「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年6月5日号No.256

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年6月5日号 No.256

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた神秘的体験
 4.リトル・ペブルからの手紙
 5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 6.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
リトル・ペブルからのお知らせ
世界中のすべての忠実な子供たちへ
− 2005年5月31日 −
--------------------------------
聖母のミッションの親愛なる支持者の皆さん、

 私は、ミッションのために − 私のミッションにおける、私の人生と
私の旅行の − ドキュメンタリーを作る計画を立てています。多くの人々
は私の旅行・講演・黙想会のビデオ収録をしました。これらのコピーを私に
送付していただければ、とても感謝いたします。特にドイツ、フランス、ア
イルランド、イギリス、ポーランド、ハンガリー、シンガポール、オランダ、
スペイン、ウガンダ、ケニア、イタリア、クロアチア、ニュージーランド、
カナダ、および米国でのものを。

敬具

[ サイン ]
リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第116章 】

 「内的生活」をつくり始めた当初は、散漫な意識を落ちつかせるだけで、
大変な努力が必要です。落ち着かせた意識を神に向かって集中させるという
ことにも、同様にかなりの努力が必要です。この努力は、あなたに大きな
心理的ストレスを生じさせます。これらのことが楽にできるように、時と
ともになってゆくのですが、楽になるまでは、この心理的ストレスに対する
ストレスコントロールが必要です。ローマ・カトリック教会は二千年の歴史
がありますから、このストレスコントロールのやり方も完全な方法を持って
います。修道生活や隠遁者の生活では、肉体労働と隣人愛を用いてストレス
コントロールをします。聖シャーベルは共住の修道生活も孤独の隠遁生活も
しました。石や岩だらけの土を掘り、ブドウの苗を植え、栽培する重労働の
日々を送りました。共住生活の時代には、自分の修道家族たちのために、
彼ら全員に従い、仕えました。もちろん年下の人にも新入りの人にもそうし
たのです。後の隠遁生活では、人と接触はしませんが、霊魂の中ではかえっ
て全人類、つまり祈りを必要としているこの世、リンボ、煉獄のすべての
霊魂に神が恵みを与えてくださるようにと願う、ひとつの炎と化してしまっ
たのです。コルベ神父様も修道士たちにある時こう言いました。「皆さんの
心には、あわれな罪人たちのための場所がありますか? 皆さんの心には、
あわれな罪人たちを入れる場所がなくてはなりません」と。自分の心にあわ
れな罪人たちを住まわせ、彼らと隣人愛のきずなで結ばれるので、修道者の
霊魂は、神と隣人への愛の深まりとともに、どんどんにぎやかになってゆき
ます。はつらつとなってゆきます。このように修道者だけでなく、皆さんも、
肉体を使うことと、実際に、または霊魂で、愛のきずなをもって人と交わる
ことで、心理的ストレスを発散し、解消することができます。

 皆さん日本人の生活は、この2つが子供のころからほとんどない生活です。
日本の子供や若者をホームステイに受け入れるカナダ、アメリカ、ヨーロッ
パなどの国のホストファミリーは、日本の子供や若者が、その家の家事や、
メンテナンスの作業や、畑や農場などの仕事を、体を動かして手伝おうと
全くしないのに対してひどくショックを受けるものです。現地の子供や若者
が、自発的に喜んで大人顔負けの肉体労働を、家族への愛の奉仕としてやる
のとはあまりにも違いすぎて、どう彼らを判断し扱っていいのかまったく
分からなくなってしまうのです。皆さんの今送っている生活は、それほど
異常な生活なのですよ。

