「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年8月14日号No.266

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年8月14日号 No.266

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルからの公式声明
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)

--------------------------------
【 第126章 】

 日本のミッションでは、ある期間など、リトル・ペブルさんが天から受け
たメッセージを4カ所で、少なくとも4人が4通りの翻訳をしていました。
大して差異のない訳です。「何で同じことを4人がやるのですか? 誰か
一人がやれば済むことでしょう?」と皆さんは理解に苦しむことでしょう。
「一人が翻訳し、必要な人みんなに使わせてあげればいいのではありません
か? そうすれば他の3人は別の仕事ができるのに」と当然考えるでしょう?

 誰が考えてもおかしいこの非能率で無駄なやり方は今も同様に、全ての天
からのメッセージが2カ所以上でダブって翻訳されるという事態となって
続けられています。ローマ・カトリックの専門用語に強い翻訳者は、日本の
マリア様のミッション全体でもわずかな人数です。そのうえ、翻訳すべきも
のは山ほどあるのです。翻訳者たちが一致協力して手分けしてやらなければ、
大切な仕事にも手がまわりません。(日本のミッションで最も大切で、かつ
緊急を要していた翻訳の仕事は、実は聖シャーベル修道会の会則会憲の翻訳
だったのです。このことは後ほど説明します)

「なぜこんな馬鹿げたことを何年も続けているのですか?」とみなさんは
聞きます。それは「私たちが翻訳した天からのメッセージ等は、他のグルー
プには使わせない。自分たちのグループのためのものは自分たちで翻訳しな
さい」という主張がまかり通っているからです。すなわち天からのメッセー
ジ等の翻訳をかこう行為が原因なのです。

 過去20年間の日本のマリア様のミッションで、プロモーターとプロモー
ター、グループのリーダーとグループのリーダーの分裂と感情の対立、そし
て互いへの敵視は、主にこの天からのメッセージ等の翻訳をかこう行為が
原因になって起き、この行為がずっと続けられているために、修復できない
ほどにエスカレートしてきています。この悪い実りがはっきりと証明してい
るのは、メッセージの翻訳等をかこう行為が神からのものではないというこ
とです。もしこの行為が神からのものであれば、混乱や分裂、憎しみや敵意
などはもたらされるはずはなく、逆に愛と一致と平和が実りとしてもたらさ
れたはずです。

「なぜメッセージ等の翻訳をかこって、他のグループに使わせないのですか?」
と皆さんは質問しますね。それは自分のグループの利益だけをはかる派閥心
なのです。つまり、メッセージ等の翻訳をかこうのは、世間的な集金システ
ムの整備なのです。ですからもちろん世間的には法律的に認められた行為で
す。しかしこれは、神の祝福をいただける行為ではありません。

 例をあげて説明しましょう。コルベ神父様は日本に来て、宣教事業を開始
し、「無原罪聖母の騎士」誌を出版しました。この月刊誌は、購読料を払い
たい人は払う。払えない人はただで受け取るというシステムで発行されてい
ました。これは世間的集金システムを知ってる人には、気違いざたとしか思
えないシステムです。しかし、この「神の摂理に信頼して寛大に与える」と
いうシステムは神の祝福をいただき、読者はどんどん増え、経済的にもうま
くゆき、宣教事業は急速に発展し、多くの日本人に救霊をもたらしました。

 コルベ神父様の後継者に日本人会員がなっていくと、日本人はコルベ神父
様のシステムを世間的集金システムに切り替え、そのシステムを整備してゆ
きました。ところがそうすればそうするほど読者は減少し、経済的にもまっ
たく成り立たなくなっていったのです。

 これはコルベ神父様の精神による「神の摂理に信頼して寛大に与えるシス
テム」は神からのものであったことと、日本人会員たちの精神による世間的
集金システムの整備は神からのものではなかったことをはっきりとあらわし
ています。ローマ・カトリックの宣教事業においては、全ての時代に、世界
のどこにおいても「神の摂理に信頼して寛大に与える」人々は、神の祝福を
いただくので、どんどんその事業が発展し、逆に人間的手法で経済を確立し
ようとする人々は、神の祝福をいただくことができず、徐々に行き詰まって
ゆき失敗に終わります。

