「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年7月3日号No.260

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 12160−82811831
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年7月3日号 No.260

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた神秘的体験
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
【東京から日本を変える! ジャン・マリー神父の楽しい交流集会ご案内】

 東京から日本を変える! 日本から世界を変える!
 日本がアジアの光となる! 続々と若い幻視者、神秘家が登場する!

 ジャン・マリー神父による首都圏での楽しい交流集会のスケジュールが
秋まで決まりました。東京、横浜、千葉方面各地での地域密着型集会を行い
ます。
 
 予告したとおりジャン・マリー神父の集会の中から将来の日本と世界を
救うために立てらる黙示録の”光の子供”たち、”終末の戦士”、”終末の
大聖人”、”幻視者”、”神秘家”がぞくぞくと誕生しはじめました。

 幻視者“マリー・マドレーヌ杉浦”さん、そして“ロザリア”さん達です。
またジャン・マリー神父の集まりの中から更に大勢の、世界を変える光の
戦士、幻視者、神秘家養成を天は計画しています。
 
 今、日本最高の霊的指導司祭ジャン・マリー神父への神様の祝福のもとで、
イザヤの預言やヨエルの預言で語られてきた、預言の成就が始まりました!

  ”あなたたちの息子や娘は預言し
   老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 そして、東京や秋田や奄美大島で多くの聖シャーベル共同体設立の準備が
始まりました。世界の救いはまず日本の改心から始まります。日本はアジア
と世界の光と模範となるように予定された国です。世界の未来はすべて、
このミッション...日本で認可された唯一の公式共同体、日本の聖シャー
ベル修道会の発展にかかっているのです。

 リトルペブルさんは間もなく日本で数多くの聖シャーベル修道会の共同体
が設立され、聖シャーベル修道会により日本の改心と世界の改心が実現され
ると言っています。日本の未来に希望を持ちましょう!


■首都圏での集会予定■
(1)銀座での“完全オープンミサ集会”
 会の名称 : カトリック典礼研究会
 日 時  : 7月16日(土)PM1:00−4:00 8階B室
 場 所  : 銀座畜産会館会議室
 会場への地図:
       銀座松屋デパート横の通り沿いにあります。
       東京都中央区銀座4-9-2畜産会館ビル
    http://www.kamipa-kaikan.co.jp/chikusan/annaizu.xls
    http://www.kamipa-kaikan.co.jp/chikusan/access.htm


(2)江戸川区での集会
 会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   : タワーホール船堀
  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html

(3) 横浜での集会
 会の名称 : グレゴリアンソサエティー
 日 時  : 7月31日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
      東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の第118章(P181)
から第132章(P214)までの全文を、全面的に撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた
方々に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 皆様が大悪党である私を反面教師とすることができるように願っており
ます。第118章(P181)から第132章(P214)は、その教材として
ください。

 マリア様のやさしい愛が皆様とご家族をつつみますように!

Father Jean-Marie of the Risen Son of God
(復活された神の子のジャン・マリー神父)


--------------------------------
【 第120章 】

 「感覚的なものは、本質的なものに向かって歩き始めるための出発点に
過ぎません」。この言葉で何を言おうとしているのかを例をもって説明しま
しょう。例えば皆さんのうちの誰かが、幻視者に「私の守護の天使は何色の
服を着ていますか?」と質問したとします。たいていの幻視者は、もしその
人の守護の天使を神様から見せられていたならば、「こんな色の服で、こう
いうものを持っていて、こういうお顔で……」という答え方をしてしまいま
す。幻視者は感覚に与えられ、感覚で受け止めたことにとどまってしまいが
ちなのです。同じ質問を霊的指導の経験を積んだ司祭にしたならば、こう
答えるでしょう。「天使は純粋な霊ですから、色、形はないのですよ。人に
姿を見せるときは、人が感覚でしか知覚できないので、色、形をとって現れ
ますが、そこに興味を持つのは間違っています。天使を使わして下さる神の
愛、そして天使の愛と助けという本質的なことに目を向けなさい。天使の導
きが何かを悟ることに知恵を、そして天使のすすめに従うことに力を注ぎな
さい」と。