 子供たちがテレビゲームやパソコン、テレビ、マンガ、勉強など、個人的
なことに長時間を費やせば、それだけ年齢をこえた人々と交流する時間が
なくなり、手伝ったり、一緒に活動しなくなり、体を動かすこと自体もなく
なります。そうなれば、幼少期の子なら、脳の前頭葉の発達がいびつになり、
自制が効かない脳、切れやすい悩、意識が常に散漫な脳、じっと落ち着けな
い脳、愛や思いやり、慈しみや同情・共感などの感情が欠落した脳ができあ
がり、固まってしまいます。残念なことに、これらはすべて「内的生活」を
つくり、深めるために必要な自然的能力なのです。ということは、皆さんは
「内的生活」をつくり、深めるための自然的能力が不足した世代の人間で、
その不足を少しでも取り戻すために、体を動かし使うことと、年齢をこえて
人と交わり、隣人愛を身につけることがとても必要であるということです。
「内的生活」をつくる努力をすることで、初めのころかなり強く受ける心理
的ストレスの量も、これらの能力の不足のためにより大きくなるわけですか
ら、それを発散し、解消するための修道生活での肉体労働と、隣人愛と同じ
ものの必要性は、皆さんにとってより大きいといえます。

 自分のあちこち定まらない意識に自制をきかせ、落ち着かせ、神と隣人へ
の愛の感情を抱きつつ、神に関することに意識を集中させるというこれらの
ことすべてに、日本人である皆さんは、現代の文化のせいで大きなハンディ
キャップを持っていて、他の国の人よりもずっとそれらの実行が難しくなっ
てしまっていますね。ですから聖ヨゼフに助けを願いましょう。神を愛し、
小さいころから家族や隣人に骨身を惜しまず奉仕しつつ育ち、結婚後はマリ
ア様とイエズスのために体を使い果たして死ぬほどに、愛と肉体労働一筋に
生きぬいた方ですから。聖ヨゼフが皆さんに不足しているものを、彼の功徳
と取り次ぎによって、必ず補い助けて下さいます。聖ヨゼフは「内的生活」
の先生であり、保護者です。そしてもちろん聖シャーベルにも。日本では
全然知られていませんが、彼は途方もなく偉大な聖人なのですよ。この終わ
りの時に全人類を導くための修道会である聖シャーベル修道会の保護者、そ
して助け手として神ご自身が指名した聖人なのですから。

 そしてもうひとつ言い添えたいことは、あなたが親であれば、子供にテレ
ビゲームをさせないでください。お願いします。それは霊魂には毒です。た
とえ子供が欲しがっても、毒を飲ませる親がいるでしょうか。子供は肉体で
ある以前に霊魂であるということをどうか忘れないでください。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた神秘的体験
----------------------------------------------------------------
 聖シャーベル修道会名古屋共同体所属の第3部門修練者、マリー・マド
レーヌ杉浦律子は今、「神秘家」「幻視者」として立てられつつあり、また
イエズスとの神秘的婚姻に召されています。このことは、リトル・ペブル
さんに確認してもらいました。また、第3世代の多くの若者たちが、特別な
使命に召し出され、立てられつつあります。

 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ
彼ら、彼女らが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。

--------------------------------
【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】
--------------------------------
 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えて
あげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、
彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性の
ゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機
でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタが
いつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの
信者には全しょく有も与えられます。

【聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り】

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。


聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈り
を祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この
祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが
彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」


--------------------------------
2005年5月27日
--------------------------------
 午前、東京から名古屋への道中、胸の中に熱い燃える炎がずっとありまし
た。また、体じゅうに痛みがあります。

 午後6時頃、ジャン・マリー神父のミサ中、聖体拝領後、ビジョンがあり
ました。目の前でミサをたてているジャン・マリー神父とは別に、自分の
右手の方向にもう一人のジャン・マリー神父が見えました。しるしを求める
と、しるしが与えられました。

 午後10時頃、誰かはわかりませんが、とても優しく、したしげな声で、
「あなたはマグダラのマリアです。彼女が皆から誹謗中傷されたように、こ
れからあなたは皆から、世間から『ふしだらな女』と言われますよ」という
ローキューションがありました。


--------------------------------
2005年5月30日
--------------------------------
親愛なるコルベ・マリー、
平和があなたとともにありますように。

 私は、マリー・マドレーヌが安全に共同体にいると聞いてうれしいです。
彼女の神秘的な体験は神からのものです。神が彼のミッションのために彼女
を準備するにつれて、彼女の受けるビジョンはより強くなっていくでしょう。