 今ももちろん、このマリア様のミッションにおいても世界中でこのことが
起こっています。リトル・ペブルさんは天から与えられたメッセージを発行
するのにただで与えるだけです。広め方も何の制限もせず、インターネット
ですべて公開しています。翻訳者を許可制などにしたりしません。人間的に
考えたら宣教事業の経済は成り立つはずがないのです。それなのにたくさん
の反対者が経済的にぶっつぶしてやろうとあの手この手で挑んできても、
事業は発展し続け、メッセージの支持者も全世界で増え続けるばかりです。

 日本の聖シャーベル修道会はコルベ神父様のシステムを採用しています。
「箱舟の聖母」誌を、マリア様のためにすすんで奉仕したい人は寄付を出し
て読みます。そうしたくない人はホームページに数カ月後に無料公開される
のを待ってただで読みます。どちらの人も自由にコピーして読みたい人、読
ませたい人にどんどん配ってよいのです。

 世間的に考えたらただで読めるものをお金を出して読むバカはいないと思
うでしょうが、私たちには宣教事業に必要なお金はいつも送られてきている
のですよ。これは毎日が奇跡の体験といって過言ではありません。しかも
キリスト教徒でない多くの日本人が、私たちの宣教事業を通してリトル・ペ
ブルさんと天からのメッセージをもうすでに知っているという実りも実って
います。

 これで十分わかりましたね。神の御旨は、私たちが「神の摂理に信頼して、
持っているもの寛大に与えること」なのです。

 日本人である皆さんは宣教事業とはどうあるべきかという理解を持ってい
ません。歴史を通じて示されてきた「神の摂理に信頼して寛大に与える」
人々への神の祝福と保護の実例の数々も知りません。おまけに日本人は派閥
心に凝り固まっていて、しかもケチンボです。だから過去の日本のミッショ
ンの過ちを反面教師にして、皆さんはどうか同じ過ちを犯さないようにして
ください。

 天からのメッセージ等の翻訳をかこう行為は、日本のマリア様のミッショ
ンを分裂させ、グループ同士を敵対させています。しかし損害はそれだけに
とどまりません。もしマリア様の望みに従って一致協力して仕事をしていれ
ば何倍もの翻訳の仕事ができていたはずです。最も重要かつ緊急だった
聖シャーベル修道会の会則会憲の翻訳も、訳すように天から指示を受けてい
た人が訳すべき時に訳せたはずです。他にもマリア様がぜひ読むようにと
おっしゃっていながら、日本語に訳されていない多くの部分が残されている
本、マリア・ワルトルタの著作集とか、シエナの聖カタリナの「対話」とか
も、その残りの部分を訳すことができているはずです。そのうえ見苦しい
派閥間のいがみ合いは、愛徳を損なわせ、個人個人からも、日本のミッショ
ン全体からも多くの恵みを失わせ、多くの弱い人つまずかせ、ミッション
から離れさせました。グループ自体も行き詰まり、自分の首を自分でしめる
結果になっています。

 だからグループのリーダーたち、プロモーターたち、そして翻訳の実務者
たちに言います。いつまで神の御旨に逆らって、摂理に信頼せず、持ってい
るものを寛大に施さず、協力し合わず、一致を拒み、人間的なシステムに
頼り続けるのですか? 天からのメッセージ等の翻訳をかこうことをもう
やめてください!

