「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年8月7日号No.265

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年8月7日号 No.265

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルを擁護するパブリック・ステートメント
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ マリー・マドレーヌ杉浦律子にイエズス様からの緊急のメッセージが
 与えられました。

--------------------------------
2005年8月4日(木曜日)
--------------------------------
 朝の第1ミサの中で、イエズス様のローキューションがありました。私は
ミサのなかで「日本の大改心」のために祈っていました。司祭が聖体を拝領
する前に祈る祈りに心を合わせていました。そうしたら悲しみがこみ上げて
きました。
 その時、「日本人はテロがないと思っている。けれども、テロが来るので
気をつけなさい。多くの人がこのひとつの印を見る」と、真夜中に聴いたの
と同じ主の御声が言われるのを聴きました。

 突然だったので、「主よこれはどういうことなのですか?」とたずねまし
た。私は心が動揺しました。「確かな印をください」と言って、「いつごろ
なのですか?」とたずねました。

 そうしたら、「9月ごろ東京で」という答えがありました。

 印があったのですが、先ず悪魔の攻撃だと思い、「サタン、退け!」と
命じました。ところがさらに強い印があったので、ものすごく心が悲しみで
いっぱいになりました。「どうかお救いください。」と祈りました。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)


--------------------------------
【 第125章 】

 プロモーターの許可なくメッセージを人に渡してはいけないとか、メッ
セージを広めるのに対してプロモーターが何らかの制限をする国、そして
それをおかしいとも思わずに皆が従う国が日本以外の世界のいったいどこに
あるのでしょうか? 天がすべての人のために与えるもの、すべての人に
届けてほしいと願っているものである天からのメッセージでさえ、日本では
派閥のかこいものにされているのです。

 皆さんは自分がメッセージを知った時のことを忘れたのですか。地獄に
向かって歩いていたでしょう? あなたがカトリック信者だったら現代主義
に乗っかって、反キリストのロード・マイトレーヤの教会の一員となるべく
進んでいたはずです。カトリック信者以外の人は、無神論やオカルトや物質
主義やニューエイジや肉の快楽や金のとりこになって、その瞬間死ねば必ず
地獄行きになっていたような生き方をしていたはずです。メッセージに出会
えたからこそ、救いの可能性が開けたのでしょう? 今も、もしメッセージ
を知っていれば、自分の霊魂を救うことができるはずだった人が、日々大勢
死んで、永遠に続く地獄の罰に飛び込んでいるのですよ。同じ立場から救わ
れたというのに、彼らに対しての思いやりは全くないのですか? そうです。
あなたたち日本人は、まず組織の利益が大切なのです。隣人の永遠の運命な
ど二の次なのです。メッセージを広めれば、敵に情報がわたり、組織に迫害
が及ぶから、しいては日本の、リトル・ペブルさんを支持している人たち
みんなの不利益になるから賢く?慎重に?やらなければならないというのは
ウソです。皆さんが思いやっているのは神の利益ではなく自分と身内の利益
です。

 そのような人間的な理論を打ち破るために実例をあげましょう。どちらも
私がじかに体験したことです。リトル・ペブルさんと一致し、強力にサポー
トしていたカナダのミッションに幻視者が天から与えられ、公的ご出現が
始まりました。もちろんメッセージは自由に広められ、ご出現地はオープン
に人を迎えました。そこで、日本でいえばプレイボーイ誌のような非常に
低俗なカナダのある週刊誌は、ご出現と天からのメッセージをもの笑いの種
にしようと記事として扱ってくださったのです。そのせいで、信じる人々が
増え、司祭までもがご出現の真実性を固く信じて巡礼に来たのです。もう
ひとつの例は私たちのインターネットでの宣教です。完全にオープンです。
敵だろうが読みたい人は自由に天からのメッセージを読みます。そして敵対
している人たちが実際に攻撃キャンペーンを繰り広げて下さいます。ところ
が彼らが攻撃キャンペーンをやってくださればやってくださるほど天のメッ
セージを信じる人々が増えていくのです。メッセージがどのように広まって
ゆき、マリア様のミッションがどのように発展し、強化されるかは人知を
超えています。