 マリー・マドレーヌに勇気を出すように伝えてください。

 どうぞ、私のために祈ってください。私の公判は金曜日にあります。

神の祝福を

〔 サイン 〕
ザ・リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
4.神の預言者「リトル・ペブル」から
  世界中のすべての忠実な子供たちへ
  − ニューズレターリリース 2005年5月28日 土曜日 −
----------------------------------------------------------------
 私が取り上げる問題は、インドネシアのバリ島でのシャペリー・コービー
(Schapelle Corby)の裁判の件についてです。私は、オーストラリアの、
そして世界の多くの人々と同様に、真剣に、この非常に重大で悲しい問題の
結果を見ていました。

 評決と裁判は自然な正義にたいする恥さらしでした。この若い女性はオー
ストラリアからバリ島に麻薬を密輸することについて無実でした。彼女に
された不利な証言は極悪非道であり、彼女の弁護について、それらの証拠は
退けられました。

 私は神のすべての人々に、バリ島とインドネシアをボイコットすることを、
世界中で求めます。そして、インドネシアを訪問する全ての会社と法人団体
に、インドネシアとの彼らの関与を考え直すように求めます。人々は、イン
ドネシア政府(司法制度)がバリ島爆弾事件の犯人を厳しく処罰したと信じ
るかもしれません。けれども、コービーの上にくだった判決の厳しさと比較
して、それほど多くの命が失われたのに、その罰はガーデンパーティーのよ
うに軽いものです。

 インドネシア政府にあなたたちの不満を知らせてください。


【 コービーに下された判決の問題について、それが必然的で、インドネシ
  アの裁判官がそれ以外のことをすることができなかったと論述し、彼ら
  の意見を表明したオーストラリアの法律家に対して 】 

法学校に帰りなさい!! そして、私はあなたたちに尋ねます。これが
あなたたちの娘であったならば、あなたたちはどうするでしょうか?


【 オーストラリア政府に対して 】

あなたたちはインドネシアを助けるために多くを与えました。「真実の公正」
を引き出し、「死にかけた、いつわりの正義」のこの犠牲者を解放するため
に、あなたたちの権力を使いなさい。


「終わりの時」の神の預言者として、私は、神の憤りをこの不正な犯人の上
に置き、オーストラリアとインドネシアでうまく隠れている麻薬密売王の
偽善を引きずり出し、衆目にさらすことを神に求めました。

 まことの正義が打ち勝ち、真実が前面に来ますように。

 この霊魂、シャペリー・コービーや、彼女のように不正な扱いを受けてい
る他の者たちのために、祈りで天を攻めたてましょう。

神の祝福が皆さんの上にありますように。


ザ・「リトル・ペブル」
[ サイン ]
神の預言者



----------------------------------------------------------------
5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1996年8月13日 No.250

 天にまします御父はこの世に怒っておられる。被造物が神の善をののしる
からである。この世は何度も警告を受けている。忠実な僕、ノアの時、ソド
ムとゴモラの時、私が地上を歩いていた時のように。そしてこの最後の世紀、
人類は何千回も警告を受け、それでもなお子供たちは耳をふさいでいる! 
おお、悔い改めないマムシの世代よ、私の言葉をよく聞くのだ。しっかりと
年を数えよ。お前たちに残されている年を。お前たちは私から隠れることは
できない。私はすべてを見、すべてを聞き、すべてを知っている! だが、
私はあわれみ深く、忍耐強い。私はもうしばらく待つ。それゆえ、放蕩息子・
娘たちは戻ってくるであろう。しかし、時はお前たちの側にあるのではなく、
私の側にあることをよくわきまえておきなさい。

