「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年7月24日号No.263

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年7月24日号 No.263

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
 3.小さき白いロザリアに与えられたビジョン
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)


--------------------------------
【 第123章 】

 ケチンボと貪欲とは双子のようなものです。貪欲とはエバが最初に犯し
た罪のひとつで、今でも女性の方がこの罪にずっと深く染まっています。
ローマ・カトリック教会の今の状況は、以前とは違い、ほとんどの教区・
小教区の司教・司祭に女性の取り巻きができています。以前は聖職者の貞潔
を損なうまいと、女性は司教・司祭と距離を置くよう自ら心掛けていたもの
です。取り巻きを作っている女性たちは聖職者を真理に対して盲目にさせ、
自分たちの望み通りに彼らを操っています。

 取り巻きになるのは甘い汁が吸えるからです。利用できるからです。すな
わち貪欲の罪がこの行為の根底にあるのです。日本の、このマリア様のミッ
ションでも、勇気ある一人か二人の司祭がいる時期、女性たちは司祭をかこ
おうとし、奪い合いのような行動に走りました。

 本来司祭とは、いろいろな賜物を非常に豊かに神から与えられており、
たった一人でも多くの人を導くことができます。聖パトリックがたった一人
でアイルランド中をカトリックに改心させたり、聖フランシスコ・ザビエル
がたった一人で日本も含め、アジアの多くの人々改心させたのがそのよい例
です。

 神がこのミッションにお与えになる司祭は、たった一人か二人ならば、そ
の司祭はミッション全体のために働くように召されていますし、彼らにそれ
は十分可能です。このミッションにおいては、日本人は司祭を自分のグルー
プのためだけにかこおうとし、取り巻きになったり、なろうとしました。そ
のためにある司祭は十分に働くことができませんでした。限られたグループ
に独占されてからです。また、別のある司祭は全世界のために働く偉大な
使命に召されていましたが、取り巻きの幻視者たちが日本のためにかこおう
とし、その使命を失わせたので、彼はすべての使命を失ってしまいました。

 日本人が、特に女性たちが、この貪欲の罪を改めようとしないなら、たと
え神様が新たにまた、司祭を送ってくださっても、その司祭は本来の使命を
果たすのを妨げられるか、悪くすればすべての使命を失わされてしまうで
しょう。司祭をかこう派閥心、取り巻きになろうとする貪欲の罪がもたらす
悪い結果は、これほどまでに重大なのです。

 それで皆さん全員に言います。特に女性は心して聞いてください。あなた
は自分の回りに取り巻きを作らせてはいけません。取り巻きの一人になって
はいけません。派閥をつくってはいけません。派閥に加わってはいけません。
閉鎖的な仲良しグループを作ってはいけません。閉鎖的な仲良しグループの
一員になってはいけません。公的な使命に召された人を自分個人のために
利用してはいけません。公的な使命に召された人をかこって、他人から遠ざ
けてはいけません。絶対にですよ! 

 公的な人から私的な利益を期待するのは、公私混同も甚だしいのです。こ
れもまた、女性が社会においてしばしばおちいる行為です。しかしもらおう
とするのをやめ、逆に与えようとしない限り、皆さんはこれらの行動をやめ
ることはできません。

 だから天国以外の何ももらおうと望まないでください。この世で持ってい
るものは何もかも、神と隣人に与えつくしたいと望んでください。そうすれ
ばこれらの行いをやめることができますし、それによってのみ、皆さんは
自分の貪欲の罪を克服できるのです。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
----------------------------------------------------------------
 下記の公的メッセージは、7月19日、リトル・ペブルさんによって確認
されました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはあり
ません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれ
ている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身
の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半に
ある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


--------------------------------
2004年9月12日
--------------------------------
 私はリトル・ペブルさんが最後の教皇であるということを天から示されま
した。外にいたときに冠を見ました。背が高くキラキラと輝いている大きな
冠です。教皇様の冠です。

 私はマニフィカトを聴きながらバスを待っていました。音楽を聴いていた
とき、私の霊魂は荘厳で権威に満ちた雰囲気に打たれました。圧倒されまし
た。いつもとは違う状態になりました。神秘的な体験です。

 そのとき、「リトル・ペブルさんは最後の教皇である」という言葉が私の
心の中に埋め込まれました。耳で聴いたのではありません。

 また、私は数日前から「最後の教皇」という本を読み始めていました。リ
トル・ペブルさんの愛の深さ、信仰の強さに大変衝撃を受けました。そのこ
とを思い巡らすときが多くなりました。リトル・ペブルさんの頭の上に冠が
載せられ、輝いているのがとても印象的でした。私の頭から離れなくなりま
した。


--------------------------------
2005年7月15日(金曜日) PM11:59
マリア様からの公的メッセージ
--------------------------------
聖母:
 愛する子、あなたに伝えます。リトル・ペブルさんを支持し、強く宣言
するようにあなたに命じます。私たち、天が望む最後の教皇として、愛する
リトル・ペブルを選びました。彼を支持し、彼に仕えなさい。恐れないで
戦い続けなさい。

マリー・マドレーヌ:
 リトル・ペブルさんが最後の教皇であるというメッセージを受ける前、
腹部が熱くなりました。心を沈めて「僕(しもべ)は聴きます。お話くださ
い」と祈りました。聖なる空気をそばで感じたので、しるしを求めました。
そうしたらしるしがありました。