 皆さんはこの神の摂理をどう受け止めますか? メッセージを与えてくだ
さり、それを信じた一人一人に、そのメッセージを広めるように命じておら
れる神が、その命令に単純に従っている人を保護しないなどと考えられます
か? おまけにこれは聖福音でイエズスが命じておられることにも従うこと
なのです。「私が闇の中でいうことを、あなたは明るみで言え。耳をあてて
聞くことを屋根の上から知らせよ」(マテオ10・27)と私たちは命じら
れています。自らの行いをメッセージと聖福音の両方に照らして識別して
ください。

 ある人々は、よその国のメッセージの内容を盾に、自分たちの行いを正当
化しようとするかもしれません。だからあらかじめ反論しておきます。日本
は世界の光となるという特別な、本当に特別な使命に召し出されています。
世界の国々がまことの神に、そして唯一の真理であるローマ・カトリックの
教えに改心する起爆剤になるという使命です。この特殊な事情のゆえに、そ
して宣教国であるという一般的事情のゆえに、日本での、日本人への神の
ご要求は、堂々と自分の信仰とリトル・ペブルさんを支持する信念を表明し、
天からのメッセージを広めることなのです。日本と日本人に与えられたこの
偉大な使命を辞退するつもりなのですか? 神のこの素晴らしい預言を信じ
ていないのですか? もうそれが実現するという希望を捨ててしまったので
すか? 神が日本人に特に命じておられること、各自が信仰と信念を堂々と
表明し、メッセージを多くの人に紹介することをやめて、よその国への指示
を採用することを選ぶのは、よその国の将来の事情と日本の将来の使命の
違いをわかっていないのです。日本は隠れないで宣教しなさいと個々人が
命じられている国なのです。

 どうかグループのリーダーたち、プロモーターたちは天からのメッセージ
をかこわないでください。グループのメンバーはメッセージを広めることに
ついて何ら制限されてはいけません。むしろその逆に、天からのメッセージ
を精いっぱい広めるようにと励まされるべきです。

 そして皆さん全員に言います。メッセージを知ることで「真理の中の真理」
を知ることができた皆さんは、この世で最も価値ある財産を預けられ、持た
されているのです。これを隣人に与えることは、どんな物質的富を与える
行為よりもすぐれた愛徳です。なぜなら隣人に「永遠に続く無限の幸福」を
与えることになるのですから。だからこの最高の財産を神から預けられた
あなたの使命と責任は重大で、同時に、あなたがそれを知らないあわれな
隣人に分け与えれば、その報いは限りなく大きいのです。神の御旨とは、今
それをあなたが全力で行うことなのです。この最高にすぐれた愛徳をあなた
が行うことで実る神の救霊のみわざの結果と、日本のマリア様のミッション
の保護の両方ともを、神の摂理におまかせしてください。神の摂理に信頼す
るのです。そうすればどちらのことも、カナダのミッションのように、私た
ち、日本の聖シャーベル修道会のように、神は人知を超えた方法で完璧に
行って下さいます。皆さんに悪いことは何一つ起こりません。あなたの心の
最大の悪は、組織第一で、隣人の永遠の救い(今この時も死んでゆくたった
一人の救いをもです)を二の次にする派閥心からきている価値観の狂いです。
その人間的な価値観は、神の価値観とは正反対なのですよ。だからあなたは、
あなたの安全のためだと言われようが、組織の安全のためだと言われようが、
日本のミッション全体の安全のためだと言われようが、メッセージをかこう
指示には従ってはなりません。これはあなた個人が神の御旨か、派閥心かの
どちらかを選ぶ、神とあなたの問題です。あなたは「私は人に従ったまで
です」と言って、言い訳することはできません。聖書は「人に従うよりも
神に従え」と神の命令をはっきりとあなたにも伝えているのですから。



----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルを擁護するパブリック・ステートメント
  − 2005年7月26日 −
----------------------------------------------------------------
司教マルコム・ブルザード(上級上長(Major Superior))
(シャーベル会神父(Charbelite Fathers))
ゲッセマネ共同体

