってくださいと
言って、会則会憲の本を送りました。そしてそこには今の日本のミッション
の人々が夢想だにしないことが書いてあります。

 共同体は話し合いで、そして全員一致の決定を導き出せるまで話し合うこ
とによって万事を決定すること。話し合いにおいては、いただいている賜物
や、知識、才能、貢献度、年齢等に関係なく、皆が平等な発言権を持つこと。
どの部門で、どの部所においてもこれを行い、上意下達(トップダウン)の
やり方をしないことが規定されているのです。そして日本人たちが、内容と
して含まれていると思い込んでいることが、書いてありません。

 幻視者が共同体をつくる。幻視者が組織のトップにつく。幻視者が皆に
命令する。幻視者があらゆることを決定すべきだ。などです。今、幻視者を
トップにしたトップダウン、上意下達のシステムを聖シャーベル修道会の
共同体だと考えている人々は、この聖シャーベル修道会の会則会憲を受け入
れることができるのでしょうか? 自分たちの間違った考えを改めない限り、
アシジの聖フランシスコの後継者たちが、天から与えられて書きとらされた
第二会則を捨ててしまったのと同じことを彼らもするはずです。

 すでにグループのリーダーたち、プロモーターたちが今自分が世話してい
る人々に聖シャーベル修道会の会則会憲を読むように熱心に促さないのは、
実質的に会則会憲を捨てていることになりませんか? 日本語の会則会憲の
存在を知りながら、読もうとしないこのミッションの人たちも皆、会則会憲
を実質的に捨てていることになりませんか? 

 聖シャーベル修道会の会則会憲を受け入れず、自分たち独自の会則会憲を
作って、独自の共同体を設立しようとするかもしれませんが、「共同体は
修道会」です。その独自の会則会憲は認可を受けるために聖座に提出されな
ければならないし、教会に受け入れられる方法で、三つの誓願を会員が皆、
たてることができなければならないことを忘れないでください。しかし、も
し幻視者をトップにすえたトップダウン(上意下達)のシステムなどという、
修道会では採用不可能な会則会憲を作るなら、教会は決してそれを受け入れ
はしませんよ。幻視者を導くのは司祭なのです。幻視者がどれほど落ちてし
まいやすいか教会は知っています。

 ずいぶん以前からこのミッションに参加している日本人は、過去の日本に
与えられたメッセージを知っており、大警告の間にほとんどの国土が海中
に没する日本に、大警告の時点の前に共同体が設立されているかどうかで、
沈まずに残る部分の場所と広さが違うことを知っているはずです。日本に
とっても、日本人の救霊にとっても、これほど重要な共同体の設立なのです
よ。そのためにすべきことの中で最も重要なことが会則会憲をできるだけ
多くの人に読ませることです。

 どうか皆さん、会則会憲を読み、読ませてください。多くの人にとって
内容を理解するのに経験が足りないことはわかっています。それだからこそ、
こうして解説書であり、共同体生活の教科書である「153本の聖ヨゼフの
百合」という本を書いて助けを与えているのです。そして皆さんは、日本と
日本人の救いでもある共同体の設立を妨げた、会則会憲をかこう行為の根底
にあった派閥心のこの恐ろしい害悪を悟ってください。派閥心を捨ててくだ
さい!

 そして新しくこのミッションに参加する人たちに言います。皆さんはまだ
洗礼を受けていませんね。外面的には聖書的な言葉で表現すると、「異教徒、
罪人」です。しかしイエズスは聖福音の中で、恵みを拒んだ「選ばれた人」
の分の恵みが「異教徒、罪人」に与えられ、「異教徒、罪人」の方が神の国
に入るとおっしゃってくださいました。そして今、そのことがまさに起こっ
たのです。

