「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年7月17日号No.262

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年7月17日号 No.262

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)


--------------------------------
【 第122章 】

 マリア様が日本のご自分のミッションの分裂と混乱の主要な原因として
指摘なさった派閥心に関してですが、これから私が何度も使う「かこう」と
いう言葉は、「何かをグループ内の人にだけ利用できるようにし、グループ
外の人、他のグループの人々に利用させないようにする」という意味をあら
わすことを頭に置いて読んでください。

 過去、日本のこのミッションは、司祭をかこおうとしました。幻視者を
かこおうとしました。天からのメッセージをかこおうとしました。聖シャー
ベル修道会の会則会憲をかこおうとしました。英語などのタレントを持つ人
をかこおうとしました。翻訳した天からのメッセージをかこおうとしました。
組織に組み込むことで人をかこおうとしました。ほかにも重要な情報をかこ
おうとしました。そして今でもそれをやり続けています。

 これらはそもそも神がすべての人々のために、このミッションに与えたり、
送ってくださったものです。聖福音でイエズスは、無償で天からを受けた
ものを無償で人々に与えなさいと命じておられます。皆さんは読みながら
「なんてケチな根性なのだろう!」とあきれていると思いますが、皆さんも
日本人です。所属する組織のためという大義名分で世界の善も、個々人の善
も踏みにじって行動する人間です。だから同じ立場に立っていたなら同じこ
とをやったに違いないのですよ。

 しかし、「ケチ」という判断は当たっています。そして派閥心を分析する
ための重要な鍵がそこにあります。人間のこざかしい知恵で自分と仲間だけ
の利益をはかる行動の根底にあるのはケチンボの精神です。神はこれと全く
逆のことをするよう命じています。「与えよ、そうすれば与えられる。押し
入れ、詰め込み、ゆすり入れ、あふれるほどのものをあなたたちの服のひだ
に入れてもらえる。人は自分のはかる秤ではかられるのである」
(ルカ6・38)と。

 日本人はケチンボで、マリア様のこのミッションで20年間行なってきて
いることは霊的ケチンボの行ないです。ケチンボの人に対しては、神様も
同じようになさいます。それで恵みは十分いただけず、恵みが不足するので、
企てたことはすべて失敗してきたのです。与えれば100倍も豊かに神様は
与えてくださるというのに、……。

 日本人がケチンボだと私が書いても、皆さんにはその自覚がないでしょう
ね。日本ではそれが標準なのですから気がつかなくて当然です。自分のこと
として気づかせるために、別の例をあげましょう。日本人が祈る時、「私に
ください」という願いごとをします。ローマ・カトリックの伝統では、そう
ではありません。「私たち全員にください」という願いごとをするのです。
自分が得たいと思う恩寵があるとしますね。祈るとき、自分がその恵みを
いただくことだけを考えていませんか? 他の人のことは忘れていませんか?
もしそうだとしたら、あなたはケチンボです。

 ケチンボほど惨めな人種はいません。我慢ならない人種はいません。神様
の仕事をするには全くふさわしくない人種です。マリア様は日本人も日本に
聖シャーベル修道会の共同体を設立するようにと長年促し続けていらっしゃ
います。しかし、もしその共同体の中で、このようなケチンボの祈り方を
皆がしたなら、恵みはほとんど与えられないでしょう。逆に自分が得たいと
思う恩寵を、共同体のメンバー全員がいただけるようにと祈ったら? そし
てメンバー全員がそれぞれそのように祈ったとしたら、どれほどその共同体
は恵みに満ち溢れることか! これは日本では夢物語ですか? 皆さんが
ケチンボを克服するかどうかにかかっています。今日からそのように祈るこ
とから、ケチンボの克服を始めてください。

 もうひとつ例をあげましょう。宣教師が日本のどこにでも行けるように
なった明治時代、不幸のどん底にある見捨てられていたライ病者のために
何もかも与えつくして奉仕したのは外国人の修道者でした。また、敗戦後、
貧しい人や孤児たちのために真っ先にすべてを与えて活動したのも、ゼノ
さんのように外国人の修道者でした。日本人の修道者は自発的に行動しませ
んでした。率先して与えようとしませんでした。