 最初に「リトル・ペブルさんのことを強く支持し、宣言するように命じま
す」と言われました。女性の声です。マリア様と同じ声です。バラの香りは
今回ありませんでした。

 天が望んでいる最後の教皇であるということの確認です。私自身に語ら
れました。司祭が聖水をまいてくれました。一瞬緊張感が走ってその場に
ピリッとした空間がありました。本当に一言一言の語り掛けに緊張しました。
一言も聞き逃さないようにしました。心の緊張感を感じたのは初めてです。
リトル・ペブルさんのことでローキューションをいただいたのは今回が初め
てです。



----------------------------------------------------------------
3.小さき白いロザリアに与えられたビジョン
----------------------------------------------------------------
 下記のビジョンは、リトル・ペブルさんによって確認されました。しかし
ながら、100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・
神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からの
ものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。
「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージ
の識別について」の各章を参照してください。


--------------------------------
2005年6月6日頃
--------------------------------
次のビジョンを受けました。

聖主イエズスの聖心と聖母の汚れなき御心とが浮かびました。聖母がご自分
のハート(霊魂)を指して、この本を読めばよくわかるようになりますと
おっしゃられました。

『霊魂の城−神の住まい』(アビラの聖女テレサの著作)を読みなさいと。

これは、私の頭の上方に一瞬浮かび、一瞬にして消えてしまったものです。
永くなかったビジョンで、ひさしぶりのビジョンです。

【 注記 】
 以前に2度ほど、こんなことがあったのを思い出します。はっきりいつか
憶えていませんが、ほぼ1988年が1989年頃だったと思います。日曜
日(主日)以外の日に、特に初金に教会を訪れると聖主が喜ばれることを本
で知り、近くのカテドラルに出向いてみたのです。カテドラルにはごミサが
なくて、小さな聖堂の方へ行きますと、途中の同じような集会用の別の部屋
にうすいカーテン越しに、確かに聖主イエズスがいらっしゃり、歩かれてい
るのが、上半身だけですが見えました。体は透き通っていて、紫色と赤色の
御洋服をお召しになっていらっしゃって、大きさは等身大であられたと記憶
しています。
 もう一つのビジョンは、だいたい同じ頃で、別の地域ですが、近くの修道
院付の教会の御聖堂の中でのことでした。この聖堂の後方には、立派なほぼ
等身大の至聖なる聖心の御像が置かれてありました。中央の祭壇は簡素な
印象を受けましたが、そこに、まるで白くて小さな赤ん坊のような天使たち
(智天使(ケルビム)でしょうか)を二位か三位、楽しそうに飛んでいたの
を見ました。このことも全く、瞬く間の出来事でありました。


--------------------------------
2001年10月
--------------------------------
私的なインスピレーションです。

バラの聖母、またはファチマの聖母かもしれない。聖母様より、「朝起きて
すぐ、大天使聖ミカエルの祈りを7回と、天使祝詞(めでたし…)を5回
を唱えるとよい」と告げられた。

【 注記 】
 これらは特に大天使聖ミカエルへの祈りをしておくと、トラブルが避けら
れるように思う。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
レインボー・ワリアに与えられたマリア様からの警告 No.257
1996年7月16日

 甘美なる子供たちよ、サタンはどこにでもいます。サタンは教会の中にい
ます。サタンはまもなく、多くの多くの神のものに打ち勝ちます。サタンは
まもなく、教皇の王座を獲得します。教皇は教会の要塞です。教会を強める
要塞であり、教会を支えます。サタンはまもなく、教会の唯一の真の意義で
ある聖主を征服して、聖櫃から聖主を取り去り、自らを世に現して「もはや
聖体は必要ない。主はここにいるのだから」と言うでしょう。

 甘美なる子供たちよ、マイトレーヤの支配はまもなく到来します。マイト
レーヤは長期間支配するでしょう。まもなく反教皇が支配するでしょう。し
かし、反教皇の支配は終わるでしょう。真の教皇ヨハネ・パウロ2世が戻り、
反教皇の正体をあばき、世界にマイトレーヤのことを知らせるでしょう。力
をもって戻り、教会から再度、邪悪を追い出すでしょう。教皇ヨハネ・パウ
ロ2世は神である私の息子、聖主の第2の来臨に備えて教会を準備するで
しょう。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 北海道・旭川 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331

【 秋 田 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会 東北支部」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「働く婦人の家」
       秋田県横手市本町3−30
       TEL: 0182−33−3995


【 東 京 】( 8月はお休みです )
(1) 横浜での集会
 会の名称 :「グレゴリアンソサエティー」
 日 時  : 7月31日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

(2)江戸川区での集会
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   : タワーホール船堀
  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html



【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」10階104号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆【 お詫びとお知らせ 】
  このお知らせのコーナーで「日本における聖シャーベル修道会 翻訳・
 出版チーム」プロジェクトの呼びかけをしてまいりましたが、今年8月に
 ジャン・マリー神父とコルベ・マリーが「秋田共同体」創立のために派遣
 されることが決まりました。このため、しばらくこの創立事業に忙殺され
 ることは確実で、「翻訳・出版」チームの立ち上げができない状態になり
 ました。呼びかけに応えてくださった皆様には申し訳ないのですが、しば
 らく延期ということにさせていただきます。どうぞご了承ください。
 
  このプロジェクトが重要なことに変わりはありません。またお世話する
 スタッフが確保され、立ち上げの目途がつきましたら再度お知らせします
 ので、その折にはよろしくお願いいたします。


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は7月31日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]