 日本人は感覚的な民族です。つまり理性が弱いという欠点を皆さんは持っ
ています。天からのメッセージを読む場合でも、日本人は感覚でとらえたこ
とを出発点ではなく終着点にしてしまいます。「もうすぐ災害が起こる」と
書いてあれば、「怖い!逃げよう」と考えます。神様が、人間に、祈り、罪
を犯すのをやめ、自分と他人の罪ほろぼしをさせたいから、それらをしない
と災害をくだすと知らせていること。それらを行なえば災害がくだされない
こと、つまり改心によって災害の実現を人間に妨げさせたいから、神様は
あらかじめ告げていらっしゃる。では祈りと償いをささげ、この災害を取り
やめていただこう、と。「本質」に向かって理性の働きでせまろうと、日本
人は一切しないのです。霊的指導司祭が幻視者や皆さんを指導するとき、
第一にすべきことは、感覚的なことから離れさせ、本質的なことに向かわせ
ることです。しかし幻視者も、皆さんもその指導を受けつけようとしないの
です。悲しいことですが、日本人の感覚的な自己流解釈に対する自信過剰は
強烈なものですし、感覚的な事柄に対する執着は、頑固なロバや牛以上で、
そこから動こうとは断固しません。

 事実として指摘します。同じメッセージを天から受けたら、外国の幻視者
は日本の幻視者と全く違う反応します。同じメッセージを読んだら、外国の
人は日本人と全く違う反応します。その反応の結果として、日本では公的
幻視者はすべて落ち、メッセージを信じる人は皆、隠れてしまいました。
他の国々では隠れることなく、着々と聖シャーベル修道会の共同体を形成し
ています。少なくとも共同体設立のためのプロセスを一歩一歩確実に前進し
ています。どちらが正しい反応をしているかを結果が示しています。

 霊的指導者がいない状況にある皆さんは、非常に感覚的であり、感覚的な
ものに強く執着するという自分の欠点を自覚し、自分でそれを改める努力を
してください。自分の判断に決して自信過剰になってはいけませんよ。また、
同じ日本人同士で意見が合ったから、ある考えは正しいなどという判断はし
ないでくださいね。同じ間違いをするもの同士、意見が合うのは当たり前で
すし、みんなそろって間違っているにすぎないのですよ。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた神秘的体験
----------------------------------------------------------------
 聖シャーベル修道会名古屋共同体所属の第3部門修練者、マリー・マド
レーヌ杉浦律子は今、「神秘家」「幻視者」として立てられつつあり、また
イエズスとの神秘的婚姻に召されています。このことは、リトル・ペブル
さんに確認してもらいました。また、第3世代の多くの若者たちが、特別な
使命に召し出され、立てられつつあります。

 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ
彼ら、彼女らが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。

--------------------------------
【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】
--------------------------------
 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えて
あげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、
彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性の
ゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機
でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタが
いつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの
信者には全しょく有も与えられます。

【聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り】

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。


聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈り
を祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この
祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが
彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」


--------------------------------
2005年6月8日
--------------------------------
 第2ミサのコムニカンテスの時、聖ヨゼフの名が呼ばれると、すごい喜び
が来ました。まず「しるし」が与えられ、次に百合のものすごい香りがしま
した。


--------------------------------
2005年6月9日 00:30頃
--------------------------------
 頭の前、手首、手の甲、手のひら、足の甲、足のうら、両肩に激痛がきま
した。そのたびに、たんねんに「もっとちょ〜!」「穴あけてちょ〜!」と
イエズス様に申し上げていました。

 目の前が暗くなり、下に沈み落ちていく感じに近いが、もっとゆっくりと
下がっていく感覚がおこりました。5日前の東京の集会(6月4日)のミサ
中にはじめて味わい、翌日の大阪の集会(6月5日)のミサ中にも同様の
味わいがありました。

 部屋はクーラーで寒いほどに冷えていたのに、汗をかくほど暑く、ふとん
もはがしてしまうほどでした。

 非常に近くに誰かがいることが感じられたが、名前は聞きませんでした。
痛みと暑さが、夜中の2時すぎまで続きました。その後、奥底からの喜びが
心にわいてきました。ずっとそばにいた誰かは、その時いなくなりました。

