「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年7月31日号No.264

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年7月31日号 No.264

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルからの手紙
 3.ウクライナの幻視者オーリャに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)


--------------------------------
【 第124章 】

 聖シャーベル修道会の共同体で養成された、神への愛に燃え、愛しあい、
一致しあう家族がこの世に対する最高のあかしであるのと同様に、神への愛
に燃え、愛しあい、一致しあう幻視者たちの姿もこの世に対する最高のあか
しです。それがなければ真理がこのミッションにあると、この世が認めるわ
けがありません。また、それがなければ幻視者は非常に弱く、もろい存在な
ので、悪魔から各個撃破され、次々に落ち、だれも堅忍できません。幻視者
は互いに探し、互いに知り合い、一致しあい、上下の別をつくらず、複数な
らば皆を公平に愛し、ダビデとヨナタンのように命をささげあうほどの友情
を結びあい、励ましあい、支えあわなければなりません。全員でその友情の
輪を築きあげなければなりません。これをマリア様は「一致の輪」と名付け
ておられ、「一致の輪」に加わらないものは落ちるとおっしゃっています。
幻視者のまわりの人たちは、彼らが互いに探し、知り合い、一致し合うのを
助ける義務があり、それを妨げるようなこと、つまりかこうことを絶対して
はいけないのです。

 しかし日本人は、マリア様のこのミッションの中で20年間、天が幻視者
を与えてくださるたびにその幻視者をかこい、他のグループがかこう幻視者
と交流させないようにしてきましたし、今もそれをし続けています。また、
幻視者本人も「お世話になっているのだから」と人間的なしがらみにとらわ
れて、かこわれることを受け入れました。さらに、これらのことが悪いこと
だとは日本人はだれも思っていません。これらが世界の常識のように思い込
んでいるのです。とんでもありません! 外国の幻視者は互いに自分から
他の幻視者に連絡をつけ、友情を結ぼうと努めますし、回りの人たちは彼ら
をかこったりなどしません。その逆に紹介し、連絡を手伝い、「一致の輪」
が広がり、強化されるように助けています。 日本人だけが全員そろって
「私たちの派閥の幻視者」にしようとするのです。神は幻視者同士が決して
上下なく、固い友情で結ばれ、皆が公平な愛で他の幻視者たちを愛し、話し
合い、文通しあい、支え合い、励ましあう一致を築くようにと命じているの
です。互いに知り合うことさえ妨げて、一体どうやってこの一致を築きあげ
させ、強めあって堅忍させるつもりなのですか?

 まず幻視者本人に言います。他の幻視者と決して上下なく一致するのです。
人の上に立とうと思ったり、人を指導しようと思ったりしてはいけません。
同様に幻視者以外の人々の間でも、彼らの上に立とうとしたり、彼らを指導
しようとしたりしてはいけません。あなたは聖徳の実践の模範を見せること
によって、人を聖徳に導くように召されたのです。特にどんな試練の中でも
首尾一貫して神にハイと常に言い続ける英雄性を皆の前で見習うべき模範と
して輝かせるために、山の上の町のように目立つ存在として立てられている
のです。過去に人の上に立とう、人を指導しようと考えた公的幻視者は皆、
全員が落ちました。その二の舞いにならないでください。そして外国の幻視
者の模範にならって、どんなにお世話をしてくれる人、またはグループで
あっても、そのかこいものになってはいけません。神が日本に与えられた
幻視者全員と率先して交流し、ひとつの「一致の輪」をつくりなさい!

 幻視者のまわりの人、関係者、プロモーターや、グループの中心的な人々
に言います。幻視者をかこってはいけません。それは幻視者に落ちる道を
歩かせることです。あなたたちも派閥心を捨てさりなさい! 幻視者に対し
ては外国の人たちを模範にして、今までのやり方を180度方向転換させ
てください。あなたたちは天からのメッセージをよく知っているはずです。
いったいどこに幻視者を知り合わせるな、交流させるなと書いてあるので
すか? 公的幻視者がだれ一人堅忍できず、幻視者の「一致の輪」という
この世に対する最高のあかしを示すこともできず、20年間が過ぎ去ったの
は派閥心のせいです。どうかマリア様を泣かせないでください。嘆かさせな
いでください。皆さんはおおいに間違っています。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルからの手紙 − 2005年5月31日 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
首都特別地域・キャンベラ  政府公邸
オーストラリア首相
ジョン・ハワード閣下
--------------------------------

拝啓 ハワード様

 慈しみ深い主であるイエズスの御名において、ご挨拶を申し上げます。!