信仰、友情および忠誠をもって

 この書面は、リトル・ペブルとして世に知られるウィリアム・カム氏の
名前と評判を守るためのものです。2005年7月8日、陪審は彼に対して有罪の
評決を下しましたが、このことに鑑みて、以下の陳述をなし、信仰と友情と
忠誠を表明したいと思います。

 私は、それらの犯罪事実について、リトル・ペブルが無実であると固く
信じています。また、彼の汚名が晴れ、陪審の評決が覆されることも固く
信じています。

 聖シャーベル修道会は、カトリック教会における新しい形式の奉献生活
(教会法605)です。もっとも、このことはウロンゴン教区で論議の対象と
なっていますが。しかし聖シャーベル修道会はセクトやカルトではありま
せん。

 多くの組織からなる警察力が2002年8月8日に、およそ30人からなる警官を
伴い、ワコーの作戦行動のような方法で共同体の捜索を行いました。それ
以来、警察は、修道会の信用と善き名を失わせるため、攻撃を集中してきま
した。リトル・ペブルに対して嫌疑がかけられた犯罪事実は、暗い影が可能
な限り大きく落ちるように、あらかじめ意図されたものです。共同体の高い
地位にある人間の評判を失墜させるには、性的な非行があったことを示す
犯罪事実をその人間に投げかけるのが最善だと言われています。この方法に
よれば、確実に「メディアによる裁判」で大騒ぎになります。その日以来、
メディアのその後の攻撃は勢いを増し、リトル・ペブルに対して否定的な
世論が形成されるよう意図され、まとめ上げられていたといえるのです。

 私は手続のほとんどの場面に同席しましたが、事件にまつわる出来事を
振り返ると、カム氏に対して幾重にも策略が行われ、彼をおとしめたことは
明白です。私は警察、ニュース・メディア、地元のカトリック教会を信頼し
ています。しかし、そのすべてがさまざまな形で彼をおとしめるために協働
し、共謀しているのです。時が経つにつれて、スキャンダルが数多く露見す
ると思います。そして、高い地位についている権威のある人がリトル・ペブ
ルを救済してくれるものと信じています。このような人は、その良心と信念
により、真理と正義のために立ち上がるのです。

 ニュース・メディアは、この三年間の出来事に対して大きな責任がありま
す。この期間に、リトル・ペブルは新聞の一面や、ラジオ、テレビ、イン
ターネットで様々に書きたてられたのです。その描写はショッキングなもの
でした。ジャーナリズムのあからさまな方法で、常に同じ被欺事実が繰り
返されました。そのやり方により、公衆に毒を与え続けたのです。それは、
騙されやすい人々の心に否定的な固定観念を定着させるためのものでした。
カム氏のニュースは首相や政治的事件の記事と同じ扱いで報道されることが
多かったと思います。ここで、私の立場をある原則に照らしてはっきりさせ
たいと思います。この原則は、教皇ヨハネ・パウロ二世が1987年にニュース・
メディアの政策担当者に対して宛てた声明で引用されているものです。