 御父は皆さん全員に共同体に入る召命を与えてくださっています。この
呼びかけに応える人には、召命に応え続け、最後まで堅忍するための恵みを
与えてくださいます。あなたたち皆が呼ばれているのですから、どうか皆が
聖シャーベル修道会の会則会憲を読んでください。そして特に共同体の設立
のメンバーに召されていると神から感じさせられた人は、名乗りをあげて
ください。神に信頼してください。あなたが完全な「ハイ」を神に向かって
言うなら、すべてが恵みによってうまくいくのですから。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2005年7月29日 金曜日
復活された神の子のジャン・マリー神父に宛てた
マリア様からのメッセージ
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
『エクソシスト(Possessed - true story of the Exorcist)』という
映画(DVD)をジャン・マリー神父と見ている途中です。まだ全部終わって
いません。映画のなかで二人の司祭が悪魔祓いの儀式に関する本を読んで
いるという場面を聞いていたら、神秘的な匂いがありました。印をくださ
いと言ったのですが、ありませんでした。

 ジャン・マリー神父が聖水をまいてくれて、祈りを唱えてくれました。
久々にきた神秘的な体験で奥底から感情が動いて泣いてしまいました。その
とき「サタンよ、出て行け!」と命じました。そのあとまだ続いていました。
ジャン・マリー神父がベネディクトの「十字架をもってきて十字の印を額に
記してくれました。いま、印を伴って目の前がすごい聖なる空気を感じてい
ます。

 風のような冷たい空気のようなものがあります。ジャン・マリー神父が、
印をもう1度求め、あったら『しもべはききます、お話ください』と言うよ
う指示しました。
 
「あまりにも悪魔祓いが少ない」と言われています。

ジャン・マリー神父が「その声は?」と質問しました。その声は女性です。

「悪魔祓いに対して危険だといっている人があまりにも多くて、多くの人た
ちが苦しんでいます。信者じゃない人たちがあまりにもおおく悪魔に取り付
かれていて、その叫びがおおきい・・・」

 ここで言葉が途切れ声が聞こえなくなりました。(ジャン・マリー神父が)
聖水を撒きました。ジャン・マリー神父が「『しもべは聞きます。お話しく
ださい」といいなおして」と指示しました。指示されたように祈りましたが、
聴こえません。

 いま、メッセージをいただいていて声が聴こえました。悪魔祓いのことで
「あまりにも悪魔祓いが少ない」と聴こえてからしばらくして始まったなと
思いながら、聴こえてくる言葉を聴きながら話していました。言葉の途中で
聴こえなくなってしまいました。私のちょっとした心の動揺で悪魔が言葉を
聴こえないようにしてしまいました。

 ジャン・マリー神父から「聖ヨゼフにお願いしなさい。大天使聖ミカエル
に祈って、ゆっくり十字を切ってから『しもべは聞きます。続けてください』
と守護の天使にお願いしなさい。続きがある」と言われました。

 十字を切ったあと、私の耳に笑い声が聞こえました。ジャン・マリー神父
が大天使聖ミカエルの祈りをして聖水を撒いてくれました。「至聖なるイエ
ズスの聖心よ、われらを哀れみたまえ。聖母の汚れなき御心よ、われらのた
めに祈りたまえ。聖ヨゼフのいと清き御心よ、われらのために祈りたまえ。」
とラテン語で祈りながらベネディクトの十字架で額、両耳、口に十字の印を
してくれました。

聖母マリア様:
 愛するジャン・マリー神父、あなたを愛し、祝福しています。あなたは
これから多くの悪魔を追い払うことになります。多くの子供たちが悪魔に
取り憑かれており、彼らが泣き叫ぶ声があります。彼らがどんなことをして
いるか天は知っています。彼らが悪魔に取り憑かれているのを誰も助けよう
としません。

 あなたが悪魔を追い払い、あなたが受けたひとつひとつのことを通して、
あなたの賜物を使うときがもう来ています。愛する息子、あなたを強め、
祝福し、大いに用います。すべて受けた訓練の事を実行しているあなたに
とってこれから働くときになりました。

 未信者にたくさんのことを行います。あまりにも現代が悪魔の存在を信じ
ないため、私はこのことをあなたに伝え、あなたにするようにと仕事を授け
ました。あなたを大いに使います。あなたを祝福します。父と子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 いま、マリア様のメッセージです。マリア様がすごく悲しんでいらっしゃ
るのが判りました。悪魔祓いがあまりにもされていない。そのことのゆえに
マリア様が悲しんでいらっしゃいます。子供たちがとらわれているというこ
とを知らせるためです。