 過去四年の間に、多くのことで手紙を送らせて頂きました。そして、貴殿
は、個人としての立場で親切にお返事を送って下さいました。とても感謝し
ています。

 私が今書いていること、それは同胞であるオーストラリア人すべての心の
中で鳴り響いていること、すなわちシャペール・コルビの事件についてです。
貴殿と私はクリスチャンであり、すべてについて同じ真実と正義を公言して
います。しかし、コルビの事件は、正義を踏みにじり捻じ曲げるものです。

 この事件において貴殿が置かれている政治上、外交上の立場は、よく分か
ります。しかし、人間的に言っても正義が行われているといえるでしょうか。
閣下、コルビに対して下された判断は不当であると内心では思っておられま
すね。この判断はオーストラリアの人々とキリスト教徒の信仰に対する偏向
である、と確信していらっしゃいますね。コルビの事件は氷山の一角です。
コルビは無実であり、貴殿はそれをご存知です。

 そうです、貴殿は判事の決定を遺憾であると述べられました。しかし上訴
の手続が効力を生ずるのを待つと仰られています。ハワード様、お尋ねしま
す。貴殿の娘さんがバリの拘置所に収容されているとしたら、6か月から
18か月もお待ちになりますか。そのような事は、なさらないですよね。

 このような形でご自身の手を洗うようなことはなさらないで下さい。ポン
テオ・ピラトがイエズスに対してしたように。貴殿は成り行きを変える力を
お持ちです。ユドヨノ大統領と話し合って下さい。

 自問なさって下さい、首相。バリの爆弾犯に対して正義が行われたでしょ
うか。208人の死者が出ましたが、犯人らの受けた判決は2年6か月です。
麻薬などには縁がない若い女性が、有罪判決を受け、20年間刑務所に入れら
れるのです

 ハワード様、この事件は間違いなく国際問題にまで進展します。再審が
開始されず、シャペール・コルビが釈放されないならば。

 覚えていてください。コルビに対する裁判所の判断は、私の事件とはずい
ぶん違っています。そこで行われた不正は大きく、私は貴殿の助力をお願い
致しました。そして、私の義理の妹の別件についても、さらにひどい不正が
行われています。公訴局は聴聞の機会を与えないで、事件を闇に葬ってし
まったのですから。

 これらの事件は貴殿とルドック閣下のご注意を引くに至りましたが、結果
として何の変化もありません。司法制度が濫用された場合に政府がそれに
介入することについては、常に前例があります。

 閣下、最後になりますが、私も世界中の多くの人々に対して影響力があり
ます。すでに善意の人々に、バリとインドネシア、産業のすべてをボイコッ
トしてくれるよう、お願いしました。シャペール・コルビの事件の評決が
覆されるまで。

 麻薬を密輸したオーストラリア人(麻薬を体に縛り付けていた?)の9人
に対して、判事が死刑を言渡したとしたら、どうなるでしょうか。オースト
ラリアの人々は、どのような反応を示すでしょうか。特にバリの爆弾犯が
2年6ヶ月の判決しか受けていないのですから。お願いします。貴殿の力で
コルビを救って下さい。

 オーストラリアの人々が今考えていることは、間違いなく次の選挙に大き
く影響します。貴殿はそれをご存知だと思います。

 どうか私と、私の義理の妹を助けて下さい。

 神の祝福が貴殿の上にありますように。

[ 署名 ]

ウイリアム・カム
リトル・ペブルと称されています

http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/
letter_lp_pm_australia_31may2005.html



----------------------------------------------------------------
3.ウクライナの幻視者オーリャに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
イエズス・キリストのメッセージ
聖母マリアの汚れなき御心から来た鳩である幻視者オーリャへ
− 2005年4月12日 −
--------------------------------
このメッセージは、ウクライナのテルノポリのソースの近くの聖地で、オー
リャという名の幻視者に与えられたものです。彼女は、2003年6月13日から、
神の母によるメッセージを受けています。イエズスとマリアから、200を
超えるメッセージを今までに受けました。私たちはこれらのメッセージの
コレクションを、2005年7月10日にEメールで受け取りました。