「著述家や芸術家が人間の状態を明らかにする場合、それが卑しく悲しい
ものであるとしても、善のきらめきが、美しさが光り輝く一瞬の間に、作品
のすべてに行き渡ることがあります。作家や芸術家の方々に道徳家になって
くれるようお願いしているわけではありません。そうではなくて、人間生活
の神秘の背後に存在する光、そうした光の輝く部分を明らかにするそうした
方たちの神秘的な力、それに対しての信頼を私たちは表明しているのです。
このような事を正しく行うためには、自身の伝えていることが人間の尊厳に
完全に一致しているか自問自答する必要があります。社会において最も弱く
無防備な人々が、あなたたちの言葉と画像にどのように映し出されるのか。
人間としての価値を持つ、あるいは持たない者として、誰を描写するのか。
この職業には大きな責任が伴うことは間違いありません。その責任とは神に
対して、あるいはコミュニティーに対して、そして歴史の証人としての責任
です。そして時には、すべてが著述家や芸術家の手に委ねられます。その
責任は大きく、コミュニティに対する責任も法的に果たされるわけではない
ので、社会は大部分を著述家や芸術家の善意に委ねるしかありません。ある
意味では、世界はこうした人たちのなすがままなのです。判断を誤ること、
伝達されるものの正しさについて評価を誤ること、制作において規準を誤る
ことにより、良心と人間の尊厳を害し傷つけます。神聖なる基本的人権を
侵害する場合もありうるでしょう。コミュニティーは著述家を信頼するため、
こうした人たちは大きな名誉を得、その技量が強く試されることになります。
私は作家や芸術家の方々に、ご自身の尊厳に対しても敬意を払うようにお願
いしたい。これらの方が属する業界は、速いペースで移り変わる情報や趣向
を反映しています。そこでは多額の金銭が動き、その金銭が業界内部の問題
を引き起こすのです。それにより、著述家は成功するため大きな重圧にさら
されます。「成功」とは何なのかを自覚しないままに。自らの心に描くもの
を用いて仕事をするため、それらを現実に存在するものとして見る誘惑に
駆られます。多くの人たちの夢を満足させようとするため、幻想の世界に
陥ってしまうのです」。(1600人のテレビ、ラジオ、映画および印刷メディ
アの政策担当者に宛てた教皇ヨハネ・パウロ二世の声明。1987年9月15日、
ロサンゼルスにて)。

 こうした誘惑に落ちてしまったメディアの政策担当者、編集者、ジャーナ
リストは数多くいると思います。自らの持つイメージや固定観念により、
自身が作り出した幻想に陥っています。1980年代の初期に遡ってみると、そ
れから今日まで、常に同じシナリオが展開しているのです。2002年の8月8日
以来、メディアの表現は上の教皇様の御言葉が正しいことをくっきりと浮か
び上がらせていると思います。その時以後、扇動の水準は程度を増し、カム
氏に対する下劣で否定的なイメージを一般に浸透させたため、そうした固定
観念がメディアの作り出したリトル・ペブルの「横顔」として受け入れられ
ることとなったのです。教皇様が仰った人間の尊厳の大切さについて、今
一度再読して下さい。

 様々な点でそうした大きな捏造、言葉とイメージによる壁に直面して、
「セクト」、「カルト指導者」、「収容所」、「ペテン師」というイメージ
が作り出されました。カム氏こそが上で引用した無防備で貧しい人なのです。
彼はずっと以前から、メディアによって審理され、有罪を宣告されて判決の
言渡しを受けてきたのです。

 ここ何ヶ月間のことについても全く同じです。カム氏に対する判断には
大きな誤りがあり、テレビや印刷物で描写されたことの正確さについては
評価の誤りがあります。これらのことは、一般にコミュニティーの良心を
害し傷つけるものです。そのため、政策担当者や編集者、ジャーナリストの
責任はとても大きいと思います。

 司法制度も責任を果てしているとはいえません。公判付託手続の最初から
カム氏の無実を明確にすべきでした。こうした手続に出席した後になってみ
ると、司法制度が法廷に提出された「証拠」に不当な重きを置いていること
が分かり本当に悲しくなります。真実が露骨にゆがめられ、事件が陪審審理
に委ねられる。どうして、このようなことが起こるのでしょうか。当局は、
カム氏の件に関して「手を洗う」ことができ、彼を上級裁判所に送るのです。

 ほぼ3年の後、このような心が痛むドラマを経験して、カム氏の苦しみは
2005年7月8日に頂点に達しました。この日、シドニーのダウニング中央・
地方裁判所では、メディアが熱狂していました。カム氏のバリスタが、陪審
の評決に対して上訴する旨をメディアに告げました。すると、カム氏が法律
家らとともに建物を去るとき、カム氏に対して侮辱の言葉を叫ぶメディアの
人がいました。メディアは大変に満足していたわけです。ノートパソコンや
メモ帳、携帯電話を持って走り回り、ネットワークで「喜び」を表現して、
彼らの「よい知らせ」を世界中に伝えることができたのですから。