「私たちが翻訳したものをどうか使ってください。使っていただければ、あ
なたたちに仕えることができて私たちはうれしい」と言ってください! そ
して翻訳の実務者は、自分自身にはこう発言する責任があるということを
知ってください。「私が翻訳した天のメッセージをグループ内でかこうこと
を私は決して許さない!」と。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルからの公式声明
 − ジャーナリズムが活字にしない事実 − 2005年8月2日 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
ニューサウスウェールズ州シドニー、
ダウニング中央地方裁判所において
行われたウィリアム・カムの公判
(2005年6月14日−2005年7月8日)
--------------------------------
 ウィリアム・カムのバリスタであるグレッグ・スタントン氏は、6月3日、
地方裁判所に出廷し、3か月から6か月の間、公判を停止するよう求めまし
た。これは「カレント・アフェアーズ(Current Affairs)」という番組で
メディアがリトル・ペブルに対して繰り広げていた中傷のためです。この
番組は、リトル・ペブルが犯罪に関わっていることを示唆していたため、
陪審の判断に影響しかねないものでした。シャドボルト判事は、この申立て
を却下しました。

 控訴裁判所(Appeals Court)の3人の判事は、6月10日、同申立てを
却下し、6月14日に審理を開始する旨を命じました。

その前日である6月13日の夜、別の審理が開始。「カレント・アフェアーズ」
が再度放映されました。それは前回の番組と間接的に関連しており、陪審の
判断に再び影響を及ぼすものでした。

 カム氏の代理人であるスタントン氏は、6月14日、審理の開始にあたり、
メディアの中傷が続いていたため、公判の停止を再度要求。ジョン・ウィリ
アムス判事はこれを斥け、公判が開始されました。

 被害者とされているのは、ガブリエル・オーショネッシー(Gabrielle
O'Shaughnessy)です。

起訴内容の詳細は報道されませんでした。その代わりに加重強制わいせつ罪
(Aggravated Indecent Assault)、加重強姦罪(Aggravated Sexual
Assault)と書かれました。警察はより重い犯罪事実を負わせ、上級裁判所
や地方裁判所に送り、有罪になった時に刑を重くするため、このように罪名
を特定した表現を法に基づいてします。そして、このような場合、大抵の人
が加重暴行(aggravated assault)という表現から、性行為の強要があった
と考えるのです。

実際の起訴内容は次の通りです。

【 被欺事実1--1993年7月5日--1993年9月 】
 ウィリアムは、事務所で、舌を使い唇に接吻した。さらに、体を同女に
 押しつけた。

【 被欺事実2--1993年7月5日--1993年8月30日 】
 ウィリアムは、事務所でガブリエルに接吻した。胸と肩を衣服の上から
 触った。

【 被欺事実3--1993年8月1日--1993年9月30日 】
 ウィリアムは、テイフ(TAFE)でガブリエルを車に乗せ、ウロンゴング
 (Wollongong)まで連れて行った。運転中、股間あたりの衣服で覆われ
 て いない脚部を触った。給油するために停車した際、同女に接吻し、
 胸部を愛撫した。

【 被欺事実4--1993年9月1日--1993年9月30日 】
 ウィリアムは、ボマデリー・テイフ(Bomaderry TAFE)でカブリエルを
 車に乗せた。その後、ナウラ駐車場あたりで車を停めた。ウィリアムは、
 ガブリエルに接吻し、脚部を撫で、その後、指を膣に挿入した(15分)。
 カブリエルは、証人尋問で、次のように証言しています。ウィリアムは、
 テイフで私を車に乗せました。これが午後3時半から4時くらいのこと
 だったと思います。そして、その後、4時から5時くらいにナウラの
 テイフで、アレクサンドラ(Alexandra)を車に乗せました。性的暴行が
 行われたのは、午後4時から5時までの間でした。

【 被欺事実5--1993年9月1日 】
 ウィリアムは、ガブリエルの家に行った。家にはガブリエルの父と母が
 いた。ウィリアムは、ガブリエルの寝室に入り、同女に接吻し、体の着衣
 のない部分を触った。