(以下の)メッセージは元々はもっと長いものですが、このセクションでは
リトル・ペブルについて名前を挙げて言及しています。この抜粋の前のセク
ションでは、主は、神の母とそのタイトルである共贖者について話されまし
た。さらに主は、聖母がこの役割のもと、人間の救いのために言い表せない
ほどの苦しみを味わっていることを、すべての人間が受け入れるようにと
願われました。

 重要なのは、主が、リトル・ペブルを最後の教皇になるものであると再び
確認されたということです。

[抜粋−現地における英訳]

主:
 わが霊魂たる者たちよ、あなたたちの誰がこの法を受け入れ、これを世界
中に広めることをしただろうか。わが娘、わが僕よ、これをウクライナの町
の人々のすべてに知らせなさい。そして、さらに教皇の座に就く最後の人が、
選ばれし者の最後、聖なるキリストの教会を導く者である
「わが小石(Pebble)」であるということを。

 彼が全世界に対して、イエズスの至聖なる聖心の秘密を知らせることが
できますように。今その時が来た。

 わが娘、わが僕よ、あなたは教皇ベネディクト16世について話すことを
願った。祈りのうちに嘆願した。なぜなら、あなたは私と聖なる母の栄光を
望み、すべての者の救いのみを望んだからである。私はあなたに、そうする
ようにと言う。

 教皇ベネディクト16世は代役として、ある一定の期間の間、反教皇が
教皇代理の地位に就くこと妨げる。わが聖なる教会を支える代役なのである。
(一息の休止)人間が聖なる知識を受け、聖なる信仰へと戻るために、聖な
る教会を支える者でなのである。しかし、あなたたちには自由意志がある。
そして残りのことは前のメッセージにある。そこで、すべてが明らかにされ
ており、どのようにあるべきかが神的に示されている。(2005/04/12)

[リトル・ペブルによる署名]

http://www.shoal.net.au/~mwoa/the_messages/
olya_dove_12april2005.html



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
レインボー・ワリアに与えられたマリア様からの警告 No.258
− 1996年9月13日 −

 サタンとその力を過小評価してはなりません。サタンが眠っているとか、
害がないなどと考えてはなりません。サタンはいつでも攻撃でき、その攻撃
とその効果は絶大なのです!! 甘美なる子供たちよ、マイトレーヤの支配
は間近です。その支配に備えて自分自身を準備しなさい。

 甘美なる子供たちよ、神は愛です。神は平和です。神は教会のうちにおら
れますが、教会は戦争をもたらしています。憎しみと悪とをもたらしていま
す!! いつの日にか教会は破壊されるでしょう。このことが戦争を引き起
こします。教会だけが破壊されるのではなく、地球も同じ様に破壊されるの
です!!



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 北海道・旭川 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331

【 秋 田 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会 東北支部」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「働く婦人の家」
       秋田県横手市本町3−30
       TEL: 0182−33−3995


【 東 京 】( 8月はお休みです )
(1)横浜での集会
 会の名称 :「グレゴリアンソサエティー」
 日 時  : 7月31日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  :「大倉山記念館」
        横浜市港北区太尾町706大倉山公園内
      (東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分)

(2)江戸川区での集会
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   :「タワーホール船堀」
       東京都江戸川区船堀4−1−1
       電話:03−5676−2211
       FAX:03−5676−2501

  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html



【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」10階104号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆【 お詫びとお知らせ 】
  このお知らせのコーナーで「日本における聖シャーベル修道会 翻訳・
 出版チーム」プロジェクトの呼びかけをしてまいりましたが、今年8月に
 ジャン・マリー神父とコルベ・マリーが「秋田共同体」創立のために派遣
 されることが決まりました。このため、しばらくこの創立事業に忙殺され
 ることは確実で、「翻訳・出版」チームの立ち上げができない状態になり
 ました。呼びかけに応えてくださった皆様には申し訳ないのですが、しば
 らく延期ということにさせていただきます。どうぞご了承ください。
 
  このプロジェクトが重要なことに変わりはありません。またお世話する
 スタッフが確保され、立ち上げの目途がつきましたら再度お知らせします
 ので、その折にはよろしくお願いいたします。


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は8月7日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]