信仰

 信仰の賜物は、聖なる人の魂の中で輝きます。そのような人は、信仰によ
り神の神秘を黙想することができます。そして同時に、神の神秘は信仰の
神秘として残ります。信仰、希望、愛の徳は、カム氏の生活に色合いを超自
然的に与え、そのため見るもの、聞くもの、経験することのすべてが神の
慈しみ深い御摂理により意味が与えられるのです。ウィリアムはまさしく
十字架の聖ヨハネのようだと思います。教皇ヨハネ・パウロ二世も同様の事
をはっきりと仰いました。

「十字架のヨハネは神を愛する人です。ヨハネは神と親しく、常に神につい
て証しました。その心と唇に神がともにいたのです。神はヨハネの真の宝物
であり現実の世そのものでした。ヨハネが神の聖なる神秘を宣言し歌う前か
ら、彼は神の証人でした。ですから、神について語るとき、ヨハネは大変に
熱心で、普通ではないほどに説得力があったのです。「彼らは聞いたことを
黙想し、神と信仰の神秘について語る。あたかも体の目で見たかのように」。
信仰の賜物は生命をもたらします。信ずる者は神秘のうちにそれを知るから
です。そして、それがその人の現実の世界となります。証人は、預言者や
使徒にならい、見たもの、聞いたもの、よく見て手でさわったものについて、
あかしをします。(ヨハネの第一の手紙 第一章1−2)」。(教皇ヨハネ・
パウロ二世、十字架の聖ヨハネに関する教皇書簡、1990年12月14日)

 私個人の考えですが、教皇の書簡は、文字通りウィリアム・カム氏を描写
するものだと思います。センテンスの一つひとつが書かれているままに、す
べてリトル・ペブルにあてはめることができます。こういうことを言いなが
ら、ニュース・メディアがそれとは反対の絵を描き「幻想」であると述べる
のを聞いたとしたら、悲哀を覚えるだけかもしれません。しかし、驚くこと
があるでしょうか。世代のすべてにわたり、キリスト教徒、特に神の聖人た
ちにとっては、状況は同じだったのです。

 さまざまな国、文化、言語に属する多くの人々がリトル・ペブルを神の
真実の証人であると信じるのは、なぜでしょうか。世界中の多くの人々が、
リトル・ペブルを現代における神の預言者であると信じるのは、どうしてで
しょうか。聖シャーベル修道会の共同体が異なる国で増え、発展し続けてい
るのは、なぜでしょうか。修道会が前進し続けるのは、どうしてでしょうか。
3人の司教と26人の司祭、1人のブラザーと多くのシスター、そして言うま
でもなく多くの家族者と独身者とともに。

 2005年の4月、教皇ベネディクト16世を選出するコンクラーベが執り行わ
れていたとき、私はローマにいました。三つの聖省を訪れたのです。それら
は聖シャーベル修道会の地位に関係しています。私は良い助言を受けること
ができました。特に私たち全員を励ましてくださった聖省長官(prefect)
の1人から。私は神の御摂理を信頼しており、最終的には正しい時に教会か
ら公式に認可を受けることができると思います。

 この修道会、すなわち「新しい形式の奉献生活」(教会法605)の基礎を
据えたカリスマは、それ自体がリトル・ペブルの生活に神の聖霊による実り
があることを証明するものです。これは間違いなく良い実であり、世界中の
多くの善良な人々がこれを認めています。神にはすべてが可能である。その
ように信じるリトル・ペブルの信仰をあかしするものです。神の全能の力、
善良さと慈愛を心から信ずる者に対して与えられる信仰の報い。私はそれを
何度も自らの目で見てきました。神が造られたものと同じく、修道会は成長
し発展し続けるでしょう。なぜなら神の恩寵がそう望むからです。


友情

 私は1987年以来、カム氏の贖罪司祭であり、霊的指導者です。この18年の
間に、彼の人格、生涯そして良心について多くのことを知りました。ウィリ
アム・カムはカトリック信者です。敬虔なカトリック教徒のように考え、す
べてのものの上にカトリックの信仰を置いています。これが彼の生涯であり、
その多くは三巻からなる印刷物、書籍に詳しく書かれています(私たちの
事務所で入手可能です)。これと反対のことを述べ、考える人がいるという
ことは、問題ではありません。過去に生きた聖人のすべてがそうされたので
す。皆がその信仰のために迫害されたのです。