 終わりは見ることができないほど遠くにあるのではない。完全な意味で悪
はすでにこの世に存在する。地上における私の家は間もなく分裂し、邪悪な
者と高ぶった者とを追い散らすであろう。御父の御怒りが国々で感じられ、
見られるであろう。それゆえ今、悔い改めるのだ! 懲罰は100倍にも
増えていくであろう。事故ではない事故が増えるであろう。御父の保護の
御手が取り除かれるからである。お前たちは私の敵マイトレーヤを探し求め
ている。マイトレーヤが来るべきメシア、お前たちを愚かさから救う者と
信じている。しかし私はお前たちに言う。おお、愚かな人間よ、あの男の
日々もまた数えられているのだ! 聖ヨハネに与えた私の言葉を読みなさい。
神の計画を理解するため精神に光をもたらすために、全世界の多くの神秘家
に与えられた私の言葉を読みなさい。

 いとしい子供たちよ、多くの新しい装置、精神を支配するための電子装置
が導入されるであろう。注意深くあり、監視し、祈りなさい。サタンは今の
時が短いことを知っている。それゆえサタンはこの世を欺くために、堕天使
としてすべての力を使うであろう。甘美なる子供たちよ、今の時、サタンは
その許しを得ている。カナダのために祈りなさい。カナダは水害と、水害に
よる疫病の懲罰を受けるからである。あなたたちの国、オーストラリアのた
めに祈りなさい。多くの火事のために多くの死がもたらされるからである。
星と縞の国(アメリカ合衆国)、豊かさの国のために祈りなさい。来るべき
年(複数)には多くの者が飢え、豊かさは無くなってしまうからである。
アジアの国々のために祈りなさい。戦争がこれらの国々を苦しめるからであ
る。感謝を知らない人類に、私は飢えと病を送る。ポーランドのために祈り
なさい。ボーランドはかっては私の言葉に忠実であったが、今や多くの者が
私を裏切っている。ロシアがこの国に侵入し、多くの者が滅びるであろう。



----------------------------------------------------------------
6.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆集会のご案内
− グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。

  洗礼・堅信・結婚式etcを希望される方は、申し出てください。

【 旭 川 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 7月10日(日)9:00〜16:30
               (昼休み12:00〜13:00)
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331

【 秋 田 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会 東北支部」
 日 時  : 6月12日(日)10:00〜16:30
               (昼休み12:00〜13:00)
 場 所  :「働く婦人の家」
       秋田県横手市本町3−30
       TEL: 0182−33−3995

【 東 京 】(日時・場所が変更になりました!)
 会の名称 :「カトリック典礼研究会」
 日 時  :6月 4日(土)PM1:00−4:00 8階D室
       7月16日(土)PM1:00−4:00 8階B室

 場 所  :「銀座畜産会館会議室」
       東京都中央区銀座4-9-2畜産会館ビル8F

       *水道橋の会場での実施はキャンセルします。

       銀座の松屋デパート横の通り沿いにあります。
      http://www.kamipa-kaikan.co.jp/chikusan/annaizu.xls
      http://www.kamipa-kaikan.co.jp/chikusan/access.htm

       JR:  山手線の有楽町駅より徒歩10分
       地下鉄: 銀座線「銀座」駅より徒歩2分(A12の出口)
           丸の内線「銀座」駅より徒歩7分(C8の出口)
 
【 名古屋 】
        随 時
       (ジャン・マリー神父不在の場合がありますので、
        事前にご連絡をお願いします)
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして
         全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        Rongin-Marie馬場勝吉
        TEL: 052−851−8584

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 未 定
 場 所  :(決まりしだい、お知らせします)


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆【 お詫びとお知らせ 】
  このお知らせのコーナーで「日本における聖シャーベル修道会 翻訳・
 出版チーム」プロジェクトの呼びかけをしてまいりましたが、今年8月に
 ジャン・マリー神父とコルベ・マリーが「秋田共同体」創立のために派遣
 されることが決まりました。このため、しばらくこの創立事業に忙殺され
 ることは確実で、「翻訳・出版」チームの立ち上げができない状態になり
 ました。呼びかけに応えてくださった皆様には申し訳ないのですが、しば
 らく延期ということにさせていただきます。どうぞご了承ください。
 
  このプロジェクトが重要なことに変わりはありません。またお世話する
 スタッフが確保され、立ち上げの目途がつきましたら再度お知らせします
 ので、その折にはよろしくお願いいたします。


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は6月12日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]