 起訴内容と証拠が法廷で明らかにされました。事件は1993年に起きたと
されていました。起訴されたのは2002年であり、約9年後のことでした。

 ガブリエルは、警察に行く前に、「カレント・アフェアーズ」という番組
に話を持っていきました。チャンネル・セブン(Channel 7)との間で契約
の署名がなされました。この契約を締結したのはシェーン・クーンブリッジ
というブローカーであり、この男は、ガブリエルが受領した倍額の金銭を
受け取っています。ガブリエルは、自分とチャンネル・セブンが契約を失っ
たと述べています。

【 ジャーナリズムが活字にしていない事実--証拠 】
 ウィリアム判事が事件概要の説示をおこない、これは十分なものでしたが、
報道は活字にしませんでした。同判事は次のように述べています。カム氏は
起訴が遅れたため、相当な不利益を被っている。さらに次のように言ってい
ます。カム氏がガブリエルに対して書いた手紙は、単にカム氏の言ったこと
に対してカブリエルが答えたものであり、それ自体評価が難しい。ただし、
時および出来事から、ガブリエルの主張を証明するものであり得る。

【 被欺事実1 - 証拠なし -- ウィリアムに対するカブリエルの言葉 】
 ガブリエルは証人尋問で、セックスについて何も知らないと証言しました。
しかし、ガブリエルは、15歳の誕生日の日に、アレクサンドラ(カム氏側の
証人)と一緒に「幸福の条件(Indecent Proposal)」を見に行った。この
ことはスタントン氏がガブリエルに言ったことです。訴追者は、パラマウン
ト映画を調べ、この映画が上映されたのは1993年の4月から5月であること
を確認しました。ガブリエルは、記憶に無いと述べています。

 ガブリエルは、セックスのことは何も知らないと重ねて言っていましたが、
スタントン氏はガブリエルに向けて、3通の手紙を朗読しました。そのうち
の2通はガブリエルがカム氏に宛てて書いたものであり、その中で、ガブリ
エルはカム氏に対して、自分がカム氏と一緒に寝ることができるか尋ねてい
ます。また、もう1つの手紙で、ガブリエルは、カムの子供を持つことがで
きるかどうかを尋ねています。この三つ目の手紙はクリスティーヌ・ドノ
フュー(Chritine Donoghue)に宛てた手紙です。ガブリエルは、その中で、
次のように書いています。自分がウイリアムを相手に処女を失うこと、それ
を母は望んでいます。

【 被欺事実2,3,5 -- 証拠なし 】
 訴追者が正式起訴状の日付けの変更を求めましたが、これは犯罪が行われ
た時が上記の三つの被欺事実と整合性がなかったからです。ウィリアムス
判事は、変更を認めました。

【 被欺事実4 -- カブリエルがテイフに行った事実を除き、証拠なし 】
 ガブリエルは、ウィリアムは自分を車に乗せ、その後アレクサンドラを車
に乗せた、と陳述しました。アレクサンドラは、被告人側の証人ですが、
宣誓の上、テイフの夜間の授業に行ったと証言しました。


以下の証拠書類が提出されました。

 1.テイフ過程証明書(TAFE Course Certificate)
 2.テイフ登録証(TAFE Registration)
 3.テイフ講座一覧表(TAFE Calendaria)
 4.サウス・コースと・レジスター紙の広告
   (「夜間過程(evening course)」のみを紹介するもの)

 さらに、ウィリアムがガブリエルに宛てた手紙(車を修理に出さなければ
ならないので、テイフでガブリエルを車に乗せる旨をその内容とするもの)

 この被欺事実は、法律上、66c(4)に関わるものです。しかし、スタントン
氏と訴追者は、判事に対して、1993年当時法律が存在せず、この種の被欺
事実の起訴は無効である旨を告げました。法の欠缺であり、この被欺事実に
ついてはカム氏に対して免訴(または無罪)を言渡すべきでした。