 カム氏は毎日ミサにあずかり、告解の秘蹟をたびたび受けています。彼の
信仰と信心は、とても単純。自分の避難所、力、慰めとして、神の御母によ
り頼むだけです。カム氏は、ずっと昔から、聖母の汚れなき御心に自分自身
を捧げ、そうして、マリア様の母としての優しい保護に自身を完全に委ねて
いるのです。私の考えでは彼は謙虚な人間で、自分の家族や共同体のメン
バーと時を共にしています。言うまでもなく、巡礼者が折に触れて聖地を
訪れます。

 ウィリアム・カムは勤勉で、世界中に多くの友人がいます。この中には、
多くの幻視者と恵まれた霊魂が含まれます。カムは自身の過ちを隠そうとし
ません。見た所そのままです。また許しを拒むようなことはありません。彼
は真に仲裁者であり、常に「より大きな状況」を見通すことができる人間で
す。彼は多くのことを同時にこなすことができる能力を、神から授かりまし
た。さまざまな活動を分離したり、整理して上手く進むようにすることがで
きます。今、このことは信じ難いことかもしれませんが、カムを真に知る
人々であれば、この主張に賛同してくれると思います。彼は友人に対して
忠実で、些細なことにこだわったり、杓子定規な人間ではありません。イエ
ズスやマリアと直接語り合うことができるからといって、自分自身を過大
評価することもありません。人の上に立とうとすることはなく、個人の自由
と責任を尊重しています。また常識豊かな人間です。

 カムを長いこと知っていますが、私は彼が持つ友情を高く評価し、自分
自身を恵まれた人間であると思います。これらの言葉を読む人は、それを
「甘い作り話」だと考えるかもしれません。でも、それは個人の自由です。
いかなる人に対しても証明すべきことはありません。神が自ら汚名を晴らし
てくださるでしょう。


忠誠

 長い年月の間、さまざまな人が来て、そして去って行くのを見てきました。
離脱は時に混乱、劇的事件、陰謀、ついには裏切りで燃え上がることもあり
ました。しかしながら、最悪であったのは、こうした人たちの中には、自分
たちの考え方を他人にも共有してもらうため、訴訟やメディアの番組を通じ
て、その後カム氏を攻撃する人たちがいたのです。カム氏は、すべての場合
に、あらゆる点で、徳をもって行動しました。それは本当に、離脱の裏にあ
る真の事実をも知っている人々を教え諭すようなものだったのです。もちろ
んメディアは、カム氏の良い点には全く興味がありません。ですから、そう
したことは全く活字にはならないのです。カム氏が色々なことでジャーナリ
ストのインタビューを受けると、最終的な記事にはいつも「偏向」が加えら
れ、他の世間受けするさまざまな記事の固定観念に合わされてしまうのでし
た。こうしたことが長年続いてきたのです。

 こうした事にもかかわらず、満足がいかない人たちは、自分の選んだ道を
行きました。それに対して、カム氏はミッションと神が与えたカリスマに常
に忠実だったのです。どんな障害が行方を阻んだとしても、彼は神が望まれ
たことに対して常に忠実でした。しかし、問題の解決のために、彼は慎重に
行動してきました。カムは神の恩寵を待ち、霊魂が神に照らされて神の望む
ところを良心によって理解することができるように祈りました。

 彼が別の人の創造的な考え方を尊重して、自分の判断がより良いものだっ
たとしても、その自分の判断とは異なったことをするのを、私は何度も見て
きました。これはカムが人の話す良い言葉に信頼を置いていたからです。彼
は無知で騙されやすい人間ではなく、どんな人でも善意をもって支えていた
のです。誰でも少なくとも一回はチャンスがあります。カムは個人の自由を
大切なものだと考え、聖シャーベル修道会の生活においても個人の自由を
尊重しています。