 修道者は私有財産を持たないので、世間の人よりケチになる危険があるの
ですが、まさに日本では修道者もケチンボになっているのです。世間では
貧しい人の方が愛徳のために寛大に自分のものを与えます。貧者の一灯と
よく言いますね。修道者は貧しい人の友となり、貧しい人の痛み、苦しみ
が理解できるようにと全財産の放棄したはずなのですが……。日本人には
「与えたい」というモチベーションがほとんどないのです。

 これらのことを皆さんは反面教師としてください。他人ごとではなく、
将来共同体に入る人、清貧の修道誓願、または、修道信徒誓願を立てる人は、
特にこれらのことを忘れないでください。そして与えるのです。与えつくす
のです。日本人もこうして初めてケチンボを克服し、派閥心を捨て去ること
ができるのですから。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
----------------------------------------------------------------
 今回、マリー・マドレーヌ杉浦律子は全カトリック信者への公的メッセー
ジを受けました。このことは7月14日、リトル・ペブルさんによって確認
されました。天は「手による聖体拝領」を禁じています。


--------------------------------
2005年7月9日 土曜日
--------------------------------
 第2ミサでご聖体のことを黙想していたとき「ご聖体を手で受けてはいけ
ません」と大変厳しい口調でローキューションがありました。どなたが語ら
れたのかわからず心の中で聞いておりました。

 しばらくしたら、バラの香りがあり、しるしを求めたらありました。聖体
拝領後、ミサの最後まで体、特に腹部が大変熱かったです。

 聖体降福式では今までにない熱さを感じました。


--------------------------------

 聖シャーベル修道会名古屋共同体所属の第3部門修練者、マリー・マド
レーヌ杉浦律子は今、「神秘家」「幻視者」として立てられつつあり、また
イエズスとの神秘的婚姻に召されています。このことは、リトル・ペブル
さんに確認してもらいました。また、第3世代の多くの若者たちが、特別な
使命に召し出され、立てられつつあります。

 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ
彼ら、彼女らが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。

--------------------------------
【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】
--------------------------------
 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えて
あげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、
彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性の
ゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機
でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタが
いつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの
信者には全しょく有も与えられます。

【聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り】

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。


聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈り
を祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この
祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが
彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
リトル・ブラザー・イン・クライストに与えられたマリア様からの警告
1996年7月13日 No.256

 聖にして母なる教会と全人類に大いなる日が到来しつつあります。ファ
ティマで預言されたように、私の汚れなき御心の勝利の日が近づいています。
しかし迫害の時が近づいていることも知らなければなりません。敵はすでに
地上にいるからです。敵は大いなる誘惑者であり、混乱をもたらします。そ
の支配の下で、聖にして母なる教会は自らの磔刑と復活とを知ることになり
ます。キリストの再臨は極めて近いのです。

 全人類に近づいているこれらの出来事にもかかわらず、あなたたちは盛大
な婚姻の宴に近づいていることも知らなければなりません。そこでは、浄配
があなたたちのホスト(主人)となられるでしょう。あなたたちは衣を洗っ
て白くし、獣に取り去られることがなかったからです。ですから、悲しんで
はなりません。喜び、そして準備しなさい。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 北海道・旭川 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331

【 秋 田 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会 東北支部」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「働く婦人の家」
       秋田県横手市本町3−30
       TEL: 0182−33−3995


【 東 京 】( 8月はお休みです )
(1) 横浜での集会
 会の名称 :「グレゴリアンソサエティー」
 日 時  : 7月31日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

(2)江戸川区での集会
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   : タワーホール船堀
  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html



【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 8月はお休みです )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」10階104号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆【 お詫びとお知らせ 】
  このお知らせのコーナーで「日本における聖シャーベル修道会 翻訳・
 出版チーム」プロジェクトの呼びかけをしてまいりましたが、今年8月に
 ジャン・マリー神父とコルベ・マリーが「秋田共同体」創立のために派遣
 されることが決まりました。このため、しばらくこの創立事業に忙殺され
 ることは確実で、「翻訳・出版」チームの立ち上げができない状態になり
 ました。呼びかけに応えてくださった皆様には申し訳ないのですが、しば
 らく延期ということにさせていただきます。どうぞご了承ください。
 
  このプロジェクトが重要なことに変わりはありません。またお世話する
 スタッフが確保され、立ち上げの目途がつきましたら再度お知らせします
 ので、その折にはよろしくお願いいたします。


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は7月24日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]