 ウィリアムス判事は2004年7月1日、正式起訴状を66c(2)に変更しました。
スタントン氏は、刑事訴訟法20条(Section 20 of the Criminal Procedure
Act)により、瑕疵のある訴因(a defective charge)の変更は許されない
旨を主張しました。


【 被欺事実3 -- ガブリエルは、ウィリアムが
  自分を車に乗せてウロンゴンまで連れて行った旨を主張 】
 ウィリアムは、前妻の子を訪ねる予定でした。その子供たちは、午後は
デイケアセンターにいました。スタントン氏は、ガブリエルに次のように
言いました。ウィリアムが子らに会ったのは、午後ではなく、宵の内であっ
た。また、子供たちはデイケアセンターにいたのではない。そして、ウィリ
アムはいつも、ケンタッキー・フライドチキンかマクドナルドなどで子供た
ちと会っていた。

 訴追者は、ウィリアムの前妻が署名した文書を提出しました。その手紙に
よれば、ウィリアムが子供たちに会ったのは、晩早くの午後5時から6時ま
での間であり、場所はケンタッキー・フライドチキンかマクドナルドである
とされていました。

 性的被害者のカウンセラーであるムーン氏の判断によると、キスや接触を
含めて、暴行(assault)が行われた機会は1回だということでした。しか
し、ウィリアムがガフリエルニ宛てた20通あまりの手紙が法廷で朗読されま
したが、ムーン氏の説明に符合する事実はありませんでした。ガブリエルは
ムーン氏に、自分は14歳だと言いました。しかし、法廷に提出された証拠に
よると、15歳でした。

 スタントン氏は、4週間の公判を通じて、判事に対し、あることを繰返し
述べました。それは、陪審員の1人が審理に集中せず卑猥なしぐさをして、
傍聴人に対してもそれを見せていた、ということです。こんなことが4回
ありました。報道関係者もこの振舞いに気付き、16通の宣誓供述書が傍聴人
から判事に対して提出されました。判事は、何かを記し、それを脇に置いた
のです。

 カム氏は、公判の終りに、最後の証人に対する尋問を求めました。その
証人はジャッキー・トピア(Jacquie Topia)といいます。彼女は、「トゥ
デイ・トゥナイト」という番組に関連しているチャンネル7の契約について、
共謀の事実があったという証言をしました。その共謀に加わらないかと誘わ
れたが、ジャッキー・トピアはそれを断ったというのです。その証言による
と、一人当たり6万ドル、有罪判決が出たらボーナスとしてさらに6万ドル
という契約があったそうです。判事は、この証言を考慮に入れませんでした。

 ウィリアムス判事は、ここに書いてあることの大部分について、非公開と
する決定(Non-Publication Order)を下しました。報道機関が在廷してい
たにもかかわらずです。このことには注意が払われるべきだと思います。

 陪審は、これらの事実が争われていたとき、ほとんど法廷にいなかったの
です。したがって、どのようなことがあったかを知りません。

 ウィリアムス判事は、最後に事件を要約しました。それは、陪審がどのよ
うに判断を下すべきかを述べるものです。判事は陪審に言いました。もし
合理的な疑いを超える確信が得られず、日付および場所が被害者の主張と
一致しない場合には、カム氏を無罪とするように。

 陪審員は木曜の午後3時に別室に移りました。陪審は水曜日に戻り、事実
が一致しない旨を述べたのです。判事は無罪の評決を下すように言いました。

 判事は木曜の朝、陪審が午後3時までに結論に至らない場合には、陪審員
を罷免する旨を告げました。陪審がさらに時間を要する旨を告げたため、
判事は、金曜の午前まで猶予を与えました。

 陪審は、判事による要約(summary)の反訳記録(transcript)を求め、
判事は、それには2週間かかるため、不可能であると告げました。しかし、
前日の公判手続の反訳記録は常に、翌日、陪審員が利用できたのです。