 カムは神の子らの一致を重要なものと考えています。とりわけ幻視者の
一致を。幻視者や恵まれた霊魂が誤ったメッセージやビジョンを受けたとき、
カムは指示を与え、間違いを正しますが、いつも謙虚であり、その人に対し
て誠実です。助言が受け容れられない場合、カムはその人の善のために祈り
続けます。一致が続くように希望し、人間的な間違いや非難を常に許してい
るのです。

 カムはまず友人に対して誠実であり、したがって、自分を愛し、好意を
もってくれる人が友情を示してくれた場合、それに対して誠実であることが
大切なことだと考えています。


結論

 私はこの声明で霊魂がバランスを回復してくれればと希望しています。そ
うした霊魂は、最近におけるメディアの雪崩のような報道で、その良心が
傷つけられているからです。メディアの幻想的な「偏向」に惑わされないで
下さい。平和を保ち、リトル・ペブルのために引き続き祈って下さい。祈り
と愛と苦しみのうちに一致し、共に立って下さい。離れてしまえば落ちます。
イエズスがこれらの言葉を読む人に祝福を与えてくださいますように。また、
神の御母がその優しい愛でこれらの人を包んでくださいますように。

キリストにおいて敬具

+司教 マルコム・ブルザード

http://www.shoal.net.au/~mwoa/in_defence/
statement_bishop_broussard.html



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年7月4日 No.259

 光の子供たち、地上における残りの教会の子供たち皆に、必要な特別の
恵みを持ってきました。闇、サタン、そしてマイトレーヤとの戦いは激しさ
を増し続けているからです。私の3人のバラは、私の言葉をもたらすために、
再度呼ばれています。もし、このことが為されないなら、汚れなき御心修道
会は大いに苦しむでしょう。多くの者は混乱し、私の家に幻滅を感じ、その
結果多くの者が見捨てるでしょう。

 あなたたちがマイトレーヤ、反キリストと戦う力、啓示された理解のうち
に、真の信仰を子供たちに教える力を得るのは「一致」を通してだけなの
です。すべての人が完全な御計画を神の知恵のうちに悟るようになるのは、
堅忍と祈りによります。

 間もなく、聖なる代理者、ヨハネ・パウロ2世は「小さき岩」を、そして
「小さき岩」と一致しているすべての者を強めるでしょう。このことは理解
したいと願っている子供たちにとって光となるでしょう。

 落ちた実は選ばれた霊魂によって失われた恵みです。選ばれた霊魂たちは
「岩」とのつながりを絶つことによって恵みを失ってしまいました。そして、
新しい果実が生まれたのです。

 聖にして母なる教会のために祈りなさい。間もなく、極めて重要な事柄に
ついて、ローマから、ある決定が来るからです。甘美なる子供たちよ、私の
至聖なるロザリオを祈り続けなさい。間もなく中東に大試練が訪れるからで
す。甘美なる子供たちよ、祈りなさい!



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 北海道・旭川 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331

【 秋 田 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会 東北支部」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「働く婦人の家」
       秋田県横手市本町3−30
       TEL: 0182−33−3995


【 東 京 】( 8月はお休みです )
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   :「タワーホール船堀」
       東京都江戸川区船堀4−1−1
       電話:03−5676−2211
       FAX:03−5676−2501

  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html



【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」10階104号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆【 お詫びとお知らせ 】
  このお知らせのコーナーで「日本における聖シャーベル修道会 翻訳・
 出版チーム」プロジェクトの呼びかけをしてまいりましたが、今年8月に
 ジャン・マリー神父とコルベ・マリーが「秋田共同体」創立のために派遣
 されることが決まりました。このため、しばらくこの創立事業に忙殺され
 ることは確実で、「翻訳・出版」チームの立ち上げができない状態になり
 ました。呼びかけに応えてくださった皆様には申し訳ないのですが、しば
 らく延期ということにさせていただきます。どうぞご了承ください。
 
  このプロジェクトが重要なことに変わりはありません。またお世話する
 スタッフが確保され、立ち上げの目途がつきましたら再度お知らせします
 ので、その折にはよろしくお願いいたします。


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は8月14日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]