 私は涙が出ています。マリア様が嘆いていらっしゃいます。あまりにも
司祭たちが悪魔祓いをしないということで嘆いていらっしゃることが伝わっ
てきています。ジャン・マリー神父に「これをするようにと命じます」とい
われています。

 あと私自信マリア様から教えられていることがこのことです。悪魔祓いは
真剣なことだからこれから先(DVDのこと)を聴くようにと言われています。

 ビジョンはまったくありません。私に聴こえてきた言葉ははっきりした
言葉でした。悲しい思いが伝わってくる。これだけが心の中にあります。
マリア様が切に懇願しています。子供たちを救えるのは司祭だけですと…。


--------------------------------
2005年8月18日
リトル・ペブルさんからの返事
--------------------------------
親愛なるコルベ・マリー阿部、あなたに平和がありますように。

 このメッセージは真実のものです。しかしながら、この役務のための時
はまだ来ていません。ジャン・マリー神父はこの役務の準備ができていま
せん。彼はまずトレーニングを受けなければなりませんが、その時もまだ
来ていません。

 彼が人々に一般的な祝福を与える時、彼らから悪魔が追い出されるで
しょう。

 このエクソシストの役務は非常に危険なものです。この役務は後ほど
行われるでしょう。

神の祝福を祈ります。

2005年8月18日
リトル・ペブル

【注: ジャン・マリー神父は、悪魔祓いの一般的な祝福を、彼の全ての
  ミサで、その直前に与えています。約12分間かかります。】



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1997年2月13日 No.261

 暗い雲が世界を、特に私の故国、イスラエルとその周囲の国々を覆ってい
ます。まもなく、エルサレムの市街で血が流されるでしょう。世界はゆっく
りと自らの滅びに向けて進んでいます。戦争は人の罪に対する罰です。甘美
なる子供たちよ、平和のために祈りなさい。甘美なる子供たちよ、多くの
人々が、平和はすでに来ていると信じていますが、それは偽りの平和なので
す。神のおられないところに平和はありえません。人類はまず神に立ち返ら
ねばなりません。その後、平和がすべての人の心を支配するでしょう。

 アジアのために祈りなさい。間もなく多くの血が流されるからです。朝鮮
のために祈りなさい。間もなく、この分裂した国に戦争が勃発し、多くの
国々がこの紛争に引きずり込まれるからです。

 子供たちよ、あなたたちは理解していません。人類は平和について話す
一方で、戦争の準備をしています。物理的な戦争だけではなく、霊の戦争の
準備です。反キリストの力はすべての国に、聖にして母なる教会内にさえ、
ペトロが座すローマの座の内にさえも達しました。多くの者が私たちの代理
者を取り除こうとしています。これからも代理者の命を狙い続けるでしょう。
しかし、このことは与えられた時が来るまでは起こりません。しかし、甘美
なる子供たちよ、祈りなさい。人類を目覚めさせるために送られる大警告の
前の残された年月の間に多くのことが変わるように。聖なる代理者のために
祈りなさい。代理者は教会とともに、カルワリオに登っているからです。

 まもなく代理者は、神の御言葉をもたらすために、再度多くの国へと旅す
るでしょう。しかし、その間に多くのことが起きるでしょう。代理者の安全
のために祈りなさい。世界の指導者のために祈りなさい。指導者の多くは
反キリストにだまされているからです。甘美なる子供たちの多くが全世界で
苦しんでいるのはこのためです。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 「箱舟の聖母社」の事務機能移転のため、住所と郵便振替口座番号が、
 下記のように変わりました。

   住 所 :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        箱舟の聖母社
   郵便振替 12160−82811831

 旧口座番号と大阪の私書箱の方もしばらくの間、使えるようにしてあり
 ますが、今後の通信、ご寄付、その他は上記住所・口座までお願いいた
 します。


◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。


【 東 京 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   :「タワーホール船堀」
       東京都江戸川区船堀4−1−1
       電話:03−5676−2211
       FAX:03−5676−2501

  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html


【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 9月24日 土曜日 10:15-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    郵便振替 12160−82811831

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    箱舟の聖母社
    郵便振替 12160−82811831

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は8月28日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  郵便振替 12160−82811831

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]