 評決は、金曜日の午後2時に下されました。有罪の評決が読み上げられた
とき、陪審員の1人が泣いていました。事件は上訴審に移審します。

ウィリアム・カム
2005年8月25日

[顧問弁護士による検討、承認済み]

http://www.shoal.net.au/~mwoa/in_defence/
statement_little_pebble_2august2005.html



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
永遠の御父からの警告 1997年2月1日 No.260

 子供たちは分裂を止めなければならない。議論、非難、不正な批評、迫害
を止めなければならない。神の猿真似、悪魔が選ばれた者たちの間に不一致、
妬み、嫉妬、うぬぼれ、貧欲の種をまいたのである。信仰における真実、愛
に生きることによる真の正義によってのみ、私の手によって選ばれた子供た
ち皆が一つになるのである。いとしい子供たちよ、あなたたちは暗闇にいる
者の心に、私の憐れみと愛を必要としている者の心に光をもたらすために
選ばれたのである。……

 ……それゆえ、小さな岩、私の心の深奥から選ばれた者であるあなたに
言う。あなたはリトル・ペトロである。あなたの上に私は地上における教会
を新しくし立て直す。あなたには神である私の息子イエズスから天国の鍵が
与えられている。他には誰もいないし、今後もいない。このことを子供たち
の心にしみ込ませなさい。子供たちのうちには三位一体の神の御旨を議論し
続けている者がいるからである。

 このために私はこのように言う。私の神的計画は決して変わることはな
かったし、これからも変わることはない。私が始めたことはその時が来れば
成就する。それゆえ、私はすべての使徒、弟子、選ばれた霊魂を、今、岩
(リトル・ペブル)と一致するようにと招いているのである。理解すべき
ことはまだ多くある。人類に与えられている多くの啓示に関して与えられる
説明がまだ多くある。しかし、これは時とともに、祈りと堅忍とともに、照
らしと導きのために私たちの霊に祈ることとともに来るであろう。しかし、
この時に与えられるすべての啓示は聖にして母なる教会の教えの光のうちに、
福音の光のうちに見られなければならない。甘美なる子供たちよ、このこと
をよく覚えておきなさい。

 分裂の時は今、終わらなければならない。私の敵サタンはこの分裂を通し
て真理を探し求めている多くの霊魂を支配している。

 選ばれたいとしい霊魂たちよ、たとえあなたたちのうちに違いがあっても、
兄弟姉妹としてともに祈り、赦し、働きなさい。そうすればあなたたちの
働きと祈りに満ちた行為によって三位一体の神の栄光が見られるであろう。
甘美なる子供たちよ、この時に、あなたたちの父があなたたちを忘れるとか、
あなたたちを見捨てるとか感じてはならない。父が子供を忘れるだろうか。
いいや、甘美なる子供たちよ。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 北海道・旭川 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331

【 秋 田 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会 東北支部」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「働く婦人の家」
       秋田県横手市本町3−30
       TEL: 0182−33−3995


【 東 京 】( 8月はお休みです )
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   :「タワーホール船堀」
       東京都江戸川区船堀4−1−1
       電話:03−5676−2211
       FAX:03−5676−2501

  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html



【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】( 8月はお休みです )
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 9月24日 土曜日 10:15-16:30
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆【 お詫びとお知らせ 】
  このお知らせのコーナーで「日本における聖シャーベル修道会 翻訳・
 出版チーム」プロジェクトの呼びかけをしてまいりましたが、今年8月に
 ジャン・マリー神父とコルベ・マリーが「秋田共同体」創立のために派遣
 されることが決まりました。このため、しばらくこの創立事業に忙殺され
 ることは確実で、「翻訳・出版」チームの立ち上げができない状態になり
 ました。呼びかけに応えてくださった皆様には申し訳ないのですが、しば
 らく延期ということにさせていただきます。どうぞご了承ください。
 
  このプロジェクトが重要なことに変わりはありません。またお世話する
 スタッフが確保され、立ち上げの目途がつきましたら再度お知らせします
 ので、その折にはよろしくお願いいたします。


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は8月21日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]