 引き続き、また、ゆっくりと沈みおちていく感覚がきました。今度は寒さ
が激しく、痛みも激しいものでした。しかし、そのまま眠りにおちてしまい
ました。

 こうして、夜中ずっと、煉獄の霊魂を愛しました。

 霊魂が救われるって、こういうことなのかと初めて経験し、自分のことの
ように喜びました。

(上記は6月30日、リトル・ペブルさんによって確認された)

(注: マリー・マドレーヌは霊的指導司祭から、神秘的痛みに対して
  「もっとください!」とイエズス様に熱望するように指導されている。)



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年10月13日 No.254

 聖なる代理者のために祈りなさい。彼は今、聖にして母なる教会のために、
あなたたち皆のために、すべてを捧げるために十字架にのぼっています。彼
の肉体的な殉教は間近です。

 青年たちよ、今はあなたたちが邪悪な者の影響の下に堕落する危険のある
時です。あなたたちの精神と心は誘惑にさらされています。あなたたちは
楽しみと喜びを求めています。しかし、今は心と精神を強め、神と神の知恵
とを素早く手に入れる時です。

 ここ数日、リトル・ロックは、聖化すなわち自分自身の放棄の真の道に、
いかに従うかについて、あなたたちに話してきました。それを思い起こし、
私の汚れなき御心の徳を生きなさい。

 神の御言葉を話すことは、必ずしも実行することを意味しません。多くの
者は「はい、はい、主よ、私はあなたの御旨を行うために参ります」という
けれども、実際にはそうしないのです!



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 北海道・旭川 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 7月10日(日)9:00〜16:30
               (昼休み12:00〜13:00)
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331

【 秋 田 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会 東北支部」
 日 時  :( 次回 未定 )
 場 所  :「働く婦人の家」
       秋田県横手市本町3−30
       TEL: 0182−33−3995


【 東 京 】
(1)銀座での“完全オープンミサ集会”
 会の名称 :「カトリック典礼研究会」
 日 時  : 7月16日(土)PM1:00−4:00 8階B室
 場 所  : 銀座畜産会館会議室
 会場への地図:
       銀座松屋デパート横の通り沿いにあります。
       東京都中央区銀座4-9-2畜産会館ビル
    http://www.kamipa-kaikan.co.jp/chikusan/annaizu.xls
    http://www.kamipa-kaikan.co.jp/chikusan/access.htm
       JR:  山手線の有楽町駅より徒歩10分
       地下鉄: 銀座線「銀座」駅より徒歩2分(A12の出口)
           丸の内線「銀座」駅より徒歩7分(C8の出口)

(2)江戸川区での集会
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
       (ホール内電光掲示板に会場が表示されます)
 日 時  : 9月25日 日曜日 13:00-16:30
       10月16日 日曜日 13:00-16:30
       11月20日 日曜日 13:00-16:30
 場所   : タワーホール船堀
  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html

(3) 横浜での集会
 会の名称 :「グレゴリアンソサエティー」
 日 時  : 7月31日 日曜日 13:00-17:00
 場 所  : 大倉山記念館
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分


【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 7月3日(日)10:00〜16:30
       (昼休み12:00〜13:00、昼食etcは会場の方で用意します。
        会場内は飲食物持込禁止です)

 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」10階104号室
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆【 お詫びとお知らせ 】
  このお知らせのコーナーで「日本における聖シャーベル修道会 翻訳・
 出版チーム」プロジェクトの呼びかけをしてまいりましたが、今年8月に
 ジャン・マリー神父とコルベ・マリーが「秋田共同体」創立のために派遣
 されることが決まりました。このため、しばらくこの創立事業に忙殺され
 ることは確実で、「翻訳・出版」チームの立ち上げができない状態になり
 ました。呼びかけに応えてくださった皆様には申し訳ないのですが、しば
 らく延期ということにさせていただきます。どうぞご了承ください。
 
  このプロジェクトが重要なことに変わりはありません。またお世話する
 スタッフが確保され、立ち上げの目途がつきましたら再度お知らせします
 ので、その折にはよろしくお願いいたします。


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は7月10日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]